スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ある夢のお話
みなさん三連休楽しまれましたか?

私はNくんは休日出勤ばっかりだったので、割とヒマでした。

土曜の夜にご飯食べに行ったくらいです。

あと、車のリコールが来てたので、ディーラーに行ってました。

あ~、ヒマっていうのは・・・いいね。

ダラダラ過ごすのがすんごい好きなうめやんです。

忙しいだけだとダメなのです。

緩急つけないと、ムリなのです。

ヒマにまかせて、フルートの練習などもしてみたり・・・。

『アルルの女』のメヌエットも、『妖精の踊り』も『「歌の翼」による幻想曲』も、はっきり言ってまともには吹けてませんが、自己満足・自己満足!

『G線上のアリア』やら『亡き王女のためのパヴァーヌ』などを吹き散らかしていたら、私の部屋の真下で寝ていた弟がついに逃げ出しました。

ククク・・・!してやったり!!
 ↑
いやがらせか!


そんなこんなで、大半を家でゴロゴロしながら過ごしていたわけですが、昼寝などもして、ウトウトと夢うつつにまどろんでいると、フト思い出しました。

昔に見た夢。


どうして、何がきっかけでそんなことを思い出したのか、不明ですが。

急に「あぁ、昔、こんな夢を見たよなぁ」って、記憶が蘇ったのです。


以下、ちょっと、暗い話なんで、苦手な方はスルーして下さいねぇ(^^)


ちなみに、私はかなり夜に見る夢を覚えている方です。

眠りが浅いのかもしれませんが、それよりも何よりも、一時期『夢占い』が流行った時に、かなり熱心に夢に取り組んでから、私は夢をクッキリハッキリ覚えていられるようになったのです。

夢というのは、知ろうとするとそれに応えてくれるらしい・・・というのを聞いたことがありますが、意識することで記憶にとどまりやすくなるということはあるのかもしれません。

もちろん、一晩に見る全ての夢を覚えているわけではありません。

でも調子がいい時は、3本立てでストーリーを覚えていることもあります。

強烈なカラーを伴う夢もたまに見ます。


・・・で、今回思い出した夢は、私が苦しい恋をしていた時に見た夢です。

まぁ、つまり平たく言うと三角関係の恋をしていた時の夢です。



とても大好きな彼と、私は手を繋いで歩いています。

彼と手を繋いで歩くのは、とても幸せで、満ち足りた気持ちです。

しかし、ふと気付くと、彼のもう一方の手を、別の誰かが握っているのです。

可愛らしい女性でした。

彼女と私の視線が合いました。

私は彼女の瞳の奥に強い意志を感じました。

「私は彼の手を離さない」

無言で彼女は私にそう言ったのでした。

私は「私だって彼の手を離しはしない!」と、彼の手を強く握りました。

気付くと、私達の歩む道は、どんどん道幅が狭くなっていっています。

3人で並んで歩くのにはもう既にギリギリです。

これ以上進むためには、どちらかが彼の手を離すしかありません。

進む先には青々とした山がそびえています。

私は彼の顔を覗き込みました。

「道が狭いから3人は無理だよ」

私は彼にお願いするつもりで言ったのでした。

彼女の手を離して欲しかったのです。

私と彼と、二人で美しい山に登って行きたいから。

けれど、彼は困った顔をしました。

彼は私の手を離すことも、彼女の手を離すこともしませんでした。

道幅は更に狭くなり、3人は横一列に並ぶことはできず、お互いの足がぶつかり合います。

私は再び彼女を見ました。

彼女はもう私のほうは見ずに、力強く前を見据えていました。

何があっても、意志は変わらない、このまま進んでいくんだ!

そんな決意の表情でした。

彼はどうしたらいいのか分からずに困った顔で、私を見ました。

私は・・・、身体を一歩前に踏み出して、二人が歩きやすいようにしました。

悲しみが胸を支配しました。

彼は私の方を見て、困った顔をしている。

彼は私に助けを求めている。

・・・つまり、私が、私の意志で、彼の手を話すことを望んでいる。

それを知って悲しかった。

私は彼の手を離しても、独りでも山を登っていけるけれど、彼女はそうではない。

いや、彼女だってきっと独りでも山を登っていけるけれど、彼女はそうしない。

何としてでも、彼の手を離さない。

どちらの意志が固いか・・・。

私は・・・、私は・・・、私は彼の手を振りほどきました。

悲しみに負けないように、明るい声で言いました。

「私は先に行くからね!」

二人を置いて、どんどん先を急ぎました。

道の両側に木々が生い茂る中、はるか向こうに背中が見えました。

背の高い男の人の背中でした。

私はその人を目指して山を登り続けました。



目覚めた後のやるせなさ・・・。

恋が行き詰まって、末路が見えるようなところまで来ていたわけではないけれど、無意識のうちに敏感に感じ取るものがあって、見た夢なのかもしれません。

夢占いっていうのは、その象徴的なモノや、そのストーリーなど、いろんな判断方法があるみたいですが、いずれにしても私が大事にしたいのは、その夢を見ている時に感じる気持ちです。

悲しいのか、嬉しいのか、虚しいのか。

その嬉しさは、何か悲しいことを隠したいための、ウソの嬉しさなのか。
心から満ち足りた嬉しさか。
悲しみは、心の底からの悲しみか、後でホッとするようなものなのか。

この時の気持ちは、まさに沈んでいくような悲しみ。
でも、私の行く先には美しい山と、その山を力強く登る男の人がいました。
それは、この夢の中での一つの救い・・・、光に見えました。
希望を捨てるなと言われているような気がしたのでした。


彼とのお別れは、程なくしてやってきましたが、もちろん別に夢に影響されてのことではありません。

夢のことなんて、日常の世界ではすっかり忘れていますから。

どうしようもない人生の流れの中での、どうしようもない別れ。

でも、そう、そう言えばね・・・と、思い出して彼に夢のことを言ってみました。

彼があまりに悲しそうだったから、励ますつもりで。

「私が独りで行く先に、素敵な男の人の背中が見えたんだよ。だから、きっと私にはこの先ちゃんと出会うべき人がいるから、大丈夫ってことだよ」

心配しないで・・・と言いたかった。

でも彼はさらに悲しそうな顔をして。

「そんなことを言うなよ」

何だか泣き出しそうに見えたのでした。

私達は向かい合って俯いて、でもいつまでも留まってはいられない。


最期の最期がどんな別れだったのか、ハッキリ思い出せないのはなぜ?

何だか、今では夢と混ざり合ってしまったように・・・曖昧。


どうしてこんなことを思い出したのか・・・。

今が幸せだから、安心して記憶のストッパーが外れたのかもしれません。

それでも、今が幸せでも、過去の記憶に胸を掴まれて、息をのむような。

言い知れぬ手ごたえを持って、鮮烈に蘇る痛みは、確かに昔ほど耐え難いものではなくなっているにしろ、少し私を沈んだ気持ちにさせたのでした。



自虐趣味っぽいね!!


以前、Nくんに「私って実は割と暗い人だからねぇ」と言うと、「せやな!暗いな!」と言われたことがありますが・・・!

なんと!バレてました~ぁ?


最近は、悩みもあんまりなく、楽しい・・・ですよ?(^^;

(え?そうは見えない?・・・う~ん・・・)




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

スポンサーサイト

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2008/11/25 00:18 】
日記 | コメント(9) | トラックバック(0)
<<nibblesさんの消しゴムハンコ~♪ | ホーム | ありがたや、もったいなや・・・。>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/11/25 19:36】
| | #[ 編集] |
「正夢」と言う言葉もあれば「夢は逆夢」と言う言葉もあるくらいだし
夢占いなどは結局のところは後づけでいくらでもストーリーが作れるとは言え(失礼)
気分が悪い夢は嫌なもんですよねえ...
やはり女性の方が夢に関してはロマンチストなんですかねえ..
記憶ってのは一応は脳裏に仕舞いこまれてるそうですよ。
ただ使わない記憶を引き出す能力が段々と弱くなっていくみたいです。
【2008/11/25 20:39】
| URL | ミュジニー #-[ 編集] |
『けけけけけっ』と自分の笑い声に
目が覚めたのは最近のことです(笑)
何の夢で笑っていたのか逆にしりたい・・・

寝ているうちのお父さんを昔観察していたら
『ぽっぽっ、おはようございます。ぽっぽっ』
(ジャイアント馬場の真似をする関根勤のように)
と寝言を言ったので、びっくりしたことがあります。
何の夢をみていたのやら・・・
【2008/11/25 21:09】
| URL | nibbles #-[ 編集] |
連休はごろごろとでした。
今日は会社に行くのがとっても憂鬱でした。

クリスマスまで一ヶ月。私はひとりだ。
【2008/11/25 22:30】
| URL | ひより #-[ 編集] |
***************************
鍵コメさん

またお返事書きますねぇ♪

***************************
ミュジニーさん

そうそう、いい夢見た・・・って思ったら、占いでは悪い暗示だったりします!
人間の脳はごく一部しか活動していないらしいですから、自分でも考え及びもつかない、無我の中でいろいろと自分の人生について考えたり、未来を選択したりしているのではないでしょうか。
その一部が夜に見る夢に出てくるのでは・・・っていうのが私の見解(^^)
ほら、夢を見ることで、人間は記憶の整理をするらしいっていう脳外科の先生の説もありますしね!
それだと普通の手相占いとかより、信憑性あるでしょ?
自分の中で出した未来の予測だったり、今現在置かれている状況の把握だったりするわけですもん!
自分から自分へのメッセージや励ましが隠れているやもしれませんよ!
なーんて、ロマンチックねぇ。

***************************
nibblesさん

お父さん、面白いですねぇ!
ウチの妹も、「あと少し!もうちょっと!!」と、寝言でハッキリ叫んだことがあって、びっくりしました。
どうやら部活の夢を見ていたらしい。
寝言って意味不明な言葉が多いよねぇ。
自分の笑い声で目覚めるのも不思議な感覚ですが、私は夢で自分自身に殺されそうになったことがあります。
あれは怖かったなぁ・・・。
【2008/11/25 22:37】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
ご無沙汰してます^^;
うめやんさんの夢をじっくり拝見し
うめやんさんてなんて可愛い人なんだって思いました。
あのようなリアル感あふれる夢をみられるなんて ステキだと思いますよ。

今はしっかりN君の両手を繋いでいますのもね☆
もうだれのものでもなくうめやんさんだけのもの(人)ですもの♪

しっかりその手を握っていてあげてください。
そして これから寒くなって冷たくなる彼の手を
心とともにあたためていてあげてくださいね!
【2008/11/26 10:32】
| URL | きーまん #-[ 編集] |
***************************
ひよりさん

連休ゆっくりしてしまうと、会社に行くのが憂鬱ですよねぇ。
でも、今週もやっと後半です!
あと一日頑張れば土曜ですよ(^^)
私も去年はNくんとクリスマスを過ごせましたが、それまでは年単位でクリスマスは1人でした。
親と一緒にケーキ食べてました。
今年のクリスマスも平日だから、きっと家でケーキです(^^)

***************************
きーまんさん

こちらこそお久しぶりでご無沙汰してます!
いかがお過ごしですか(^^)
本当に寒くなりましたよね。
お風邪など引かれませんよう。。。
リアルな夢、見られるの素敵ですか?(^^)
妙に想像力があるからなのかもしれません。
私の前を歩いていたあの背の高い男性がNくんだったりして・・・とか思うあたり、ロマンチストです。
Nくんとずっと気持ちの上で手を繋ぎあって生きていけたら、これ以上素敵なことはないです。
「年を取っても歩く時は手を繋いでね」ってお願いしたら、「そうだね(^^)」と言いつつ「でも、うめやんの方がそのうち嫌がるようになったりして」ってNくんに言われました。
・・・年取ったら・・・ありうる(笑)
【2008/11/27 10:04】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
夢はよく見るし 何本立てのもみますw
ほとんどカラーで かなり有り得ない夢の内容でも 現実と信じきって夢の世界にいます…

夢は よく考えたら その時の自分の心理や状況を物語にしたものがおおかった気がします。
悪夢ばかり見ていた時期は つらかったなぁ。

今は 幸せな夢が多いけど 最近また 悩みを反映したような夢をみてます
(>_<)


昔の人は 【橋の上で、だったかな】異性が夢に出てくると、その人は自分に恋をしていて 思いが強いから相手の夢に入り込む。
と考えてたらしいです。見ず知らずの人が夢に出て ある日その人が現れて告白してきたら ロマンチックなお話ですが だいたい夢に見るのは こちらが好きだからですよねぇw


うめちゃんと 前の彼氏さんは 好き同士なのに 別れてしまったような?

好きで仕方なくても 結ばれない恋ってありますよね(>_<)


何だか切なくなりますねぇ
(>_<)


【2008/11/27 18:50】
| URL | ヨヨ子 #-[ 編集] |
***************************
ヨヨたん

夢に好きな人が登場することって、ヨヨたんはけっこうあるんだ。

私は実はあんまりなくてねぇ。
もっと強く思えば、出てきたりするかな(^^)

悩みを反映することって、あります!

意味深な夢とか、なんか象徴的な夢を見たら、ちょっと夢辞典を開いてみて、なんか、面白いこと書いてないかなぁって捜す癖が・・・。

事故をする夢などは、そのまま「事故に注意」っていう警告だったりするらしいですが、それが本当でもでたらめでも、夢を見て「おお、注意しとこう!」と思えたら、意味があることだよね♪

夢の中に出てきた彼とは、ズルズルすること数年で、大好きだけど先がないから別れました。
彼からの愛情も感じていたけれど、それでも関係自体が行き詰ることって、あるよねぇ。
なんだっけ、有名な外国の詩人の言葉で、「愛は急に死ぬこともあるのだ」なんてのがありましたが、まさに恋愛に関しての終わりは、ゆるやかな下降線を辿るものもあれば、急に「死んで」しまったような終わり方もあるよねぇ。
どちらも辛いことには変わりないけれど。
(あ、また暗い人みたいなコメントになっちまった)
【2008/11/28 14:51】
| URL | うめやん #CDz0IMH.[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/228-53995e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。