スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ギャン泣き大王(^^; そして、親ってやつは・・・
ユウセイくん、夜の寝つきが、たいっへん悪くなってまいりました。。。


4ヶ月ごろから、9時ごろに寝かせ始めたら30分以内に眠りについてくれるようになったユウセイでしたが、最近は夜のミルクを飲んだ後もオメメがパッチリ!!

いつもは息子が眠りについた後に、ゆっくりお風呂に入るのですが、已む無くオメメ爛々のユウセイをNくんに託してお風呂に入らせてもらうのですが、お風呂から上がると、いつもユウセイのギャン泣きが聞こえてきます。

服を着替えて部屋に入ると、この世の終わりのようにギャーギャー泣いてるユウセイと、それを持て余してグッタリしているNくんが目に入ります。

日ごろ、とっっても気の長いNくんが、ゲンナリしてイライラしているのが分かります。

ユウセイのギャン泣きが始まると、一気にイライラしてしまう私ですが、他人がイライラしているのを見ると、返って落ち着くもんですね。

私がお風呂に入っている間にさんざん泣いたユウセイは、私に抱かれると泣き止みます。

というか、力を使い果たして、ダラーンともたれかかってきて、そのまま寝る・・・って感じです。

それを見たNくん、「オレがどんなに抱いても、ミルクやっても、揺らしても泣き続けるのに!!」と、腹立たしそうに言います。


お気の毒・・・と思うけれど、別に私が抱いたから泣き止んだわけではありません。

単純に力尽きたからです。

それから、イライラしている人が抱くより、気持ちに余裕のある人が抱く方が、泣き止むのに決まってます。

子供から離れてゆっくりお風呂に入ってホカホカとリラックスしている私が抱く方が効果的なのは自明の理です。


私だって、昼間は泣かれまくってヒーヒー言ってたりするんですから、おあいこな気がしますがね。


それにしても、泣き声がデカイ!!

子供がいるお友達のところに遊びに行かせていただくと、まずその体のデカさと泣き声の大きさにびっくりされます。

ユウセイは9キロですが、かなり骨太でガッシリした体躯で、たて抱きしようものなら、足をビョンビョンさせて飛び跳ねます。

しかも、体力有り余ってるので、エンドレスです。

試しに立たせて、掴り立ちの状態にしてみたら、しばらくの間安定して立っていられます。

・・・このままでは、ハイハイせずに歩く可能性があるので、憂慮しているところです。

・・・と、話が逸れてしまいましたね。。。

泣き声の話でした。


そう、泣き声のデカさは、天下一品です。

絶対、私が大声で叫ぶのよりも大きな声です。

悲鳴のように叫んだり、オッサンのように野太い声を出したり・・・と、バリエーション豊かですが、間違いなく、お隣と下の階の住人はご迷惑なさっていることでしょう。

泣き出すと、抱いていてもイナバウァー状態で反り返り、ジタバタ暴れまくり、手が付けられません。

それを見た友人たちは一様に引いてます。

「た、大変そうやなぁ・・・」

男の子二人のママにさえ、そう言われる始末。


そうして、もしかしてウチのユウセイは、よそのお子様よりもゴンタちゃんなのかもしれない・・・と気付きました。


まぁまぁ、ちょっとくらいゴンタちゃんでもかまいません。

困るのは、寝入りばなに泣きまくって、Nくんを疲れさせてしまうという点です。


どうかどうか、父を困らせないでやっていただきたい。

日ごろ会社に行っていて、ユウセイのギャン泣きに慣れていない父は、母の入浴中に大泣きして大暴れする息子を一人で世話するのは難しいのであります。

できるだけスンナリ寝入って、育児に自信を付けてあげてください。


Nくん、最近では、「だって、何しても無理やもん。もう泣かしておいたらいつか寝るんじゃない?」とあきらめモードです。

「ずっと抱っこしても何しても寝んかったら、時間の無駄やん」


時間の無駄・・・ね。

まぁ、明日も仕事がある身ですもんね。

家に帰ってきて、夜くらいは落ち着いてテレビを見たりしたいよね。

だから、ユウセイの世話をしても、それが実を結ばないと“無駄な時間”に思えてしまう、その気持ちは良く分かる。


でも、育児って、その無駄な時間の積み重ねなんだろうなぁ・・・って最近思います。

寝かしつけたいけど、思うようにいかず、泣かせたくないけど長時間泣かれ、いろんな策を弄してみても、効果が上がらず、どうやったらいいか悩み、明日はこうしてみよう・・・などと決意を新たに次の日もいろいろ試してみるけれども、どうもうまくいかない・・・。

どうやったら、効果が上がるのか。

どうやったら、最短の時間で寝かしつけできるのか?



いろいろ創意工夫してみても・・・


・・・たいてい無駄です。


チーン。。。


でも、思い返してみれば、自分たちの両親も、子供だった私たちに対して、どれだけの膨大な“無駄な時間”をつぎ込んで育ててくれたことか。

もちろん、私だって0歳の頃の記憶があるわけではありません・・・。

けれど、覚えている限りの古い記憶をたどってみると、アチャチャ~な場面が脳裏にたくさん浮かびます。

歯磨きをさせようと必死で追いかける父をあざ笑うかのように逃げ惑う自分。
そりゃもう大脱走劇で、大騒ぎもいいとこ。

寝かしつけようと父と母に押さえ込まれても、きょうだい3人で布団を1時間以上転げまわり、キャーキャー奇声を上げ続けて暴れ回っている。
父と母の「いいかげんにしなさい!」の叫び声は枯れている。

思い通りにならないことがあったときに、どうにもならないということは分かっているのに、なかなか納得せずに泣き叫び、長時間スネ倒して、両親はホトホト困り果てた顔。
「壊れたオモチャを元に戻せ」と言ったって、戻る分けないって自分自身でわかっているのに。
(しかも自分で壊した)


もっともっと沢山あります。

ってか、こういうのが毎日毎日、続きます。


なんって聞き分けのない、ややこしい子供だったことか。

そして、どんなに逃げまくっても最終的には強引に歯磨きさせ、寝かしつけ、スネた自分と向き合う両親の粘り強さ。

子供ながらに感服していたように思います。


親にはかなわない。

親は自分を諦めてはくれない。

決して歯磨きせずに許してはくれないし、寝かしつけを放棄して部屋を出て行ったりしない。

膨大な無駄に思える時間を自分に費やして、イヤというほど自分の一挙手一投足を見ている。

サボったって、ウソついたって、すぐバレる。


それが親・・・なのですよね。








ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/03/30 22:44 】
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
義実家のみなさま~!!(汗)
アレルギーが心配なので、ちょっと遅めに離乳食をはじめたユウセイ。

なんせ、私がアトピーなんで・・・。

Nくんも、肌には自信がないとのことで、念には念を入れて、6ヶ月も後半になってからの開始でした。


10倍がゆから始めて、ペースト状のお野菜も、ジャガイモ、カボチャ、ニンジン、ダイコン、ホウレンソウ、ブロッコリー、タマネギ・・・と進んできました。

パンがゆも食べさせてみました。

来週は、ソウメンのペースト状のものに挑戦しようと思ってます。

そして、お豆腐にも挑戦して・・・、さ来週くらいには、ヨーグルトデビューをして、ヨーグルトとともに、果物デビューをしようかと思ってます。


でも、義実家のみなさま、離乳食を開始したと聞いたとたん、いろいろ食べさせたがるんですよね・・・。

離乳食は、初めて食べさせる食材については、平日昼間の小児科の開いている時間に(アレルギーが起きたときにすぐにお医者に連れて行けるように)、一さじから始めたほうが良い・・・というのは言っているのですが。

昔はそんなに食べ物に神経質ではなかったようで、あんまり分かっていただけなくて。


確かに、大丈夫なのかもしれない。

イヤ、多分大丈夫なんです。たいていの物はあげても。

もう、7ヶ月ですし。

でも、多分大丈夫だとしても、アレルギーに対してできる限りの配慮をしてあげたい親心なんです。


それと、初めてあげる食材は、自分で作って自宅でゆっくり様子を見ながらあげたい。

離乳食の食べ始めの頃だけでも、そうしたいなぁ・・・と思っていたりするのです。



「バウムクーヘン食べるか?」(義父)

冗談だって分かってますが、本当にバウムを息子の口にくっつけないでぇ!
ちょっと口に入ってます(><)
口の周りについてます。
舐めちゃってます~!


「りんご舐めさしてあげたら?」(義祖母)

果物、もう少ししてから始めますから、待っててください!
でも、できたら果物もアレルギーの心配があるから、加熱したものから始めるつもりなんです(><)


「ほんなら、その硬いお菓子を舐めさせたら?」(義祖母)

だめです!!
かりんとうは、カリっとさせるために、少量のそば粉が使われている可能性があるんです。
そば粉はアレルギーの心配があるので、1歳過ぎてからです!


だいたい、まだお砂糖とかの調味料使ったものを食べさせてないです!

お野菜のペーストをのばすのだって、うすいお出しか(化学調味料ではない)、いろんなお野菜を煮込んだ後の煮汁(調味料なし)をブイヨンとして冷凍しているものを使用しているのです。


もう少し大きくなったら、全部食べられるようになるので、ちょっと見守ってくださ~い!


・・・でも、絶対私が見てないところで、ちょっとお菓子を舐めさせたり、果汁飲ませたりするんだわ・・・。


まぁ、保育園に行き出したら、そんな細かいこと言わなくても、保育園でいろいろ食べさせられてしまうのだろうけど。

保育園では1歳になる前に牛乳も飲ませるみたいだし、あんまり神経質になってはだめだと思うけど・・・。


でもでも、最初だけは、ちょっとがんばりたい・・・っていうか、こだわりたい・・・っていうか、今みたいに手間ひま掛けられる時間も、4月に職場復帰するまでだと思うと、今だけでも“こだわって子育てしている母”を演じたい今日この頃なのです。


それから、お義母さん・・・。

「ユウちゃ~ん、ちゅちゅちゅ~っ!」

って、めっちゃホッペにキスしてますけど、

すごいイヤです!!


なんか、角度的に、口にもしてそうな感じがするし・・・。

口はやめてって、Nくんに言ってもらってるから、まさかとは思うけど。


でも今日、ユウセイがお義母さんの口元に手を持って行ったら、ユウセイの指を「ちゅちゅちゅ~」・・・って吸ってましたよね。

思いっきり口にくわえて、吸ってましたよね(TT)


背筋が寒くなりました・・・。


その手を、ユウセイは自分の口にも入れてナメナメしちゃってます。

虫歯菌の話もしてあるのに・・・。


まぁ、無菌状態では育てられないし、しょうがないんだけど、でも、多分私的には、お義母さんとユウセイが間接キスってところが気に食わないのかもしれないですね。


いずれにしても、イヤです!!


帰りにNくんに、

「お義母さんにしっかり注意して!次やってるとこ見たら・・・


・・・殺す!!」(゜皿゜ll

・・・と、殺人予告してしまいました。


世の中の息子さんをお持ちのママさん、お義母さんに息子の手をチュパチュパされるのって、許せないですよね!

よね?よねよね??



※ 追記

それと、自分自身がお化粧をしている時は、息子のホッペにスリスリするのを我慢しているのに(だから私は最近すっぴん^^;)、化粧バチバチの顔で義母が息子にスリスリしまくってるのを見たらヤですよね?

よね?よねよね??








ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

【2011/03/28 07:53 】
日記 | コメント(3) | トラックバック(0)
生まれてから今までの息子くん
仕事復帰の前に、どうしても写真の整理をしておきたいと思っていました。

ユウセイが生まれてから、たくさんの写真を撮ってきましたが、なかなかプリントアウトする時間がありません。

ってか、撮った写真が大量すぎて、どれをプリントアウトしていいのか、選定するのに時間がかかりすぎて・・・。

でも、意を決して昨日がんばってデータの整理をやってみました。


・・・で、せっかくなので、今までの写真をちょっとアップしてみます♪

1. まだお腹の中です(^^)
お腹

2. ご誕生!産院にて。
生後2-1

生後2

3. 自宅に戻ってきました★
生後3

4. 義実家でのお食い初め。(座り方偉そう)
生後4

5. お顔はすんごいツルンとしてキレイなのよね、羨ましい!
生後5

6. 泣いたら手が付けられません(--;
生後6

7. 5ヶ月半の時、生後1ヶ月すぎのお友達と・・・(倍だ)
生後7

8. 保育園の面談、ボクの順番は5番目でした。
生後8

9. 義妹ちゃんから買ってもらったオモチャが大好き。マイクも食うぜっ♪
生後9

10. 現在7ヶ月。スパウトの飲み方がいまだに分からん!
生後10


何か、上下の分かれた服を着せると、赤ちゃんというより、幼児って感じですよね。

寝返りも、寝返りがえりもマスターし、お座りも長い時間できるようになりました。


子供が大きくなると、「この子の赤ちゃんだったときが懐かしい!赤ちゃんだったころのこの子を、もう一度抱っこしたい」って思うらしいですが、すでにそんな気持ちがわかる気がします。

生後すぐの時の小さな小さなユウセイを、できることなら抱っこしてみたい!


誕生時、3052グラムだった体重も、ぐんぐん増えて、もうすぐ9キロに・・・。

生まれてからほぼ3倍になりました(^^)







ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

【2011/03/27 11:51 】
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
材料不足により着工の予定は未定!
久しぶりにハウスメーカーさんに行ってきました。


と言っても、大した打ち合わせはないのですが・・・。


ハウスメーカーさんに紹介してもらった外構の業者さんから、いろいろ外構に関する提案をしていただいたり(まぁ、お金がないので、しっかりした外回りはできそうもありませんが)、建物に関しても特に変更事項がないかどうかの確認をしたり・・・。

後は、ローンさえ通って支払いの目処が立てば、いつでも本契約をして着工の準備をしてもらえるくらいに打ち合わせは煮詰まってきました。


ただ、私たちは今年度の年収でもってフラット35の審査をしたいので、審査は年度明けの4月以降になるので、ローンの審査や、借入額の確定は4月以降となります。


なので、4月待ち・・・みたいになってます。


あと、土地の件。

あの後、H工務店がNくんの実家に立ち寄って、「私がY建設と話し合いをするから、NさんはB家には何も言わないでいいですよ」みたいなことを言っていたらしいですが、話し合いがどうなったか、連絡はありません。

いずれにしても、私たちはB宅と個人的にこの話をする義理はないので、見守る予定でしたが。

というか、こっちは別に問題はないので、着々と家の本契約に向かって進むだけですが。


H工務店さん、最初のころと、態度がだんだん変わってきたみたいです。

何か、Y建設の弱みを握ったような・・・。

・・・と、Nくんのお母さんがH工務店の社長から詳しく聞きだしてみると、どうやらB宅の担当をしていた男性の営業さんとアシスタント(らしき)女性の方、2名ともY建設を退職されているみたいなんですよね。


B宅の担当者が辞めちゃった!(しかも二人とも)

・・・で、例の土地の件(「B宅の敷地の南側は家が建ちませんよ」と口約束した件)については、「言った、言わない」のあいまいな世界に入ってきたらしく、Y建設側が若干弱腰になったのか・・・?


まぁ、よくわかりません(^^;


4月のローン確定待ちというのもありますが、H工務店とY建設の話し合い待ちでもあります。



そして、新たな展開です。


このたびの東北の大震災によって、多くの家を建てるに当たって仕入れている建材やエクステリアや設備の工場が被害に遭っておられて、あらゆる材料が不足しているとのことなのです。


・・・まぁ、この事態は想像していました。


私たちのハウスメーカーでは、今着工しているお家については、ほとんどの部材は入手済みなので大幅な工期の遅れはないようですが、それでも設備関係で、いろいろあるようです。

キッチンのレンジフードを生産している工場が被害を受けて、その工場はほとんどのキッチンメーカーのレンジフードをシェアしているらしく、一ヵ月後にお引渡しの物件が、キッチンが間に合いそうにないとか・・・。

もう、引越しの手配もしていたり、賃貸を引き払う約束をしていたりするお客様もおられて、大変なようです。


また、今後着工予定の方については、材料が満足に手に入るのがいつになるのか分からないということから、もしかすると基礎工事だけ先に済ませて、上棟から後の工事に関しては延期をせざるを得ない状況になるかもしれないとのこと。


被災者の方のことを思うと、家を建てることができるなんて、恵まれているのにちがいないし、少しの工期の遅れなんて大したことではないのですが、実際は子供の新学期に合わせて引越し(転校)したい・・・など、そのお宅によってお急ぎの事情もあるようで、それはそれでお困りのことと思います。

また、土地の決済が済んで、ローンのつなぎ融資による利息の支払いが発生している場合は、できるだけ早くに家を建ててもらわないと、賃貸に済んでいる場合などは金利と家賃の支払いで苦しいことになります。


私たちについては、幸いなことにまだ土地の決済が済んでいませんので、つなぎ融資も発生していません。

もともとH工務店との約束で、土地の決済は8月末まで待ってもらえる(早くなる分にはOK)ということでしたので、ココは一つ、4月になったらローンの申請だけは行って、フラット35の枠を取り、土地の決済については家の部材の流通の目処が立つまでシレっと待ってもらい、8月末までに予定通り決済すれば、少しはつなぎ融資の利息の支払いのロスが防げます。

ここにきて・・・・、ある意味

土地でモメたことがラッキーに転ぶ?

・・・かもしれません。


モメてなかったら、完全に4月に土地の決済を行って着工予定でしたから・・・。

不思議なもんです。


新しい家、そりゃ早く住みたいですし、こうしている間にも家賃が発生していて、もったいないなぁ・・・とは思いますが。

私たちは今住んでいる場所と新居予定の場所は車で10分かからない距離ですし、4月からユウセイが通う保育園も、新居に引っ越しても引き続き通う予定にしていたので、ちょっと着工や家の引渡しの時期が遅れるくらいは特に問題はないのです。


また、部材の高騰によって、今までの見積もりから価格が上がる可能性がある・・・とのことで。

こちらは大いに問題があります。

・・・が、こういう状況ですから、しょうがないでしょうね。

ビルダーさん側も、最大限の努力をしてくださると言って下さいましたし、どうしても見積もりに反映させなければいけない分が出てくることについては、ある程度覚悟しておきます。
(できるだけ許容範囲でありますように・・・)




ところで、まったく話は変わりますが、さっきスタジオジブリの特集をテレビでやってるのを見て、Nくんが『ラピュタ』に出てくる、“滅びの言葉”を思い出そうとして、

「ザギバ!!」

って言いました (((゜Д゜;


・・・「バルス」です!! (((゜■゜;


どっから出てきたんだ、「ザギバ」・・・。

何の呪いだ、「ザギバ」・・・。


あ~何か、夢に出そう・・・(笑)







ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/03/22 08:26 】
夢のマイホーム | コメント(0) | トラックバック(0)
心に残るつぶやき・・・
東日本大震災、言葉にできないくらいの大きな被害となっていますね・・・。

テレビでニュースを見ていても、涙が出てきます。


無事に命をつないで避難できた方の中には、病気の人もいるでしょう、妊婦さんもいるでしょう、小さなお子さんをかかえた人もたくさんいるでしょう。


毎日の投薬が必要な方など、辛い思いをされているでしょうね。

出産日が近い妊婦さんはさぞ不安でしょう。

避難所で陣痛が来て、救急車で病院に運ばれて出産された方もおられると聞きます。

また、赤ちゃんのミルクやお湯が足りていないようですし、同じ母親として、本当に何とかしてあげたい気持ちでいっぱいになります。

母乳のお母さんでも、自分自身が水分不足だったりストレスやショックでなかなか満足な量の母乳が出にくくなったりするでしょうし・・。

赤ちゃんは待ったナシ・ですもんね(><)


家族の安否が分からない方・・・。

眠れない日々をお過ごしでしょうね・・・。


本当に、少しでも早くに被災者のみなさんに支援が行き届くように、祈らずにはいられません。

たくさんの企業が十分な物資の援助の準備をしていると聞きますが、避難所へはなかなか行き渡らない様子。

やはり、物資を運ぶ手段に限りがあるので、時間がかかっているのでしょうか。

ヘリも、足りていないのでしょうね。

道路も瓦礫で寸断されていたりして、物資を運ぶのに時間がかかるのでしょう。

もどかしいですね。




Twitterで投稿された心に残るつぶやき

 ↓

http://prayforjapan.jp/tweet.html



目頭が熱くなりますね。


今のところ、募金くらいしかできませんが、さっそく少しだけ募金してみました。

 ↓

富士ネットワーク募金

みずほ銀行 東京中央支店 普通 2255522





話は全く変わります。

平穏な我が家の話題を・・・。



ユウセイは生後6ヶ月半となりました。

離乳食も始まっております。

離乳食は、まだ10倍がゆですが、まぁまぁ順調に食べてくれてます。

結構遅めに離乳食を開始したので、食べる準備は万端だったんでしょうかね(^^)

今週あたりから、徐々に他の食材もチャレンジしていきたいと思います。


それから、6ヶ月になる少し前に、めでたく寝返りをマスターしました。

左右どちらもできますが、寝返りがえりはまだできませんので、元に戻れずにすぐ騒ぎ出します。

でも、コロコロひっくり返るのが楽しい様子で、しょっちゅう寝返ってます。

あんよを高く上げて寝返りしようとしている姿って、かわいいですね。



そうそう、昨年9月に申し込みをしていた保育園ですが、1月の後半に、入園決定の通知が届いていました。

2月に園からお知らせの手紙が届き、先日3月5日に、入園の説明会を聞きに行ってきました。


もちろんユウセイも一緒に行ったのですが、息子のほかに、0歳児と思われるお子さん連れのお母さんは5人ほど見受けられました。

息子よりも小さいように見える子も1人いました。

0歳児から5歳くらいの子まで、とってもたくさんのお子さんが集まって、大賑わいでした。


最近の保育園って、4歳や5歳くらいになったら英会話も教えてくれるんですね。

月謝を払えばプールも入れるみたいだし、何だか楽しそう!

ユウセイはまだまだ小さいですから、寝て起きて食べて・・・っていう過ごし方になりますが、これから成長とともにいろんな経験をさせてもらえると思うと、私も嬉しいです。


ママと離れ離れは、最初は泣くかもしれないし、寂しい気持ちになるかもしれませんが、その分楽しい経験をたくさんして、ぐっとたくましく育って欲しいです。


保育園の決定を受けて、私も会社と復帰日を話し合いました。

4月18日の月曜日からフルタイム復帰することにします。


短時間労働を申請してもいいのですが、保育園の費用を払ったら、手取りはわずかになりますし、それだと、育児休暇を続けた方がよっぽど育児手当ての方が額が多いという悲しいことになってしまいますので、ここは一つがんばることにします。

本当は、育児休暇を8月まで取るのが一番いいんですけどね。

まぁ、今の会社で働き続けたいとなると、4月復帰は覚悟してましたし、しょうがないですね。


仕事に戻る勇気が湧かずに、めちゃくちゃ悩んだりもしましたが、保育園の説明会に行ってみて、とってもいいところだなと思えたので、ユウセイのためにも保育園に入れてあげたいなとも思いましたし、私も仕事のことを前向きに考える気になりました。

そりゃ、もっと育児に専念できれば、それが一番いいのでしょうが、私は私の環境の中で、一生懸命に仕事と子育てをがんばろうと思います。

そして、家事はサボり倒したとしても(?)、気持ちにゆとりを持って、Nくんとユウセイにはやさしく接するようにしたいもんです。





にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

【2011/03/15 10:11 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
土地でモメてます!許せん④
昨日の東日本の広範囲での大規模地震、みなさん大丈夫だったでしょうか?

大変な被害が出ているもようで、心配です。

被害がこれ以上広がりませんよう。

そして、行方不明者の一人でも多くの無事救出を祈っております・・・!



③からの続きです。


何だかシリーズ化してきましたが・・・(^^;


特に何ら進展等はないのですが、補足的な記事を書いておこうと思います。


今まで書いていた図よりもうちょっと詳しい図を・・・↓



計画3


私たちが新築予定のDの土地の左下あたりに、Nくん(主人)の実家があります。

主人の父の強い薦めで、Dの土地を購入することになったのですが・・・。

この4M道路は、昔から町内にある道路です。

4M道路の南側(下側)は昔からの家が建っていたり畑があります。

4M道路の北側(上側)と、6M道路の東側(右側)は、畑や田んぼが宅地整備されて20軒分ほど新規分譲販売されています。

この辺の畑や田んぼを買い占めていたのが、H工務店。

その半分ほどをY建設に売り、Y建設は建築条件付の土地として一般分譲をしていたのです。

残りはH工務店の土地ですが、H工務店は建築条件フリーで土地を販売しています。

もちろんH工務店でも注文住宅を建てることはできるのですが、個人経営の小さな会社ということもあり・・・建築士さんもお年を召していて、まぁ、あんまり今時の家というよりは一昔前って感じで・・・人気がありません・・・。

なので、基本的には建築条件は付けてないみたいです。

ですが、本当は自分のところで建てて欲しい気持ちはあるようで、今回私たちが地元の知り合いの息子夫婦ってことで、多分自分たちの工務店で建てるだろうと思われていたみたいですね。

口では、「どこでも自分たちに合う業者を時間をかけて探して、楽しんでな」などと言っていましたが、他のハウスメーカーで建てようとしていたのは、不快だったのかも・・・と思います。


まぁ、そんなわけで、①~③でお伝えしてきた流れを、ハウスメーカーさんに説明して相談してみました。


営業担当兼設計をしてくださったHさんも、インテリアコーディネーターさんも、びっくりされてましたが、Hさんは、「分かりました。ちょっとお時間いただけますか?対策を考えます」と言ってくださいました。


このまま計画を進めたらどういう支障が出るのか、素人ではよく分からないので、ハウスメーカーさんに頼るしかありません。


HさんはH工務店に電話をして、それとなく現在の状況を聞いて、私たちに報告してくれました。


「結果的に言うと、結論は出ませんでした。ともかく、H工務店さんが・・・何というか・・・」

「すっごい強気でしょ?」

「ははは・・・(苦笑)・・・まぁ、そうなんですよね。で、社長がおっしゃるには『これは話し合いしても難しいと思うぞ』・・・と」

「難しい・・・?難しいとか言われても困りますよね」

「まぁ、本来こちらには何の問題もありませんからね」

「難しいのは、Y建設への説明を怠ったH工務店の立場じゃないですかね」

「(苦笑)そういうことですね。H工務店の方はY建設と話し合いをするみたいなので、またNさんの方に何か連絡があるかもしれません。連絡がありましたら、すぐに私の方にも連絡を下さい。H工務店とY建設の話し合いがどういう風になるかは分かりませんが、次第によっては私どもがY建設と直接お話をさせていただいた方がいいと思いますので」

「その方が話が早いかもしれませんね。私たちはB家と直接話をするようにH工務店から言われてますが、それはしない方がいいですね」

「話をするにしても、NさんとBさんだけで話をするのはやめたほうがいいですね。そういう場合には私どもも一緒に行きますよ。でも、順番としては、Y建設との話をするのが先かなと思います。いずれにしても、H工務店とY建設の話がどうなるか、少し様子を見てみましょう」

「そうですね。私たちは何の落ち度もないんですから、私たちが騒ぐことではないですよね」

「そうです。何も変に折れる必要はないです。・・・ですが、こういった状況ですから、このまま計画を進めてしまうと、現場への嫌がらせやトラブル等が全くないとは言い切れません。そうなっては大変ですので、ひとまず様子を見守って、強引に進めるのはやめた方が良いように思います」

「ややこしい話になってしまって、すみません(汗)」

「いえいえ、お土地のことは、みなさんいろいろご事情を抱えておられる方もおられます。大丈夫ですよ」


というわけで、ひとまず様子を見ることになりました。



間取りも設備も決まって、地盤調査も済んで、外構の打ち合わせをしている段階でした。

順調に進めば、4月には着工できたはずなのですが・・・。

年末からフルスピードで進んできたマイホームの計画が、一時ストップしてしまいましたね・・・。


この先、どうなるんでしょう?



この道をゆけば、

どうなるものか・・・
 (by 猪木)


・・・と、つぶやかずにはいられません。







ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/03/12 09:28 】
夢のマイホーム | コメント(0) | トラックバック(0)
土地でモメてます!許せん③
②からの続きです。



H工務店の社長さんから、耳を疑うような話をドッサリされたうめやん一行。


彼は自分の立場を守るのに必死なのでしょう、「揉めるようならお金は返すから心配するな」と繰り返します。


一見親切な言い方してますが、もう土地を売る契約を破棄したい気持ちでいっぱいなのが見て取れます。

このままだと私たちはH工務店の社長の意向には沿わず、家を建ててしまいますし、そうなってはH工務店はY建設とトラブルになる可能性が高いですからね。

ここは仕切りなおして、一から別のお客様に売った方が話が早いと思ったのでしょう。

もちろんその際は、北側2.5メートルは建物を建てないという約束をして売るつもりでしょうね。


要するに、H工務店はこの件に関して軽く考えていたのに、蓋を開けてみれば自分がY建設への説明を怠ったせいでB宅からクレームが出てしまい、それを私たちを犠牲にすることでクリアしようとしているわけです。


ちなみに私たちは、下の図のように家を建てるつもりでいました。

計画1

赤で着色した部分を駐車場にするつもりで、2台分のカーポート設置予定としてます。


北側と西側はそれぞれ1.5メートルずつ空けてます。



もし、H工務店の社長の希望通りに北側を駐車場にすると、下の図のようになりますね。

計画2

見ての通り、電柱が敷地の東側に中途半端に位置してますので、車を二台置くとなると、電柱を交わしつつ縦置きしなければなりません。


誰がこんな不自然な配置に

するかいな。



・・・とか思いますけど、どうなんですかね。



「ちょっと、家の配置については変えられないです。Bさんに配慮して家を建てないといけないなんて・・・、契約の時にも聞いてないですし」

「でも、もともとココが道だったことはご存知だったでしょ?」

「土地の区画が変わったのは知ってますが、それは前の話ですし。あくまでも今現在の形で、それに合うように家の配置も考えてましたが・・・?北側2.5メートルに物が建てられないなら、その分土地が無駄ですし、建てるなというなら、その2.5メートル分Bさんに土地を買い取ってもらいたいくらいですけど」

「・・・・・」


何か、話が険悪な方へ進んでしまいます。。。


H工務店さん、Nくんとお義父さんがおだやかな性格なので安心していたところ、思わぬところでその嫁がキャンキャン言うのでイライラしてきた様子。

私はこういう話をナアナアにするのは大嫌いですし、事実と権利の主張だけはきちんとしたいタイプですから、相手にとってはウザいと思いますが、でも、ここで妙に折れたり主張を曲げたりするのは間違いですもんね。


追い詰められたH工務店の社長、とうとう最大級におかしいことを言い出しました。


「いや、私もね、こうやって土地の形が変わったことでBさんが困ってらっしゃることはNさんのご両親も知っておられるし、Nさんのお母さんもそのことはBさんの奥さんからよく聞いて知っておられることやから、このDの土地に息子さんが家を建てられるにしても、北側は建物を建てずに駐車場にしてくださるだろうし、そういった意味で申し訳ないから、坪単価も少し下げさせてもらってたんですがね」


・ ・ ・  (゜Д゜;



はあーーーーーー???



うめやんは発狂寸前になりましたとさ!



「なんですって・・・?」


鬼の形相になったうめやんに、社長は・・・


「聞いてませんか?」



聞いてねえよ!!!


「聞いてませんけど?」


「今はじめて聞きましたか?・・・いえ、他の区画の東南の角地はもう少し高くさせてもらってるんやけど、ここはこういう事情があるから、ちょっとだけ引かせてもらってるんやけどね」


てめ・・・それ、


今考えたんだろーーー!!!


後付けで何とんでもないこと言ってんだ~!!!

もちろん契約の時もそんな話一切聞いてないし、そんなの無効に決まってんだろ!

そんな通るハズもない嘘っぱちの作り話するなんて・・・


バカじゃなかろーか・・・


「それはそうとして・・・」


なーんて、話を変えたところで、見逃すかそんなもん!


「それは聞いてないですし、それでしたら、Bの土地は南側が道だという設定でY建設にお売りになったんですか?違いますよね?私ずーっと前に土地を探しているときにたまたまY建設の営業さんと立ち話をした時に聞いたことがあるんですけど、Aの土地とBの土地は坪単価が一緒だそうですね。Bは二方向が道なのに、Aと同じ坪単価なら、お得ですね・・・って話した記憶がありますから。つまり、Bの土地は南側が道だと想定してお売りになったわけでもないし、Y建設だってそういう想定で買われたわけではないですよね。そしたらDの土地の北側1.5メートルのところに家を建てるのは問題ないじゃないですか」


Nくんが机の下で私の膝を手で叩きました。

もうその辺にしておけの合図です。


私はまだ言い足りませんでしたが、Nくんに従いました。


パッと見れば、H工務店の社長は非常に不愉快そうな顔をしていました。

痛いところを突きまくってしまったらしい・・・。


ともかく、これ以上話をしても、H工務店は私たちにとって不利なことしか言わないですし、言うべきことは言ったのですから、ここは一度私たちのハウスメーカーに相談した方が良さそうです。

今日のところはいったん引き上げることにします。


何の結論も出ませんでしたが、H工務店としては、B宅と話をして納得してもらえたらいいけど、難しいと思う・・・という点と、もしそれでモメるなら、内金は返すから契約を破棄してはどうか?・・・という提案(というか脅迫?)のみに終始していました。


帰りの車の中で、私はNくんに怒られました。


「お前、言いすぎや!!」

「だって、Nくん黙って何にも言わんのやもん!丸め込まれるじゃないの!」

「夫婦両方がガンガン言ったら、土地の話がナシになるかもしれんやろ!どっちかは黙っておかんと。それに、途中で社長の顔色が変わりよったからな・・・。あれ以上は言うたらアカン!!」


Nくんの言うのも一理あります。


「何でNくんは黙ってたの?北側を駐車場にすることを考慮して坪単価を安くしたなんてウソ言われて、腹立たんの?」

「・・・アレは無理ある言い訳やな(笑)オモロイやんか。だって、途中で社長が慌ててしもうとるのがよう分かるもん。しどろもどろや!」

「笑ってる場合じゃないでしょ!どうするの?家は建たないの?」

「いや?建てるで?

俺らは悪くないもん。

建てたらええんや」



目からウロコが落ちました。


そうだよね!

私たちは悪くない。


今日は事実確認に行ったのであって、別にH工務店にもB宅にも、Y建設にだって、私たちの家の建て方に文句は言えないはずですから。

もちろんBさんとモメるのはイヤですから、強行な姿勢は取れません。

それにまずはローンを通して、正式に土地の名義をH工務店から私たちのものにしなければいけませんから、H工務店の機嫌もこれ以上損ねるわけには行きません。

いい話の持って行き方を考えないといけませんし、ハウスメーカーさんに助けてもらわないといけません。


でも、いずれにしても、思い通りに家は建てられるはずです。


建ててみせます!!

そうそう、いやらしい話ですが、坪単価・・・。

私たちが契約したDの場所は、B宅の坪単価よりも、7万円も高いんです。

バカ高いと言っても過言ではありません。

本当はもっともっと値切りたかったくらいですが、東南の角地ということで日当たりのために涙を飲んでこの坪単価で契約したのです。

なのでね、Bさんの日当たりを守るために、何も我慢する必要なんてないし、私たちは私たちの権利を守るだけです(`Д´)ノ








ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村


テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/03/09 00:51 】
夢のマイホーム | コメント(4) | トラックバック(0)
土地でモメてます!許せん②
①からの続きです。



①・・・【現在の土地の分筆状況】
 
              【北】
現在
              【南】




②・・・【以前の土地の分筆状況】

              【北】
元々
              【南】


上の図の通り、土地の区画が②から①に変更されて1年以上になるこの分譲地。

この黄色で着色しているDの部分の土地を購入する約束で、我が家は100万円の内金をH工務店にお支払いしているのです。

残金は、ご近所のよしみで、家を建てるハウスメーカーを決めてからでよいということで、8月までにローンを組んでお支払いするという約束になっています。


このたび、私たちがハウスメーカーを決めて、Dの土地に建てる家の下地をいれる部分の地盤調査をした際に、B宅からクレームが入ったわけです。


私たちはH工務店と契約書を交わした際に、このDの土地については、第一種低層地域であるという説明は受けました。
もちろん建蔽率や容積率などの説明も受けまして、境界から1メートルくらい空けて2階建ての建物を建てる分には何ら問題のない土地であるということをH工務店から聞いていました。


ところが、B宅からクレームを受けたY建設から、H工務店にどのような話がいったのか分かりませんが、H工務店の社長さんは、私たちを事務所に呼びつけて、こんなことを言いました。


B宅から、B宅の境界線から近い場所に建物が建つのではとクレームが出ているようだ。

B宅の南側の部分2.5メートルは、区画変更するまではCの進入道路であったのを、Dの区画になってしまったことについて、B宅の奥様が不満に思っており、将来Dの土地を購入した人がBの土地の南の境界近くに家を建ててしまったら日当たりが悪くなると心配していたことを、ご近所に住むNくんのご両親はよくご存知のはずだ。

なので、Nくんが土地を購入した際は、Bの土地の境界近くを駐車場として利用するなどして、家は建てないように配慮くらいしてもらえるものと思っていた。

H工務店でもそういったことに配慮した図面を計画して私たちに提示しようと思っていたのだが、私たちがこんなに早くに別のハウスメーカーと仮契約をしてしまうとは思っていなかった。




・・・って、 ちょ・・・おっさん


何言ってんの??? (゜皿゜||;


ねぇねぇ、H工務店の社長の言ってる意味分かります??

わたしにゃサッパリ理解できません。


平たく言えば、ここは以前は道だったんだから、家建てたらBさんが可哀相でしょ~が。
B宅の南側は駐車場か何かにして、建物は境界から離して建ててあげてよ・・・ってこと??


H工務店、

Y建設に何か弱みでも!?



土地販売に関して、モメたくない気持ちはよくわかる。

信用問題ですからね。

でもね、Y建設とB宅への信用は保たれても、私たちへの信用はどうでもいいんすか?

B宅に配慮して家を建てろだなんて、契約の時一切聞いてませんからね!

私たちが素人だし、親が知りあいだから、うまいこと言ったら丸め込まれてくれるとでも思ったんですかね。


「あの~、この土地の北側2.5メートルは家を建てちゃいけない部分なんですか?そんなこと聞いてませんけど」

ズバリ聞いてみました。

「イヤイヤ、そういうことじゃないんですよ。そりゃここは1メートル空ければ問題ないんですけどね。でも、Nさんもご近所のBさんと関係が悪くなると困るでしょ?」

え~!(゜■゜; やっぱり言ってる意味わかんない。

「でも、私たちは境界線から1.5メートル離して家を建てようと思っているんです。民法上も問題ないですし、ダメなんですか?」

「・・・だから、ダメなわけじゃないですよ。ただ、そこに住むとなるとBさんとのご近所づきあいがあるわけでしょ。Bさんとも仲良くやっていかないといけないわけだから」

「そうですけど、土地の北側2.5メートルを空けるなんて、もったいないことできないですし」

「それは、駐車場として使ったらいいわけだからね」

何で土地の売主が、買主の家の建て物の配置に注文付けるんだか全く意味分かりませんけど??

「北側は電柱もあるので南側に車は置きたいです。そんなことよりも、BさんにはY建設さんからちゃんと説明してもらって解決してもらうのが普通かなと思うんですけど」

「そりゃそうですが、Bさんもややこしいからね。いずれにしても住むのはNさんなんだから、業者がアレコレ言うより、NさんとBさんで話をつけてもらった方がいいかもわからんよ。それでBさんが納得しないなら、ご近所で揉めるのも大変なんだし、この土地の手付けは返すから別の土地を考えられたらどうですか」


・ ・ ・ 。

驚きすぎて言葉も出ない(@@;


「手付金は返ってくるわけだし、Nさんは何も損するわけじゃないからね。せっかく夢を持って家を建てようとしてるのに、ややこしい土地に家を建てても後々つまらんことになるでしょう。それやったら、別の土地で建てた方が・・・ね?」

・ ・ ・ 。


「まぁ私もこんなに早くに家の話がメーカーと進んでると思わなかったからね。でも、建てる前にこうやって問題が表に出てよかったじゃないですか。建ててしまってからやったら遅いけど、今なら何も損せずに済むんやから、よかった」


・・・お前・・・


殺す!!! (゜皿゜||;


急に殺意が湧いたうめやんですが、かろうじて飛び掛るのは思いとどまりましたよ。


しかし、当然、怒りはとどまるところを知りません。


話がおかしい方に進みすぎです。


まず、土地の形が②から①に変更されたことは、私たちには一切関係ないことです。

私たちは変更された後の①の図のDの土地を購入する契約をしたのです。

以前の土地の形がどうであれ、現在の土地の区画の中で、法律に則って、問題のない家を建てるだけの話です。

B宅は、私たちに直接クレームを言っているわけではなくて、Bの土地を販売する際にいい加減な説明をしたY建設にクレームを付けているわけであって、そこはY建設が全面的に対応すべきところです。

また、H工務店がY建設にBの土地を販売する際に、H工務店が将来の区画割り変更について説明をしていなかったことについて、H工務店に落ち度があるのだとすれば、それはH工務店とY建設で話し合いの上、決着をしていただくことです。

私たちがB宅とお隣さんだから、モメたら気の毒に思うから・・・なんていう、義理人情に訴える方法で、私たちの土地の使い方を制限されたり、土地の契約の解除を勧められたりするのは、道理が通りません。


H工務店だって、その理屈は分かっているはずです。

ではなぜ、こんな無茶な言い分で私たちを丸め込もうとするのか・・・。


・・・私たち、

ナメられてるんですね。。。



話し合いの席には、Nくんのお父さんも立ち会ってくれたのですが、お父さんはH工務店の社長と古くからの知り合いということで、H工務店とモメたくない様子。

もともと、争いごとが嫌いなタイプです。

「そら、もうワシらがBさんに話をして、ケンカせんようにせんとな」

などと言っちゃってます。


本来はH工務店に対してガツーンと言ってもらいたいところです。

そういう意味で話し合いに立ち会ってくれたのではないのか!
(どっちかというと、H工務店とモメないように見張ってる感じだし)

全然頼りになりません。

Nくんはというと、ほとんど口を開きません。


私のイライラはマックス!!


長いですが、次に続きます。






ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村


テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/03/07 23:55 】
夢のマイホーム | コメント(2) | トラックバック(0)
土地でモメてます!許せん①
あぁ、夢のマイホームというカテゴリーで日記書いてますが、マジで夢に終わりそうな気がしてます。


いえね、ちょっと土地の件でモメてまして。

・・・モメてるというか、巻き込まれたというか、騙されたというか・・・。


とにかく、私、
怒ってます!!


まぁ、ちょっと話を聞いておくんなましよ~。




まずは、この図を見てください。(汚い図ですが)
  ↓
①・・・【現在の土地の分筆状況】
 
              【北】
現在
              【南】




次に、こちらの図を見てください。
 ↓
②・・・【以前の土地の分筆状況】

              【北】
元々
              【南】



見にくい図で申し訳ないです。

これは、20世帯ほどある分譲地の一角です。

ここに、A B C D という、4つの土地の区画があります。

①は現在の区画割りの形です。

現在は、AとBにはすでに家が建っており、どちらも若夫婦が入居されています。

Cはモデルハウスが建っており、今は、建売として販売中ですが、買い手が付かず空き家です。

私たちが家を建てようとしているのは、①の図のDの土地です。

土地の手付け金として100万円お支払いしている状況です。


そして、先日、土地の地盤調査が行われましてね。

その際に、B家からクレームが出たのです。



さて、どんな問題が起きたのか分かりやすく説明するために、B家の視点でご説明いたします。


B家が購入して家を建てた土地は、Y建設の建築条件付の土地でした。

B家はY建設から、②の土地の区画割りの図を見せられて、「Bの土地の南側は、Cの土地の6M道路とつながる進入道路のような形になっているから、きっと建物は建ちませんよ。日当たり良好ですよ~」と説明を受けて、Bの土地にマイホームを建てました。

ところがある日、B家はB家の敷地の南側すぐのところで地盤調査を行っているのを発見しました。

B家は憤慨して、Y建設にクレームの電話を入れました。

「ここはCの土地の侵入道路だから建物は建たないと聞いていたのに、地盤調査をしているということは建物が建つんじゃないの!!Y建設にだまされた!!」

・・・というわけです。


ちなみに、B家は、いつの間にか土地の区画割りが②から①に変更されていたことには、少し前から気付いていました。

Nくんのお母さんが回覧板を持っていった際にも、「私たちはこの土地の南側は道路だから家は建たないと聞いていたのに、区画割りが変わってしまってるんですよ(怒)」と愚痴っていたようです。

でも、今までは家の南にまだ家が建つ予定もなさそうなので、Y建設にクレームは入れずに静観していたようなのです。

ところが、このたび急に地盤調査が入ったのを見て、Y建設に文句を言わずにいられなかったのですね。



ちなみにちなみに、Y建設はもともとH工務店からBの土地を購入したのですが、Bの土地購入時は、②の形だったのです。

Y建設もB家に土地を売って家を建ててもらった後に、B家の南側は①の形に区画割りを変更してしまっているのには気付いていましたが、特にB家からクレームも入らないし、今まで放っておいたのですね。


Y建設はB家からのクレームを受けて、H工務店に事実確認の連絡を入れました。


H工務店は慌てました。


H工務店の方は、土地を販売する際に、いずれ近いうちに区画割りを②から①に変更することは計画していたことなのですが、Y建設にはそのことは言っていませんでした。

Y建設がH工務店から購入したのは、この図で言うとAとBの土地になりますので、後々でCとDの土地の分筆方法を変えて、土地の形が①になる予定だということをY建設に報告する義務は特にありません。

ですが、Y建設がBの土地を販売する際に、Bの南側の区画割りの計上を計算に入れて販売したり、間取りや建物配置を考えるかもしれないことを考慮して、H工務店は②から①の状態に土地の分筆変更の予定があるということを、Y建設に報告しておいた方が親切だったと言えます。


また、Y建設においても、B家にBの土地を売る際に「B地の南はC地の進入道路だから建物は建たない」などという憶測など、言うべきではありませんでした。

それは憶測であって、確かなことではないからです。

もしB家の南側が公道であったならば話が別ですが、あくまでもB家の南側は宅地であって、その計上が進入道路に見えたとしてもそこに建物が建たないという保証はないからです。

もし、土地の区画割りが②の状態であったとしても、この進入道路に見える部分を駐車場として、大きなカーポートを設置される可能性だってありますし、大きな塔が建つ可能性だってゼロではありません。

Y建設の言い方は、「この土地の南側は田んぼなので家は建ちません」と言っているのといっしょです。
(それよりも悪い)
田んぼが宅地になって、家が建つことだってあるわけですからね。


また、土地の分筆が変わることだって、最初から計算にいれておかなければなりません。

Cの進入道路に見えた土地が、Dの区画に併合されることは、Y建設にとっては想定外だったかもしれませんが、土地の分筆が変わることはよくあることですし、ハウスメーカーの営業さんとしては、B家にC地とD地の形状について、なんらの約束もするべきではありませんでした。


土地販売の際に、H工務店とY建設の間で交わされた契約がどのようなものであったかは、私たちには分かりません。


あくまでも私たちがH工務店から買う約束をしたのは、①の土地の形状のDの土地です。


話が長くなりそうなので、記事を分けます。。。(^^;





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/03/07 13:25 】
夢のマイホーム | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。