スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
展示場のリユースってお徳?それとも・・・
今日は、マイホーム関係のお話。


賃貸のハイツに住んでいると、毎週ポストにはハウスメーカーや不動産屋から営業のチラシがわんさか入ります。


分譲地の案内や、モデルハウスの見学会のお知らせ、建売住宅の間取りから、注文住宅のご提案・・・。


たまにNくんとフラフラ住宅展示場に行ってみたり、モデルハウスを見学してみたりするのですが、そうするといつもアンケートを書かされて、後ほど営業さんが自宅に突撃してきたりするんですよね。


そんな中、とあるユニット工法のハウスメーカーさんが、『780万円で展示場の家をお譲りします』っていうキャンペーンを提案してこられました。

展示場のリユースってやつですね。

ああ、それなら聞いたことがあります。

展示場をリニューアルしたりするために、古い建物を解体する際に、ユニット工法であれば、そのユニットそのものをお安く限定1名に販売することがあるんですよね。

古い建物といっても、構造自体が強いものですし、使用した期間も短いのですから、問題はありません。

譲ってもらうのは構造体だけですので、実際には水周りも外壁もクロスもエクステリア関係全てが新しいものになるので、新築となんら変わりはありません。

土地は自分で準備しないといけませんし、外構費は別になりますが、それでも有名ハウスメーカーの家を格安で手に入れることができるということで、人気のキャンペーンではあります。

強い構造のハウスメーカーの家で、5キロワットの太陽光発電付きとくれば申し分はありません。


営業さんの言葉に乗せられて、Nくんと私もキャンペーンに申し込んでみることにしました。


780万円の家で、外構やその他の諸費用がかかったとして、一体どのくらいの価格になるのか分かりませんが、きっとこんだけ人気のキャンペーンですから、普通に建てるより安いに決まってます。


・・・と思ったら、大間違いなのです。



これ、まぁ、普通にこのハウスメーカーでこの展示場レベルの家を建てるのと比べると、確かにお得なんです!

格安なんです!


でもね・・・、モトがお高い家だってことですね。

いろいろな諸費用を入れると、結局その辺の地元の工務店で家を建てるよりもはるかに高いお金がかかってしまうのです。

世の中のキャンペーン価格に踊らされている皆様。

お間違えにならないほうがいいです。

どうしてもこのハウスメーカーで建てたい!!・・・と思っているのなら、このキャンペーン価格は安いです。

でも、ハウスメーカーや構造に拘りがない人が、単に780万で家が建つと安い・・・という気持ちで申し込むのはお勧めしません。

そういう意味では、安くないからです。
(たしかに、いい建物なのには間違いないですがね)


高いものが、割安で手に入るというだけです。


780万円は、あくまでも構造体。

それに、家を建てるにあたっての、エクステリア一式のお金は組み込まれていませんから、壁やら屋根やらキッチンやらトイレやら、そんなものを含めると、要するに2000万近くになったりするわけです。

展示場の間取りから変更を沢山する場合であれば、もっとかかるかもしれません。


しかも、この申し込みが一癖あります。


まず、ハガキでエントリーします。

そして、これだけでは申し込んだことになりません。

営業マンが家に来るなり、こちらから展示場を訪問するなりして、正式な書類で申し込みをしなければなりません。

この書類は、もちろん大事なものですから、年収はもちろん、準備すべき土地のことまで詳しく書き込まなければなりません。

ローンの返済計画などもざっくり記入します。

冷やかしで書けるような内容のものではないです。

そして、ローン審査もしなければいけませんので、世帯の源泉徴収の用紙が2ヵ年分必要になります。

さらに、メーカーに収入証明を取ってもらうために、代理人の用紙を書いたりしないといけないわけです。


こんな書類は、当選が決まってからにしてくれ!!・・・と思う人も多いでしょうが、メーカー側としても、限定1名のキャンペーンの当選者が、実際に家を建てる段になって、ローンが通らない・・・とか、土地が用意できない・・・などの理由でキャンセルになることだけは避けなければならないので、必要なことのようです。

当選者の発表が、展示場やホームページで大々的にされた後で、契約が叶わずに再選考なんて、かっこ悪いですもんね。


ちなみにこのキャンペーンは、(私達が申し込んだハウスメーカーのキャンペーンは)数百件から数千件の申し込みがある様子。

これは最初にハガキでエントリーをした人の数なのか、実際に正式書面で申し込んだ人の数なのか分かりませんが、申し込んだ限りはキャンセルできないという条件のもと、みなさん応募しているわけですね。

しかも、書面と必要書類が整ったからといって、申し込みが完了したことにはならないのです。


この申し込みにあたって、キャンペーン価格での家の提供というだけあって、家が建った後もハウスメーカーとの契約は続きます。

どういう契約かというと、ハウスメーカーからの依頼があれば、自分達の家をお客様に公開しないといけないのです。

つまり、営業に協力しろ・・・と。


そして、家のオーナーとなる人は、このハウスメーカーのことやハウスメーカーの建てる家の構造を良く知って、今後のお客様に説明しなければならない・・・という観点から、申し込みの前に説明会というか、講習会への参加が義務付けられているのです。

要するに、その会合に参加しないと、申し込み完了にはならない・・・と。



めんどくさいね。



かなり、面倒くさい。



確かに当たったらお得な部分もあるのだろうけど、安くないお金を積んで建てた家は、人に公開しないといけないわ、チラシには掲載されるわ、来客にいろいろ説明しなきゃいかんわ・・・で、ハウスメーカーの手先のように活動しなければいけないわけですよね?


このハウスメーカーに惚れ込んでいるのならいざ知らず、そうじゃないなら・・・。


・・・で、その説明会だか講習会だかが、何度かあるわけです。

「少なくとも1回は参加していただかないと、申し込みができないのです」


1回目は7月半ばだから、まぁ行こうと思えば行けるけど、それ以降は8月に入ってしまうし、私も出産間近なのでねぇ。


っていうか、すっごい面倒くさい。


「あの、もう、申し込み取り消していただいてもいいです」って言いたくなるくらいに。



つまり、そうそう美味しい話なんてないってことですな。


ま、でも心配しなくても、ウチの場合はローン審査がきっと通らないと思います(^^;
(営業さん、ごめんよ)







ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★


スポンサーサイト

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/07/01 13:39 】
夢のマイホーム | コメント(0) | トラックバック(0)
<<『SATC 2』鑑賞♪ & 妊婦の弔事出席はOK?NG?? 【33W5D】 | ホーム | ドンドコ胎動 【33W4D】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/326-683b02c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。