スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
新築届けは出さなくてもいい??
※ 10月27日に溯って記事を書いております。


お家がどうやら完成したようです。

というのも、先日HMさんが来て完成後のチェックみたいなのをやってる様子でして、修正箇所にマスキングテープをせっせと貼っておられたので・・・。

あんまり修正箇所を調べている時に施主に来てほしくないかな・・・と思ったので、ちょっと外から見て帰りましたが。


玄関の外套も、家の中も電気が点灯されていて、完成した「家」って感じでした。

キッチンのところのペンダントライトもついていて、雰囲気出てました~。


そろそろ、引越しのこととかローンのこととか、話を進めないといけない時期にきているようです。


まず、先日、引越し業者に見積もりに来てもらいまして、決めました。


次に、住民票を移動しないといけないわけですが・・・。


これが、何だかやっかいで・・・。


土曜日に必要書類を持って市役所の支局に行ったところ、「これは新築登録されてますか?」と聞かれたわけです。

何の事か分からないので、「分からないです」と言うと、「もしかしたらビルダーさんが手続きされてるかもしれませんね」と支局の方が仰います。


というのも、手持ちの資料では、新しいお家の住所がわからないのです。

つまり、土地番は書かれているのですが、ちゃんとした住所の付番ではない・・・とのことで。

私達の家のある地区は、住所の付番がされている地区なので、役所で付番をしてもらって、ちゃんと○丁目以下の枝番号まで決めてもらわないといけないようなのですが、これは役所の人が、土地に対する建物の玄関の位置などから決めるようで、本局でないとできない処理のよう・・・。


「新築登録されていたら、付番もされてるはずなので、住所がわかるはずです。住所のプレートももらえるはずですので」とのことなので、その場でHMさんに電話して聞いてみますが、新築登録はしていないとの返事。


「新築登録はしなくても、住民票の移動はできるはずですけどね。支局では『本局に行ってくれ』といわれる場合があるので、本局に行く事をお勧めします。本局で書類を見せて、『この場所なんですが、住所の枝番が分からないんです』と言ってもらったら、教えてくれるはずです」


・・・・・

・・・・・


ほんとうに?

そんなあいまいな感じでいいの?


とりあえず、支局では間に合わないということで、平日に本局に行くことにして、すごすごと帰ってきたわけなのですが。

市のホームページでも、付番がされていない新築の場合は、新築届を出して新築の登録をすると付番される、と書いてありますし、その番号でもって、住民票移動などの処理をしてください・・・となっています。

HMさんは今まで新築登録なるものを出した事はほとんどない・・・とおっしゃいますが、心配です。



最近新築した会社の同僚に聞いてみると、「支局に住所の変更をしに行った時に、『新築届だされてますか?』って聞かれて、『HMさんが出してくれました』って答えたら、役所の人は本局かどこかに電話をして『はい、ちゃんと出されてましたので大丈夫です』って確認してから、住所の変更受け付けてくれたよ」・・・って言ってます。


・・・、新築届出さなくていいの???

HMさん・・・信じますけど、仕事休んで平日に本局に行って無駄足だったら、困るよ。


ちなみに、住所変更できないと、次のローンの契約に差し支えます。

火災保険にも入らないといけないし、また銀行にも行かないといけないし、何かと11月も忙しくなりそうです。







ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/10/22 23:12 】
夢のマイホーム | コメント(0) | トラックバック(0)
<<HMさんに対して、不信感がふつふつと・・・ | ホーム | 外構やるの?やっちゃうのぉ?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/394-014ed897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。