スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
処暑を過ぎて物思ふ・・・
筆に含ませた水彩絵の具を、真っ白な画用紙にさっと刷いたような薄いペールブルーの空は高く、キラキラとした夏の残滓をわずかに残す空気は秋の色を深めている。
漆黒に塗られた木枠の窓から流れてくる、日焼けした肌を冷ます風を感じながら、深い眠りから覚めて最初に思うこと・・・


さぶっ!!


窓開けてノースリーブで寝てたら風邪引きますな!

「暑さ寒さも彼岸まで」・・・とは昔の人もよく言ったもので、確かにお盆が過ぎてから随分と過ごしやすい気候になってきました。

夜も涼やかに快適に眠れますし、朝もさわやかに目覚めます。

ま、昨日はなぜか悪夢にうなされましたが・・・。
(万引き犯に間違われたところ、新宿の母(占い師)が「無罪!」と占いで助けてくれるという、コントのような展開の夢でねぇ・・・)


日曜は一日べったり出勤だったので、なんとなくこの週末休んだような気がしません。

土曜は、昼間は友達と会い、夜からNくんとご飯を食べに行きました。

この友達というのは、私の高校の友人の元同僚の方で、その高校の友人を介して知り合いになった2人なのですが、大人になってからできる友達ってなかなかいないので(私の場合は)非常に貴重です。

そんな貴重な二人にも関わらず、実はここ1年半ほど会う機会も無く過ごしていたわけですが(イエ、会わなくても友達なのよ!)、久々に「ランチでもしましょう♪」というお誘いで、出かけていったわけなのですが、まぁ、1年以上経っても、変わってませんでした。
(オイラもだが)

気の合う気楽な仲間です。

どういった感じで気が合うのかというと・・・、まぁぶっちゃけて言うと『元コンパ仲間』っていうか・・・、もう少し真面目な感じで『婚活仲間』でしてね。
そういった面で、非常に“同士”って感じがします。

要するに、「真面目に結婚相手を探したい!」と思い出した際に、「この歳になると、一緒にコンパ行ってくれる様な友達も少なくなって、困ったわ」などと思っていた女の子たちが集結した、目標に向かって寸分違わず同じ方向のベクトルをさした、ある意味“男の固い友情”などというものを凌駕した“結束と決意に満ちた集団”なのであります。

今回集まったのは、私合わせて3人でしたが、この『婚活』をする際に出会った迷える(そして同じような不器用女のニオイを纏った)女の子(と言うのが憚られる年齢の)女性は、かなりの数に上ります。

そして、各々が精力的に個々で活動する傍ら、他の同士へ有意義な情報を流したり、有意義な機会を提供したりするという、非常に有意義な仲間なのです。
(有意義を強調しすぎだが)

つまり各々でコンパの相手を見つけてきてですねぇ、お友達を誘ってあげるという、ただそれだけのことです。(んふ

ま、20代前半~半ばの頃と違って、『婚活』という確固たる目標に的を絞った活動をして久しい女性というのは、決して足の引っ張り合いなどはしないのが特徴です。
はい、そんな下らないことをしている暇はないのです。
潰し合っている暇など皆無なのです。
誰かが上手くいきそうなら心より応援せねばなりません。
何でって、その女性とお付き合いすることになった男性が、どのようなお友達やお知り合いをお持ちか分からないというのに、その限りないバックグラウンドの可能性を自ら絶つような行動は、まさに自殺行為だからです。
そして、幸せな結婚をした人からの、旦那さんの独身のお友達の紹介・・・というのは、フリーの女性からの紹介や、彼氏持ちで独身女性からの紹介に比べて、段違いでグレードが高いのであります。

フリーの女性の紹介<独身女性の友達の紹介<新婚の友達の紹介

   ↑

もはやこの図式は、婚活女性ならば誰もが知るセオリー。

という訳で、「お友達の幸せは私の幸せ」なのですよ。
心より祝福し、その彼女の方から仄かに幸せが漂ってくるのを期待するのみです。

でもね、そんな下心などそっちのけにして、同士の幸せな恋愛と結婚というのは、婚活仲間の胸を打つ幸せな出来事なのです。
それなりに仕事に恋愛に奮闘し、その中でも明るく前向きにかつ苦労を見せない笑顔で生きている婚活仲間の朗報なんて、自分のことのように嬉しいのであります。
本当に純粋に心から「素敵ね!」「よかったね!」と思えるのです。
「苦労が報われたのね」と胸がグッとくる感動があったりするのです。
そして「私もいつか」「何か希望の光が見えるようよ」「こうやって幸せになるあなたを見ていると、私も頑張る勇気が湧いてくるわ!」などと、オリンピック金メダリストを見るような、いやそんなもんじゃないわね、「彼女の背後に後光がさして見えるわ!」って感じです。


・・・今回は、3人のうち「彼氏ができた」と報告した私がお釈迦様扱いに・・・。

ここ数年は聞き役が多かったため、話の中心にされると、慣れないわぁ。

一通り私の近況を話し、いろいろと質問攻めに遭った後、つぶやく彼女達。

「うめやんは会社で出会いがあったのがいいよね。もちろん、うめやんの努力で片思いから両思いに発展したんだけど、私は職場は絶対出会いがないわぁ」

「私も、もうコンパもネタが尽きた感じだよね。どこで出会えばいいの!?」

うーん・・・、と思いつつ、私も今まで散々参加してみた「お見合いパーティー」やら、もう少しフランクだけれど真面目な出会いを中心とする「コンパセッティングサービス」がある会社への会員登録やら・・・、はたまた最終手段の「結婚相談所」って手も・・・。

「あ~、結婚相談所は行った。ね、二人で行ったよね」
「うん、かんなり説教されたね」

どうやら「もっと努力しろ」「自分を磨け」「全国飛ぶ気合で相手を探せ」と、40代後半の女性にコンコンと説教されて二人とも落ち込んだらしい。

相当絞られたらしく、ペシャンコに落ち込んだらしいです。

・・・うーん、Nくんの友達に手ごろな人がいればいいんだけど・・・。

実は別のお友達にも頼まれてて、Nくんにも相談してるんだけど、「彼女の居る友達しかおらんなぁ。ちょっとあんまりオススメできんヤツとかは余ってるけど、そんなの紹介できんしなぁ。フリーのヤツは大学の友達で、遠方やからなぁ・・・」と困り顔されてたりして・・・。

結婚してる友達にも、「もし旦那さんの同僚の方で、よい人おられたら・・・」って頼んだりしてるし、私なりに八方手尽くしてるんですが、難しいね。

とりあえず、彼女達をネットカフェに連れて行って、一緒に「お見合いパーティー」とかいろいろ調べてみたりして、その日は解散しました。

夜にNくんに会って、昼間の会合のことを話しました。

「そうか~。難しい話やなぁ・・・」

Nくんも、唸っていた。

「そういや会社の同僚とか見てても、まともなヤツはみんな相手がおるからなぁ」
「そうだよねぇ。なんで女の子は余ってるのに(少なくとも私の周りは)、男性はみんな相手がいるんだろう?」
「分からんが、今おる6Fのフロアも、全員売れとるなぁ」
(彼女か嫁がいる状態ってこと)
「・・・Nくん、売れ残りの最後の1人にならなくてよかったね」
「(笑)ほんまやで」
「私が告白しなかったら、どこで出会うつもりやったん?」
「ほんまやなぁ、どうしてたんやろう?」

・・・絶対私がNくんに告白しなかったら、今もNくんはフリーな気がする・・・。
(言わないけど。・・・や、暗に言ってるけど)

「私が居てよかったね」
「(笑)うん、よかったわ」

その無邪気な返答はいかに!
私の押し付けの意見もどうかと思うが・・・。


「とにかく、いい人居たら、絶対言ってね!」

Nくんに確約させつつも、他にも手は無いか、また考えねばと思う今日この頃です。
(みんなドコで出会ってるんでしょうね???)




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★


スポンサーサイト

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2008/08/25 08:47 】
日記 | コメント(8) | トラックバック(0)
<<“惚れっぽい女”が得をする・・・のか? | ホーム | 桃でも葡萄でも持ってこ~い!>>
コメント
んーーーー
確かにオラのお友達の女の子は結構余ってます!!
見た目にこだわらないなら フツーな娘さんたちで、かなり真面目です!w
男の知り合いも 何人か余ってます!
顔はまぁまぁですが 女への理想高くて結局一人身とか、シャ乱Qのハタケを更に太らせた男の子とか・・・あとX1とか・・・
あんまし オススメ出来ないかな・・・(汗
あと30過ぎてもバイトで 休日はゲーセンばっかりいってる男の子グループとか・・・w

まぁ自分が付き合うのためらっちゃうような人は 紹介したら返って悪いですね^^;
バイオリズムは不思議なモノで 大学の頃は彼氏欲しいと思ってたのに出来ず、もういらねーやーと思ったら モテ期に突入したり・・・

人生にはモテ期があるんだろーなぁ、んで その時に若気の至りで結婚しとかないと もう 出来なそうな雰囲気に体型や 肌とかが変化してしまいそうですねぇ・・・。

高校の頃の先生に 背が低くて 小太りで 毛がなくって そんなに明るくなくて いいところより悪いところがすぐ目に飛び込んでくる 気はいい先生がいましたが うちのマミーはその先生を見るたびに 「ああいうタイプは 若気の至りで結婚しとかんと もう嫁のき手が無い」といってました・・・(ヒデー
そして 友人に 「 ねぇヨヨ子、先生に女の人紹介したげなよ!」 と言われて つい 「 後家さんなら知り合いいますが・・・ 」 と言ってしまったオラもヒデぇ!

【2008/08/25 10:35】
| URL | ヨヨ子 #-[ 編集] |
はじめまして。
関西在住30すぎてます独身です。

なんか婚活の言葉に反応しました。

みんなまわりが結婚してくなかでさみしいこの頃の私。

一緒に遊びに行く友達もへってきて、、、、

こんな私です。
【2008/08/25 11:41】
| URL | ひより #-[ 編集] |
コンパ仲間!!私もいますよ~。よく一緒に合コンに行ってたお友達が!その友達が結婚したとき本当に嬉しかったですもん♪
だれかN君のお友達でいいお友達がいるといいんですけどね~。
気持ちはよーく分かります!
【2008/08/25 18:33】
| URL | 野いちご #-[ 編集] |
私は出会いもなく。。。コンパもないしかなり焦ってます。
だからって何とすればいいのやら。
初対面の人と話すなんて苦手だし、可愛くもないし。

一人もさみしいわ。
一番の親友が結婚したときは自分のことみたいにうれしかったけど、その友達にもはよ結婚しって言われる最近。

出会いなんてないよ。
【2008/08/26 10:23】
| URL | ひより #-[ 編集] |
***************************
ヨヨたん

男の人も女の人もけっこう苦労してるのかもですねぇ。
私もかなりのコンパや飲み会やお見合いパーティーをこなした口ですが、何かして動いていないと不安で不安で・・・。
でも、頑張りすぎると今度は電池が切れたみたいにやる気と気力がなくなって、ちょっと鬱っぽくなるという・・・、悪循環でしたね。
実際、真剣に出会いを求めても、すぐに「この人」と思える人に出会うのって至難の業。
出会えたとしても、お付き合いできるかどうかはまた別だし、付き合えたとしても上手くいくかどうかは・・・未知数。
そう考えると、世の中にカップルが溢れているのが不思議な気持ちがしてくることです。
でも、人に異性を紹介するのってむずかしいね。
本人の好みもあるもんね。

***************************
ひよりさん

コメントありがとうございます。
本当に、年齢が上がってくると、コンパも紹介も激減してしまいますね。
自分から動こうにも、自分自身のフットワークも重くなってしまって、一体どうしたらいいのか・・・って暗澹たる思いでいっぱいになることもありますよね。
私は「絶対に『私は独身でいいや』って諦めることだけはしない!希望を持ち続けるぞ!」ってずっと思ってました。
そしたら友達なども紹介のお話をいつか持ってきてくれるかもだし(^^)
私も初対面の人と話すの苦手なんです。
心を開くには半年くらいはかかるかも・・・。
フィーリングの合う出会いがあるといいですね!
***************************
野いちごさん

野いちごさんにもコンパ仲間がいますか(^^)
婚活を真剣に考えたことがある人なら、あの結束間は分かりますよね!
本当に、いい出会いの場が提供できるといいんですが、難しい!
だって私も彼氏がいない時は、いろいろな可能性を模索して頑張ってたけど、そうそう出会いの場ってなかったし。
それに、「結婚だけにとらわれずに、自分を磨きましょう」なんていう20代半ば向けの雑誌に書いてあるような言葉って、話半分に聞いておかないと取り残されるのは目に見えてますから、余計に焦りの気持ちがありました。
絶対早いうちから真剣に「婚活」した方が早くに結婚できるに決まってるんだからねぇ。
もっと早く気づけばよかったよ。
【2008/08/26 13:07】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
うめやんさんの詩人のような文から始まり はてさて今回はいかなる話が…!!
と拝見しました^^

出会いっていつどこであるかわからないものですよね。
うめやんさんはいまやお友達に恋愛感や、出会とは!などと語る側になったものね^^v

きーまんも昨日普段メールも電話もしない けどお互いナイショの話をする仲の友達と飲みにいき
友達の幸せ話を聞いてすっかりおなかが一杯になってきましたよ

幸せな話はわかち合わなきゃね、うめやんさん>。・v
【2008/08/26 20:38】
| URL | きーまん #-[ 編集] |
新宿の母はやっぱり気になる存在ですかね?
確かに夜の新宿駅は占いで並んでる時とか見かけます...
「フリーの女性の紹介<独身女性の友達の紹介<新婚の友達の紹介」ってのははじめて聞きましたわ...
うちの会社なんか結構独身男性多いんですけどねえ...
ってか、今回の話...そろそろ結婚のプロポーズを決意したってことですかねええ?
なんてニュアンスなんですけど...
【2008/08/26 21:04】
| URL | ミュジニー #-[ 編集] |
***************************
きーまんさん

ちょっとポエマー入ってました(笑)

私はお友達に語るほどの身分ではなく、何なら失敗談というか「コレはやめとけ」的なアドバイスなら割とできるんですがねぇ(^^;
悪い例というのは結構万人に共通でも、上手くいった事例っていうのは人の数だけ個々に違いがあると思うので、難しいね。
私だって職場に好きな人ができなかったら、こうやって頑張ってアプローチしてないだろうし、今も出会いを求めてるだろうし。
好きな人がいれば、努力のし様もあるけど、出会いがないっていうのは本当に片思いより苦しいのよね。
気持ちが分かるだけに、協力してあげたい!
彼女らの幸せな恋話を早く聞けますように!

***************************
ミュジニーさん

新宿の母のことなんか、気にもとめてなかったのに、夢に出てきてから妙に気になりますよ。
占いは興味あるしね!
やっぱり結婚してる友達っていうのは、自分の経験があるから、「結婚に値する」厳選した方を紹介してくれますよ(^^)
ミュジニーさんの会社は純理系っぽいから男性が多いでしょうね。近くだったら、ぜったい紹介をお願いするのになぁ(><)
Nくんとは結婚の話は出てませんが「当然結婚してくれるもの」として最近Nくんを扱うようにしております。
この秋は会社の同僚の結婚ラッシュなんで、そういう話題も出るんですが「こういう時私だったらこうしたいわ。Nくんはどうしたい?」などと聞いてみたり・・・。
徐々に巻き込んでいこうかと(^^;
【2008/08/27 09:18】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umeyan.blog112.fc2.com/tb.php/194-5fbf3865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。