スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
旅行・・・それは自己責任です! 【24W2D】
【24W2D】


今日・明日・明後日・・・今日・明日・明後日・・・。


GWが29日から・・・という世間の皆様は、あと三日間のカウントダウンなぞされている月曜の午後かもしれませんね。

かく言う私も、同じように一日に何度もカウントダウンをしております。


本当は4月30日も5月1日もお仕事の予定だったのですが、優しい同僚が替わってくれたのです。

ああ、あなたは神様ですか!?

とりあえず拝んでおきますね。←迷惑だろう


というわけで、ありがたいことで、私のGWは4月29日~5月5日までベッタリいただけることになりましたが、その前に、とっても大切なイベントが4月28日(GW前最終日)に待ってます。

その仕事さえ終わるまでは気が抜けません。


そんな理由も手伝って、今日・明日・明後日・・・と、数えずにはいられない心境なのです。


そして、28日のイベントを頑張ったご褒美として、29日と30日に一泊二日で旅行を計画してみました。


和歌山の南紀白浜へ。


安定期にも入りましたし、体調も良いし、KJも問題なく元気そうなのでよいかなと。

これ以上お腹が大きくなったら旅行どころではないですしね。

もちろん生まれた後はしばらくは二人で気楽な旅行には行けませんから、ある意味ラストチャンスです。


私とNくんは、付き合ってから現在まで、泊まりの旅行っていうのは、新婚旅行が初めてだったというのは前にも一度日記に書いたことがあります。
(Nくんが昔気質な人で「嫁入り前は泊まりの旅行はダメ」という主義だったので)

そして結婚後に二人で旅行に行こうと思っていたら、すぐにKJを授かったので、二人でお泊り旅行っていうのに行けてなかったんですよ~。

念願の夫婦での旅行。


身体のこともあるので、ゆっくりペースで、旅館を楽しむのをメインで行ってきます。


ちなみに、病院の母親教室で、参加者の妊婦さんから「安定期に入ったら旅行に行っていいですか?」という質問が出まして、それに対する助産師さんの答えはこうでした。

「旅行は、基本的には、行かないでいただきたいです・・・と、産婦人科としてはご案内しています。やっぱり、旅行に行くと無理をし勝ちですし、それが原因で早産になってしまった人もたくさんいらっしゃいますからね。病院としてはこういう回答しか出来ないんですよ。病院としてはね。・・・まぁ、それは建前ってことで、私個人のお話で言えば、私が妊娠していた時は、旅行にも行きましたし、臨月の時にも飛行機に乗りました。・・・なので、ダメですが、私は行きました・・・という回答でいいかな?」

ちょっと笑ってしまいました。

「じゃあ行ってもいいんですね?」

「・・・う~ん、勧めはしません。まぁ、私は行きましたけどね。これしか言えないなぁ」

オチャメな助産師さんです。

「とにかく、無理はしないで、健康保険証と母子手帳を常に携帯して、遠方なら、救急対応している病院の連絡先を控えておいて、何事もゆっくりしたスケジュールでね、勧めはしませんけど・・・そんな風にして私は行きましたけどね。病院としては勧められませんけどね。私は、三人子供生んでますが、毎回旅行は行ってましたけどね」


なるほど、言いたいことは良く分かりました。


自己責任・・・ってことですよね。


自由にするということは、そこには責任が付いて回りますよね。

判断は、赤ちゃんと自分の身体のことを一番に考えて、家族と相談で・・・。

つまり妊娠していなかったとしても極端な話、【外出したら事故に遭うかもしれないから、そんなリスクを負うくらいなら、安全を全面的に優先して私は外出は一切しないことにします】・・・という判断もあれば、【外出しなければ事故には遭わない可能性が高いけれど、家にいたら運動不足になるし、外出した方がストレス発散になるから寿命も延びるかもしれないし、事故に遭うリスクも考え併せて、どちらが良いか考えた結果、私は出かける方を選びます】・・・という判断もあるわけで。

まぁ、そういうことです。

例えが極端すぎですけどね。


せっかく行くなら、無理はしないように気をつけながら、楽しみたいと思います。





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/04/26 17:04 】
出産までの道のり | コメント(5) | トラックバック(0)
ごめんねKJ・・・ 【23W4D】
【23W4D】


一年で一番お仕事の忙しい時期です。

毎日、残業・・・。

あぁ、妊婦に時間外労働はキツいのであります。


それにしても、あと少しで7ヶ月目に突入ということで、また一段とお腹がググっと出てきまして、会社で席に着いている時は、上半身は普通ですが、足はデスクに隠れて常にガニマタです。

はは、お恥ずかしい。

でも、私の後ろに人はいないので、バレないであろうと思われます。



土曜に健診に行ってきました。

4週間に一度の健診は、待てない気持ちでいっぱいになりますね。

赤ちゃんは元気でした。

成長も標準的とのことで、オマタにはやっぱり立派なものが見えましたので、男の子確定宣言をいただきました。


男の子・・・うれしいな!


女の子を熱望するプレママさんも多いみたいですが(やっぱり同性だと安心なのかなぁ)、私は最初は男の子が欲しかったのです。

二人以上子供を授かることができるとして、上の子が男の子だと、とても優しい子になりそうなイメージがあるんですよね。

私は3人きょうだいで一番年上ですが、「やさしいお姉ちゃん」と言われたことは一回もないですけどね。

女の子はどっちかというと、元から根がチャキチャキしてますからね。

一番上の男の子って、どこかポヤーンとしてて、下のきょうだいにも優しいっていう勝手なイメージです。

Nくんみたいな、ホンワカした男の子に育ってもらいたいなと思います。



仕事中もいっぱい胎動を感じさせてくれるジュニアくんでありますが、忙しさゆえ、その動きに答えてあげることができなくて、無念です。

「また後でかまってあげるからね~」と心で思いながら仕事を片付けていくのですが、仕事が終わったら終わったで、スーパー寄って速攻帰って夕飯作って食べて、お風呂入ったら、もういい時間ですから、明日のために眠りに就かねばなりません。

車で移動中と、お風呂タイムと、ベッドに入ってちょっとの時間は、胎動を感じたり、キックゲームを試してみたり、話しかけたりできるだけやってますが、ほんとはもっとお腹の赤ちゃんとコミュニケーションを取る時間が欲しいもんです。


今日も、夕食は会社関係者と取ることになりますから、家に帰るのは遅いでしょう。

Nくんの夕飯は、昨日カレーを作っておきましたし、グラタンも準備してますから大丈夫です。
(えらく高カロリーなメニューだな・・・)

しかし、明日も私は仕事関係で夕飯は外食です。

そして、土曜も出勤・・・。


デスクに長時間座りっぱなしだったり、窮屈な席で会社関係者と(楽しくない)食事を取っている間は、お腹も張っちゃって、胎動もとても少なくなってしまって、心配な気持ちです。

ごめんよKJ・・・。

苦しい思いをさせてしまっているのかな・・・。

GWもチョコチョコ出勤があるけど、それが終わったら仕事も楽になるからね。

6月に入ったら引継ぎの準備をして、7月には産休に入れるからねぇ!





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/04/21 10:13 】
出産までの道のり | コメント(2) | トラックバック(0)
お花見Ⅱ & 同僚の訪問
【22W2D】


この週末は、またもやお花見に行ってきました。

その前の週に友人の結婚式で訪れた、姫○城です。

一週間前に見たときは7~8部咲きだったので、今週の土曜は本当の満開で、少し散り初めで、風が吹くたびに美しい桜吹雪が見られました。


日本の春には桜がよく似合いますね。

白鷺城と呼ばれる所以である真っ白な城壁の色、良く晴れた青空、そこに桜の花が控えめにかつ華やかに色を添えて、絶妙のコントラストです。


私達はお昼の時間を少しまわってから訪れたため、お城周辺で売られているお花見弁当を半額でゲットすることができました。

お花見弁当って、なんであんなにお高いのでしょうねぇ。


自販機でお茶を買って、城内が見渡せるちょっと小高い場所にレジャーシートを敷いて、お弁当を食べました。

う~ん、THE花見・・・って感じでいいですね。


ブラブラ歩き回って、かなりの長時間しっかりウォーキングできました。



次の日は、会社の同僚の女の子が二人家に遊びにくる予定だったので、帰りにスーパーで食材を調達して、夜は小さなキッチンでレッツクッキングです。

ランチをご馳走する約束をしたものの、果たしてどんなものをお出しすればよいものか・・・。


この子達は、私より5つくらい年下さん・・・。

散らし寿司とか・・・、若い子向きじゃないよな。

パスタ?ドリア?グラタン??
  ↑
私の中の若い子の好きそうな食べ物のイメージ。


クックパッドでレシピ検索しまくって、評判の良さそうなものをピックアップして下ごしらえです。


日曜日の朝、お料理の仕上げをして、デザートを作りました。


メニューは、スモークサーモンのマリネとポテトサラダ、メインはデミグラスソースのおもてなしハンバーグ、そしてお野菜ゴロゴロのコンソメスープに、海老ピラフ。
デザートには先日も作った苺のムースです。

それに、市販のデニッシュパンをサックリとあたためてテーブルに・・・。


ホームベーカリーがあったら、手作りパンも作りたかったなぁ・・・っていうのは、はい、強がりです。

日ごろの夕食も手抜き料理しか作らない私ですから、これだけ作った時点で力尽きてます。


会社の同僚ですから、もちろんNくんとも顔見知りなわけで、私がテーブルセッティングしている間に、近所のスーパーまで二人を迎えに行ってもらって(ウチにはお客様用駐車場がないのでスーパーの駐車場に放置・・・ホントはダメですが田舎なので黙認されてたり・・・)、そのままお昼は同席してもらいました。


二人とも、いっぱい食べてくれて、「うめやん料理上手~!」と褒めてくれました。

お世辞でも嬉しい!

実は料理はあんまり好きじゃないのですが(←コラ)、人から褒められると、やる気になりますね。


ガールズトークが盛り上がる中、Nくんはタイミングを見計らって桜花賞に出かけて行きました。

KY(空気読めない)ではなく、KY(空気読める男)です。


1人の女の子は、お子さんをご両親に預けて来ていたので、3時間ほどして帰って行きましたが、もう1人の女の子は独身ちゃんなので、結局7時までずっとくつろいでおられました。

ま、その日の夕飯は外食にしようと思っていたので良いのですがね。

5時頃にNくんも帰宅していて、まだお客様がおられたので、暇つぶしにディアゴスティーニの航空母艦“赤城”の模型の組立てなぞ始めました。


うん、確かに、私も独身の時に新婚さんの新居にお邪魔してなかなか帰らなかったことあるけど、なるほどこういう感じだったのか・・・などと思いましたが、特に悪い印象だったというわけではなく、「居心地がいいと思ってもらえてるなら嬉しい」という気持ちと「夕飯は彼女も誘って外食すべきか??」という疑問と、「いやぁ、独身って自由だねぇ」という羨望の気持ちでした。


彼女が帰ってから、Nくんと一緒に王将に食べに行きました。

桜花賞で少ーしだけ勝ったらしく、Nくんのオゴリです。

そういうところ、律儀な旦那様です。


たまにはこうやってお客様をお迎えするのもいいですね。

準備が面倒くさいですが(←こらこらっ)、家は片付くし、お料理もたまには頑張れるしね。


お陰さまで、コタツを片付けられましたし、ついでとばかりに衣替えも大体できました。

大量のクリーニングは、次のお給料が入ってからにしましょうかね・・・。






ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★



テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/04/12 13:12 】
出産までの道のり | コメント(3) | トラックバック(0)
近所にお花見 & ちょっと変わった胎児名? 【21W4D】
【21W4D】


日曜日はポカポカ陽気。

Nくんと二人で近所の川原まで散歩がてらお花見に行ってみました。

家から川原まで、ゆっくり歩いて15分。

ちょっと近道して田んぼのあぜ道を通ってみたり、なんだかのどかな休日です。

レジャーシートを担ぐNくんの後ろを歩いていると、お腹の赤ちゃんが生まれたら来年は3人でこうやってお散歩するのかな・・・と妄想してホンワカした気分になりました。


近所の川沿いのスーパーに行く時に、桜が綺麗に咲き始めているのを見ていたので、これは休日になると大勢人が集まるなぁと思っていたら、思ったとおり!

川原には沢山のレジャーシートが並んでいました。

みなさんバーベキューセットを広げてお肉をジュージュー焼いてます。

そりゃ、肉はそこのスーパーで調達できるし、ビールもジュースも現地調達できるし、すぐに追加で買いに行けるし、絶好の花見ポジションだもんね。

トイレもスーパーで借りれるしね。


私達はお昼は家で食べたので、気軽にレジャーシートを広げて、前日の結婚式でもらった引き菓子のバウムクーヘンなどを摘みつつ、桜を鑑賞しました。

この辺はまだ6部~8分くらいなので、来週も楽しめそうです。


周りからはお肉の焼けるいい匂いが・・・。

いいねぇ、肉。


また来週はお弁当持って違う場所でお花見をしてみたいと思います。



ところで、21週に入ってから、胎動が激しくなってきました。

ポコポコグニグニと、かなり激しく動いている様子。

その力強い動きが嬉しい今日このごろです。


そんなお腹のベビちゃんに話しかけをするのに、いい名前がないものかと考えてましてね。

みなさんどうやら、赤ちゃんのお名前が決まるまでは、胎児名を付けて呼びかけをしてるようですので、私めも・・・と思うわけです。


え~と、ベビちゃん?
それか、ボクちゃん?

いや、もうちょっと名前って感じのがいいな・・・。

タロウ?ジロウ?(長男ならジロウはないか)

でもホントに名前で付けそうな胎児名にしてしまうと、実際に名前を決める時に惑わされそうだしな。


というわけで、考えがまとまらないままに、Nくんの前で「Nくんジュニアにはどうやって呼びかけたらいいかねぇ?」「Nくんジュニアは今日も元気かねぇ?」と何度も言っているうちに、『Nくんジュニア』という呼び方がだんだん定着してきてしまいましてね。

まぁ、『Nくん』ってのは結婚前からこのブログの中で使ってるHNみたいなもので、実際の彼の下の名前は違うので(アルファベット“K”)、『“K”+くん+ジュニア』で呼んでいる訳ですが。

これまたあんまり長い名前なので、だんだん略して『KJ』・・・と呼ぶようになりました。


ケイジェイ・・・。


外人のようだな。
(スパイダーマンのヒロインのMJみたいな)


夜寝る時に「パパが遊んでくれないから、KJに遊んでもらおうっと」と、お腹をポンポンしていると、「も~、KJも眠たいんやから、そっとしといてあげて!」などと返されます。


最初は「なんじゃそりゃ」と苦笑していたNくんも、最近つられてます。


KJは夜型らしく、夜ベッドに入る頃に激しく動き出します。

寝ようとしてるのに、お腹をグニグニされると、ハッと目覚めてしまいます。

そして、朝4時ごろにも必ず目が覚めるようになりました。

これは、トイレが我慢できないからですが、どうも膀胱が押されているようで・・・。

下の方で強い胎動を感じるということは、KJは逆子ちゃんの可能性が高いわけですが、まだ今の週数では赤ちゃんはグルグルお腹の中で回るので心配はいらないようです。


少し前までは、「今日は一日胎動がなかった・・・」と心配する日があったり、胎動自体も、ポコ・・・ポコ・・・というような感じるか感じないか・・・?くらいのものだったのに、1・2週間で母の眠りを妨げるほど強い動きになるとは、成長目覚しいですね。

ネットでのいろんな書き込みや、妊婦のページなどを見ていると、「胎動は早い人なら16週くらいから感じるようになりますが、もし感じなくても20週ごろにはハッキリ感じられるようになるから心配しないでもよい」と書かれていますが、先達やら先生の言うことは本当ですね。


お腹もまぁるく膨らんできたので、最近は妊婦さんと気付かれることが多くなりました。

そして、「男の子でしょ!」と予言されることも多数。


お腹が前に出てると男の子だとか、ママの顔つきがキリッとしてくると男の子だとか諸説あるようですが、私の場合は「うめやんって男の子の親って感じがする!」という未来のイマジネーションが湧く人が多いようです。

女の子と予言してくる人、今まで1人もいなかったなぁ・・・。


やっぱり前回の健診で言われたとおり、きっと男の子なんだな♪

次の健診までまだ二週間もあるけど、待ちきれない思いです。





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★



テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/04/07 17:10 】
出産までの道のり | コメント(2) | トラックバック(0)
友人の結婚式♪ 【21W2D】
【21W2D】


土曜日はお友だちの結婚式に出席してきました。

その週は天気が今ひとつの日が多かったのに、土曜はきれいに晴れて、桜もたくさん咲いて、絶好の結婚式日和でした。

神前式なので和装だったのですが、、彼女が式をする会場(神社)では、当日のお式の前に人力車で地元の宝であり世界遺産でもある姫○城まで写真を撮りに行く・・・というイベントがありまして、それはそれは大変な行事でした。

人力車のイベントには私達ゲストも自由参加してよかったので、ゲンゲン元気な妊婦である私も張り切って参加しましたが、さすが桜の時期の姫○城・・・。花見客や観光客の数がハンパじゃないです!

しかも、今年の姫○城の混雑には、お花見時期だということ以前に別に大きな理由がありましてね・・・。

姫○城は昨年の秋口から、数十年に一度の大改修工事が始まりまして、敷地の西の方や天守閣の下の方には足場が組まれている状態なのですが、春のお花見の時期に天守閣が隠れるのは惜しいということで、メインの天守閣の着工は桜の時期が過ぎるまで待っている状態なのです。

タイムリミットは4月11日。

4月12日からは天守閣もシートや囲いで覆われまして、本格的な改修工事が始まってしまうのです。

この改修工事が終了するのは、約5年後と言われています。

・・・だもんで、この一年くらいは国内ならず海外からも、改修前の姫○城を見るべく観光客がドット押しかけて大変な賑わいだったわけですが、桜も5分~8分咲きとあらば、桜と姫○城を写真に収めるべく、一眼レフカメラを持った御仁も大挙して詰め掛けて大騒ぎというわけです。

城マニアの人なんかも、改修工事の足場とか写真に撮りに来てるしね。


さあ、そんな中を、人力車に乗った新郎新婦が、羽織袴と色打ち掛けに角隠し姿で現れたらどうなるか予想が付くってもんですね。

私達ゲストがカメラを構えているのなんかお構いなしで押しのけて、三脚を立てて新郎新婦を撮影する観光客達。

ゲストだけでなく、新郎新婦の父母なんかも押しのけられちゃってますよ!!

人力車の目の前に陣取って写メを撮るリュックを背負ったオヤジ・・・。

新郎新婦が人力車を降りて撮影する横にさり気なく立ってピースをしている外国の方。
(胸に「愛」って書いてあるTシャツ着てるし!)

誰やねん!状態(笑)

ツーショットのはずが、いろんな外国人が新郎新婦の隣に立って記念撮影するもんだから、スリーショットやらフォーショットになってしまって式場のプロカメラマンさんも四苦八苦です。


城の敷地内では、沢山の人に「これは本当の結婚式ですか?」と訊かれました。

なんせ、城の門の所には武士のコスプレをしたボランティアの方が観光客とともに写真を取っていたし、そりゃそんな状況で紋付袴と島田曲げの花嫁道中が行われたら、撮影か何かと勘違いするよね。

ちなみに、旦那様は外国人(カナダ出身)なので、これまた、より目立ってました。


結婚式

人払いをして、素敵なショットもたくさん撮れました!


大変でしたが、沢山の人に「おめでとう!」と声を掛けられて、拍手されて笑顔で祝福されて、主役である新郎新婦も、両家のご両親もとっても嬉しそうでした。

これはきっと心に残るだろうなぁ。

花嫁のお父さん、胸いっぱいな顔でした。



さて、神社まで戻ってきて、受付開始時間まで、控え室で一休みです。

この間に、結婚式から参加する友人達も到着しました。

私の親友であるHちゃんも到着。

5月始めに第二子を出産する予定なので、臨月間近でお腹もポンポコリンです!


花嫁と私は、小学・中学・高校と同じ学校だったのですが、中学校や高校の同級生で、最近は直接連絡を取っていなかったお友達が来ていて、とっても懐かしかったです。

みんな結婚して、ママになってたりするのですよね。


今回は少人数の出席者ということで、私達友人も神前式に出席させていただきました。

厳かな祝詞に玉串奉納、固めの杯の三三九度・・・。

和式の神前式は古式ゆかしく、素敵でした。

生の雅楽の演奏に合わせての巫女の舞いでお祝いいただき、最後に親族の固めの杯ということで、出席者全員でお神酒を頂きました。

Hちゃんは、口を付けただけで飲んでませんでしたが、私は思わずグッと飲み干してしまいました。

厄払いに続いて、今回も飲酒してしまった・・・。


その後、カリヨン(カリオン?)の鐘ならぬ、幸せの鐘ってことで、神社の鐘を新郎新婦がゴーン!と打ち鳴らして、儀式は修了となりました。


披露宴は、カナダ式も織り交ぜながらだったので、新郎新婦の両親の席は主役とともに高砂に設けられました。

髪型を洋髪に変えて入場した新婦は輝く笑顔で幸せ一杯。

会場内のテーブルクロスも、ピンクでラブリーにコーディネイトされていて、ハート型のガラスのキャンドルホルダーにピンクのキャンドルがキラキラしてました。

新郎新婦のウェルカムスピーチが英語と日本語で行われた後は、友人スピーチやテーブルフォトがあったくらいで、ゆっくりと新郎新婦を撮る時間もありました。
(私の時はバタバタだったから、羨ましかった~)

お料理も、すごく美味しくて、苦しいのにほとんど完食しちゃいました。

お色直しは、ウエディングドレスとタキシードでした。

結婚式2
 ↑
私は後ろのいっちゃん左。
あんまお腹わからんね。


新婦はお花とリボンがついた美しいドレスで、頭に輝くティアラは新郎のプレゼント!

やっぱ外国の人は一味違うね!

ティアラのプレゼントなんて、粋だね!


ケーキ入刀も、少人数ならバッチリ写真に撮れて、満足です。

カナダの結婚式に則って、カットされたケーキは新郎新婦自らがご両親にサーブします。

新婦と私が一生懸命作った生い立ちムービーも無事に上映できて、一安心。


新婦は結婚後はカナダに永住することになり、日本から遠く離れます。

そんなこともあり、花嫁の手紙は花嫁やご両親はもちろん、ゲストの目にも涙が・・・。


新郎新婦らしい心温まる披露宴でした。


披露宴後の二次会は、ざっくばらんに居酒屋さんで行われて、新婦から旦那さんも一緒に・・・とお誘いいただいていたので、Nくんにも出席してもらいました。

新婦の生い立ちムービーを作る時に、Nくんも協力してくれたので。


私も長時間の外出だし、夜はNくんがいると安心ですしね。


みんなお酒は飲むけどタバコは吸わない人達だったので、ありがたかったです。
(というか、その居酒屋さん、タバコ吸ってるお客さん全然いなかったけど、禁煙の居酒屋??・・・たまたまか・・・)


新郎はすこーしだけ日本語が分かるけど、私が英語を理解するのと同じレベルなので、意思疎通に苦労しましたが、初対面の新郎さんとも少しは話ができてよかったです。



丸一日出かけるのは疲れましたが、とーっても楽しかったし、リラックスしていたおかげか、お腹が痛くなったりすることもなく、赤ちゃんもポコポコ元気にしてくれていたので安心しました。
(ま、今後はあんまり無理しないようにしないと・・・)


いい写真がいっぱい撮れたので、さっそくプリントアウトして彼女に渡したいと思います♪





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★


テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/04/06 22:42 】
出産までの道のり | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。