スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
二人目ちゃんの性別判明! 【22w3d】

【22w3d】


6ヶ月の妊婦健診に行ってきました。


4週間ごとの健診、もう、待ち遠しすぎて、ジリジリしてしまいます。


胎動はボコボコ元気なので、そういう意味では心配はないはずなのですが、それでも経腹エコーでその姿を確認して、先生にみてもらって「順調ですよ」と言ってもらうまでは、なんだか不安なものです。


まずは尿検査です。


助産師さんとの面談で、尿検査の結果はすべてマイナスで問題ないとのことでした。

血圧も、100-52・・・で問題なし。

体重は・・・、前回より2キロほど増えちゃってまして、ちょっと注意されました。


まぁ、自覚はあったんで、しょうがないですねぇ。



先生の健診では、前回のクラジミア検査も陰性で問題ないとのことでした。


さて、待ちに待ったエコー!


赤ちゃんは今のところ、頭位(頭が下の状態)のようでした。


妊娠も二回目となると、先生のプローブを当てる位置と画像を見て、赤ちゃんの頭の向きくらいは難なくわかります。


ちなみにウチの産院は個人医院ですし、2Dのエコーしかないようです。

まぁ、基本的な情報は2Dで十分見れますし、4Dエコーってのも興味はありますが、他院を受診してまで見たいとは思わないです。

てなわけで、エコーに写るお顔も、ガイコツくんですが、どんなお顔なのかは生まれてからのお楽しみですね!


赤ちゃんは顔の前で手を組んだ状態でした。


元気に心臓も動いていて、安心です。


お腹の上のほうから見てみると、お尻とふとももを下から見た画像が映りました。


先生は少しずつ見る場所をずらしながら、オマタの部分を見てくださいました。


すると・・・


見えた!


私にも!!


・・・何が・・・?



葉っぱのマークが!!

(コーヒー豆の形という人もいますね)


「うん、今日のところは女の子のようですね」


先生、“今日のところ”って言ってますが、自信ありそうです。


素人の私にも、「これは女の子だ~!」と思うほどにクッキリ見えましたから、間違いなさそう。


何だか、嬉しさがこみ上げます!


私自身は、性別は本当に本当にどっちでもよかったんです。


男の子なら、男児二人と夫にかこまれて、ハーレム生活も楽しそうだと思っていたし。

息子のトーマスの三輪車やらその他の男の子グッズも使いまわせるしね!


でも女の子なら、これまた息子とは違った感じの子育てになるだろうし、それも体験してみたい。

義実家も実家の親も、女の子が見てみたい・・・というような雰囲気だったし、何よりNくんが女の子希望のようだったので、喜ぶかな~って思うと、私も嬉しい。


さっそく、土曜なのに休日出勤だったNくんにメールです。


ズバリ性別を書こうとして、ふと思い止まって、「一体どちらでしょうか?予想してみてください」みたいな文章のメールを打ったら、即刻電話がかかってきました。


「どっちかわかったってことは、見えたってこと?」

「そりゃ見えねば、どっちか分からんだろう」

「それは、見えたってことなんか?」

「どういうこと?見えたから分かったんだけども」

「え?え?見えたってことは、あったってことやろ?」


どうも、男の子のシンボルが見えたから、性別が判明したのだろうと思っている様子。


「アレが見えてしもたってことなんか?」

「見えてしもた・・・って(笑)」


反応がオモシロイ!!

こうなってくると、焦らしたくなるなぁ(笑)


「先生が、ツイとると言ったんか?」

「だから、どっちを予想してるの?」

「・・・男やったんか?」

「・・・女の子ですけど」

「・・・え?」


ポカーンとしたNくんの顔が見えます。


「女やったら、女やったら・・・


何が見えるんや?」


ぶはーっ!!!


笑うとこじゃないか・・・。


まぁ、そう思うかもしれんよな。


「最近のエコーは、もっとちゃんと見えるんです!女の子の形が見えたの!エコーのDVD見たら分かるわ」


Nくん、「そうなんかぁ」、っと、半信半疑な様子でした。


「女の子でよかったね」

と言ったら

「おお!世の中、ようできとるなぁ・・・」

と感慨深そうでしたので、どうも喜んでいるようで、よかったです。


そういや私は、男の子の名前の候補ばっかり考えてしまってたんで、自分の中で男の子を予測してたんですかねぇ。


女の子と言われて、不思議な感じがしました。


嬉しいですけども!!



その後、自分の実家でエコーのDVDを見せたら、何の説明もしてないのに、ウチの母が画像を見て「女の子やん!!」と言ったので、ウチの母でも初見でそう判別するくらいだから、間違いなかろうと思いました。



女の子かぁ!


何か、知ってしまうと早く会いたくなってしまいますね(^^)


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/03/23 23:51 】
出産までの道のり(二人目) | コメント(4) | トラックバック(0)
Wさん、Nくんに説教する (ロング記事です)
この手のタイトル、前にも見たことあるわ~(^^;


時々、ココ!!というタイミングでブログに登場する、会社の先輩女性のWさん。


二人の子持ちのお母さんで、子供は二人とも小学生です。


今の会社には下の子が6ヵ月の時に入社して、それからずっとフルタイムで働かれている、パワフルママです。


ちょっとおせっかいで、思いやりのある、頼もしいお姉さんって感じ。


Nくんともよく喋るので、結婚や一人目出産の際にもいろいろとNくんにアドバイスしていただいてます。



先日、私の機嫌がすこぶる悪い日がありました。


理由は、前日にありました。


家事・育児・仕事に追われて、体調も悪く疲れ果てていた私は、いろいろやって欲しい最低限のことをNくんにお願いしたのです。


しかし、私の言い方が悪かったのでしょう。


ヘソを曲げたNくんが、私のお願いに従わず、まったく違うことばかりしたのです。

(息子が外出先で服を汚してしまったので、家の中につれて入って、着替えを手伝って欲しい等お願いしたのにもかかわらず、私が荷物を玄関に持って入っているスキに、斜め前の義実家宅にポイっと息子を預けてしまって、Nくん自身もなかなか帰ってこない・・・。 まだ息子は濡れた服を着ている上に、下半身はズボンを脱がせたオムツだけの状態だというのに!)

第一、外出先で結構歩いたので、お腹も張ってて痛いし、私もクタクタだったのです。

しかも翌日は月曜なので、早く洗濯を取り込んで畳んだり、制服のアイロンがけやらいろいろやることがあるのだから、Nくんにも実家でくつろぐ前に、家で風呂洗いとか手伝って欲しかったのです。

私は、どうして言った通りにやってくれないのかと、家に戻ってきたNくんを非難しました。


Nくんが息子がジャマな時、すぐに義実家に預けて楽をしようとする姿勢が前から気に食わなかったので、余計にイライラしたんだと思います。


外出中に疲れてしまったので、帰りの道中その旨伝えていたけど、Nくんは最近その手の話(私の体調不良の話)になると聞き流してくれちゃいますしね。


イロイロ不満がたまっていたのよねぇ。


ついでに、家事も育児も仕事も頑張っている上に、妊婦なのだし、身体がしんどいと言っているのだからちょっとくらい協力してくれてもいいじゃないか!・・・というような不満も言ってしまいました。


Nくんは、Nくんなりに協力をしているつもりだったので、カチンときたのでしょう。


私の真剣な話をオチャラケた態度で受け流しました。
(これがけっこうムカつくのだ)


そういう態度は一番嫌いなので、辞めて欲しいと怒る私を見て、「あー面白い、面白い」とはやし立てたのです。


彼は私より弁が立たないので、そういう受け流し方でしか応戦できなかったようです。


しかし、すでに十分イラついていた私は噴火した!!
(毎日毎日の積み重ねがね~)


なんじゃその、小学生並みの態度はぁ!!


Nくんを捕まえようとすると、義実家の方に全速力で逃げていきました。


私も一瞬追いかけましたが、妊婦でお腹も張ってる状態なのになんで、旦那を追いかけて走らにゃならんのだ!・・・と思うと同時に、妊婦をイライラさせて走らせる旦那・・・ってのにゲンナリして情けない気持ちになり、追いかけるのをやめ、代わりに(?)玄関の靴箱から、Nくんの靴を全て庭に投げ捨ててやりました。

(どんな仕返しじゃ)


くだらん夫婦ゲンカですな。


まぁ、その日の怒りが収まらない状態で、次の日を迎えまして・・・。


で、会社のロッカーで着替えていると、件のWさんが話しかけてきたわけです。


「身体のほうはどう?」

「身体はまぁ、ちょっとしんどいかなぁ。何せ、家事が疲れるわ~」

「Nは?手伝ってくれないの?」


そっから、昨日の不満を言っちゃいましたよ。


掃除、洗濯の取り込みや畳んで仕舞う作業、食事の準備、食器洗い、アイロンがけ、食料品の買出し、息子の着替え、食事を食べさせたりお風呂に入れる作業、歯の仕上げ磨きから寝かしつけに至るまで、ほぼ毎日自分がやっているのが不満だと。


仕事の終わる時間がNくんのほうが遅いから、息子の保育園のお迎えはできないにしても、朝保育園に送って行くのくらいやって欲しい!・・・と。


「え?朝の子供の送迎もやってくれないの?」

「しつこく送って欲しいってお願いしたら、逆切れしながら行ってくれることはあるけど」

「え~!!ひどいな~!!同じ会社に勤めてるんやし、同じ始業時間なんだから、アイツが行ってくれてもいいのになぁ!しかも妊婦さんやのに。逆切れってどういうこと!」


そうなの、チャイルドシートから息子を上げ下ろしすると、お腹が張ってくるの・・・。


だいたい、妊婦じゃなかったとしても、同じ会社に行くんだから、交代で送り迎えしてくれるのが普通だと思うのだ。


送迎のために10分ほど早く家を出なければならないのがイヤなのは分かるけど。

私だってそれは一緒だ!!
(女は朝の化粧とかもあるし、準備に時間もかかるんだ!)

彼は、私と息子が出かけた後に、ゆっくりトイレに篭りたいらしいが、私はトイレを我慢して急いで出かけることもしょっちゅうだ。



ニンゲン、限界があるのだ。


我慢しすぎると、後でブチギレる羽目になるのだな。



・・・で、Wさん、休憩時間にNくんにみっちり言ってくれたらしいです。


「朝の保育園送りくらい、あんたがやってあげなさい!」

「・・・検討します」

「検討じゃなくて、決定事項じゃ!」

「だって、トイレに篭る時間が・・・」

「あんた、今うめやんが流産でもしたら、100パーセントあんたの責任なんだからね!」

「・・・」

「だいたい、私なんか、当時は専業主婦やったけど、妊娠中はゴロゴロしてるだけでもしんどかったわ!保育園の送り迎えも、パパがやってくれたし、ほとんど保育園に行ったことないくらいやわ!」

「・・・そうですか」

「保育園の送迎以外に、何か他にできることでもあるの?食事の準備とか、アンタできるの?なーんもできないんでしょうが!」

「・・・できません」

「じゃあ、できることだけでも、せんか!!」



Nくん、相変わらずWさんにはコテンパンにやられてしまうようです。


ちなみにWさんのご主人はデキた人で、お料理もお上手だし、Wさんより早い帰宅日には、夕食を作ってくださいます。
(ていうかほとんど毎日らしいぞっ!羨ましい!!)


Wさんがその日こうやってNくんに言ってくれていたことは、私は後日知ったのですが・・・。


私もその日、私なりにNくんに泣きついてみました。



「男の人が家事とかするのは、難しいのは分かってる。 だから、いろいろ手伝って欲しい気持ちはあるけど、最低限のお願いにしてるつもりなんやで? それでも、Nくんにとっては出来ないことばかりなんやろうか? 私が洗い物してる間に、子供の横に座って、ゴハンを食べる手助けをしてやって欲しい・・・ってお願いするのは、贅沢なことなんか? 朝の保育園の送迎も、妊娠してる期間中だけでもお願いできんのやろうか。 たくさんのお願いは無理やと分かってるけど、私には仕事も家事も育児も妊娠も完璧にこなすのは、実際ムリや。 Nくんが今以上には何も手伝えないって言うのなら、私は仕事を辞めるかパートに切りかえることも、真剣に考えんとあかんと思う」

半分脅しのような文句!

「それと、男の人は家のことをするのは難しいんだと思ってるから、完全に平等に家事をやって欲しいとは思わないけど、私が頑張った事に対しては、『ありがとう』とか『がんばっとるな』とか『ムリするなよ』とか、言葉で感謝や労わりの気持ちを表して欲しいねん。 もし心から思って無くても、そうやって言ってくれる事で、『もうちょっとだけがんばろう』って思えるし、そうやって評価してくれる人がいると思えば力も湧いてくるねん。 今のように、いくらやっても誰にも褒められない上に、『しんどい』って弱音を吐いたらバカにしたようにNくんにオチャラけて返事されたりするようじゃ、やる気も全く無くなるし、情けない気持ちになるわ。 家族のためにがんばってるつもりやのに、当の夫が自分を認めてくれなかったら、私は何のためにやっとるのか、むなしいわ」

コレ本当。

言葉での感謝とか労わり、大事だよね。

「それから」

まだあるんかい!

「二人目だからだろうけど、Nくんが私の体調やお腹の子のことに、まったく興味がなさそうなことに、密かに傷ついているんだよ。 一人目の時は、『今日は子供は元気か?胎動はあるか?』とか聞いてくれたし、検診日には先生がDVDに撮ってくれたエコーを何度も見返して、その成長を一緒に確認したりしたけど、今は、『DVD見よう』って誘っても、乗ってこないし『まだ健診1回分しか画像がたまってないから、今見てもなぁ』なんて言う始末でしょ。 その1回1回の健診を、私がどれだけ心待ちにしていることか・・・。 画像が貯まってから見る・・・なんて、連続ドラマじゃあるまいし、1回1回の成長が大事なんじゃないの? 順調で育っているのが当たり前だと思ってたら、大間違いなんだからね。 一人目は物珍しいけど、二人目はそういう扱いか・・・って若干寂しい気がするわ」



・・・と、脅しプラス泣き落としで攻めておきました。



すると、次の日から、毎朝息子を保育園に送って行ってくれるようになりましたよ。


夜の寝かしつけも、1人じゃムリみたいですが、私と一緒にやってくれるようになりました。


その後、洗濯機で洗い終わった洗濯物も風呂場に干して浴室乾燥のスイッチを押しておいてくれます。
(これは、前からやってくれてましたが)


息子に食事を食べさせるのも、心がけてやってくれているようです。
(今までは自分が食べ終わったらサッサとソファに移動して寝っころがってテレビを見ていた)



朝に息子を送る必要がなくなっただけでも、随分と楽になりました。

保育園を回るのにあてる10分~15分の時間で、朝食の食器を洗ったり、ちょっとリビングを片付けることもできますし、庭の花に水をやる時間もできます。
(Nくんは花に興味がないので、私が水をあげないと、全て枯れるだろう)



何せ、少しでもNくんが意識を変えてくれたなら、助かります。



もし、今もあのままだったら、実家に帰る羽目になったかもしらん・・・。
(マジで)


Wさんにも、感謝せねばなぁ!

こんなんNくんに言ってくれるの、彼女以外にいないわ。。。
(普通の人は、他人の旦那にココまで言わんだろうからな~^▽^;)


まぁ、今でも私の家事の度合いは多いですし、Nくんは相変わらず感謝の言葉を言ってくれるわけではないですけど(せっかく作った食事に対しては『いただきます』『ごちそうさま』くらい言って欲しいもんだが)、まぁ、きっと心の中では私に感謝の1つもしているのだろうと、いい方に考えておきます。


女って、タイヘンだわいな・・・!



テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/03/18 22:53 】
出産までの道のり(二人目) | コメント(8) | トラックバック(0)
リビングの壁にファブリック
久しぶりに、インテリアのことを書いてみたいと思います。


もう随分前なのですが(去年の夏くらい?)、リビングにマリメッコのファブリックを飾りました。


飾る前がこんな感じ。

リビング1


カウンターキッチンの中からダイニング方面を見たところです。


殺風景ですよねぇ。


でも、家を設計する段階で、私はココに絵を飾る!・・・と決めていました。


料理をしながらふと前を見ると、気に入った絵が視界に入るのって、いいじゃないですかぁ。


・・・で、どんな風になったか・・・というと。

クーサマ1

こうなりました。


いいでしょ?


絵じゃなくて、ファブリックですが。


しかっもファブリックパネルではなく、布をポスターフレームに入れてるだけですが。


それで、いいんですよ。


布だから、ホコリをかぶったら掃除しにくいですし、サッと拭けるポスターフレームで。



ちなみに、私はマリメッコ好きでも北欧好きというわけでもないんですけどね。


北欧のファブリックは、柄が大きいものが多いから、大きめのフレームに入れても引き立ちますよね。


クーサマ(クサマ?)というタイトルのこの柄は、スイカズラの花だそうです。

クーサマ2

ライムグリーンと黄色が、爽やかでしょ?

(ちょっと電気が反射して見難いですが)


でも、生地が生成りなので、冬でも寒々しい感じはしません。


赤のクーサマもあるみたいですが、私は断然こちらの色合いが好きです。



ファブリックを飾って、この一角がとってもお気に入りになりました。


ウチのリビングの雰囲気にぴったりだ!・・・と自己満足なのです。



テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2013/03/17 20:45 】
収納・掃除・インテリア | コメント(2) | トラックバック(0)
外構の追加工事(自転車置き場)
外構の追加工事をしました。


・・・随分前ですけども(^^;


お家の北側の部分です。

外構2



砂利敷きだったのを一部コンクリにして、屋根を付けました!

外構4


そして、玄関脇の砂利の部分は、見栄えを考えて、アプローチと同じタイルに。

外構1


外構3



なんだか統一感が出て、すっきり~!


小さな外置きの物置きや、息子の三輪車が、屋根の下に置けるようになったので良かったです。


子供がもう少し大きくなって自転車デビューしても、置き場所に困らなくてすみます♪


良かった良かった・・・!



お金、結構かかったけど・・・(--;



外構って、なんでこんなにお高いんでしょうね。


でも、ちょっとしたことで、暮らしやすさは断然アップするんですよね。


小さくても屋根の部分があると、雨や霜に当てたくない鉢植えのお花を夜間に避難させておくこともできますし、園芸用品なんかも置けますし。


玄関の横の部分ですが、少し奥まったところなので、お客様から見えない位置なので、良いです。



北側のお隣さん、ちょっと気難しい感じの方で、「この北側の庭に自転車置き場とか作らないでね。ウチの庭からの眺めが悪くなるから。」みたいなことを仰っていたので、引越し当初ビクビクしてたんです。


だから、北側は、弊もせず、物置も置かず、ゴミ箱なんてもってのほか!・・・と我ながら気を遣って生活していたんですよね。

「物置とか置かずに花壇とかにしてくれたら、嬉しい」などとも言ってましたが、なんで他人の庭からの眺めのために、家の裏手に花壇を作らにゃならんのだ!

「木とか植えないの?ウチの庭が丸見えで恥ずかしいわ」なんて言われたこともあるんですけど、そんなん生垣にしたら「見通しが悪くなる」とか言われるかもしれないし、葉っぱや枝が隣の敷地に入っても文句言われるだろうし、何もしないに越した事はなかろうと、砂利敷きにしてたんです。


でも、そのお宅、自分の庭がこちらから丸見えになるのを気にして、結局、高い高い塀を自ら建てられました。

(いや、別に私らは見てませんけどね、昼間ほとんど家にいないし)

お隣はお庭でお布団を干したりしてらっしゃるので、気になったんでしょうね。


眺望よりもプライバシーを取られたようです。



・・・ラッキー!


・・・と思った私は、性格が悪いでしょうか?



お隣はウチよりも高い土地になってますので、ソコに高い塀を建てられたということは、こちらが自転車置き場の屋根を付けようが物置を置こうが、生垣を作ろうが、あちら側からはあんまり見えませんのでね。


ウチの旦那、速やかに外構業者に足を運びましたよ。


普段ノンビリしてるのに、そういう時は行動が早いのにびっくりです。



彼は、隣がウチの庭についてヤイヤイ言って私をイライラさせていた時は、反応薄かったんです。

「まぁ、放って置こう」

「でも、本当は自転車置き場作る予定だったでしょ?あきらめるの?」

「騒ぐな。いずれ作れる時がくる。タイミングや」


本当にその通りでした。


流れに逆らわず、でも諦めない・・・って大事だなぁ・・・と思った次第です。


テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2013/03/15 21:00 】
夢のマイホーム | コメント(0) | トラックバック(0)
親族旅行 【21w1d】

【21w1d】


主人の親族総勢10名のバスツアーに行ってきました。


バスで2時間くらいの近場ですが、泊まりです。


疲れましたが、楽しかったです~!


息子も、大勢に面倒を見てもらえて、ある意味楽でした。


主人の一族は、なかなか個性豊かな面白い一族です。


基本的に、みんな愉快で細かいことは気にしないタイプの人達なので、私も気楽です。


温泉も気持ちよかったし、義父母のカラオケデュエットも聞く事ができて楽しかった!


息子も大喜びで、はしゃぎすぎて、今週はダウンしてます(^^;


私も今週は身体がキツイ。


妊婦は疲れやすいですからね。


第二子妊娠中の旅行は、これが最初で最後かなぁ。


次は、子供が生まれてからみんなで旅行に行けるのを楽しみにしてます。


第二子授乳中で、離乳食が始まる前とかだと、逆に行きやすいかもしらん。


二人目って、こんな気分の余裕も出るのだな~。


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/03/14 21:29 】
出産までの道のり(二人目) | コメント(0) | トラックバック(0)
胎動ポコポコ 【20w2d】
【20w2d】


赤ちゃん、ポコポコ元気です。


グニグニ・・・という感じのときもあります。


一人目のときもそうでしたが、胎動って一度感じ出すと、日に日にそれがしっかり感じられるようになってきますよね。


「おっ!」という感じの手ごたえのある胎動を感じると、ニッコリしてしまいます。


息子を見ながら、お腹の子はどんな子かなぁ・・・と想像するのも楽しいですね。


二人目だと妊娠週数が早く感じる人も多いようですが、私はやけにゆっくりに感じます。


早く、早く、早く生みた~い!!

って思ってしまいます。


当たり前ですが、今生まれてもらっちゃ困りますが。

早く妊娠週数が40週に近くなって欲しいと心から思います。


多分、仕事するのがダルいからだな。


産休・育休中の代理の子に順調に仕事を引き継げているし、仕事も先の分までできるところはやってしまっているので、若干ヒマ・・・だったりするんです。


忙しいよりは断然いいんですが、何か体力もないことだし、仕事ないなら家で休んでたいわ・・・なんて思っちゃうんですよね。


贅沢な悩みですよね~。


一人目のときは、まともに引き継ぐ相手がいなくて、ハラハラだったんだから、それを思うと本当に贅沢。


有休もたくさんあるんだから使っちゃえばいいんだけど、なんか周りに気兼ねして使えずにいます・・・。


ギリギリまで働いてお給料もらいたいけど、本音では早く休みに入りたい・・・なんてね。



ところで、明日から一泊の温泉バス旅行に行ってまいります。


旦那方の親族一同で・・・!


お義母さんが60歳の還暦で、叔母さん(お義父さんの妹)も同じく還暦ってことで、お祝いもかねてます。


義家族4名(お義父さん・お義母さん・義妹ちゃん・お義祖母さん)と、叔母さん一家3名(叔父さん・叔母さん・従妹)、とウチの一家3名(Nくん・私・息子)の総勢10名です。


さ~あ、どんな旅になることやら。。。


何か、楽しそうだな!
(いろんな意味で)



テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/03/08 22:22 】
出産までの道のり(二人目) | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。