スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
玄関の形について
今日は玄関の形について。


玄関の形というのはイロイロで、最近は、来客用玄関と家族用玄関を分けておられるお宅もありますね。

ステキ~!と思います。


家族用のシュークロークは家族用玄関に配置し、来客用玄関部分はあくまでもシンプルに。

家族用玄関の部分に外履きを脱げば、来客用玄関が家族の靴で散らかる事はありません。


ナンなら、家族用玄関部分には、コートクロークも設置して(扉は付けても付けなくてもいいけど)そこで上着やお帽子やストールなんかも保管できるようにして、家族用玄関から土間収納へも続いて行けるようにして、家の外回りで使うもの(ホウキとか、チリトリとか、お庭いじりの道具とか、アウトドアグッズとか、折りたたみ自転車とか)などを収納できたら、完璧!!


・・・って、


どんだけ広い玄関やね~ん!!


少なくとも、ウチの延べ床面積からすると、このような配置ができるお玄関は、豪邸です。
(そのような配置にしておられる方も多くおられるでしょうが)


ということで、ウチは普通の玄関に、小さな1畳サイズの土間収納を付けてもらっただけです。


妄想だけは逞しいんですけどねー。


玄関に家族の靴は溢れてませんが、1人1足ずつ、脱いでありますね~。
イチイチそのつど下駄箱(っていう言い方は学校を思い出すね~)に収納したりは、面倒なのでしません。

しかも乱雑に脱いでることも多いです。

でも、1人1足以上は出さないようにしてます。
(って、大人2人に幼児1人だけど)


・・・家族玄関、やっぱり憧れるな~。



・・・・・

・・・・・

でもね、来客用玄関って、・・・ウチ来客めっちゃ少ないし。

家で何かお稽古事とか教えるような仕事してたりして、連日来訪者があるのなら、玄関を家族と来客に分けるのもいいかもしれないけど、来客が少ないなら、もったいない気がするかも。


玄関を上がってすぐに向かう方向(リビング扉や洗面室の扉の方面)から逆の位置に家族玄関があったら、とっても使いにくいかも。
(帰宅時や出かけるときって、最短距離で移動したいから、動線上ちょっとでも遠回りになる位置に家族玄関があったら、絶対面倒になって、近いほうの来客用玄関に靴が脱ぎっぱなしになったりしそう)


それと、家族用玄関に行くのに扉などを設けたら、玄関扉開けてからもう一度家族玄関用の扉を開けたりしないといけないわけで、それは面倒かも。

扉を付けない方法もあるけど、乱雑な家族玄関が丸見えで、見苦しいかも。

乱雑にせずに、ちゃんと見られて平気な状態にしていたらいいのかもしれないけど、見られて平気な状態にできるなら、別に家族玄関と来客玄関を分けなくてもいいんじゃ?


・・・・・

・・・・・

うん、ウチは普通の玄関でいいわ。

0004_玄関


なるべく靴を綺麗にならべるようにして、雑なイメージにならないように気をつけながら生活しますわ。



てなわけで、自分の中で納得してみたりしてます。


家族玄関はなくても、もう少し広い玄関だったらナァ・・・と思わないでもないですが、他の間取りに押されて玄関にしわ寄せがきちゃいましたね。。。


せめて、あんまりモノを置かずにできるだけ広く見えるように頑張りたいと思います。



そうそう、殺風景なコの字型シューズクロークのカウンター部分に、シュガーバインを置いてみました。

0005_玄関

ちょっと緑があると、玄関を出入りする時に心が和みますよね。

このシュガーバインはとってもボリュームがあって蔓も長いんですが、長すぎるのでうまいこと巻き巻きしてまとめてみました。

0006_玄関


やわらかな濃い緑の葉っぱを見てると癒されます。

ツル性の植物は動きがあっていいですね。


このカウンター部分の壁にもう1つ飾りたいものがあるのですが、いっぺんに買うと目立つので(Nくんの目が光っている)また来月あたり購入しようかと思ってます。

スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

【2012/03/23 08:28 】
マイホーム住み心地 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<玄関土間収納 | ホーム | 回遊できる間取りについて>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/415-64ede45b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。