スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
予定日超過でイライラしてる人へ & 母乳育児をしたい人は・・・
赤ちゃんも生後23日目になりました。

このころの赤ちゃんというのは、日々顔が変化するものらしいですが、最初Nくんに似ていたユウセイも、だんだん私の顔に似た部分が出てきたりしてます。

なんだか、私の赤ちゃんのころの顔にそっくりだなぁ・・・と思うことがあります(^^)


ところで、出産を終えて、そろそろカテゴリーやテーマをマタニティから変更しないといけないなと思っているところですが、その前に、今後出産予定の方に伝えておきたいなぁと思うことを、僭越ながら書いておきたいと思います。


【予定日超過の妊婦さんへ】

「いつかは生まれるさ~」と気楽に構えておられる方はその調子でよいです。
そういった楽観的で明るく肩の力の抜けた、いい意味でのんきな性格の人は、人生の何事もうまくいくように思います。
きっと、お産も安産で、その後の育児も子供の様子を見ながら無理せずに何とか楽しみながらやっていかれる気がします。
素晴らしいことですし、羨ましいことです!

問題は、私のように、神経質で悪い意味で真面目すぎて、マニュアル通りに行かないと、すーぐイライラして、マズいことには自己嫌悪に陥ってしまったりする、困ったさんのあなた。
そういった方は、出産が予定日を過ぎただけでもオロオロし、そのいわゆる予定日から1週間も経とうものなら精神的に追い詰められてしまい、待ちくたびれた上に、家族や友人からの「陣痛はまだか」の言葉に過剰に反応して逆切れし、後に後悔する・・・なんていう、毎日を送ってませんか。
非常に気の毒です。
気持ちは痛いほど分かります。
どんなにのんきに構えようとしても、これは性格ですから、「いつかは生まれるんだから、気楽に」などとアドバイスしても無駄かと思います。
・・・はっきり言って、「まだ生まれないの?」って一番思っているのは妊婦本人なんですよね。
いつ生まれるのか一番ドキドキして心配しながら待っているのは私なのに、周りにヤイヤイ言われると、それが何気ない言葉だったとしても、ナイーブになっている本人には辛かったりするんですよね。

生まれるまでイライラは続くものとあきらめて、イライラと付き合うしかないですが、せめて、周りからの「陣痛はまだか」の言葉への切り返し方のサンプルを提供したいと思います。

私も最初は「まだ子宮口も開いてないらしくて、お腹も下がってないから、まだみたいです」とか「お医者さんは二週間は待ってくださるみたいなんで、次の健診までに生まれなかったら、その時今後の方針を相談しましょうって言われてます」とか「前駆陣痛らしきものは有るんですけど、本陣痛に繋がらなくて・・・」とか、クソ真面目に答えていたのですが、いいかげんそんな風にまともな返事をするのに疲れてきましてね。

だいたい、聞く方だって、陣痛がいつくるのか本人にも分からないということは、先刻承知なわけで、こういう問いかけは軽い挨拶みたいなものなんですよね。
具体的なことを答える必要はなかったんですよね。


こう言えば丸く収まったわけです。


「まぁ、ヒーローは遅れてやって来るもんですからねぇ」


フザけた返答ですが、言われた相手も「あら、そうだわねぇ!ちょっと遅れてカッコよく登場するのかねぇ」などと笑ってくれて、深い会話にならないで済みます。

まだ根掘り葉掘り聞こうとする人には、「私は医者じゃないんでわかりませんが、まぁ気長に待ってます」と被せて言って、会話を切り上げてました。


お腹の赤ちゃんが女の子なら、「ヒーロー」の部分を「モテる女」などに変えてみると使えます。


もう返事するのがイヤんなっちゃった時に使ってみては・・・と思います。


私は10日遅れで出産しましたが、たった10日、されど10日。
イライラ、ソワソワ、ハラハラの精神状態が続くと精神的に病みますが、病むくらい待ち望まれている赤ちゃんは、幸せ者かもしれないですね。
予定日超過したら、家族や旦那さんに、外食に連れ出してもらったりして、なるべく発散してください。

そして、陣痛を誘発するための散歩やスクワットもいいですが、出産に向けて体力温存するためにはそういったこともホドホドにして、睡眠をガッツリ取ってください。



【母乳育児をしたい人は・・・】

これまたですね、大変個人差がある問題でして・・・。

母親学級などで、「妊娠後期になったら胸の基底部や乳首をマッサージして、おっぱいのお手入れをしておいてください」などと言われていることかと思います。

でもね、実際、マッサージなどの努力をしなくても、おっぱいが出産直後からガンガン出る人もいるわけです。

そして、せっせとマッサージをがんばっていても、なかなか出産後におっぱいが出ずに苦労する人もいるわけです。

これは個人差としか言いようがありません。

自分がおっぱいが出やすいタイプなのか出にくいタイプなのかは、産んでみないと分からないことです。
でも、だからこそ、出産前に考えをまとめておいた方がいいと思います。


まず、自分が子供を母乳で育てたいかどうか?
それも、完母で育てたいか、混合にするのか。
完ミで育てようと思っているのか。



私は決めてませんでした。

そして、おっぱいのこと、あんまり何も考えてませんでした。
産んだ後、入院中に、おっぱいがなかなか出ないタイプかもしれないと気付きました。

退院直前には、同じ時期に出産した人は、おっぱいがピューピュー出てる人がたくさんいる中で、私はまったく出ませんでした。

おっぱいって、出産したら勝手に出るもんだと信じていたのでびっくりしました。

妊娠中に、マッサージ等は結構マメにしてたつもりでした。
でも、このありさま。

授乳前と授乳後に赤ちゃんの体重をスケールで量るのですが、他の赤ちゃんが40グラムとか60グラムとか増えている(つまりおっぱいが飲めている)のを横目に、私の赤ちゃんはいつまで経っても哺乳量がゼロ。
むしろ、泣いておしっこをした分、マイナスだったりして、ホントにこっちが泣きそうでした。

おっぱいが出なかったら・・・ということを考えてなかったので、焦りました。


ちなみに、母乳の分泌というのは、最初からガンガン出る人は稀で、ほとんどの人が出産後1カ月か2カ月くらいしてだんだん増えてきて、赤ちゃんも最初は飲むのが下手なので、あんまり飲めないけれども、月齢が行くにつれて力強く上手に飲んでくれるようになるので、日にちが解決する部分も多いのです。

でも、哺乳量がほぼゼロのまま退院した私は、しょっぱなから四苦八苦しました。

まず、粉ミルクの缶を買いに行きました。

何せ、哺乳量ゼロですから、粉ミルクに頼るしかありません。

でも、助産師さんには「母乳で育てたいなら、できるだけ粉ミルクを足さずにがんばって」と言われてます。

できるだけ・・・ってどれくらい??

育児本にも、「母乳育児したいなら、できるだけ赤ちゃんに吸ってもらって、安易にミルクは足さないこと。まずは一カ月頑張ってみましょう」などと書いてありますが、一か月も頑張れるかしら・・・という気持ちでした。


母乳というのは、赤ちゃんに吸ってもらったら吸ってもらっただけ分泌しようとするらしいです。

赤ちゃんが乳首を吸うことで、プロラクチンとオキシトシンというホルモンが出て、母乳の分泌を促すのです。

なので、とにかく最初は吸わせる。
泣いたら吸わせる!!
・・・と教わったわけですが、吸わせても出てないわけで、足りないわけで、赤ちゃんはお腹が空いて泣いてるわけで、ミルクを安易に足すなと言われても足さずには泣きやまず、寝てくれもしないわけです。


つまり、何が言いたいかというと、母乳が最初から溢れるほど出る人は幸いですが、私のようにサッパリ出ない人は、母乳育児をするには、かなり根気が必要ですよ・・・ということ。

そして、たいていの人は根気よく頑張れば、母乳の分泌量は増えるらしいです。

ただ、足りない分をミルクで補う混合ならばよいですが、母乳オンリーの完母を目指すなら、私の様な人は相当苦労すると思っておいた方がいいです。


今は私はミルクの量をちょーっとずつ減らして、母乳オンリーに近づけるように頑張っているところです。

母乳とミルクと混合でもいいのですが、もし可能ならば完母を目指してみたいと思います。


そして、完母で赤ちゃんを育てたいと思っている人へ伝えておきたいことは以下です。

産院には、母乳育児に熱心なところとそうでもないところがあります!

私の産院はあまり母乳育児に熱心ではありませんでした。

昼間は母子同室ですが、夜間は新生児室で赤ちゃんを預かってくれて、確かにゆっくり休めたのですが、夜の間は赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことができずに(助産師さんがミルクをあげてくれてました)母乳分泌のカギとなる頻回授乳ができませんでした。
また、昼間も、授乳時間が決められていて、赤ちゃんの哺乳量が少ない場合は、すぐにミルクを足す方針でした。
(授乳時間は1時間だったので、その間に赤ちゃんのお腹を満たす必要があった)

出産後に母乳分泌の立ち上がりを早くするためには、とにかく赤ちゃんに吸ってもらうことが大事ですから、すぐにミルクを足してしまう私の産院は、楽でしたが、その分退院後が大変でした。

ちなみに、私の友人が出産した産院は母乳育児に熱心で、かなりスパルタでした。
24時間母子同室で、基本的にミルクは足さない!
つまり、赤ちゃんが泣けば、いくら母乳が出なくてもとにかくお母さんは必死でおっぱいを吸わせないといけないわけです。
赤ちゃんは少ない母乳量ではお腹がすくので、短時間に何度も泣きます。
その度に授乳をするので、自然と頻回授乳となって、母乳の立ち上がりも早くなります。
どうしても母乳が出ずに赤ちゃんの体重が生理的減少の範囲を超えて極端に落ちる場合は、糖水を与えるなどしてくれますが、基本的にはお母さんが「泣きやまないのでミルクをあげてくださいと」泣きついても、助産師さんは「もうちょっと頑張って!」と突き放すのです。

この病院は、ミルクで育児しようと思っている人には地獄かもしれません。
完母を目指すなら、いいと思います。
退院後も、産院でのやり方と同じように頑張ればいいんですから。

なので、自分の産院がどういう風に母乳育児に取り組まれているか、入院中に観察して、もし自分が完母を目指したいのに産院が甘い場合は、それに流されずに、退院後は頑張らないといけないかもしれません。

そのことを、知っているかどうかが大事です。


言いたいことが伝わったかどうか、分かりませんが、とにかく、自分が母乳の立ち上がりが悪くて、産院もユルイ方針だったために、退院後、なんか放り出された気分になって、とってもストレスだったので、これからの人には知っておいてほしいな・・・と思ったもので・・・。

ちなみに、ストレスは母乳の分泌に良くないですから気楽な気持ちで頑張る方がいいように思います。


そして、別に完母がエライわけでも何でもないですし、赤ちゃんが元気で育つことが大事なわけですから、もし母乳の出が悪くてもあんまり深刻にならないようにしたらいいかな・・・と思います、

ミルクを哺乳瓶で与えていると、哺乳瓶から飲む方がおっぱいから母乳を飲むより簡単に飲めるので、赤ちゃんがおっぱいを咥えてくれなくなることがあるそうです。
(おっぱいが嫌われたらちょっと悲しい??)

それと同じように、母乳オンリーで育てていると、お母さんの乳首の感覚に慣れて、ゴムやシリコンで出来ている哺乳瓶を受け付けてくれなくなることがあるそうです。
(誰かに預けたい時など、哺乳瓶が使えないと不便??)

何がいいと、一概に言えることではありません。


ただ、母乳を赤ちゃんにゴクゴク飲んでもらいたいと思うなら、臨月に入って早産の危険がなくなって、産院から許可が出ているなら、おっぱいのお手入れやマッサージなどを頑張って(自己流はトラブルの元なので、ちゃんとやり方を助産師さんに聞いてからね)、来るべき母乳育児に備えることは大事かもなぁって思います。

出産直後、母乳の立ち上がりが早いと、きっとおっぱいを上げるのも楽しみになるだろうし、慣れない赤ちゃんとの生活のストレスも軽減されると思いますから(^^)





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/09/17 16:45 】
出産までの道のり | コメント(12) | トラックバック(0)
<<生後一カ月!長かったような短かったような・・・。 | ホーム | Nくんに出産に立ち会ってもらって・・・(長文です)>>
コメント
テトラは、混合育児です。。
母乳は、出る以前に吸い付ける形でなく
乳を赤ちゃんに吸わせるのに
首が座ってないのに
縦抱きしたりて・・・(ギャン泣き) 
吸わせる訓練してる姿を見ていた
母に「赤ちゃんがかわいそう」とか
言われたり…

母乳を諦めたかったけど…
義母に「強く母乳で!」と
言われてたので毎日が訓練でした。(相当のプレッシャー)

哺乳瓶の口から自分の乳にすり替え作戦で
吸える様になったのは2ヶ月後です。(急に吸引力が出ました)

今では正直…
ミルクの方が多いです(出ないので)

そして、すり替え作戦の結果。。。
乳をペロッとでも
舐めないと哺乳瓶を飲みません。
(他人には見せられない光景で…
母乳を飲んでは哺乳瓶…
しばらくしたら母乳の繰返し。
ご飯とおかず感覚ですよ)
私以外の人がミルクをあげるなんて
もちろん…  
私でも哺乳瓶のみのミルク授乳は無理です。

混合は卒乳がラクでイイネ。と…
言われますが。。。 どうだか…?
それぞれ皆、色々と難題があるんだなぁ~と
思います。
私は母乳の時間が恐怖でした。

プレッシャーになったらすみません。
本当…
育児、頑張りましょうね☆
【2010/09/20 22:25】
| URL | テトラ #MOemMYPQ[ 編集] |
■テトラさん■

テトラさん、がんばっておられるんですね。
母乳やミルクに関しては、ホントにその人によっていろいろと
条件が違うから、一概に「これが最良の方法」っていうのが
ないから悩みますよね。
この記事も、書かない方がいいかな・・・と思いつつ、でも
生まれる前から、そうそう順調にいくもんじゃない・・・ってことを
知っているのと知らないのとでは、随分違うかもしれないなと
思って書いてみました。
乳頭の形で悩む方も多いですよね。
私も左は扁平で、保護器が要ります(^^;
全然吸いつけないわけではないのですが。
どんなに順調に子育てされてる先輩ママでも、聞いてみると
意外と最初はみんな苦労はたえないみたいで、「私も最初は
泣いたよ」とか・・・。
そういうお話を聞くたびに、妊娠前から、マッサージの指導もいいけど、
できたら妊娠期間に産院で妊婦の乳房や乳頭の状態を見てもらえたり、
産後も、赤ちゃんの吸いつきなどをきちんと見てもらえて、ママと赤ちゃんに合った
咥え方(ラッチオン)の方法の指導などしてくれたらいいのにって思いました。
周りの人(実両親や義両親)の言うことも、とってもストレスに
なっちゃいますよね。
私も「母乳出てる?」攻撃には悩んでますが、テトラさんの
お義母さんは、相当強引だったみたいですね・・・。
哺乳瓶でミルクあげる時も、たくさん苦労されてるようで、頭が下がります。
毎日のことだもん、大変ですよね・・・。
離乳食を経て卒乳して・・・、大人と同じ食事になったら、この時期
のことも懐かしく思うのでしょうかね(´`)
【2010/09/21 16:54】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
わたしも最初はなかなか出なくて泣いたくちですねえ マッサージは痛いし。
搾乳器はためしてみました?
5ヶ月めくらいで 母が買ってくれたのですが 1000円くらいの搾乳器つかってみたら でるでる。
なんでもっと早く買わなかったのかと後悔しましたよ。
粉ミルクけっこうばかにならないのですよね…
搾乳器も最初は吸引力にビックリしますが ハマってしまった自分がいました(笑)
赤ちゃんが飲んでくれずに乳が張って痛いときは 搾乳器で出しちゃうと痛みもやわらぐのですぅ
【2010/09/21 23:39】
| URL | ヨヨ子 #-[ 編集] |
■ヨヨたん■

ヨヨたんも、最初出なかったですか~。
初めての子の時は、母親も新米ですから、余計に苦労しますよね。
搾乳機、買ったけどあんまり真剣に試してなくて。。。
搾乳してると出るようになるのですか??
それは、さっそくやってみます!!
吸引されてると、乳腺も開通しそうですよね。
変に部分的に乳にしこりができてきて、乳腺炎にならないか、
心配な最近です。
【2010/09/22 17:38】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
乳腺とかの病気にはならなかったけど 心なしか、ち●び が長くなったような…(汗
スパムにひっかかった( ̄∀ ̄)
【2010/09/22 18:27】
| URL | ヨヨ子 #-[ 編集] |
■ヨヨたん■

確かに、ち●びがちょっとずつ伸びてきたような・・・。
そして、私も「お●ぱい」が引っ掛かりました(^^;
なんだかな~
【2010/09/23 20:35】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/31 18:32】
| | #[ 編集] |
■鍵コメさん■

コメントありがとうございます!
書き込みいただいてからかれこれ10日あまり・・・。
いかがされているでしょうか?
母子ともに健やかにされてることをお祈りいたします(^^)
交わし方、参考になったみたいでよかったです!
使う機会、ありましたか?
私もそろそろ二人目の産休です。
今回は、早めに生まれるかな?どうかな~?
【2013/06/09 02:48】
| URL | うめやん0112 #-[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/06/21 09:32】
| | #[ 編集] |
■鍵コメさん■

コメントありがとうございます!
お返事かえしておらずすみません・・・!
無事に出産は終えられましたでしょうか?
予定日超過は、周りが思うよりも本人がつらいんですよね。
でも、今頃は可愛い赤ちゃんとテンヤワンヤ頑張られて
いるころでしょうか?
妊娠にしても出産にしても、子育ても、女の人は体力勝負です。
お互いにストレスをためずに息抜きしながら楽しみましょうねぇ(^^)
【2013/07/28 15:37】
| URL | うめやん0112 #-[ 編集] |
■鍵コメさん■

コメントありがとうございます!
予定日超過で検索してブログにやって来ていただける方、
結構おられるんです。
みなさん予定日超過された方は、少なからずプレッシャーと
たたかっておられるんだと思います。
無事に出産は終えられましたでしょうか?
出産が終わった時点で、予定日超過のストレスから一気に
解き放たれたのではないかなと思います(^^)
予定日より早く生まれたか遅く生まれたかなんて、その後の
育児にはまったく関係のないことですから!
今頃はかわいい赤ちゃんとの生活が始まっているでしょうか。
ストレスをためずに、お互いに楽しく育児をがんばりましょうねぇ(^^)
【2013/07/28 15:40】
| URL | うめやん0112 #-[ 編集] |
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/23 22:53】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/342-a2ffe921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。