スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
下腹部痛 & 仕事と妊婦 【34W5D】
【34W5D】


火曜の午後、仕事をしながら、何だかいつもよりお腹が張ってて、その夜寝てたら、キュウキュウと子宮のあたりを締め付けられるような鈍痛がありました。

朝になっても、ちょっとお腹が不定期に痛くなったりしてたので、大事を取って水曜はお休みをいただきました。

有休もたっぷりあるのに、あんまり頑張って仕事行くのもバカらしいし(^^;


う~ん、9ヶ月も半ばになると、こういうことって普通なんですかね???


昨日の夜中も、トイレに起きてからしばらくは、下腹部の鈍い痛みで眠れずにゴロゴロしてましたが、今朝は何日も休んでもしょうがないので会社に来てるんですけどね。


どうも、夜から朝方にかけて痛むみたいで・・・。


まだ34週ですから、前駆陣痛というわけでもないでしょうし、ちょっと眠りにくい・・・ってぐらいで、騒ぐほどの痛さじゃないんですがね。


気になるわぁ・・・。

前回の妊婦健診では、「子宮口もちゃんと閉じてるし大丈夫」と言われてるので、まぁ大丈夫なんだと思いますが。

次の健診は10日後で、36週0日になります。


せめて37週に入るまでは、KJちゃんにはお腹の中にいてもらわないとね!



ところで、私が36週間際まで働くことについて、妊娠4ヶ月の同僚は微妙な気持ちで見ているようです。

つまり、私がほとんど休まずに今まで元気に働いており、出張などにもガンガン行っていたため、妊婦でも通常通りに働けると職場の皆が思っている気がするそうなのです。

ゆえに、有休を取って休んだりしづらいらしいのです。

もちろん、妊婦本人の体力や悪阻の程度や赤ちゃんの状態に加え、その妊婦さんの仕事の内容(事務 or 立ち仕事)などによって、私とその同僚の子の労働可能な範囲(負荷)はいくらで変わって来るでしょう。

それは、私だって、その同僚だって、先刻承知です。

職場の人だって、理解してくれる人が多いと思います。

・・・と言いたいところですが、そうでもなかったりするのです(^^;

特に、男性社員さん。

「○○さんは、産前○日まで働くらしい」とか、「ウチの嫁のときはこうだった」・・・とか。

要するに、自分が妊娠の経験というのができないものですから、分からないのでしょうね。

他人と比べるくらいしか妊娠の状況について推し量るモノサシがないようで、とにかく比較したがります。

「○○さんは、○○さん!アンタの嫁は、アンタの嫁!!それはアタシじゃござーせん!!」

と叫びたいところですが、直接こちらに言ってくるわけじゃなく、心の中で思っているだけだったりするので、中々弁解する機会もないのです。

ちゃんと説明してくれればいいのに・・・と男性上司などは思うのかもしれませんが・・・

「いえね、私は一見元気に見えますけど、実は切迫早産気味だと診断されてまして、今のところ診断書を書いてもらうくらいまでは症状は進んでないんですけど、無理して症状が悪化したら強制入院なんてことにもなりかねないので、大事を取ってできるだけ無理のない範囲で働きたいですし、残業なんかも控えたいですし、郵便局のお遣いなんかも遠慮したいのですが」

なんて、つぶさに説明するのはみっともない気がして、頼まれたら「まぁ、コレくらいならしょうがないか」「赤ちゃん、ごめんよ」などと思いながら受けてしまうのですよね。

もし断ったら、「同じ妊婦の○○さんだってやってるのに」って思われるんじゃないか・・・って思ったりね。

※ 私は切迫とは診断されてませんが、例えばの話です。


特にその同僚の子は、同じ部署に妊娠9ヶ月の妊婦さんがいて、その子が倉庫で力仕事を頑張ってたりするので、余計にやりづらいみたいです。


「うめやんも、何でそこまで頑張るの?有休取って休んだらいいのに!私も休みづらいよ」

と言われたこともありますが、私もそう言われても困ります。


そりゃ私もね、そうしたい気持ちもあるのです。

だけど、彼女と私では状況が違います。


まず、私は産前産後休暇・育児休暇を取った後は、同じ職場に復帰することになっています。

同じ部署で、同じ仕事の内容です。

私がいない間は、残された人と、新たに雇ったパートさんに全てを委ねることになりますし、私が戻ってくるまで足りない人数ながらもどうにか頑張ってもらわねばなりません。

なので、できるだけ産前もギリギリまで頑張って仕事を片付けてあげておきたいし、産後は育児休暇を1年取らずに早めに復帰をしようと思っているのです。


彼女の場合は、産前産後休暇と育児休暇を取った後は、退職する予定のようです。

本来育児休暇というのは、職場復帰することを前提に取るものなので、彼女のように予め退職する可能性が高い(っていうかそう決めている)場合に申請するのは、違反っちゃ違反なのですが、ソコはまぁ、そういう人も多いようなので目をつぶるにしても、いずれ退職すると決めている人と、復帰して続けようという人とでは、立場が違うように思います。

つまり、私の場合は、手を抜くと、後の復帰後の自分の仕事に影響するわけで、自分で自分の首を絞めることになりますから、頑張ってるわけです。

逆に、産後は退職すると決めているのなら、私はこんなに仕事をがんばりませんよ。

産前産後休暇だって、バッチリ6週間前から取るし、むしろその前から有休消化に励むだろうしね。


でも、仕事を続けようと思うと、そこはシビアです。


職場でも、休日出勤がままならない私に代わって、男性職員の方がずっと頑張ってくれているのです。

その方は、有休はおろか、休日出勤した分の振替休暇が溜まりに溜まって一週間分になってます。

この振替休暇は、平日に休んで振り替えない限り、流れてしまって現金買取もしてもらえないのです。
(それも会社がおかしいんだけどね)

そんな男性職員を差し置いて、健康な私がむやみに有休を取りまくるわけにはいかないのです。


仕事をするっていうのは、そういうことです。


確かに、自分が持っている権利は権利。

有休を取るのも産休や育児休暇を取るのも、本来規定の範囲内で自由です。

全ての権利を主張して、それで職場に迷惑がかからないのなら、それはいいでしょうし、そういった環境に感謝しながらお休みをいただくべきですが、その権利を行使することによって職場の他の同僚に多大な負荷がかかるのなら、そこは、お互いの歩み寄りで解決しないといけません。


もちろん、自分と赤ちゃんの健康が最優先なのは言うまでもありません。


そこを犠牲にする必要はないわけで、無理な場合は無理しない。


そのバランスを考えながら働くのが大人ってもんじゃないかなと思います。


「○○さんが休んでいるから、私も休む」とか、「△△さんが頑張ってるなら、私も頑張る」なんて、ナンセンスです。


身体の調子なんて、人それぞれですし、課せられた仕事の負荷も人それぞれなんですから。


子供のいるママさん達は、その辺のバランス感覚が養われてますよね。

ママになって、守るべきものができることで、自分なりのビジネススタイルというか、仕事とプライベートの線引きがハッキリするからなのでしょうかね。






ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/07/08 14:33 】
出産までの道のり | コメント(0) | トラックバック(0)
<<尿漏れ騒ぎ(^^; 【34W6D】 | ホーム | 『SATC 2』鑑賞♪ & 妊婦の弔事出席はOK?NG?? 【33W5D】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/328-c5cd2499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。