スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
父と娘の熱き語らいの果てに・・・
日曜の夜、父と母と私の3人で食卓を囲みつつ、テレビを見ていると、ニュースで『孤独死』の話題を取り上げていた。

「あぁ、団塊の世代が老年になってくると、どんどん増えるだろうな」

父のつぶやきに、母も「そうね」と相槌を打つ・・・。

楽しい食卓に、微妙な空気が流れた・・・。

「ま~そうだけど、お父さん達は3人も子供が居るから、ラッキーだねぇ。3人もいれば、老後もバッチリよ♪」

暗い雰囲気が嫌いな無責任長女うめやんの発言。

「まぁ、期待してないけどな」
「あら、よろしくお願いしとかないと!」

この家自体は長男である弟が継ぐらしいし、将来彼が父・母と一緒に住むというのは、何年か前から本人(弟)の口から希望として聞いたことがあるけれど・・・。
思えば若いのにそんなこと考えてるなんて、エライぞ、弟よ。

私も、もしNくんと結婚するならば、Nくんだって長男だし、私は長男の嫁ということで、Nくんのお父様・お母様のお世話はしっかり勤めたいと考えておりますが・・・。

長男の嫁なんて、大変そうって?
いやいや、次男の嫁になった場合の方が、長男の嫁に気を遣ったり、義父や義母のお世話だけでなく、法事等の行事の面でも、気楽な反面歯がゆい思いもしないといけないことを考えると、元々仕切り屋な性格である私の場合、苦労も多いが自分の意見も反映される主催者側の立場に立つほうが、返って気が楽というものです。

だいたい、この世の中の男性のほとんどが、長男だというのに、その上、この年齢まで嫁に行けてない時点で贅沢に選ぶ権利などないというのに、今この段になって「長男に嫁ぐのはイヤだ」などと言うくらいなら、「結婚などせんでヨシ!」・・・だ。

将来、義父・義母と同居して、合わなかったらどうすんの?
上の、「その上」~「・・・だ。」までをもう一度読むのだ。

なんて、熱く語ってみましたが、女性と生まれたからには、そして嫁ぐと決めたからには、飛び込む勇気も大切なのではなかろうか。

その上で、「あたしゃ同居なんて気を遣うからいいわ」と、先方の義母あたりが言う場合も多いわけで、案ずるより生むが安しである。

ところで、私の場合、Nくんと職場も一緒な上に、お互いの実家も車で10分かからないようなところにあるので、結婚してその近辺に住むのなら、お互いの両親の顔を見ることも楽にできるわけだから、安心っちゃ安心です。

ていうか、父や母の心配より、自分が心配だわ~。

「とにかく、子供がないっていうのは、将来心配だよね。面倒を見てほしいから生むわけじゃないとは言え、一人も子供を生まずに生きていくなら、実際にもっと老後のことを真剣に考えないと・・・!もし、結婚して子供が生まれなかったら、私は真剣に養子を貰うことを考えるかも・・・」

ご飯茶碗を手に、「ふむ・・・」と頷いて父が言う。

「実際問題、子供がない家は、心細いな。ワシの兄さんの家も子供がないが、老後はどうするのか決めとるんやろうか・・・」

「老人ホームも、公立は順番待ちでいっぱいだし、私立のホームは莫大なお金がかかるからね。しかも、施設によっちゃ、完全介護ではないから、健康でなければ入居できないらしいし、病気になると追い出されるところもあるらしいよ」

なんと・・・!

父と母は、おののいた。

「将来心配だから調べてみたんだけど、現実は厳しいみたいよ」


「・・・おまえ、そんなことより、どうなってるんだ!」

   ↑
結婚のことを言っているらしい。


「孤独な老後の心配をする前に、やるべきことがあるだろう!」



・・・THE ヤブヘビ・・・(TT)



あのねぇ、父さん、私だって考えてるよ。頑張ってんだよ。

「そんな大急ぎなのかね」(ちょっとエラそう)

「大急ぎじゃ!早く孫の顔を見せてくれ!」


わ~ん、楽しい食卓がぁ・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


「あのね、この前私の友達が、付き合って間もない人に、逆プロポーズしたんだって」

私は、いきなりJちゃんの話題を持ち出した。

もちろん、そんなに詳しく話すわけではないが、性急なプロポーズに、34歳の男性はびっくりして、それが原因かどうかは定かではないが、せっかくのご縁が、疎遠な感じになってしまった・・・と。

「だからね、あんまり急ぐのも良くないのよ!」
「なにぃ、そういう風に話がつながるのか!?」
「そう。話の落としどころは、そこでした~♪」
「まぁ、急ぎすぎるのも良くないが、慎重すぎるのも良くないぞ」
「あのねぇ、私ももう30なんだから、失敗は許されないのよ!いい?うっかりご破算にするわけにいかないのよ!?」
「・・・うむ」(私の迫力に気おされる父)
「ここはちゃんと着実に・・・、

      確実にいかんとー!!」

私の燃える目と、父の獲物を捕らえるような眼光が鋭く交差した。


「なるほど。よし分かった」

父はビールを飲み干し、私に向き直る。

「だがいいか!石橋を叩いて、壊すんじゃないぞ!!」


父さん・・・!(それ、痛いほど身にしみる言葉だわ・・・)



父と娘は深く頷き合った・・・。




( ̄▽ ̄; ←こんな顔で母が見ている。



熱意でごまかす作戦は成功した・・・。
(自分の首を絞めただけの気もするが) Nくんもドン引きの会話だな・・・


「ところで、Jちゃんの場合、見合いとかがいいと思うんだけど」
「まぁ、そうかもしれないね」
「でも会ってすぐに、どうやって『この人』って決めるの?」
「まぁ、雰囲気とかだね」
「お父さんとお母さんは、1度目のお見合いで、結婚を決めたわけでしょ?決め手は何だったわけ?」
「あたしゃ何にも考えてなかったね」
「うむ、ワシは、会ってみて、『だんだん好きになれそうかどうか』考えてみて、決めたな」
「ほー」「へー」
「会った瞬間が一番で、その後『だんだん好きじゃなくなる』なら、無理だろ」
「なるほどなぁ。でも大博打だね」
「いや、そうは言っても、雰囲気で分かるもんだ」

雰囲気でうまくいくかどうか、分かるのか。

私は、今までうまくいきそうだと判断した人でも、結構失敗してますが、それは勘が鈍いのか、それとも父の勘が野生動物なのか・・・。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

スポンサーサイト

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2008/09/17 18:25 】
日記 | コメント(10) | トラックバック(1)
<<とりあえず拝んどくか・・・ | ホーム | 海にポニョはいるかしら・・・>>
コメント
友達のお母さんの懐にもぐりこむのは
意外と得意だったけど
将来のだんなさんのお母さんの懐にもぐったら
掘り返されそうな予感(笑)
とある女優さんが姑さんと『他人』と思って接したら仲良くなった。
みたいなのを過去のTVでみたような、みてないような・・・姑の出方次第だよねぇ~
【2008/09/17 20:23】
| URL | nibbles #-[ 編集] |
***************************
nibblesさん

うんうん、お姑さんやお舅さんの性格によっても、付き合いやすさが変わってくることだし、向こうからしても、こっちが付き合いづらい性格の嫁だと思われるかもしれないしね(^^;
そう、他人と思えば、分かり合えないことも「当たり前だよね」って許せるかもだけど、将来同居したとしたら、そこまで割り切れるかどうかは・・・う~ん。
でも、最初から、「お姑さん・お舅さん=合わない!」と決め付けるのは寂しいので、とりあえず自分なりに取り組んでみたいです(^^)
日本の女性は(いや、日本には限らず)みんなそうやって生きてきたんだもんね☆
【2008/09/17 22:00】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
うめやんさんの弟さんはえらいですねf^_^;
一緒に住むとかすでに決まってるんですね!
最近の日本男児にはあまりみないタイプと見ました!
お父さんはうめやんさんのことが心配なんでしょうね。
ただこればかりはゆっくり着実に進めたいですね。ことがことなだけに、Jちゃんの例もありますしf^_^;

それにNくんも考えてると思いますよo(^-^)o
【2008/09/18 18:18】
| URL | 野いちご #-[ 編集] |
さとーは二男と結婚しましたが、
長男だったとしてもお義母さんが
「離れて暮らしたい」って言ってくれるので
助かりますわー。
ただ、私の両親がどうなるかが問題です;
【2008/09/18 20:55】
| URL | さとー #-[ 編集] |
弟さんはある意味賢い選択とも言えますよね。
何しろ家賃の負担は大きく減るでしょうから...
うめやんさんは気が利くので旦那様の気のききぐいあで負担が大きく変わってくるような気がしますねえ...
正直、実際に世話するとなると大変だと思います。
痴呆になった時、両親の一方が亡くなられた時なんかは大きく状況は変わると思ってた方が良いかもしれないですからねえ...
【2008/09/18 21:57】
| URL | ミュジニー #-[ 編集] |
***************************
野いちごさん

弟くんは割りにNくんに似て節約家ですし、いろいろ考えた上で、いずれは実家に住むと言っているのだと思いますが、そう言って貰えると、私も嫁ぐなり何なり、安心してできます。
嫁げなければ出て行かねばならんが。
でも、結局は近くに住んでいるのなら、実の両親と同居はしなくても、介護は長女の私がやってあげたい気もします。
弟がその時に、両親と同居していたら、お嫁さんの立場もあるから、相談して協力しないといけませんね。
労力の面もですし、金銭的な面でも・・・。
Nくん、考えてるのかナァ。
考えるように仕向けていきたいです。

***************************
さとーさん

んまー、そういったお母さんなら、安心ですね(笑)
といっても、いずれみんな年老いるわけですから、兄弟で話し合って、介護のことも考えないといけませんね。
実家の両親だって、実際には自分で面倒見たいのが本音ですし、みんなが通る道ですが、親などの姿を見ていても、「すごいなぁ。がんばるなぁ」と尊敬してしまいますね。(^^;
ちなみに、ウチの父は養子で、母の家に入り、母の両親とも同居だったのですが、彼こそ尊敬すべきですね。
よくぞ飛び込んだナァ・・・って。

***************************
ミュジニーさん

そですよね、土地があるのは素敵。
一生、賃貸に住むなら、相当稼ぐか、早死にするかしか生きて行く方法が思いつきません。
私ももし旦那さんの実家に将来同居しないのなら、家を建てることを真剣に考えます。
しかし、本当に介護って大変ですよね。
ウチも、じいさん・ばあさんと同居で、二人とももう亡くなっているのですが、家族総出で介護して、ばあさんは自宅で看取りました。
ばあさん、痴呆で、真夜中に風呂に入ったり、朝と勘違いしてカーテン開けまくるくらいならともかく、勝手に徘徊するのが大変でした。
みんなで捜索したり・・・。
大人のおむつもよく買いに行きましたが、あれがもし10年とか続くなら、自分の親でもキツい!
まして義理の親なら・・・。
でも、ある程度そういうことも覚悟しないと、Nくんは妹さんがおられますが、もし遠方にお嫁に行かれたら、逃げる術はないっすからねぇ!
あ、私はボーっとして気の利かないタイプです、実は(泣)猫かぶり・・・(^^;
【2008/09/18 23:25】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
うめやんさん一家は仲良しなのですね~。
うちはうめやんさん一家のような会話は最近一切ありませんね~。
まぁ、もう「結婚」なんて親の方があきらめてるのかもしれませんけど。

今のご時世、「長男の嫁」以外を望むほうが難しいのかもしれません。
ただ、我が家の場合、女姉妹で私が長女。
両親に何かあれば私が介護をするワケですから、そういうのはちょっと考えたりもしますね。

相手の親と同居するなら最初から同居した方が良さそうですよね。
なかなか難しい問題ですね。

いや~、でも微笑ましい(?)一家の1部を垣間見れたような気がしてほのぼのしました。
【2008/09/18 23:59】
| URL | Yuka #-[ 編集] |
***************************
Yukaさん

いや~、ほんとに同居の問題は難しいです。
同居するにしても、家族がみんな元気かどうか・・・とか、義父・義母のほかに、お爺さん・お婆さんもおられるか・・・とか。
でもいろいろ考えすぎてもしょうがないですね。
石橋壊しちゃダメですから(^^)
ウチは家族は仲良しかもしれません。
弟は寡黙な感じだけど、私は父とも母ともかなり話す方ですねぇ。
父親とは全く話さない娘さんも多いみたいですが、私は、お喋りな方なんで、嫌がっても捕まえて話し続けます。(ウザい!^^;)
【2008/09/19 09:53】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
N君 長男ですかぁ・・・

まぁ 最近は そこまで長男の嫁だからといってきつく当たる姑さんはすくないのでは・・・
むしろ一人息子とかの姑さんは わが子をとられる感じがあるみたいですねぇ・・・。
うちのマミーは あんまし姉のことを(兄嫁)良い様に言ってませんが 表ではすごく優しく接してます。
しかし内面と言うのはにじみ出るらしく、姉は
「自分はあまり気に入られて無いきがする」とは言ってました^^;
でも大丈夫だお姉さん!
実の娘だと容赦ないぜあの女!!w

ということでN君のママンが 優しいお母さんであることを祈ります;;

介護って 相手が嫌な人間だと こちらに介護の覚悟あってもいつかキレそうですよねw

(ヘルパーの資格とろうとしてる人間の言葉かしら・・・汗)
【2008/09/23 07:33】
| URL | ヨヨ子 #-[ 編集] |
***************************
ヨヨたん

ヨヨたんは、ヘルパーさんの資格を取ろうとされてるのですか~。
これから必要となってくる、大事なお仕事ですね。
本当に、この高齢化社会のことを考えると、政治にも物申したくなる昨今ですが、まぁ、自分の父母(儀父母)の介護は、できる限り家族の力でやりたいです。
とはいえ、結局専門の知識のあるヘルパーさんにお願いした方がいいこともたくさんあるし、環境が整わないなら、施設へお願いすることの方がよい場合もありますよね(^^)
それにしても、Nくんのママってどんな人だろう。。。
【2008/09/28 01:21】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/202-f186a7e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
私書箱
池袋の私書箱の紹介です 激安!池袋の私書箱新規オープンです【2008/09/18 15:02】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。