スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ある日デートにて 【S原さん ②】
①のつづき


そうこうするうちに、S原さんの誕生日がやってきた。
私は悩みながらもTAKEO KIKUCHI のバックをプレゼントし、彼は喜んでくれた。

「手をつないでもいい?」

うわ、そんなん承諾取られたの初めて・・・。
と思いつつも、「うん」としおらしく返事。

手をつないだら、トキメクかしら・・・。

んなわけもなく。

ドキドキもしなければ嫌悪感もない。
ただつながれているだけ。

傍らの彼を見る。

「・・・・」
「・・・・」

感情が読めん!!

このままキスとかされたら、ちょっと避けてしまうかも・・・。
しかし、彼は何もしてこなかった。


それからのデートでは、私とS原さんは時々手をつなぐようになった。
コレを進展というのかしら?
ただつながれているだけで何の感情も湧いてはこないが・・・。

彼は相変わらず手をつなぐ以上のことはしてこなかった。

「こっちからの告白を待ってんじゃないの?」
「そう思う?・・・でも、別に好きじゃないし。」
「じゃ、ダメじゃん!」

そう、ダメなのである。

でも私は彼と会い続けた。
「もしかしたら、この先好きになれる可能性がちょっとはあるのでは??」
という期待を捨てきれずにいた上に、他に出会いもなかったからである。

私達のデートの回数は20回を越えた。


ある日、京都に紅葉を見に行った。
その日の彼は、なぜかよそよそしい感じがした。

相変わらず手もつないでくるし、会話もしてくるのだが、どことなくいつもと違う。
けれど、礼儀正しい彼と、彼の掌の感触しか知らない私は、彼の考えていることまでは読めないのであった。

京都へ行った次の週は、S原さんが友達と会う約束をしているということで、デートはなかった。
私は見たい映画があったので、その次の週に行きませんかとメールした。

返信はこうであった。

「これ以上会っていても進展がないので、もう会うのはやめませんか。
せっかく誘ってくれたのにごめんなさい。」


・・・ガーン。(表現が昭和)


先を越された・・・!!!


私は地団駄を踏んだ。

それをお前が言うのかー!!

それ、私のセリフなの!私のセリフだから!!

と叫んでみても、後の祭り。
まるで私が彼に片思いしていたみたいな結果になってしまっている。

私はあらゆるセリフを飲み込みつつ以下の問いを投げかけた。
(チャレンジャー)

「どうして進展がないと思ったんですか?」

無視されると思ったが、ご丁寧に返信が来た。

「僕はあまり気を遣われるより、いろいろ言ってもらいたいタイプなのです。うめやんさんはちっとも自分の思ったことを言ってくれないので、僕も気を遣って言いたいことが言えませんでした。
ではどうして欲しかったかというと、もっとわがままを・・・・(略)・・・」



続きは読む気になれなかった。

ではどうして欲しかったかというと・・・


別にそこまで聞いちゃいねぇよ!!!

好きでもなんでもない人に聞いて欲しいわがままなんかねぇよ!!!

何だかくやしかった。
好きでもない人にフラれるとは・・・。

好きになれないと半分わかっていながら、ズルズルと引っ張った自分が悪いのである。

でも、全部オイラの責任かい・・・?

このメールには一矢報いたい・・・!(遠吠えと言われても)
せめて、お互い様だと言ってやりたい・・・!

「そうでしたか。お互い恋愛感情が生まれないのにデートを続けても意味がないですもんね。S原さんはいい人なので、いつかきっと良い方と廻り合われることと思います♪頑張って下さいね!」


爆弾投下


「上から目線慇懃無礼ギリギリ攻撃」だ。

うめやん、性格悪いな~・・・、と思ったアナタ。

別に否定はしませんよ(--;

ごめん、負けたくなかったの。

当然、彼からの返信はなかった。


頑張ったって恋心が芽生えるわけじゃないってことは、ちゃんと知っているのだ。けれど出会いの機会が少ないと、妙なところで粘ってしまう・・・。

「いつか好きになれたらいいな・・・」と、本気で思っていたのも事実。
「好きになってもらえたらいいのにな・・・」と思っていたのも事実。

実は、自分から好きになった人には、あまり振り向いてもらえないことが多かったから、「愛される恋愛」っていうのがとても幸せそうに見えて憧れていて・・・。
自分から好きにならないように、どこかでブレーキをかけていたあの頃。
でも、手放しに愛してもらえるほど私は上等な人間ではなくて・・・。
それは自分でも分かっていたから、不安でむなしい気持ちはいつもつきまとっていた。

「恋なんて、もっとエモーショナルなものだよ」と言われたらうなだれるしかない。

失恋した訳でもないのに、私の後悔の根は深いものであった。



おわり




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

スポンサーサイト

テーマ:ある日デートにて - ジャンル:恋愛

【2007/12/20 22:07 】
ある日デートにて | コメント(7)
<<おネム・・・ | ホーム | ある日デートにて 【S原さん ①】>>
コメント
なるほど~!
良くあるってほどじゃないけどたまに聞く感じの話ですね。
失恋した訳でもないのに、私の後悔の根は深いものであった。
って相当トサカにきたみたいですね...
【2007/12/20 23:20】
| URL | ミュジニー #-[ 編集] |
そりゃわかりますよ。ええ、とっても(^_^;)なんてたって妙齢のお年頃ですもの。私もありました。ただ、私は一人になるのが恐くてなんだか誰かにそばにいてもらいたかったから、うだうだとデートをしていたんです。だから、相手の方には失礼だったと思います。うめやんさんが言われてるように、恋ができる相手とできない相手がいますよね。できないと判断したら、潔くすることが1番ですね(^_^;)
それにしても『わがままを』言ってほしかったんですね。わがままばかりだと、『気をつかって』ほしいっていいそうな。。(´~`;)
【2007/12/21 00:44】
| URL | 野いちご #-[ 編集] |
***************************
ミュジニーさん

そうですね、結構ありがちな話です(^^;
恋愛感情はなかったのに(なかったからこそ?)微妙に憂鬱な気持ちを引きずってしまいました。
こういうの、何とも言えないですねぇ。
20代半ばのころは、大きな失恋に伴うトラウマから、ちょっとだけ男性不信気味になって、どうも健全な精神ではなかったように思います~。
今はげんげん元気♪ですが(^^)
***************************
野いちごさん

恋愛できそうにないと思った時、すっぱりいけたらいいけど、「他に誰もいない」となると、断ち切る勇気が出なかったりするのですよね・・・。
周りの女の子がみんな彼氏持ちだったりすると、自分だけ手持ち無沙汰な週末を送るのがすごくむなしく感じたりして・・・。
若い頃って見栄っ張りだから、余計ややこしいです(^^;
確かにS原さん、ワガママたくさん言ったら「もっと気を遣って欲しかった」とか言いそう~(笑)
ワガママって、仲良くないと出ないよねぇ。
【2007/12/21 12:55】
| URL | うめやん #CDz0IMH.[ 編集] |
前半の話を読んでいると N君とうめやんさんの最初のトキの関係ににてるかなって思って 先をよんで 絶句する展開でv-405
なんだ?そのS原氏はv-412
結局うめやんさんの反応をみてたっていう感じだったんだね。うめやんさんから少しでもアプローチがあれば受けてもいいよって魂胆だったんではーー;
やーなかんじぃv-403
でも よかったね!S原氏とつきあわなくってv-410
S原氏あっちゃいけーv-217v-412
【2007/12/21 19:34】
| URL | きーまん #-[ 編集] |
意外とあっちは
『ヤバイ、そろそろ言われるか?あの言葉』と
悟って先に言っていたりして。
手までつながせて、女性から言わせられないなんて、
そいつもまだまだよのぉ~
それ程度のセクハラで済んでよかったね
【2007/12/22 00:08】
| URL | nibbles #-[ 編集] |
やー してやられましたねw
オラも そんな事言われたら
同じような事 いってたとおもいますよ???
まだ 優しい切り替えしにもかんじます^v^b

まぁ・・・
オラの場合は 好きじゃなかったら
デートもしません・・・・w
しても2回かなwww

短気なので3度目にきれるんでw
【2007/12/22 02:18】
| URL | ヨヨ子 #-[ 編集] |
***************************
きーまんさん

いっしょに怒ってくれてありがとう(^ワ^)
たぶん、お互い同じように「相手から意思表示されたら考えてみてもいい」と上から目線で考えていたのかナァ・・・と。
最後のメールを見ると、S原氏は、私がS原氏に好意を持っていると思い込んでるみたいだったから、「もう、それだけは否定したい!」と躍起になってしまいました(^^;
「オレは振った側」って思われるのが我慢できなかったのは、若かったからかなぁ。
***************************
nibblesさん

「どっちが先に切り出すか?!」っていうせめぎ合いが、水面下であったかもしれないです。
勝ち負けじゃないけど、後手に回ってしまった私は、負けたような悔しさでいっぱいでした。
今でも思い出すとちょっと悔しいし(^^;
それにしても、好きじゃない人と手をつないだのなんて、子供の時以来だわ・・・!
***************************
ヨヨ子さん

うん、まさに「してやられた」感じ!
やっぱりちょっと切り替えしたくなるよねぇ。
勝手に優位に立たないでほしいと思う負けず嫌いの心が・・・。
>オラの場合は 好きじゃなかったら
>デートもしません・・・・

   ↑
えらい!それが正しい!
多分S原さんとは友達感覚だったのかもしれないです。
今は彼はどうしてるのかなぁ・・・??
【2007/12/22 08:42】
| URL | うめやん #r.Ra6CSg[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。