スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
友人の結婚式♪ 【21W2D】
【21W2D】


土曜日はお友だちの結婚式に出席してきました。

その週は天気が今ひとつの日が多かったのに、土曜はきれいに晴れて、桜もたくさん咲いて、絶好の結婚式日和でした。

神前式なので和装だったのですが、、彼女が式をする会場(神社)では、当日のお式の前に人力車で地元の宝であり世界遺産でもある姫○城まで写真を撮りに行く・・・というイベントがありまして、それはそれは大変な行事でした。

人力車のイベントには私達ゲストも自由参加してよかったので、ゲンゲン元気な妊婦である私も張り切って参加しましたが、さすが桜の時期の姫○城・・・。花見客や観光客の数がハンパじゃないです!

しかも、今年の姫○城の混雑には、お花見時期だということ以前に別に大きな理由がありましてね・・・。

姫○城は昨年の秋口から、数十年に一度の大改修工事が始まりまして、敷地の西の方や天守閣の下の方には足場が組まれている状態なのですが、春のお花見の時期に天守閣が隠れるのは惜しいということで、メインの天守閣の着工は桜の時期が過ぎるまで待っている状態なのです。

タイムリミットは4月11日。

4月12日からは天守閣もシートや囲いで覆われまして、本格的な改修工事が始まってしまうのです。

この改修工事が終了するのは、約5年後と言われています。

・・・だもんで、この一年くらいは国内ならず海外からも、改修前の姫○城を見るべく観光客がドット押しかけて大変な賑わいだったわけですが、桜も5分~8分咲きとあらば、桜と姫○城を写真に収めるべく、一眼レフカメラを持った御仁も大挙して詰め掛けて大騒ぎというわけです。

城マニアの人なんかも、改修工事の足場とか写真に撮りに来てるしね。


さあ、そんな中を、人力車に乗った新郎新婦が、羽織袴と色打ち掛けに角隠し姿で現れたらどうなるか予想が付くってもんですね。

私達ゲストがカメラを構えているのなんかお構いなしで押しのけて、三脚を立てて新郎新婦を撮影する観光客達。

ゲストだけでなく、新郎新婦の父母なんかも押しのけられちゃってますよ!!

人力車の目の前に陣取って写メを撮るリュックを背負ったオヤジ・・・。

新郎新婦が人力車を降りて撮影する横にさり気なく立ってピースをしている外国の方。
(胸に「愛」って書いてあるTシャツ着てるし!)

誰やねん!状態(笑)

ツーショットのはずが、いろんな外国人が新郎新婦の隣に立って記念撮影するもんだから、スリーショットやらフォーショットになってしまって式場のプロカメラマンさんも四苦八苦です。


城の敷地内では、沢山の人に「これは本当の結婚式ですか?」と訊かれました。

なんせ、城の門の所には武士のコスプレをしたボランティアの方が観光客とともに写真を取っていたし、そりゃそんな状況で紋付袴と島田曲げの花嫁道中が行われたら、撮影か何かと勘違いするよね。

ちなみに、旦那様は外国人(カナダ出身)なので、これまた、より目立ってました。


結婚式

人払いをして、素敵なショットもたくさん撮れました!


大変でしたが、沢山の人に「おめでとう!」と声を掛けられて、拍手されて笑顔で祝福されて、主役である新郎新婦も、両家のご両親もとっても嬉しそうでした。

これはきっと心に残るだろうなぁ。

花嫁のお父さん、胸いっぱいな顔でした。



さて、神社まで戻ってきて、受付開始時間まで、控え室で一休みです。

この間に、結婚式から参加する友人達も到着しました。

私の親友であるHちゃんも到着。

5月始めに第二子を出産する予定なので、臨月間近でお腹もポンポコリンです!


花嫁と私は、小学・中学・高校と同じ学校だったのですが、中学校や高校の同級生で、最近は直接連絡を取っていなかったお友達が来ていて、とっても懐かしかったです。

みんな結婚して、ママになってたりするのですよね。


今回は少人数の出席者ということで、私達友人も神前式に出席させていただきました。

厳かな祝詞に玉串奉納、固めの杯の三三九度・・・。

和式の神前式は古式ゆかしく、素敵でした。

生の雅楽の演奏に合わせての巫女の舞いでお祝いいただき、最後に親族の固めの杯ということで、出席者全員でお神酒を頂きました。

Hちゃんは、口を付けただけで飲んでませんでしたが、私は思わずグッと飲み干してしまいました。

厄払いに続いて、今回も飲酒してしまった・・・。


その後、カリヨン(カリオン?)の鐘ならぬ、幸せの鐘ってことで、神社の鐘を新郎新婦がゴーン!と打ち鳴らして、儀式は修了となりました。


披露宴は、カナダ式も織り交ぜながらだったので、新郎新婦の両親の席は主役とともに高砂に設けられました。

髪型を洋髪に変えて入場した新婦は輝く笑顔で幸せ一杯。

会場内のテーブルクロスも、ピンクでラブリーにコーディネイトされていて、ハート型のガラスのキャンドルホルダーにピンクのキャンドルがキラキラしてました。

新郎新婦のウェルカムスピーチが英語と日本語で行われた後は、友人スピーチやテーブルフォトがあったくらいで、ゆっくりと新郎新婦を撮る時間もありました。
(私の時はバタバタだったから、羨ましかった~)

お料理も、すごく美味しくて、苦しいのにほとんど完食しちゃいました。

お色直しは、ウエディングドレスとタキシードでした。

結婚式2
 ↑
私は後ろのいっちゃん左。
あんまお腹わからんね。


新婦はお花とリボンがついた美しいドレスで、頭に輝くティアラは新郎のプレゼント!

やっぱ外国の人は一味違うね!

ティアラのプレゼントなんて、粋だね!


ケーキ入刀も、少人数ならバッチリ写真に撮れて、満足です。

カナダの結婚式に則って、カットされたケーキは新郎新婦自らがご両親にサーブします。

新婦と私が一生懸命作った生い立ちムービーも無事に上映できて、一安心。


新婦は結婚後はカナダに永住することになり、日本から遠く離れます。

そんなこともあり、花嫁の手紙は花嫁やご両親はもちろん、ゲストの目にも涙が・・・。


新郎新婦らしい心温まる披露宴でした。


披露宴後の二次会は、ざっくばらんに居酒屋さんで行われて、新婦から旦那さんも一緒に・・・とお誘いいただいていたので、Nくんにも出席してもらいました。

新婦の生い立ちムービーを作る時に、Nくんも協力してくれたので。


私も長時間の外出だし、夜はNくんがいると安心ですしね。


みんなお酒は飲むけどタバコは吸わない人達だったので、ありがたかったです。
(というか、その居酒屋さん、タバコ吸ってるお客さん全然いなかったけど、禁煙の居酒屋??・・・たまたまか・・・)


新郎はすこーしだけ日本語が分かるけど、私が英語を理解するのと同じレベルなので、意思疎通に苦労しましたが、初対面の新郎さんとも少しは話ができてよかったです。



丸一日出かけるのは疲れましたが、とーっても楽しかったし、リラックスしていたおかげか、お腹が痛くなったりすることもなく、赤ちゃんもポコポコ元気にしてくれていたので安心しました。
(ま、今後はあんまり無理しないようにしないと・・・)


いい写真がいっぱい撮れたので、さっそくプリントアウトして彼女に渡したいと思います♪





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★


スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/04/06 22:42 】
出産までの道のり | コメント(3) | トラックバック(0)
<<近所にお花見 & ちょっと変わった胎児名? 【21W4D】 | ホーム | 結婚式の二次会出席 & Nくん、お腹に話しかける 【20W4D】>>
コメント
素敵な衣装ですね。
お着物も、ウエディングドレスも!
カナダに移住されるなんて新婦のお父様お母様もお寂しいでしょうね(>_<)
それも娘の幸せの為には仕方無いのかもしれませんが。

Nくんも二次会参加できて良かったですね。
夜のお出かけは旦那さまがいてくれると、うめやんさんも安心ですもんね♪♪
【2010/04/06 23:54】
| URL | 月花 #-[ 編集] |
カナダの方とはうらやましい限り どこでGETしはったのやろ?

嫁にゆきたいと日々思うこの頃です
【2010/04/07 00:43】
| URL | ひより #-[ 編集] |
■月花さん■

とってもステキなお衣装でした!
なんだか羨ましくなって、私も思わず結婚の時の写真を
見返して浸ってしまいました(^^)
カナダは遠いですが、ワールドワイドな彼女ですから、ご両親も
覚悟していたかもしれません。
彼女の幸せを祈りつつ、私もいつかカナダの彼女のところに
遊びに行くんだ!と決意しました☆
夜はNくんがいてくれるだけで、安心でした。
旦那様って、なんだか偉大な存在だな・・・。

■ひよりさん■

彼女は英語を勉強したくて、NOVAに通ってたんですが
(懐かしいNOVA^^;)、仕事を辞めて思い切って1年間
ワーキングホリデーでカナダに行ったのです。
そこで、写真が好きな彼女がカナダの風景を撮っているところ
「写真撮ってあげようか?」と声を掛けてきた紳士が今の
旦那様・・・というわけです。
人生いろいろあるね。
いつもチャレンジャーな彼女ですが、まさか本当に外国にお嫁に
行くとは思いませんでした。
いつも前向きで楽観的な彼女らしい選択だなと思いました(^^)
【2010/04/07 08:24】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/303-d8d81456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。