スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
便利! ホワイトボードを設置
ホワイトボードを設置しました!

ココです!
 ↓

0073_ホワイトボード
(クリックで大きくなります)

0072_ホワイトボード

キッチンの横の、階段下収納の扉(背の低い収納の方)の上です。

0068_ホワイトボード
横向きに付けました。


最初縦向きに設置するつもりだったのですが、よく考えたら、「上の方が手が届かん!」・・・ということに気付きまして。

横向きにしたら、壁の幅ギリギリセーフでしたが、設置できました。


そして、使いやすいです。



保育園から毎月もらってくる『園だより』や『給食こんだて』や、その他のおたより類をマグネットで貼って、おたよりコーナーにしています。
0071_ホワイトボード

マグネットが、新婚旅行土産なのは目を瞑ってください。

また機会があったら、かわいいマグネットを買いたいと思います。


前々から、『園だより』を、こうやっていつでも見えるところへ貼り付けたかったんですよ~。

保育園が休みの日や、自由登園日、園外保育でお弁当が必要な日など、重要なスケジュールが書かれているのでね。


今まではファイルに閉じて仕舞いこんでいたので、イチイチ見るためにファイルを出すのが面倒だったし、気が付いたら大事なスケジュールを忘れていたりして(←コラ)、ダメダメ母親に拍車をかけてましたが、今後はいち早くスケジュール管理をし、行事ごとにも(気持ちだけは)積極的に参加していきたいと思います。


また、『給食のこんだて』を貼ることで、できるだけ保育園と家でのメニューがかぶらないように(できるだけ努力)しようと思います。


基本的には保育園のものを貼るスペースにしますが、それ以外にも大事なものや、忘れてはいけないメモなんかを貼り付けて、活用する予定です。



新築の間取りを考えている時に、「将来ここにホワイトボードを付けよう!」と、私の中で決めていましたので、あらかじめこのスペースの壁は補強しておいてもらいました。

ホワイトボードや額縁って、結構重いですもんね。



このホワイトボードの場所は、私の動線上、とっても便利です。
0069_ホワイトボード


キッチンで作業していても、すぐにチェックできるし、洗面脱衣所へ行く時にもチラっと横目でチェックできます。


これが、ちょっと遠い場所に設置していて、イチイチ歩いて行って見なければいけない場所なら、面倒なのでチェックする回数が激減するでしょう。
(同じ部屋の中でも数歩歩くだけでも私には面倒!)

なので、この位置が本当にベストポジション。


ちなみに、玄関からリビングに入ってきた時には見えない位置というのもポイントです。

リビングスペースからは視界に入りません。

ダイニングスペースからなら目に入りますが、ホワイトボードの外枠も白色だし、見た目そんなにゴチャゴチャしていない(と思う)ので、問題ありません。



というわけで、大満足のホワイトボードのおたよりコーナーでした!



スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

【2012/06/14 23:07 】
収納・掃除・インテリア | コメント(0) | トラックバック(0)
リビングのジョイントマットを変えてみました
リビングのジョイントマットは、引越し当時、こんなでした。


家33
家38


チラッとしか写ってませんが、チラッとしかお見せしたくなかったもので、写真はこんなのしかありません。


水色ですねぇ。


はっきり言って、リビングから浮いてます。


ラグだけにしたいのはヤマヤマですが、フローリングで息子が転んだら危ないのと、新築なのでフローリングの保護のために敷いてます。


ただ、このジョイントマット、なかなかストレスのたまるものでして・・・。


ジョイントマットに書いてある、ヘリコブダーやバスや車やヨットなどは、パズルのようにバラバラになるんですよね。

これをバラバラにして遊ぶ事を覚えた息子が、毎晩毎晩ジョイントマットをちぎっては投げちぎっては投げ・・・。

噛むわ投げるわ折り曲げるわ・・・で大変なことになっていました。


ちょっと目を離すと、散り散りバラバラで山盛り状態です。


これを片付けるのが、大変で・・・。


片付ける端からバラバラにされて、無限ループ状態。


そのうち、パズルが緩くなって、きちんとはまらなくなり、マットを持ち上げると、バラバラと崩壊するようになってしまって、ストレスマックス!!


「こんなもの撤去してやる~!!」

と日々叫ぶ事何十回。


代替に敷くものを探した暁には、即刻このジョイントマットを撤去しようと心に誓っていたのです。


代わりに敷くものは、ジョイント式じゃないものにしようと思っていたのですが・・・、ラグマットの横にまたラグマット敷くのも・・・ねぇ?

畳コーナーってのも、すぐ側に和室があるから、ねぇ?


うーんうーんと、考えた末買ったのは・・・


ジョイントマットでした~


なぜに・・・。


でもね、このマットに変えてから、ストレスがなくなりましたよ~。

こちら
 ↓
ジョイントマット
大判60cm ジョイント式マット 4枚組(2色各2枚)ベーシック色(A525)【プレミアム PB】【YDKG-s】


まず、見た目の色!

ブラウンとベージュで、水色よりは落ち着いた色になりました。

ラグマットの色ともしっくりきてます。


そして、スペース!
 ↓

0067_ジョイントマット

リビングのラグマットとの収まり具合がぴったりきました。

テレビの前まできちんと敷き詰められたのでよかったです。


次に、ジョイントマットの一つ一つの大きさ!

60センチ角の四角いマットで、大きいです。

今までが一片が30センチくらいのジョイントマットだったので、1つが4倍くらい大きいことになりますね。

そして、厚みが今までのものより厚いです。

その上、ジョイントマットの中にパズルのようにはめ込まれた部品(ヘリコブターとか)がありません!

もし息子にバラバラにされたとしても、片付けが楽々!


それから、デコボコがないのがいい!

端っこ部分にも端っこ用のジョイントマットを購入して、デコボコができないようにしたので、ホコリがたまりにくくなりました。


このマットに変えてから、息子はマットをバラバラにしなくなりました。

マット自体が分厚いので、バラしにくいみたいです。

ジョイントマットのスペースが前より大きくなったので、息子もゴロゴロ遊びやすそうです。



もともとジョイントマットを敷いている面積が大きかったので、水色→ブラウン・ベージュに変えたことで、リビングの雰囲気がとっても変わりました。


前よりは落ち着いた空間です~。


(テレビ台の上のカラーボックスのオモチャは健在ですが・・・。)




テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

【2012/06/08 16:00 】
収納・掃除・インテリア | コメント(0) | トラックバック(0)
お庭の東南角地に植栽スペースを作りました
お庭の東南の角のところ。


シマトネリコとシモツケ(マジックカーペット)を植えているだけで、他は手付かず状態で、若干気になっていました。
0009_東南角


木を植える時に土を掘り返したら、元々敷いてあった砂利がたくさん出てきて、木の根元あたりの土の部分がジャリジャリでまだらになってしまっていて、汚かったし。


主人もこの木の部分を囲ってバークチップを撒いてカバーしたいと思っていたようです。


というわけで、こんな風に囲ってみました。
0012_東南角



使用したのは、連杭です。
0013_東南角


連杭
土留め花壇杭  乱杭8連(小)焼磨き
こちらは、8本の杭が連なって1セットになっています。


適度に曲げられるので、木の周りをこんな風に丸く囲うことも可能。

0014_東南角


バークチップこのあと購入して撒いたのですが、写真撮り忘れてますね。


シマトネリコの周りには、ちょっと根締めの背の低い植物なんかを追加して植え込んでます。

0016_東南角

ヤブランとか、斑入りフッキソウとか。

シモツケも徐々に成長するだろうし、とりあえず控えめに植物を増やしていくことにします。

ホスタなんかも根元に植えてみてもいいかもしれん。


そして、木の横に花壇スペース・・・というか、細い植栽スペースも作ってみました。

0015_東南角

基本的には花じゃなく、常緑の低木が植わってます。


左から、シルバープリペット、ヒューケラ、手前にリシマキア(ヌラリムンオーレア)、リシマキア(ミッドナイトサン)、奥に斑入りのヤブコウジ、右手前に何か名前忘れたけどシルバーリーフ的なもの、その奥にハツユキカズラ、そして一番右端にセージ(カラミンサ)を植えました。


全体的に、地味な植栽となっています。

手間のかからなさそうな、そしてあんまり巨大化しないような植物ばかり集めております。

※ この写真は若干古いので、今は植物も少し成長して、若干様子が変わってます。


お花を植えてもいいけど、世話をする暇があるかどうか・・・。


でも、追々、できそうなら好きな花など追加してみたり、華やかにしていってもいいかな・・・と思います。


とりあえず、少しずつ・・・ね。



お庭作りは奥が深そうです。

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

【2012/06/07 23:14 】
ガーデニング・庭の様子 | コメント(0) | トラックバック(0)
仲良し夫婦でいるために
不定期更新で細々とブログをやっておりますが、このような適当ブログでも、贔屓に読んで下さっている方もおられるようで、ありがたい限りです。



このブログも、立ち上げてから、もうすぐ丸5年を迎えます。


当初はテンションが高い、婚活独身女のブログだった(←たぶん)のが、最近は、くたびれたお母ちゃんのブログになっております。


時代によってブログの主とするテーマも随分と変わりました。


恋愛 → 結婚 → 出産 → 子育て → マイホーム


自分の置かれている状況が変わっていくので、興味も変わる。

そして、日記の内容も変わっていく。


それにつれて、ご贔屓にしてくださる方も一変したように思います。


それは、ごく自然な流れなのですね。



中には、結婚前からずっと読んで下さっている方もおられるようです。


心から、感謝いたします。



このブログは、更新も時々ですし、私自身有名ブロガーになりたいわけでもありませんが、私のくだらない日記を時々気に掛けて覗いてくださっている方が多少なりともおられるのかと思うと、何だか元気が湧いてくる気がするのです。



ま、そんなわけで、前置きが長くなりましたが、今日は久しぶりにNくんのことでも書いてみようかと思います。


Nくんってのは、私の主人であります。



最近めっきりブログに登場しなくなってますが、普通に仲良くやってます。


結婚して、子供が生まれて・・・、Nくんも私も父と母になりました。


今でも私は相変わらずNくんのことが好きですし、Nくんも私のことが好きなんだろうな・・・と思います。


・・・どんなノロケだ・・・って感じですな。


でもね、たまにはそういう感情を、自分の中で(もちろん相手にも)確認することって、大事なんだろうな、と思います。



やっぱり独身の頃のように、お互いに相手のことを好きだと思う気持ちでいっぱいで!・・・なんてことは、もちろんないわけですよ。


毎日忙しいし、子供のことに目が行くから、夫婦がお互いのことに目を向ける時間が少ないですし、相手のことが好きかどうかなんて、普段は考えることもありません。

第一もう結婚して一緒に住んでいるから、「相手を手に入れたい」とか「結婚したい」とか、パートナーに対するそういう欲求はもう無いわけです。


そこにいるのが当たり前で、好きかどうかを考える機会ももう無い。

何なら、好きか嫌いか分からん。

いや、「嫌いだ」と思う瞬間ならたまにあるが、「好き」と思う瞬間って、最近ないわぁ。

・・・じゃ、どっちかって言うと、嫌い?

みたいな感じになりません?
(ウチだけ?)



夫婦になっちゃって、子供も生まれちゃうと、お互いが男女として盛り上がる機会は全くないけれど、盛り下がる機会はなんぼでもあるのである。


生活していると、相手にイライラすること、けっこうありますからねぇ。


パートナーにイラっとする瞬間、確実に盛り下がりますから。



そんなわけで、夫婦が普通にしてたら、お互いの気持ちは下降線を辿る一方なのかもしれんなぁ・・・と思うわけです。


そんでもって、そうならない為には、途中で、ちょいちょい、盛り上がる機会を設けないといけないなぁ・・・と思うわけです。



最近、Nくんの同僚(ってことは私の同僚でもある)が、浮気をしているという話を聞いて、ますますそう思いましたね。


浮気って言っても、心の浮気ですけどね。

心だけだから許されるかって言うと、そんなことないですからね。


既婚者なのに、独身の女の子(これまた元同僚)とお休みの日にデートに行っちゃってますからね。


先日、携帯のメールの履歴から、奥様にバレて、泣かれたらしいです。


そりゃ、泣くよなぁ・・・。


で、私が「浮気をする男が悪い」というような話をしたのに対して、「でも奥さんに大事にされてないみたいやからなぁ」と言ったNくん。


確かに、奥様はこの旦那さんに対して、結構きびしい・・・というか、扱いが悪いという噂を聞きます。


浮気をする男も悪いけど、若干外に癒しを求める男の気持ちも分からんではない・・・という感じのNくんの態度に、戦慄を覚えたうめやんです。


私はNくんを大事にできてるだろうかね?

ていうか、Nくんも「嫁に大事にされてない」と思ったら、外に癒しを求めるのだろうか。


その男性の同僚は、奥様にイロイロ追及されたけど、うまいこと誤魔化して、まだ今後もその独身女性と会い続ける様子。


奥さんは表面上はそうでもなくても、ご主人が他の女性とデートしたら泣いちゃうくらいには、ご主人の事を思っているのに、その気持ちは伝わっていないのだなぁ。


あるいは、ご主人はもう奥さんにはあんまり興味もなくなってしまっているのか。


もしNくんがそんな風に外に目を向けて、私を振り返らなくなってしまったら、悲しすぎる。



世の中にはそういうことはよくあるらしいし、どんな夫婦でも長い結婚生活の中ではそういった時期がある・・・なんて聞きますが、私には耐えられそうもありません。

Nくんが一瞬でも、別の女性に心を寄せたら・・・、それは一生の心の傷となるでしょうね。


もしそういったことがあったとして、その秘密をNくんが墓場まで持って行くのだとしたら、それは私の知らない事だから、私が辛い思いをする事はないから問題ないのかもしれないけど。


でも、できることなら、そういうことがないように、Nくんの心を私に繋ぎとめておきたいもんです。


結婚してしまうと、パートナーに「好き」だと伝える機会は少なくなります。
(毎日言ってる人は、問題ないでしょうが^^;)


全くそんな機会ないです。


私の場合、普段は伝える気も起きないです。


好きな気持ちがあっても、です。



だけど、背中がむず痒くなっても、たまには(年に1回か2回くらいは)伝えてみるのもまた一興かと思います。


自分で盛り上げる機会を作るのですよね。


さっそくやってみるべしです。



・・・うめやんはNくんにちゃんと言ったのかって?


もちろん、私、思い立ったら即実行してみるタチなので。


Nくんは、あんまり反応なかったですが、まんざらでもなさそうでした。


「知っとる」・・・と言われました。


次の日から明らかに少し優しくなって、少しスキンシップが増えて、たくさん目を見て話をするようになりました。


相手が優しいと、自分も優しくなれるもんです。


相手が自分のことが好きだと、自分も相手のことが好きになっていく。


夫婦は合わせ鏡のようですね。




テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

【2012/06/02 17:01 】
私の恋愛観 | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。