スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
WEB内覧会 ① 外観~【1階】 玄関~玄関ホール
何だかんだと時間がなく、このままではWEB内覧しないうちに家が新築じゃなくなりそうなので、腹をくくって写真などUPしてザックリと説明してみようと思います。

撮影日が曇りだったので、写真イマイチですが~。

自己満足満載でお届けいたします~。


まずは、お家の全体画像から・・・。

WEB内覧1

クリックしていただけると、ちょっとだけ大きくなります。

※ あっ、全体画像だけ、晴れの日の撮影です!


塗り壁でも何でもない、なんちゃってプロバンスです。

・・・が、別に私はプロバンスな家を目指してるわけじゃないので、内装はシンプル~な感じですよ!


白い感じのお家にしたかったので、大体思い通りになりました。


玄関のところのアールがお気に入りです。



全体的に白のサイディングですが、ところどころ貼りわけしてアクセントにしました。


玄関ドアはこんな感じです。

家2


私はもっと雰囲気のあるドアにしたかったのですが、Nくんの許可が下りず、折衷案で、このような形になりました。

今となっては、これくらいの明り取りのあるドアを選んでいて良かったと思います。

玄関は明るい方がいいですもんね。


ブラケットは暗くなると点灯します。


ちなみに、玄関のあるほうが東となります。


念のために1階の間取り図も、もう一度載せておきましょうかね。

間取り1



さて、玄関から中に入りますと、このような光景です。

家3


玄関ホールの電気は、人感センサーにしましたが、大正解でした!

夜に荷物たくさん持って帰宅した時とか、楽チンです。


白・・・って感じの玄関ですね。


1階のテーマカラーは、私の中ではホワイトなんですが、子供のオモチャ等々で、現在は色が溢れております。

まぁでも、唯一玄関だけは、まだ白・・・って感じですね。


1階は、建具は全てホワイトです。


少し右の方を見てみると、白い扉が並んでいます。

家4

①番の折れ戸を開けると、小さな土間収納になっています。

中はカオスなので、見せられません。

設計段階ではドアを付けずにオープンになっておりましたが、頼んで折れ戸を設置してもらって良かったです。


何せ狭いので、逆に作り付けの棚などを設けると使いづらいかと思って何も設置しなかったんですが、それが失敗の元でした。

また追々、棚を買ってきて整理整頓したいと思います。


土間収納のとなりの②番の折れ戸は、小さなクローゼットになってます。

中は押入れ仕様で、中棚と枕棚があり、中棚部分には上着を掛けられるようにポールを付けて貰いました。

家5

居住後の生活感あふれる画像ですみません。

ここはひとつ、ウソ偽りのない実際の生活をみていただこうかと・・・。


日ごろ使うアウターを掛けて置いて、出かける際にはここで羽織り、また帰宅した際にはここで脱いで収納します。


おかげで、リビングのソファーにコートが無造作においてある・・・なんてことはなくなって、ストレスが1つ減りました。


下段には、まとめ買いしているティッシュとトイレットペーパー、客用スリッパなどが入ってます。

家6

上がり框を上がって玄関を振り返ると、こんな感じです。

家7

何の飾りもない、簡素な玄関となってます。

インテリアなど、これから考えます~。


リビングの扉はこんな感じ。

家8

HMさんの標準から選んでますが、かわいい雰囲気で気に入ってます。


というわけで、とにかくシンプルな内装の我が家の玄関周りでした。


つづく~





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2012/02/21 23:42 】
WEB内覧(夢のマイホーム) | コメント(0) | トラックバック(0)
<<WEB内覧会 ② 【1階】 トイレ~洗面脱衣所~バスルーム | ホーム | 新居にて、生きてます!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/407-c5232741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。