スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ある日デートにて 【浜坂町 ③】
②のつづき


みなさん、私のことを「堕落した女よ」と蔑まれておられるだろうか。

伝わりにくいかもしれないが、そのとき私は彼に激しい恋心(に近いもの)を抱いていたのである。
インターネット上のやり取りで「好みだ、好みだ」と思っていた男性が、目の前にあらわれて、しかも思っていたよりもすごく素敵な人だったので、何だかもう、舞い上がってしまったのだ。
「帰りたくない。もう少しだけでも彼のそばにいたい!」

という私の気持ちは、強いものだった。

彼は私の手を握りながら、「『もう帰る』って言われるかと思ったから、うれしかったよ。」と言った。
「もう少し話しをしたかったし、イヤだったら本当に何もしないから、安心してね。」

うんうん、と私は頷いた。

初対面の男の人の部屋に行くのが危険だという「常識」がよぎるが、頭のすみに追いやった。


・・・で翌朝。




私達は気まずい気持ちを抱えつつ、向かい合って「おはよう」と言った。

さて、昨夜はいったいどのような一夜だったのか・・・?


ええ、チュ~もしませんでしたよ!



「うめやん、よく耐えた!」・・・と思ったアナタは女神のように優しいお方だ。
「浜坂町がかわいそう!」・・・と思ったアナタは非常に常識人だ。

そう、耐えたのは浜坂町の方だ。
私はノラリクラリと浜坂町をかわしただけだ。

部屋で二人で飲んで、眠くなってきたころ、やっぱり浜坂町は「エッチしたい」と言い出した。
もっともな話だ。
雰囲気よくデートをし、女の子の方からホテルの部屋にまで押しかけてきたのだ。デキると思うに決まっているし、もしかしたら「誘わないと失礼」とすら思ったかもしれない。

しかし私は自分から押しかけたにもかかわらず、プラトニックな関係を希望した。
一緒にいたかっただけで、彼とエッチしたかったわけではないのだった。
(そうなっても「しょうがない」とは思っていたが。)
自分から押しかけたにもかかわらず、「彼に『軽い女』と思われるのはイヤだ」などと思ってもいた。

浜坂町は、私と一緒のベッドで眠ったが、「横で寝てて何もできないって、俺がどんだけ辛いか分かるか・・・(><)」と言いながらも、何とか紳士な態度を貫いてくれた。

翌朝の浜坂町の超寝不足の顔は忘れられない。

彼は完全にスネていた。そしてご立腹であった。

私は26歳にして、「男の人にエッチを我慢してもらうのって、こんなに大変なことだったのか!」と改めて認識させられ、浜坂町に対して非常に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

帰るのが寂しくても、エッチができないなら昨日はキッパリと帰ってくるべきだったのだ。

後悔を抱えつつ、彼とのデートを終え、家に帰ってから彼にメールを送った。

楽しいデートをありがとう。夜は失礼なことをして本当にごめんなさい。私はあなたと実際に会ってみて、とても惹かれてしまいました。本当に好きになりそうだから、軽々しくエッチができませんでした。またよければ是非会いたいのですが。自宅まで気をつけて帰ってください。

・・・簡単に箇条書きにすると、このような内容のメールだった。

浜坂町からの返信はなかった。

何日かして、また「いかがお過ごしですか?」とメールを送ってみたがやはり返信なし。

その後何度かメールをしてみたが返信はなく、「電話してもいいですか?」という問いかけにも返信はなかった。

私が悪かったのだ。
私が子供っぽいわがままで、彼を振り回したから、きっと愛想が尽きたのだ。
あの日エッチをしなかったがために、恋の生まれる機会を逃してしまったのかもしれない。

友人には、「泊まってエッチするか、泊まらずにさっさと帰るか、どっちかしかなかったのに、泊まってエッチもしないからややこしいことになってるんやん!おバカうめやん!!」と怒られた。
「だいたい、知らない人と泊まるってとこが、まずおかしい!!」


・・・ごもっともで!


いくら私が、「彼とはメールで仲良かった」と言っても、友人にとっては、「知らない人」と評されるのだという現実に気付いた時、何だか目が覚めたような気になった。

私は彼をあきらめた。

季節が秋に変わろうとしていた。



④につづく

まだ続くんだね、これが。
次回でラスト、しばしお付き合いを・・・。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

スポンサーサイト

テーマ:ある日デートにて - ジャンル:恋愛

【2007/08/31 00:33 】
ある日デートにて | コメント(2) | トラックバック(0)
<<ブラジャーが・・・!! | ホーム | ある日デートにて 【浜坂町 ②】>>
コメント
彼はすねていたんでしょうね。泊まる=Hできるという思考は、男性も女性も同じくありますもんね。けれどうめやんさんの気持ちも分かります。好きな男性に軽い女と思われたくない・・・当然のことだと思います。こういうすれ違いがあるから、人と付き合うって難しいことだなぁと思います。
【2007/08/31 02:03】
| URL | 野いちご #-[ 編集] |
***************************
野いちごさん、おはよです。

そうですよね。やっぱり好きな人には余計に慎重になってしまう。
(まぁ、好きじゃない人とはそんなこと死んでもできませんが(^^;)
でも、その気持ちを男性側に理解してもらうのは至難の業です。
女性側が上手にことを運ばないといけないんですよね。
でもそれはとても難しいから、スマートさに欠ける不細工な結末になってしまって大後悔!・・・みたいな・・・。
(そりゃ、バージンにも見られるか!笑)
次会、思わぬ結末です。ご期待を。(笑)
【2007/08/31 09:43】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/58-15b28842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。