スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
気になる数字
くだらない雑談なんですが・・・。


生活している中で、なーんかご縁のある数字ってないですか?



私は、『178』という数字が気になります。


いや、『178センチ』と言った方がいいかもしれません。


身長の話です。



個人的な好みとして、男性の身長178センチって、ちょうどいいなぁ・・・と思うのでありますが・・・。

そんなことは、さておき。


私が気になる人って、なぜか身長178センチの人が多いんです。



芸能人とか。
 ↑
芸能人かーい!!



一時期、お笑い芸人のチュートリアルにハマりまして。


DVDも持ってますが、結構なファンでして。

徳井くんが好きだったのです。

イヤ、福田くんも好きですが。


なんか、徳井くんにハマりまくりまして。

かっこいいですもんね。

とっても面白いですし、話を聞いてると、頭いいんだろうな・・・って思わせるところも好きで。


まぁ、彼も身長178センチなわけです。



だからどうした?・・・って?



まぁまぁ、その他にもね、俳優さんで、生瀬さん・・・って方、おられますよね。


私にとってはちょっとお年が上になるのですが。


何か、一時期、目が離せなくなりましてね。

彼の言動というか、立ち居振る舞いというか、不思議な魅力を感じまして。

キレやすいとことか。←ダメじゃん


まぁ、でも、基本スマートで紳士・・・みたいな。
 ↑
想像ですけど(妄想?)


彼も、178センチなわけです。



178センチを嗅ぎ分ける能力があるというか。

たまたまかもしれませんけど、「ん?」と思って調べると、その方は178センチ・・・ってことが、まま、あるのです。


まぁ、単に、それくらいの身長の男性が好みってのもありますが、ピタリと178ばかり目に付くのって、すごくないですか?
(そうでもないですか?)



もちろん・・・というか何というか、主人の身長も178センチ。


主人のことが気になり始めたとき(あ、社内で知り合ったんですよ)、何となくそうなんじゃないかなぁ・・・と思ってたんです。


初デートで身長聞いて、「・・・78」・・・と彼が答えた時、思わず「やっぱりね!」って言っちゃいましたからね。

ちなみに、178センチってどちらかというと長身の部類に入るのだろうと私は思っていて、「背が高いよね。ステキだね」っていう感じで身長を聞いたんですけど、自慢するでもなく、何となく照れてぶっきらぼうに小声で「・・・78」って言ったのが、私的には“萌え~”でした。


どうでもいいって?


Nくん、今でもそうだけど、自分の自慢話って一切しないんですよね。

その謙虚なところ、良いナァと今でも思います。

(冗談でなら、言うけど)


どうでもいいついでに・・・。

その時サイゼリアでお茶してて、デザート食べたんですけど、彼が「男だけど俺も甘いの食べようかな・・・」って恥ずかしそうにジェラートをオーダーして食べたんです。

私は別に男の人が甘いもの食べるのとか、恥ずかしい事じゃないと思うんですけど“男だったら、デートでお茶する時は普通甘いものじゃなくコーヒーとかだろう”っていう感覚でいるらしいNくんに対して微笑ましい気持ちになったのを覚えてます。

これこそどうでもいいってね!



まぁ、そんなこんなの、178センチ。


実はNくんの前にお付き合いしていた人も、178センチ・・・だったりします。



さらに!

これは個人情報なのでナンバーは言えませんが、その彼とNくん、車のナンバーも一緒です。



そこまでくると、怖いってね!



Nくんのことが気になり始めた時に、本人を目で追っちゃうのはもちろん、ホラ車とかにも目が行くじゃないですか。


・・・で、ナンバーが、前彼と一緒・・・って、「げ!」って思わず心の声が口から出ちゃいましたけどね。



Nくんは、大学の時の学生番号(?)を車のナンバーにしていたんですけどね。

別にゾロ目とかじゃない番号です。



前彼と車のナンバーと身長が一緒の人を好きになったと、友達に言ったら、「えっ!キモっ!!」・・・と言われましたけどね。


確かに若干気持ち悪い気もする。

(よく考えてみたら髪型も似てる気がするが、性格とか全然違うけど)



結婚後に一緒に洗濯物を干している時に、Nくんに言ってみたことがあります。


「私って178センチの人を見つけることができるんだよ」

「へぇ?」←興味なさそうに・・・

「前の彼氏も178センチだったんだよ」

「そう」

「ちなみに、Nくんと車のナンバーも一緒だったんだよ!」

「それはおかしい!!」


急にソコに食いついたので、笑っちゃいましたが。



あ、別に私は以前付き合っていた人のこととか、Nくんに話す派じゃないですよ。

このハナシも、ここ止まりです。

お互いどんな恋愛をしてきたか・・・なんて、聞いてもしょうがないじゃないですか。


確かに、今までにNくんのお付き合いしてきた彼女とか、気になるけど。

まぁ、彼も一切過去のことは語らないですね。



私も嫉妬深いんで、その方が都合がいいです。

スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

【2012/07/10 08:43 】
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
本当のことしか言わない
ちょっとダークな夫婦の話。


・・・なので、そういったお話が苦手な方は回れ右でお願いします(^^)




・ パートナーが自分以外の女性とプライベートで二人きりで会うこと

・ パートナーが自分以外の女性と性的に触れ合う事

・ パートナーが自分以外の女性に心を奪われる事




上記三点のどれも、イヤです。



風俗・浮気・本気の区別はそこにありません。



ちなみに、風俗や浮気や本気について、良いか悪いか、の善悪の議論をする気はありません。



風俗はお金を払っているから浮気じゃない・・・とか、一度きりの浮気だ・・・とかも、どうでもいいです。




単に私自身が不快に思うかどうかの問題です。



自分以外の女性と特別な関係にならないで欲しい。



・・・そう思うことは自由だと思います。



自分の大切な人が自分以外の異性と性的に触れ合っている時点で、心が入ってようが入っていまいが、一度きりだろうが、遊びだろうが、イヤだ・・・という話。



・・・イヤだ・・・と、正直にパートナーに話すのも、自由だと思うので、主人が男の人同士で旅行に行く機会に言ってみました。



あっ!


別に、現在Nくん(主人)にそういう疑惑があるわけじゃないですから!



ただ、長い結婚生活ですから、夫婦になって早めの段階で、私は私の思う気持ちを素直に述べて、自分の立場を明確にしておきたいと思っていたのです。



ただし!!



「そういうのは、私、イヤなんだ~。そういうことがあると、すごく傷つくし、泣いちゃうし、大切な信用がなくなるよ」



・・・と素直に言うのは自由でも、実際に主人の行動を縛ったり見張ったりすることはできないのだということを、しっかり肝に銘じておかないといけません。


反対に言うと、言葉に出してイヤだと言うこと以外に、私にできることは何もない・・・ということ。



変にお小遣いを制限してみたり、携帯を覗き見たり、外出させないようにしたり・・・なんて、もちろんしてはいけません。

(そりゃ湯水のように生活費を費やして風俗に行かれたり不倫されたら制限の必要が出てくるだろうが)


そんなことしたら、逆に夫からの自分への信頼が壊れるし、妻側にメリットないですからね。



となると、本気でイヤだと言った後は、私にできることは“信じること”のみです。


しかも、祈るように信じるのはキモいですから、穏やかな気持ちで信じるのみです。


そして、話を蒸し返したりしないのが、いい女なのでは・・・と思います。


“私が本気でイヤだと言ったことは、夫はしないでいてくれるはずだ”と妻側が思えるのであれば、この件については、もう何も考えないで過ごせるというものです。


妻の気持ちを知った上で、妻がイヤだと思うことを平気でする夫なのであれば、もうこれは、しょうがない・・・というか、この面で夫自身に信頼を持つことをあきらめるしかないのだろう、と思います。



万一!!


そういったことがあったとしても、妻の信頼を失いたくないと夫が思っているのなら、妻が本気でイヤがるようなことは、妻にバレないように必死こいて隠すだろうし、誠意を持ってその秘密は墓場まで持っていってくれるものと信じています。


つまり、まぁ、私を悲しい思いにさせないで・・・ってことで、私自身が主人に対してまったくそういった疑惑を抱くことなく一生を終えるのであれば、ある意味問題はないのよねぇ・・・という気持ちではあるわけです。


だって、全く知らないことは、私にとってはナイことと同じなんだから。



ただし、“万一のことがあっても、隠し通してくれるだろうという思いも込みでこの話をしている”と思わせるのは得策ではないですから、そんなことはおくびにも出しませんけどね。

「本気でイヤなの」

「夫婦関係が壊れるからね」


と言うのみです。



間違っても、こんな風には言いません。


「もしそういうことがあっても、バレないようにしてね」

「浮気するなら気付かせないのがルールだよ」

「男の人には、しょうがないこともあるのかもしれないけれど」




これを言った時点で、男の人にとっての浮気や風俗等のハードルが確実に激しく下がるんですよね。


「バレなきゃセーフなんだな!」

って思っちゃうおバカさんもいるんですよね。



そういうことは、あってはならないことで、気付こうが気付くことがなかろうが、浮気はハナからルール違反なわけで、男の人だからって“しょうがない”なんて思うわけもない!!
(女だって性欲は溜まるぞ!)


・・・というスタンス。



厳しいですか?



言う事は厳しいですが、以下の言葉も付け足させていただきます。



私達は夫婦という関係で一見縛られているけど、それは単なる紙切れのことなのです。

実際には、心の中も、身体も、何も縛るものなどない。

つまりは、あなたも私も自由だということ。

あなたが私を自由にコントロールできないのと同じで、私もあなたをコントロールすることなどできないことは承知してます。

私以外の人に惹かれるのも自由。

恋に落ちるのも自由。

風俗に行くのも自由。

24時間見張ってるわけじゃないから、出先で何かあっても、実際妻には分からないしね。

私がいくらイヤだと思っても、それを押し付ける権利など何もないのです。

だから、私にできることは、イヤなことはイヤだと、申し述べることだけ。

行動を制限したり、お金を制限したり、見張りを付けたりして、あなたをがんじがらめにするのが私の目的ではない。

あなたに“それをすると、私がとてもイヤな思いをするのだ”ということを知っていてもらうのが目的なのです。

そうすることで、そういった可能性が1パーセントでも低くなればいいなと思うだけです。

私はあなたが私を本当の意味で悲しませることをしない人だと絶大な信頼をおいています。




私が考える、一番効果的な言いまわし・・・がコレです。

いずれにしても、素直に本当の気持ちを言うこと。

それ以上に効果的な言葉などない・・・と思っています。



あとは、信じることのみで、話を蒸し返さない。




ちなみに、浮気や風俗について、ある程度許容する・・・という女性もおられるようです。

(本気は困るけどね)


また、浮気はダメだけど、風俗なら許すという女性は、意外と多いとか?

(女性が拒否する側のセックスレスのカップルとか、妊娠中とか)


私には正直そういう感覚は分からないです。



・・・が、もし主人が長い夫婦生活の中で、そういう息抜きがどうしても必要なのだと考えているのなら、それは認めざるを得ないのかもしれません。


長年浮気相手とラブラブで、妻として蔑ろにされていたら、即刻離婚を考えますが。


一生の中で、自分以外の誰かに惹かれることがあるかもしれませんし、夫婦の気持ちも、離れたりくっついたり、波があるでしょう。

いろいろありつつ、いい意味でそれがガス抜きとなって、夫婦が長く添い遂げられる・・・ということも、もしかしたらあるのかもしれません。


そういったこともあるのかもしれない・・・という可能性も、頭の隅に置いておきたいと思います。



「私にバレないなら浮気してもいいよ~」


っていう奥さん。

本気で思ってるならいいけど。

本心じゃない人、多い気がして・・・。

もし、強がりでそういう風に言うのなら、私は何だか悲しい。


本当は良くないのに、「いいよ」なんて。


「いいよ」って言っているのに、携帯チェックしたり。




イヤならイヤ・・・としか言いたくない。

一番大事なところで、主人に対して強がったりウソを言ったりしたくない。


だから、私は本当のことしか言わない・・・って決めてます。




夫婦の形はそれぞれだから、今回は、あくまでも私個人の考え方・・・ですよ!




テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

【2012/07/05 16:44 】
私の恋愛観 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。