スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
Nくん、愛の説教部屋行き・・・
これまた随分と更新をサボってしまいました(・・;

みなさん元気にされてるでしょうか・・・。

私のほうは元気に生きてます。
結婚式の準備も、そろそろ招待状を作成して来月には配布・・・と言う段階。
また、今月中には新居も決めようということになってます。

Nくんとは仲良くやってはおりますが、たまーに私がプンプンすることもあり・・・。


先日はこんなことがありました。

  ↓


私の結婚式の一ヶ月前(9月)に、私の弟が結婚予定であることはちょくちょく日記にも書いていたのですが、昨日招待状をいただきました。
(弟も私も実家に住んでるので手渡しで)

招待状には彼と私の両方の名前が連盟で書いてあります。

私と彼はまだ婚約中ですが、10月に結婚式をするということで、夫婦という扱いで、連盟の招待状をいただいたのです。
(もちろん、Nくんには前々からこの旨言ってあります)

神戸ポートピアホテルで行われる披露宴のお料理は、フランス料理か和洋折衷かを希望で選べるらしく、出欠返信のハガキに希望するお料理を書くようになってますので、お料理の確認と、招待状をもらった・・・という報告の電話を彼にかけました。

「弟から招待状、預ったよ」
「へ~、そう」

最初に「一緒に出席お願いしたい」って言った時も「はぁ」って気のない返事されたけど、自分の義弟になるっていう自覚がなさそうよね・・・。

まぁ、多分、義弟に思い入れもないから、面倒くさいんだと思うんですけどね。


「連盟でもらってるんだけど、返信ハガキ書いとくね」
「あ~そう」

お願いします・・・くらい言ってくれても良さそうなもんだが・・・。

「・・・でね、お料理がフランス料理か和洋折衷かを選べるんだけど、どっちがいい?」
「そんなんどっちゃでもええわ!」


なんじゃその投げやりは~っ!


「・・・じゃ、その通り書いとこうか?」(←私も投げてみた)
「・・・どっちにする?」(←歩み寄りの姿勢)
「さあね」(←つきはなし)
「・・・なんか、いじわるモード???」
「まあね」
「なんでやねん!なんでよ?」


まったくわかっとらんようです。


ま~、これは教育的指導が必要かも・・・。


うめやんの説教タイムが始まります。


「じゃ、説明しようか」

こう切り出されると、彼はビビリます。
「はい」
(電話の向こうで居住まいを正す彼が見えるよう・・・)


こういう時、私は絶対そのまま放ってはおきません。
なぜ、どうして怒っているのか、懇切丁寧に説明します。

ある意味親切。
そしてある意味恐いうめやんです。


「前の事を蒸し返すのもナンなんですがね」
「また、難しい話?」
「何も難しくないから、まぁ、お聞きなさいよ」
「はい」
「以前『弟の結婚式があるから、婚約者として一緒に出席してほしい』って言った時に、あなたは『・・・はぁ』ってすごく気のない返事したのよ。そして、今回『招待状が届いたよ』と言ったら『へ~そう』、『ハガキ書いとくね』と言ったら『あ~そう』、あげくの果てに『お料理どっちがいい?』には『どっちゃでもええわ!』っておっしゃったのよ。わかる?」
「・・・そうやな」
「客観的に見て、どう?気持ちのいい返事かな?」
「・・・そうやな」
「例えば、あなたの妹さんが結婚することになって、『妹の結婚式に一緒に出てくれる?』って私に言った時に『はぁ』・・・なんてテンション低く言われたら、どう思うかな?心が冷えるでしょう。義妹の結婚式なのに、他人事みたいに婚約者に返事されたら、やっぱり悲しく思うでしょう」
「そうやな、オレが悪いな


分ってくれたようです。


「私たちだって一ヵ月後にはみんなに招待状を渡さないといけない立場だよ。『行きたくないけど義理で出席する』って人も、もしかしたらいるかもしれないよ。逆に『行きたい行きたい!招待してくれてありがとう!!』って言ってくれる人もいるかもしれないよ。本人達にとってどっちが嬉しいか、一目瞭然だよ。」
「なるほど・・・」
「結婚式の招待って、ちょっとセンシティブになりがちなことだから、これからは誰かに結婚式の招待を受けた時には、できるだけお祝いの気持ちを忘れないようにしようって私は思ってるよ。出席できる時は、せっかくだったらお祝いムードを楽しんだほうが、自分も気持ちがいいと思うよ

「そうやな、ゴメンな説明してもらわんと、オレよく分かってないから・・・」


素直なNくん。
そういや、お義母さんが、彼は反抗期もなかったって言ってたな・・・。


「はい、じゃあ、お料理どっちがいい?」
「和洋折衷でお願いします。返信ハガキ、よろしくお願いします」
「はい、分りました」


厳しい彼女なのかもしれません。
ため息一つで見逃してあげるべきところかもしれません。
でも分ってほしい気持ちがあるなら、きちんと説明したい。
説明することを諦めたくはない。

忍耐強く素直に話を聞いてくれて、最終的には分ってくれる彼だからこそ、私は小さなことでも気持ちを伝える努力をしようって思えるのだよね。

そこは本当に感謝しなくちゃいけないと思う。


・・・えらそうに言ってゴメンね・・・という言葉は、素直じゃない私は恥ずかしくて言えませんが・・・。


その分、次に会った時に優しくしてあげようと思います






ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

スポンサーサイト

テーマ:結婚に向けて - ジャンル:恋愛

【2009/07/10 09:35 】
日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<初めての不動産屋!新居決定~☆ | ホーム | 第1回目の打ち合わせ>>
コメント
ハッキリどこがダメなのかを
説明するうめやんさんは間違っていませんよ!
こっちのほうが、二人のためになることです。
私はつい言いたいことを飲み込んでしまい、
消化不良を起こすタイプなので。。。
【2009/07/11 00:51】
| URL | さとー #-[ 編集] |
他人同士だから行き違いや思い違いや勘違いがありますよねf^_^;
ちゃんとNくんに説明してくれるうめやんさんは偉いと思いますよ。
【2009/07/13 21:32】
| URL | 月花 #-[ 編集] |
■さとーさん■

ありがとうございます。
そう言って頂けると・・・よかった。。。
あんまりえらそうに言う癖は直さないと
いけないなと思いつつ・・・。

言わないでおく・・・ということができない
わたしです(^^;

■月花さん■

行き違い、思い違い、けっこうあります!
言わないでおくと、お互いに誤解だらけに
なってしまいそうです。
こういう説明口調だと、彼も納得しやすい
みたいですが、逆切れせずに聞いてくれる
Nくんに感謝ですね(^^)
【2009/07/14 13:52】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
これは こういった礼節というか態度なんだけど マナーに属する事だから Nくんもしっかり教えてもらえてよかったとおもいますよ^^b
社会でいらぬ敵をつくらずにすみますしねw
N君もきっとうめちゃんに正された面で将来とくをするとおもいます^^*

弟さんいよいよ結婚まじかですなぁw
おめめとうです☆

【2009/07/17 23:53】
| URL | ヨヨ子 #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/264-11e3ea58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。