スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ある日飲み会にて 【お見合いパーティー ②】
①のつづき


「次は、フリートークの時間です!みなさんの気に入った方と10分間じっくりお喋りしていただきます。その時に最初に書いていただいた自己紹介カードをお相手と交換してくださいね!お話できるのは5人までです。みなさん積極的にお相手に声を掛けてくださいね!はい、スタート!!」

みな一斉に席を立つ。
どうやら、誰と話してもいいらしいが、1対1で10分間というルールがあるようだ。
私と友人Hはオロオロしながら、取りあえず席を立とうとした。
その瞬間、私の目の前に男性がすごい勢いでやってきた。
「お話していただけますか?」
相手は自己紹介カードを差し出している。
私は特に話したい相手もいないので、上げかけた腰を下ろした。
友人Hも自己紹介カードを交換してトークを始めたようだ。

自己紹介カードを見ながらのお互いの質問大会が続く。
「お見合い」というよりは「面接」に近い。

ふと見ると、一人の女性がぽつんと座っている。
そう、男女は同数ではなかったのだ。
1人男性が少なかったのである。
最初の5分間トークのときは、順番に男性が回っていったので、女性側には話す相手がいない5分間が平等に1回ずつあっただけなのだが、このように自由トークの時間に1人ということは、約40人(およそ20対20)の中で1人完全に取り残されたような格好になってしまうのだった。

なんという恐ろしいシステム・・・!!

私は震え上がった。

幸い私と友人Hのブースは大盛況であった。
席の取り合いで激しい争いが繰り広げられたくらいである。

「若さだな。」と私は思った。

どう見ても、若い順にモテていたのだ。

1人ぼっちになってしまった女性は、40代とおぼしき方だった。
10分後、トーク相手の交代があっても、やっぱり彼女は1人であった。

仕方なく、彼女は司会者の女性と話をしていた。

なんということ・・・。

キレイな顔立ちのやさしそうな人で、きっと真剣に出会いを求めて参加されているのに、これでは気の毒である。

浮ついた気持ちで参加していた私は急に居心地が悪くなった。
ここに私が参加していなければ、彼女は1人にならずに済んだのだ。

「はい、みなさん、大変お疲れ様でした。じっくりお話できたことと思います。それでは今から配る紙に、気に入った方の名札のナンバーを書いて、こちらの箱にお入れください!」

紙には、第一候補と第二候補の欄があった。

うぬぬぬ・・・。

私は悩んだ。
はっきりいって、気に入る人はいなかった。
カップルになってしまうことだけは避けなければならない。
私は自己紹介カードを交換した人を避けて、あえてほとんど印象にない人のナンバーを書いた。

「集計が終わりました。それでは、カップルを発表いたします!」

みな緊張の面持ちだ。
友人Hはなぜかヘラヘラ気楽そうに笑っている。

「○番の男性と、○番の女性の方!」

チーン・・・・・。

なんとカップルになってしまった。
相手の顔にはあまり見覚えがない。
ちょっと気の弱そうな、頭が少し寂しい感じの35歳くらいの男性であった。

なぜオレのナンバーを書いたんだ!!

私と彼はみなに祝福の拍手を受けた。

「本日は3組のカップルがめでたく誕生しました!!カップルになったみなさん、後で連絡先などの交換をして下さいね。どうか、お幸せに!!」

そりゃどうも!お世話様!!

解散になったとたん、私は友人Hの手を引いて、ホテルの外へ駆け出した。
「カップルになった人、待っててあげなくていいの??」
「ゴメン、無理!ほんまゴメン!!」
私はなぜか友人Hに謝った。

「ま、いいんじゃない?別に追いかけて来なかったし~。」
友人Hはのんきな様子で私をなだめたが、私は彼を放置した罪悪感が湧いてきて、かなりブルーな気持ちになった。

「ところで、Hは誰のナンバーを書いたん?」
「あ~、あたし?白紙白紙~。だっていい人いなかったじゃん♪」

なっにぃ?!その手があったのか!!
ってか、そういう手があることを教えといてくれよ~!(普通気付くか・・・)

とにかくこの「お見合いパーティー」は私の肌には合わなかったようで疲れた。
番号札を付けられて、お互いに値踏みして、・・・まるで自分が商品のように思えのだった。
自己紹介カードが商品の仕様書のように見えて、少し悲しかった。

あの司会者のお姉さんは、左手の薬指に結婚指輪がはまっていた。
彼女は私達を見て、どのように思っているのだろうか。
明るく司会をこなしながら、「かわいそうに」と思っていたんじゃないだろうか・・・。
(多分これは被害妄想だが。)

「やっぱり2000円の会費じゃ、いい人おらんなぁ。また高い会費のパーティーも行ってみようよ!」

友人Hはやる気満々だったが、全身が拒絶反応の私であった。


おわり




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★


スポンサーサイト

テーマ:ある日飲み会にて - ジャンル:恋愛

【2007/11/23 22:46 】
ある日飲み会にて | コメント(5) | トラックバック(0)
<<ネットカフェデート | ホーム | ある日飲み会にて 【お見合いパーティー ①】>>
コメント
うわあ、そんな合コン(?)は絶対嫌ですね。
ってか事務的過ぎて...
男女40人ずつ参加で3組しか成立しないってのも...(汗)
【2007/11/23 23:30】
| URL | ミュジニー #-[ 編集] |
こんにちはv-291

お見合いパーティですかぁ。
実は私も一度だけ参加した事があります。
誘われて、参加費も安かったし、行ったことがなかったので、興味本位で。
まだ若かった私と友達、そしてその場で友達になったちょっと年上の女性。
その女性ととある男性グループの男性がカップルになって、時折遊びに行きましたねぇ。
その中に、人気ナンバーワンの男性がいて…年上女性のその後のアタックが凄かったことを思い出しました。

それにしても、男女の人数が違うとは、ましてや女性が少ないとは恐ろしい。
一人取り残されるなんて…経験したくないですね。
【2007/11/24 09:50】
| URL | 朱雀 #esL23L.A[ 編集] |
***************************
ミュジニーさん

確かに事務的過ぎる!
3組の中の1組になってしまったあたり、運が悪すぎだし(笑)
それにしても、いろんな種類のパーティーがあるみたいなんで、もっと他もいろいろ行ってみたかった気もしますが・・・。

***************************
朱雀さん

朱雀さんもパーティー行かれたことがあるんですね!
意外に行ったことがある人が多いことを、みんなのコメントから知りました~。
カップルになったあとに、男性の友達交えて交流が持てれば、いろいろ出会いも広がりますよね!
お目当ての人が居たら、ガンガンいっちゃう気持ちもわからなくはないけど(私もそのタイプかも)、友達のガンガンした姿とかはちょっと見たくないかも(笑)

パーティーの男女の人数が違うのって、恐怖ですよね。
あれはないわぁ・・・(--;と思いましたもん。
【2007/11/25 00:08】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
オラのところに誰もこなかったら どうしよう・・・w
やっぱり そゆとこには いかないでおこう処世術・・・。
【2007/11/25 07:09】
| URL | ヨヨ子 #-[ 編集] |
***************************
ヨヨ子さん

ヨヨちゃんなら大人気だろうけども、たしかにこの恐ろしいシステム、自分が1人になるかもと想像するだけで、涙が・・・。
お見合いなら一対一に限りますな。(やったことないけども)
【2007/11/25 15:31】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/97-2f058527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。