スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
一人目の出産の時・・・そういえば・・・
【12w1d】


二人目ちゃん妊娠期間ははようやく4ヶ月目に入りました。

まだまだ先は長いです~。



ところで、そう言えば一人目出産した時を思い返せば、当時は必死だったのであんまり気にならなかったけど、アレはひどかったよな~、と思える点がいくつかあります。


一人目出産のレポにも何も書いていないですね。

当時は初めての赤ちゃんのお世話でいっぱいいっぱいで、出産の時のことを振り返る余裕が、なかったのだと思います。



何がひどかったかって・・・。


まずね、出産1時間後に、義実家メンバーが、全員で見舞いにやってきたことですね。


産後1時間ですよ。


私が出産したのが、早朝の4時56分です。


義実家メンバーが勢ぞろいでやって来たのが、6時ちょうどくらいです。


義父・義母・義妹・義祖母 の全員。


産後1時間ということは、私は会陰を縫う処置を行ってもらったり、カンガルーケアで赤ちゃんを寝たまま少し抱っこしたりした後、すぐです。


私はLDR(陣痛と出産を同じ部屋で行える設備がある部屋)で行ったので、その部屋で分娩スタイルだったベッドを普通の状態のベッドに戻してもらって(足置きやライトなどを片付けてもらって)、そのまんま一度も立ち上がらず寝ている状態です。


産後トイレに行きたかったものの、「2時間は動かないで」と言われたので、我慢して寝ていたわけですよ。


産褥パンツの中ではオロがたくさん出つづけていて(産後血液が大量に出ます)、お腹はアイスノンで冷やされており、足を動かす気力もなく、大の字に開きっぱなしから動かすことができない状態です。
(しかも夏だったので、その時まともに布団を着せてもらってなくて、大股開き状態丸見えです。)


出産されたことがある人であれば、どんな状態だかすぐ分かると思います。


要するに、生みたてホヤホヤです。



みんなで揃って来てくれた時、「えぇっ!!」・・・と思いました。


おばあちゃんなんて、足が悪いから普段ほとんど外出しないのに杖をついて、しかも普段はもっと遅く起床されるはずなのを叩き起こして・・・。


義妹さんは、平日なので、この後仕事があるはずです。


朝の6時に産院に来るには、産後「生まれたよ」とNくんが連絡をしてから、すぐに起きて支度をしなければ、間に合いませんから、その点でもびっくりです。

(夜中に陣痛が始まったことをNくんは義両親に伝えずに、こっそり家を抜け出して病院に一人でやってきたので、夜中から義両親が生まれるのを待ち構えていたわけではありません。Nくんからの「生まれた」という電話で寝てるところを起こされて、初めて出産を知ったのです)


そんなに早くに来なくてもよくないか???


と思いつつも、もちろん大変ありがたいことなので、嬉しかったことは嬉しかったんだけど、何か、みんなが帰った後、疲れちゃいましてね・・・。


出産で体力気力を使い果たして寝てるところに、押しかけなくてもよかったんじゃないか・・・と、今なら思います。


当時は、朝早くに申し訳ないとしか思いませんでしたけども。


面会時間は午後からなのだから、午後から・・・とかね。

お仕事終わって夕方でもよかったんですよ。


せめて病室に移ってからがよかったな~・・・


嬉しかったんだろうね、義両親。

おばあちゃんも義妹も、巻き込まれて大変だったろうと思います。


でも私も恥ずかしい格好を見られて結構辛かったよ。。。(××)



・・・ま、それも今となっては思い出かしら・・・б(’’)



あと入院中にもイロイロあったんですが、それはまた機会があればご紹介します☆



フフフ・・・


次の出産はどんな感じになるでしょうねぇ!!


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/01/10 22:06 】
出産までの道のり(二人目) | コメント(2) | トラックバック(0)
上司に報告しました 【11w6d】
【11w6d】


タイトルの通り、妊娠の件を上司に報告しました。


といっても、実は昨年末の話なんですけど。


年末に社員旅行等ありまして、ツワリが辛かった上に、バスで長距離移動になる旅程だったので、欠席したんです。


その際、同部屋の同僚には欠席の理由を話していたんですね。


当日に上司が私の欠席の理由を同僚に問い、同僚は適当にごまかしたそうなんですが、勘付かれてしまったというわけです。


あんまり早い時期に報告するのも心配なんで年明けに言うつもりだったんですが、まぁ、バレてしまったらしょうがないので、報告したのでした。


で、年明け早々に上司が後任を決めてくださいました。


1人目を妊娠した時もそうでしたが、今回も上司は私の希望を全面的に聞いてくれるとのことで、産前産後休暇と育児休暇を取った後に正社員として復帰して今の仕事に戻るつもりであるのなら、協力すると言ってくれました。


大変ありがたいことだと思います。


上司としては、私の仕事内容について、私一人しか知らない状態というのは会社としても良くないので、何かあった際に二人体制で仕事ができるように、後任の女の子を指導して欲しいという希望もあったようで、早い時期から引継ぎに入れそうです。


私自身も、一人目を出産して、長い休暇をいただいたり、残業を自粛して子育てを優先にして働かせていただくにつれて、仕事に対する考え方がずいぶん変化しました。


何が何でも自分がやらねば!・・・という考え方から、みんなでフォローし合って仕事を何とかまわしていく・・・という方向に。


がむしゃらに働けていた独身時代とは違いますもんね。


妊娠後期まで無事に働けるかどうかだって、保証はないですからね。



1人目の時は子供が7ヶ月の時に復帰しましたが、今回は育児休暇を1年いただけることになっています。



後任の女の子もいい子で安心です。


戻ってきたら私の椅子があるかどうか心配ですが(^^;


まぁ、その時はその時です。



中小企業で、育児休暇を取って復帰するなんて(しかも2回も)、絶対難しいだろうなと思っていましたが、上司や周りの理解があって、いろいろ最大限に配慮していただけて、幸せですね。



予定では6月半ばから産前休暇に入ることになります。


きっとあっという間だろうな~。



無理せず、頑張ります!


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/01/08 23:01 】
出産までの道のり(二人目) | コメント(2) | トラックバック(0)
便秘はバカにできませんよ・・・の話 【11w3d】
【11w3d】


あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いいたします!




みなさん、穏やかな2013年のはじまりを迎えられましたでしょうか?


私のほうは、ゆっくりダラダラと過ごし、毎日義実家に上がりこみ夕食をご馳走になり(時には昼食も)、子供の
世話などもしてもらい、究極の怠惰な日々を送っております。


昨日は3週間ぶりに産院に行ってきました。

病院が12月30~1月3日までお休みでしたので、年明けではじめての診療日ということもあり、激混みでありましたが、無事に1回目の妊婦健診を受けることが出来ました。


初回の妊婦健診では、血液検査(4本も取られた・・・)や子宮頸がんの検査を行いまして、盛りだくさんな内容でした。

赤ちゃんの頭臀長も4~5センチに成長しており、心臓も元気に動いていました。


2.5センチの壁・・・というものがあるらしく、このサイズを超えると、初期の危ない時期はとりあえず通り過ぎたと見なされるようで(まぁ、ネット情報なんで、アレですが)、個人的にホッとしました。


来週には12週目に入るわけで、4ヶ月目に突入・・・となります。



ところで、今回から妊婦健診ということで、助産師さんとの面談もありました。

産院から渡されたテキスト(妊婦さん全員に配られる教科書みたいなもの)をもとに、いろいろ説明を受けるわけですが、妊娠前の体重と身長から、私のBMIは20.5であると教えていただきまして、このBMIから考えて、“妊娠前~生むまでに増える体重は、7キロ~10キロが適当である”とのご指摘をいただきました。


「で、え~っと、それから考えると、今日の体重なんですが・・・」

「はい、増えすぎですよね」

「そうですね~、ちょっと増えちゃってますねぇ」


ええ、妊娠前から2.5キロくらい増えちゃってます。

非常に危機感感じてます!


「年末年始で食べちゃいまして」

「ええ、まぁ、これくらいならまだマシな方ですよ」

「え?そうですか??」

「年末年始で4~5キロいっちゃってる人、結構いますから」


それはまた・・・、自分より食べちゃってる人がいて、安心したような、・・・なんというか。


「でも、ちょっと気をつけておいてください」

「はい、しばらく横ばいで頑張ります」

「そうですね。目標は高く、生むまでに7キロプラスで押さえるようにしましょうね」

「げふっ!!」

じゃ、あと4.5キロしか増やせないじゃないか!!



とまぁ、そんな会話をしたわけです。


で、その夜。

義実家でまたもや夕飯をごちそうになり、くつろいでいたら、若干の腹痛が・・・。

そういや、長らく便が(失礼!!)出ていないことに思い至ったわけです。


年始一発目の日記がこのような内容で失礼いたしております。
こういった内容が苦手な方は、この先はお読みになりませんよう、お願いいたします。



いや、うすうす気付いてました。

産院で「ちょっと便秘気味なんです」って言おうかな・・・とも思ってましたが、先生はかなり忙しそうでしたし、待合室は大混雑、それに、「便秘くらい」とタカをくくっていたのもあり、相談しなかったのです。


まぁ、便秘気味でも、私の場合、今まで薬に頼らずともいつかは出てスッキリとリセットする時期が来るのが通常でしたので、ある意味軽く考えていたわけです。


予想通り、便意はやってきました。

ホラ、思ったとおりです。


薬に頼らずとも、私は自力で解消できる程度の軽い便秘なのです。


しかし、今回は結構な腹痛を伴う便意です。


このまま義実家のお手洗いをお借りすることも考えましたが、今回の場合は非常な長丁場になることも考えられます。



(普段は便は2分以内に出し切る女でございます。

夫のようにチンタラ便座に座り続けるような趣味はございません。

便座に座る時間が長ければ長いほど、お尻にかかる負担は大きくなるばかりです。

いきむ回数の多さおよび、いきみ持続時間の長さは、の悪化を招く一番の要因であることはよく言われることであります。

お心当たりの方、ご注意くださいませ。)



そんな私ですが、今回のお腹のねちっこい痛みには、若干の不安を覚えたのであります。


義実家には1室しかトイレはありません。

私がトイレに長時間篭るとご迷惑になる可能性があります。


今回ほど、義実家の斜め前にマイホームを構えたのをナイスと思ったことはなかったですね。

「すみません、便秘気味なんですけど、ちょっと腹痛がきてまして、トイレに篭りたいんで、先帰ります!!」

と、急務の理由を正直に直球で叫び、息子を主人に任せて、全速力で走って家に帰ったわけです。



細かいことは書きません。

1時間トイレに篭りました。

地獄の苦しみを味わいました。

便秘を舐めてました。

このまま出産するのではないかと思われるほどの腹痛でした。


結果・・・結果・・・


体重が2キロ減りました・・・


戦に向かう(トイレに入る)前にわざわざ体重計に乗ったので、間違いはありません。

きっちり2キロ減ったのです!


その上、お腹も引っ込みました。


「さすが二人目はお腹が出てくるのが早いなぁ。・・・でもまだ子供は数センチなんだから、これは脂肪か。それにしてもお腹の皮が緩んでいるのか、3ヶ月の割りにポッコリしすぎだよな」

とか思いつつ、早々にマタニティの下着を履いていた私ですが、戦の後にお腹を見ると、マタニティ下着のパンツのお腹部分がダルダルに余ってます。(3ヶ月ではその状態が当たり前)


息子を連れて帰ってきた主人に向かって叫びました。

「ほら!!見て!!お腹が引っ込んだのよ!あのパンパンに出てたお腹が!!体重も2キロ減ったのよ!」

主人は私のお腹を見て目を見開き、言いました。

「おっまえ、どんだけ・・・!!トイレ詰まってへんやろうな~!!・・・っていうか、それでお腹が引っ込むって・・・、そんなん聞いたことないわ~!!」


おっしゃる通りで・・・。



年末年始、食べまくり、水分の摂取が足りてなかった上に、ダラダラして運動不足になっていたのが原因かと思われます。


ともかく、きちんと出すものは出さないと、大変なことになります。


今回、本当ーによく分かりました。。。


最近肌が荒れ気味なのも、便秘が原因だったようです。


正月から下の話で失礼いたしました。。。


でも、妊婦さんだけではなく、みなさん


健康とダイエットは、快便から・・・!!


ですよ~!!

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/01/05 23:25 】
出産までの道のり(二人目) | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。