スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ある日飲み会にて 【粋だねぇ ①】
その日の飲み会は盛り上がっていた。

お相手は製薬会社の営業マンということで、非常にノリのよい人達だった。
4×4であったが、昔からの友達であるかのように、私達は意気投合した。

「飲み」だけでは物足りないということで、私達はカラオケになだれ込んだ。
みんな相当酔っており、異性ウケなど気にせずに、自分の十八番をガンガン選曲し歌い散らかした。
一通り歌うと、今度は笑いを取るために、アニメや演歌などを歌いだした。
お腹がよじれるほど笑い、歌い、飲み、食べ、みなご機嫌であった。

盛り上がりが佳境に入った頃、1人の男性が勢いよく部屋に入ってきた。

「ごめんごめん!!遅くなった~!」


そして、幹事の男性が何か言う前に、彼はダダダッと私の方に向かって突進し、


私のひざに座った!!!


「ちょっと~!!ヾ(`□´メ」

・・・まぁ、実際には私と隣に座っていた男性との隙間が5センチもないのにも係らず、そこに割り込もうとした為に、私の膝に座るような格好になったのだった。

「おっまえ、何でわざわざソコに座るねん!!」


幹事の男性がつっこんだ。
入り口の所の小さな椅子が空いているのにも関わらず、彼は私の座っていた長いソファの真ん中に座りたかったようだ。

私が「無理!!」と言っているにも関わらず、彼はそのままお尻をグイグイと押し込んできた為、彼のお尻の一部が私の太ももに乗っかった状態で、彼はおさまった。(おさまってないけどさ)

なんちゅ~強引な!!


私はスカートと太ももを彼の尻の下敷きにされ、動くことが出来ず、ジタバタした。
結局、ソファの端っこに座っていた男の人が入り口近くの椅子に移動することで、事態は収拾したが、私は少し不愉快であった。

「こいつ、研修で遅くなるから人数に入れてなかったんやけど、どうしても来たいっていうんで来てもらったんや。参加いいよね?」

幹事の人が気を遣って彼の紹介をしているのにも関わらず、彼はドリンクと食事のメニューを覗き込むのに必死だ。
「ハラ減った~!!めちゃめちゃハラ減ったわ~。」

今まで仕事だったので、彼はまだ食事をしていないようだ。
「お仕事だったんですよね、お疲れ様です。」

ちょっと愛想のよいことを言ってみた。
「みんなもうごはん食べたんやろ?!」

彼はギロリと私をにらんだ。

なぜにらむ?!


なんか、変な反応をするヤツだった。

「みんなもうごはん食べたんやろ?!」
って、当たり前だろーが!

もう時刻は22:30だ。
こんな時間までお前を待たねばならん義理がどこにある!



彼はいくらか腹持ちのよさそうな物を注文した。

「本どうぞ。」

私は曲名の乗っている本を彼にわたした。
「みんなもういっぱい歌ったんやろ?!」

彼は不愉快そうな顔で吐き捨てるように言った。

・・・ん~(--;


何なのこの人。

もう時刻は22:30だ。
こんな時間までお前を待たねばならん義理がどこにある!


私は再度心の中で叫んだ。

ずいぶん自己中心的なお人のようだ。

「今から、取り戻すくらいたくさん歌ってくださいよ(^^)」


下手に出た私に向かって、彼はこう言った。

「何を歌って欲しいの?」



「え?(゜Д゜;)・・・別に?


(ってか、何なのアンタ?歌って欲しい曲なんかねぇよ!別に。)」


心の中で叫ぶつもりが、前半は声に出てしまった。

B型人間にありがちなのだが、気付いたらもうすでに半分声になっていることがある。
言い出したものを、もう一回口の中に戻すわけにもいかない。

彼はカチンときたようだった。

「何かないの?!歌って欲しい曲。」


知らん!!


好きな人ならいざ知らず、見知らぬ人に歌って欲しいSONGなど何もないわ!!
(さすがにそれは声にださなかった)

「別に~。じゃあ、B’z 歌ってよ!」

「難しいとこリクエストするな~!」

「え・・・、じゃあ福山とか歌ってよ。」

「福山、あんまり好きじゃないんだよね。」

「GLAYでもいいけど。」

「キーが高いやん?」

いったい誰の曲なら歌えるんだい?!
「・・・。ミスチルとか?」
「よし!ミスチルね!!」

そんなにより好みすんなら、

最初から自分で選べよ!!


ミスチルもキーは高いぞ!!


期待して聞いていたが、彼は別に歌が上手いわけでもなかった。。。



②につづく




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

スポンサーサイト

テーマ:ある日飲み会にて - ジャンル:恋愛

【2007/09/06 11:38 】
ある日飲み会にて | コメント(4) | トラックバック(0)
<<おっともっだちぃ | ホーム | 警戒>>
コメント
うめやんさん こんにちはv-291

いやいや、毎度毎度これ以上の男性はいないのでは!?と思う私の思いを良いほうに裏切ってくださってありがとうございますv-290
初対面から飛ばしっぱなしの彼ですが、期待とは裏腹に歌唱力は凡人だったようですね(笑)
続き、また期待しています。
【2007/09/06 14:21】
| URL | 朱雀 #esL23L.A[ 編集] |
***************************
朱雀さん、こんばんは!

いつもコメントありがとうございます(^^)

私もいつも飲み会で変わった人に会うたびに、「これ以上変な男はいないだろう」と思ってます。
でも上には上が・・・、というより、いろんな種類の「変人さん」がいらっしゃいまして・・・。
「世の中にはいろんな人がいるよなぁ」って言うと、友達には「そんな変な人めったにいないよ。変な人ばっかりに出会ううめやんこそ変やで!」と言われます。
私が呼び寄せてるのか!!
【2007/09/06 22:00】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
ども^^おはつです。
最近すっかりこちらのブログの読者になってる者ですi-236

この男・・・
勘違いヤローとしてボケたかったのかも^^;
疲れてて空回りとかe-263
【2007/09/08 20:43】
| URL | ジュウザ #x9c5GV3o[ 編集] |
***************************
ジュウザ様、はじめまして!
ご愛読ありがとうございます(^^)

この男性、ボケだったのか、空回りだったのか・・・、どうだったんでしょうねぇ!
ただ、私の手に余ったことは確かです。

まったくいろんな人がいるものです。
だから飲み会は面白い!・・・なーんて言ってるうちは彼氏なんてできないのかも?!

またいらして下さいね~(^^)ノ
【2007/09/08 23:00】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/63-4f028622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。