スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ギャン泣き大王(^^; そして、親ってやつは・・・
ユウセイくん、夜の寝つきが、たいっへん悪くなってまいりました。。。


4ヶ月ごろから、9時ごろに寝かせ始めたら30分以内に眠りについてくれるようになったユウセイでしたが、最近は夜のミルクを飲んだ後もオメメがパッチリ!!

いつもは息子が眠りについた後に、ゆっくりお風呂に入るのですが、已む無くオメメ爛々のユウセイをNくんに託してお風呂に入らせてもらうのですが、お風呂から上がると、いつもユウセイのギャン泣きが聞こえてきます。

服を着替えて部屋に入ると、この世の終わりのようにギャーギャー泣いてるユウセイと、それを持て余してグッタリしているNくんが目に入ります。

日ごろ、とっっても気の長いNくんが、ゲンナリしてイライラしているのが分かります。

ユウセイのギャン泣きが始まると、一気にイライラしてしまう私ですが、他人がイライラしているのを見ると、返って落ち着くもんですね。

私がお風呂に入っている間にさんざん泣いたユウセイは、私に抱かれると泣き止みます。

というか、力を使い果たして、ダラーンともたれかかってきて、そのまま寝る・・・って感じです。

それを見たNくん、「オレがどんなに抱いても、ミルクやっても、揺らしても泣き続けるのに!!」と、腹立たしそうに言います。


お気の毒・・・と思うけれど、別に私が抱いたから泣き止んだわけではありません。

単純に力尽きたからです。

それから、イライラしている人が抱くより、気持ちに余裕のある人が抱く方が、泣き止むのに決まってます。

子供から離れてゆっくりお風呂に入ってホカホカとリラックスしている私が抱く方が効果的なのは自明の理です。


私だって、昼間は泣かれまくってヒーヒー言ってたりするんですから、おあいこな気がしますがね。


それにしても、泣き声がデカイ!!

子供がいるお友達のところに遊びに行かせていただくと、まずその体のデカさと泣き声の大きさにびっくりされます。

ユウセイは9キロですが、かなり骨太でガッシリした体躯で、たて抱きしようものなら、足をビョンビョンさせて飛び跳ねます。

しかも、体力有り余ってるので、エンドレスです。

試しに立たせて、掴り立ちの状態にしてみたら、しばらくの間安定して立っていられます。

・・・このままでは、ハイハイせずに歩く可能性があるので、憂慮しているところです。

・・・と、話が逸れてしまいましたね。。。

泣き声の話でした。


そう、泣き声のデカさは、天下一品です。

絶対、私が大声で叫ぶのよりも大きな声です。

悲鳴のように叫んだり、オッサンのように野太い声を出したり・・・と、バリエーション豊かですが、間違いなく、お隣と下の階の住人はご迷惑なさっていることでしょう。

泣き出すと、抱いていてもイナバウァー状態で反り返り、ジタバタ暴れまくり、手が付けられません。

それを見た友人たちは一様に引いてます。

「た、大変そうやなぁ・・・」

男の子二人のママにさえ、そう言われる始末。


そうして、もしかしてウチのユウセイは、よそのお子様よりもゴンタちゃんなのかもしれない・・・と気付きました。


まぁまぁ、ちょっとくらいゴンタちゃんでもかまいません。

困るのは、寝入りばなに泣きまくって、Nくんを疲れさせてしまうという点です。


どうかどうか、父を困らせないでやっていただきたい。

日ごろ会社に行っていて、ユウセイのギャン泣きに慣れていない父は、母の入浴中に大泣きして大暴れする息子を一人で世話するのは難しいのであります。

できるだけスンナリ寝入って、育児に自信を付けてあげてください。


Nくん、最近では、「だって、何しても無理やもん。もう泣かしておいたらいつか寝るんじゃない?」とあきらめモードです。

「ずっと抱っこしても何しても寝んかったら、時間の無駄やん」


時間の無駄・・・ね。

まぁ、明日も仕事がある身ですもんね。

家に帰ってきて、夜くらいは落ち着いてテレビを見たりしたいよね。

だから、ユウセイの世話をしても、それが実を結ばないと“無駄な時間”に思えてしまう、その気持ちは良く分かる。


でも、育児って、その無駄な時間の積み重ねなんだろうなぁ・・・って最近思います。

寝かしつけたいけど、思うようにいかず、泣かせたくないけど長時間泣かれ、いろんな策を弄してみても、効果が上がらず、どうやったらいいか悩み、明日はこうしてみよう・・・などと決意を新たに次の日もいろいろ試してみるけれども、どうもうまくいかない・・・。

どうやったら、効果が上がるのか。

どうやったら、最短の時間で寝かしつけできるのか?



いろいろ創意工夫してみても・・・


・・・たいてい無駄です。


チーン。。。


でも、思い返してみれば、自分たちの両親も、子供だった私たちに対して、どれだけの膨大な“無駄な時間”をつぎ込んで育ててくれたことか。

もちろん、私だって0歳の頃の記憶があるわけではありません・・・。

けれど、覚えている限りの古い記憶をたどってみると、アチャチャ~な場面が脳裏にたくさん浮かびます。

歯磨きをさせようと必死で追いかける父をあざ笑うかのように逃げ惑う自分。
そりゃもう大脱走劇で、大騒ぎもいいとこ。

寝かしつけようと父と母に押さえ込まれても、きょうだい3人で布団を1時間以上転げまわり、キャーキャー奇声を上げ続けて暴れ回っている。
父と母の「いいかげんにしなさい!」の叫び声は枯れている。

思い通りにならないことがあったときに、どうにもならないということは分かっているのに、なかなか納得せずに泣き叫び、長時間スネ倒して、両親はホトホト困り果てた顔。
「壊れたオモチャを元に戻せ」と言ったって、戻る分けないって自分自身でわかっているのに。
(しかも自分で壊した)


もっともっと沢山あります。

ってか、こういうのが毎日毎日、続きます。


なんって聞き分けのない、ややこしい子供だったことか。

そして、どんなに逃げまくっても最終的には強引に歯磨きさせ、寝かしつけ、スネた自分と向き合う両親の粘り強さ。

子供ながらに感服していたように思います。


親にはかなわない。

親は自分を諦めてはくれない。

決して歯磨きせずに許してはくれないし、寝かしつけを放棄して部屋を出て行ったりしない。

膨大な無駄に思える時間を自分に費やして、イヤというほど自分の一挙手一投足を見ている。

サボったって、ウソついたって、すぐバレる。


それが親・・・なのですよね。








ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/03/30 22:44 】
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<保育園に入園! | ホーム | 義実家のみなさま~!!(汗)>>
コメント
そんなに泣くんですか。やっぱり男の子は元気いいんですね。まだ産まれてもいないのに育てられるのかなと不安になりますね。(汗)
うめやんさんならきっと大丈夫だと思います!根気強さって親になると大事なんでしょうね(^^;)
【2011/03/31 11:05】
| URL | 月花 #-[ 編集] |
■月花さん■

お返事遅くなってしまいました。
すみません(汗)

よく泣くのはウチの子だからかもしれません。
でも、男の子はやっぱり動きがダイナミックな気がします。
月花さんの赤ちゃんは、男の子と女の子どちらかな(^^)
7ヶ月になって、「まんま~」なんていう言葉(ではないですが)もしゃべりだして、どんどん可愛くなります。
根気は確かに要りますが・・・(^^;
【2011/04/06 20:16】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/368-3a3676e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。