スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
結婚式の二次会出席 & Nくん、お腹に話しかける 【20W4D】
【20W4D】


日曜日に、会社の同僚の結婚式の二次会に出席してきました。

私の他にも同僚の女の子が6人ほど来ていて、なかなか楽しい会でした。

二次会といっても、結婚式と身内だけの披露宴を行った後同じ式場内の会場で行うものなので、私達もそれなりにドレスアップして集まりましたが、たまにはこういうオシャレをするのもいいですよね。

日ごろカジュアルな服装しか見たことない同僚たちのフォーマル姿って新鮮です。


私は・・・といえば、買っちゃいましたよ~。

ネットで3千円台で胸下切り替えのシフォン調のワンピース!

カラーは、締まって見えるかな~?ってことで、ネイビー。

靴もゴールドでヒールが3センチくらいの楽なものを・・・。


花嫁さんは黒地に金色の鶴と松と梅の花のとっても豪華で美しい色打ち掛けで登場しました。

色白で黒目がちな和風美人の花嫁を更に美しく引き立てるお衣装です!

旦那様はもちろん紋付袴♪


わぁ~(^^)


見ているだけで、明るい華やいだ気分になれますね!


この花嫁さんは、とっても性格も明るく楽しく、そして優しい人なので、同僚の間でも男女問わず人気があります。

旦那様とは初対面ですが、こんな彼女を射止めたのだから、きっと素晴らしい人に違いない。

・・・と、こう、私もパートナーの評価まで自ずと上がるような、アゲアゲ女でありたいですな。

写真も、そりゃもう、ガッツリたっぷり撮りました。


しかも、こう言っちゃナンですが、ウチの会社の女子事務員は美女ぞろいなので(会社の人事は面食いだと方々の取引先から実しやかに囁かれるほど)、オシャレでスタイルもいい人たちが揃っているので、写真がかなりイイ感じに撮れて、わたしゃ満足です。

ちなみに私は自分を面接してくださった総務部長(結構言いたいこと言える仲)に「部長は顔で女子事務員を選んでますからねぇ」と言ったら、びっくり仰天され、「あなたは自分が顔で選ばれたと思ってるの?ずうずうしい!!」と言い返されましたので、「ええっ!!違うんですかぁ???またまたぁ!(>ワ<)σ」と負けずに言っておきましたがね。
彼は無言で首を振りながら去って行きましたけどね。

ま、写真を見てみると、私が一番足が太いのは認めますよ(泣)

みんな、モデルかよ?ってなくらいスマートですわ。


パーティーは途中で新郎新婦のお色直しもあって、お色直し後は、新婦はオシャレなワンピース、新郎はスーツでちょっとカジュアルダウン。

でも、日ごろデニム姿を見慣れた新婦が、こうやってワンピースを着ているだけでも、なんか別人な気がします。

披露宴でのウエディングドレスもさぞかし似合ったんだろうなぁ。

また写真で見せてもらうのが楽しみです。


私の買った胸下切り替えのワンピースは、お腹の目立たないデザインだったので、周りからも「ぜんぜん妊婦だって分からないよ~」と言われましたが、下腹部の生地を押さえてみると「わぁ!出てる出てる!!」と騒がれまして、「触らせて~」攻撃に遭いました。

お腹、触られるの平気だという妊婦さんと、嫌だと思う妊婦さんがいるみたいですが、私は触られるのは嬉しい方なので平気でした。
(触ってくる人が仲のいい人ならねぇ)

っていうか、お腹の息子も美女達に触られて喜んでいることでしょう。

そうか、息子が喜んでいるから平気なのかも。



幸せそうな新郎新婦の顔が見れて、久々に楽しい夜でした。


また、次の週末にも、小学校時代からの友人の結婚式があるので、これまた楽しみです。

少人数だからということで、親族ではないけど神前式にも参加させてもらえるみたいで、すんごく嬉しい!

生で見る神前式は初めてなので、和式の結婚の儀をよく目に焼き付けてこようと思います。



ところで、最近は特に夜になると、ポコポコ、グニュグニュとした胎動をはっきりと感じるようになりました。

たまに「フフ・・・」と不気味に笑いたくなるような、こそばゆい胎動もあったり。


母親教室で、「そろそろ聴覚も発達してきているので、パパになる人もお腹に向かって話しかけるように今日から指導してくださいね」と言われましたので、Nくんにも話しかけるよう促してみましたが、何て言っていいのか分からずに、ひたすら「お~い!お~い!」と呼びかけておりました(笑)

まぁ、最初のうちはこれで十分でしょう。

私だって最近になってやっと話しかけるような気分になってきたんだもん。


昨日の夜は特によく動いたので、Nくんにお腹の上に手を置いてもらって、胎動を感じてもらいました。

「どう?わかった??」

「うん、わかった・・・気がする」

はっきりと旦那様に胎動が伝わるのは、まだ先のようです。





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/31 08:23 】
出産までの道のり | コメント(2) | トラックバック(0)
初めての母親教室 【20W3D】
【20W3D】



さて、妊婦期間も20週目に入ったということで、もう6ヶ月になるのですね。

というわけで、土曜日に病院主催の母親教室に行ってきました。


5ヶ月~8ヶ月(里帰り出産)の5人の妊婦さん(私を含めて)が参加されておりました。

母親教室では、まず院長先生から一言挨拶と、産婦人科を取り巻く世情と、私達の地域での産院・産科の実情をお話いただきました。

もし、低体重児出産となった場合の搬送先も、受入れ先が不足しているということで、なかなか厳しい世の中です。

自然分娩を予定していても、誰でも状況によっては帝王切開になる可能性があることなどもお話いただき、いろんな意味で“イザという時”の心構えを持っておかないとなぁ・・・と思わされました。

その後は和やかに、栄養士さんから食事の指導を受けたり、助産師さんから妊婦体操やマイナートラブルの対処を習ったり、分娩の際の呼吸法までざっくりと教えていただきました。

途中、手作りのケーキが振舞われ、テンションアップ!

「今日は特別ですから、明日から体重管理頑張ってください」

と釘を刺されつつも、美味しくいただきました。

また、入院するお部屋や、陣痛~分娩まで過ごすLDRのお部屋も見せていただき、夜間の緊急出入口を教えていただいたりしました。


お部屋、基本的には1人部屋なんですが、意外と2人部屋の方が楽しかったりして・・・。

同じ妊婦同士友だちになって、出産後もママ友になれたらいいじゃな~い。
(気が合う人なら・・・だけどね)

1人部屋の方がお見舞いには来やすいだろうけどねぇ。


ところで、今回参加されていた妊婦さんの中で、私と2日違いの8月16日に出産予定の方もおられましたが、その方はまだ胎動を感じないようでした。

もともと生理周期が35日間くらいということで、助産師さんによると、生理周期が長めな人は、一般的に言われる妊娠週数よりもやや赤ちゃんが小さい計算になるので、胎動を感じるのも遅めになるとのことでした。

それに伴って、実際の出産も出産予定日より遅れる可能性が高いということで、なるほど、そういうこともあるのですね。

私は生理周期は27日なので、もしかしたら、予定日よりも早く生まれるかも??

「ちなみに、この中で、実の母親が陣痛から出産まで速かった人、おられます?」

「はい!」

迷わず手を上げました。

「どんな風でした?」

「母は3人出産してますが、3回とも陣痛の痛みがよく分からなかったようで、検診日に病院に行ってそのまま1時間後に生まれたり、破水して病院に自力で歩いて行って診て貰ったら子宮口全開で赤ちゃんの頭が出掛かっていたり・・・で、すごく速いお産だったみたいです」

他の4人からは、「え~っ」「すごい・・・」と驚きの声が・・・。

「そうなんですね。うめやんさんのお母さんのように、お産が急に進んだり、痛みを感じにくい方もおられます。実母のお産が速かった人は、同じようにお産が急速に進む傾向がありますから、うめやんさんは陣痛らしきものがきたらすぐに病院に連絡してくださいね。病院側が『もう少し陣痛の間隔が縮まるまで家で待機してください』と言った場合も、『実母のお産が早かったので念のため診察してください』と申し出て、入院セットを持って病院に来てください。取り越し苦労でもう一度家に帰って待機することになっても、全然かまいませんよ。それより間に合わなかった方が大変ですから!」

ほほ~。

なんと恐ろしげな話・・・。


痛みに疎くて陣痛を感じないのは楽かもしれないけど、そのせいでいきむタイミングを逃したりすることもあるし、母は陣痛促進剤を打ったようです。

その関係でお産の進みが急速だったのかもしれませんね。

お産が急激に進むと会陰部分が伸びきる前に赤ちゃんが出てきてしまって、必要に応じて切開するべき部分以外のところも大きく裂けたりして、痛い目に遭う場合もあるようで心配です。
(ま、そんな脅しは今回は何も言われませんでしたが)


いやぁ、いろいろと勉強になりました。


私の産院は個人病院なので、母親教室は1日だけです。

他の総合病院などでは、何回にも分けて母親教室が行われていたりするみたいですね。

でも、私はこの1回で十分な気がしました。


また5月にはNくんを連れて、市が主催の『パパママ教室』に参加したいと思い、申し込んでいます。

こちらは、旦那様に妊婦体験してもらったり、沐浴指導などがあるようなので、二人でいろいろ勉強してきたいと思います。


それにしても、同じ週数くらいの人と比べて、私ってお腹が小さいかも。

体重も6ヶ月で妊娠前から8キロ増っていう方もおられましたが、その人はもともと痩せてるから体重指導はされてないらしい。

本当に人それぞれなのだなぁ。


昨日の体重、54キロジャスト。

妊娠前から+3キロでここ1ヶ月は保ってます。

出産時に+8キロに抑えるためには、できたら7ヶ月くらいまではこの体重のままでいたいなぁ・・・と思いつつ、ついついデザートに手が伸びるうめやんなのでした。





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/30 08:28 】
出産までの道のり | コメント(0) | トラックバック(0)
お家を買うって難しい (長いです)
先週の日曜日に行ってきたモデルハウスのお話です。


以前にも一度日記でお話したことがあるかと思いますが、Nくんのご両親は、ゆくゆくは私達には義実家近くに家を建てて欲しいようです。

今は車で5分ほど離れた場所のハイツに賃貸で住んでいるわけですが、賃貸に住んだことのない義両親達にしてみれば、自分の家になるわけでもないのに、家賃やら駐車場代やらの名目で毎月結構なお金を支払うのはもったいないし、長男であるNくんにはなるべく近くに住んで欲しいというお考え。

早く家を建てるか買うかしてはどうだ!とご意見されております。

もう私達も32歳なので、ローンの支払いが心配だというのもあり。


本当ならば、お義父さんは二世帯住宅を希望しているようですが、Nくん実家の敷地はそれほど大きくないし(義父・義母・Nくん・私の、4人の車を置くとなるとね)、それにまだ(と言っては失礼だけど)お祖母様もおられるし、義妹さんも同居しておられるので、実質的に二世帯は無理なのです。

お義母さんと私にしてみても、二世帯同居にしてお互いに気を遣いあって家事をするのは大変だし、お義母さんは「私が倒れたらすぐに助けに来てもらえるくらいの距離に住んでくれる方がいい」というご希望です。


というわけで、義実家の町内に家を建てることがNくんの使命らしいです。


車じゃなくて、歩いて行き来ができるくらいがいいね!ということでした。


ま、これに関しては特に異存はありません。

そんな折、Nくんの町内では作り手のなくなった畑が売りに出されて、住宅メーカーなどがその土地を買占めて宅地整備し、半年前くらいから大々的に売り出したのです。

お義父さんの狙うのは、実家から東へ徒歩20歩の、小道を挟んで向かいの土地です。

新しい宅地の一番端にあって、広い区画の角地。

南向きで、義実家も激近く!


お義父さんはさっそくその土地の持ち主である、地元の土建屋さんに、この区画は売らないようにと言い添えたのでした。


そして、この程、その区画の隣の敷地にモデルハウスが完成したから見に来いとのこと。

Nくんと私は何がなんだかわからないうちに連れて行かれた・・・というわけです。


そのモデルハウス、大きな住宅メーカーではなく地元の土建屋さんの指示で、地元の大工が地元の建築士の図面に元づいて仕上げたもので、はっきり言ってセンスゼロでした。


うぅ~ん、この家には住みたくない・・・。

義父・義母・Nくん・私のだれもがそう思っているのは表情から明白です。

義母にいたっては「こりゃだめだわね~」と目配せしてくる始末。

まぁ、お隣の狙ってる土地に関しては、条件フリーなので、土地だけ買って建物は他のメジャーな住宅メーカーさんで建ててもいいわけですからね。

でも、モデルハウスを案内してくれた土建屋の社長さん(ちょっと悪代官顔)は、どうしてもこのモデルハウスを私達に売りたい様子。

どうやら、モデルハウス完成前に契約していたお客様に逃げられたみたいなんですよね。

そりゃ、こんなセンスの悪い家ならねぇ・・・。


「ところで、前にも言ってましたが、このとなりの土地は坪いくらよ」と、お義父さん。

私達がモデルハウスに興味がないことを悟った社長さんは、若干機嫌を損ねたのか、「あぁ~、隣はね、広いですしね。このモデルハウスが48坪で、隣はそれより10坪は大きいからね。高いですよ」と投げやりに。

あぁ、大手なら考えられないこの横柄な態度。

「ま、南向きだしね、○○万ってとこだね」


高い!!


このクソ田舎で!!(←暴言失礼)

悪代官め、ボッタくる気マンマンじゃねぇか。


おそらくこの社長さん、私達が土地を買ってもヨソの会社で家を建てようとしていることに気づいてるので、せめて土地だけでガッツリ儲けようとしているのだ。


・・・だいたいね、私達は、子供は産んでも二人までだし、義実家も近いから将来同居ってこともないし、立派な庭なんていらないから、58坪もいらないんだよね。

大きくても50坪くらいで、理想は45坪くらい?

それにね、それにね、いくら南向きの土地だといっても坪単価○○万円って、この辺の土地では高すぎる。


というわけで、モデルハウスを後にする私達。


安いだけの土地というなら、確かにもっと探せば近くにあるっちゃあるんですが、元田んぼだったり、低い土地で水はけや地盤が不安な土地だったりするのですよね。

となりが崖とかね。

いいなと思う土地っていうのは、やっぱりそれなりのお値段付いてますよね。


なーんか消化不良気味なのもあり、お義父さんは私達を、同じ町内の少し離れた所にある、売り出し中の分譲地に案内してくれました。
(ってか強引に連れて行かれた)

そこは、お義父さんの家の苺畑のお隣で、義実家からは畑のあぜ道を歩けば徒歩5分もかからない場所。

車で行くとなると、畑の周りの住宅地をぐるっと遠回りしないといけないわけですが。

そこには有名な住宅メーカーの建売り用モデルハウスが2軒ありました。

営業さんの人当たりもソフトな感じ。

「まずは、手袋をお履きください」・・・と、モデルハウスに入る前には白い手袋を渡されました。

そうだよね~、このモデルハウスだって売り物なんだから、いろんな人が素手で触りまくられたら実際に住む人が気持ち悪いに決まってる。

これが普通の対応なのだわ!・・・っと、感心しつつ、玄関を開けると、お義母さんも私もテンションが上がってしまった!

「キレイ!明るい!オシャレ!」

「ホラ、うめやんちゃん、玄関入ってすぐにキッチン横の扉があるから、買い物したものをポイっと入れておけるわよ~」

「便利~!お客様はあっちのリビングの扉から入ってもらえばキッチン周りのゴチャゴチャも見えませんね」

このへんの導線の利点に関しては、男である義父やNくんには伝わらなかったようです。


ダイニングとリビングが一直線じゃなく、同じフロアでも互い違いに設計されているので、統一感はありつつも分かれた空間になっており、リビングの西には今流行の小さな琉球畳のスペースもあって、かなり理想的。


実は何軒かモデルハウスを冷やかしたことのあるNくんと私、そして甥や姪や近所の人が家を新築するたびにお祝いがてらお家拝見をするのを趣味としている義両親は、頭の中である程度「こういう家がいい」という理想ができていたりします。

このモデルハウスはかなりそれに近い作りになっているのです。

畳スペースは普段は開放しておけばリビングが広く使えるし、それに、キッチンとダイニングからは死角になっているので、見た目の統一感という意味でも邪魔にならない設計です。

襖で区切ってちゃんとした一つのお部屋にもなるし、押入れもあって、お客様を泊めることも可能です。


畳スペースとは逆の、リビングの東側は、小さな裏庭になっており、石畳の外構が整えられていて、バーベキューなんかをするのにぴったりです。

水道も付いていますし、隣の苺畑との間に階段を付ければ、農作業を終えたお義父さんに、そのまま手を洗ってリビングに上がってもらってお茶を飲んで一休みしてもらうこともできそうです。

「これ、床材もいい物ですよね」

「そうなんです、モデルハウスなんで標準よりワンランク上のものを使ってあります」

床が安っぽいとどうしてもチャチく見えるもんね。

お義母さん、さすがよく見てます。


二階には大きめの主寝室と子供部屋し様のお部屋が二つ設けてあります。

主寝室にはウォークインクローゼット、子供部屋にも十分な大きさのクローゼットが備わっています。

二階にも、もちろんトイレが。


お義母様とふたりで目を光らせるも、特に嫌な構造のところは見当たらない。

むしろ「よく考えてるなぁ」と感心するくらい無駄のない設計。

トイレの扉がイキナリ空いても危なくないような位置になっていたり、やっぱり大手は経験があるから、細かい部分で行き届いています。

車も余裕で二台置けるし、お家の東隣はお義父さんの畑だから、この先家が建って日照条件が悪くなる可能性もないし、道の一番奥の家だから、お客様が来ても家の前の道路に車を止めていただけるし、言うことはありません。

敷地は私の理想とする45坪で、建坪は29坪。

モデルハウスだから証明とエアコンもついて、土地込みで許容範囲のお値段。

「この家を一から注文住宅にすると、もちろんもっとお値段がかかってしまいますし、お庭の石畳などの外構費込みでこの価格ですから、お徳ですよ。それに何と言っても、お隣がご自分のお家の畑というのは、安心ですね」

たしかに!

長期優良住宅に指定されているから、税金の戻りも0.2パーセントいいし、国から補助金として100万円戻ってくる!


もう一軒のモデルハウスも見せていただきましたが、こちらも南向きで素晴らしい設計ながらも、車の置き方が一台斜めになってしまうことと、角地ではないこと、私とお義母様的にはリビング階段(子供が学校から帰ってきてリビングを通らなければ自室に行けないという開けた構造で最近人気)は好みでなく、エアコンの空気も逃げそうなので、一軒目が好みという意見で一致しました。

「ちなみにこの南向きの土地は坪いくらですか?」

「ここは△△万円でさせていただいております」


やっぱり最初の業者はちょっと上乗せしてそうだなぁ。

45坪で△△万なら、分譲地に一から注文住宅を建てても、ギリギリどうにか予算内かもしれません。
(建てていただく住宅メーカーにもよりますが)

しかし、南向きの角地はすでに売約済みとのこと。

義実家の町内で・・・という縛りがあるので、土地探しからするのも困難な感じがします。


一通り見せていただいて、再びNくんのお家まで帰ってきました。

お義母様は、「最初の地元業者はダメよ!あの大工もあんまりよくないし!あの二件目に見たモデルルーム、あれはいいと思うわ」と目を輝かせています。

「家からも、まぁ十分に近いし、同じ町内やし、設計も申し分なかったし」

確かにお義母様の言うのは一理あります。

坪△△万円で土地を手に入れて、設計デザイン費を払って一から設計して建ててもらったとして、あれ以上のデザインになるだろうか??

最近はモデルハウスをそのまま購入する人が増えているらしいけど、気持ちはよく分かる。

設計士が頭を絞って考えた、使い勝手のいい設計で、しかも多くの人に見てもらう観点から、細部まで手を抜かずに作られたモデルハウスは、自分で口を挟めない代わりにお徳な部分も多いのですよね。

「いやいやいや!そんな急に決められんやろ!」

「でも、あそこはいい場所やし、結構見学してる人も多いし、公開したばっかりやけどすぐ売れるかもよ!」

「うぅーん・・・」

頭を抱えるNくん。

「もう、イザとなったら度胸がないわねぇ!この子は!」

「私も、いいと思う。私特別変わった設計の家に住みたいわけじゃないし、あのモデルルームよりもいい案なんて思いつかないと思う。自分で『こうして欲しい、ああして欲しい』って注文付けて建てたら、何か失敗しそうやし、どうせお任せになるんなら、モデルルームの方がカーテンや照明もついてお徳やし、壁や床やキッチンの色なんかも、ちゃんとカラーコーディネーターさんが決めてくれてるから、自分で決めるよりオシャレな気がする」

「そうそう!うめやんちゃん、ガンバレ~!」


女って、決断が早いよね。

でも、浮かれて飛びつく・・・って感覚じゃなくって、「うん、ここでいいんじゃない?」ってしっくり来たし、そういう感覚って大事だと思うんだけどな。

お義母さんと私は同じような感覚で「ここはいいね」って気持ちになったんだと思う。

「このお家、ステキ~!!」っていう、プラス面での評価というよりは、「この家なら、買った後の後悔が少ないだろうな」ってしじみじみと感じたというか。


何に関しても、100%後悔しないことってできないだろうし、お家なんかに関しては特にそうだと思う。


ちょっとだけ畑に行っていたお義父さんが帰ってきたので、お義母さんがさっそくあのモデルハウスを勧めました。

「・・・」

お義父さん、反応が重い。

「最初に見とった土地を買ったらどうや」

お義父さん、一番最初の58坪の土地に未練がある様子。

まぁ、こちらの場所の方が、義実家からは近いしね。

近いっていうか、斜め前・・・くらい。

でも、坪単価○○万円だよ!?(心の声)

58坪購入したら単純計算で○○○○万円になるんだよ!?


「値段交渉してみるやんか」

いやいやいや!単価を下げてもらっても、58坪もいらないし、買えないよ!

ってか、58坪の土地に家を建てて、外構もしてもらうと、いったい総額でいくらになるんでしょうか???

私達の年収でローンは組めますか??初期費用、あんまり出せないですけど~。

「正直いくらくらいなら頭金出せるんや?◇◇◇万くらいか?」

「いや~、頭金以外にも手数料が200万くらいはいるやろうし、新築ならカーテンや家財道具も150万位かかるやろうし、頭金だけで◇◇◇万も遣ったら、スッカラカンになるわ!これから子供も生まれるのに、ちょっとは置いておかんと」

「ちょっとくらい援助してあげたら?お父さん」


きたきた!援助のお話!

「50万くらいなら」


・・・・・・・。

・・・・・・・。

・・・・・・・。

・・・・・・・(-□-;


お義父さん・・・。

私、甘いこと考えてました。



私達が家を買うなんてことを考える随分前から家を建てろと勧めて来てたし、しかも町内に建てろと条件付けてくるし、土地やらモデルハウスやら、率先して一緒に見に行くし(っていうか連れて行かれるし)・・・。


もっとドカンと援助してもらえるもんだと思ってました!!

 ↑
甘い!


お正月に、Nくんの親戚とNくんのお家で集まってゴハンを食べてた時にも、「町内に家買えって言うなら、土地くらい買ってあげたら?」と叔母さんが言うのを「バカ言え、どこにそんな金があるんだ」と受け流してましたが、そうですか、マジですか。

町内に家を建てて欲しいと義実家が言うのだと、周りの人に話したら、「じゃ相当援助してもらえるんじゃない?長男だし」とみんなが言うから、「ほぅ、そんなもんかね?」と思っていたけど、そんなわけには行かないわ~ね~。


援助が期待できないなら、なおさら無理!

しかも土地買って、別の住宅メーカーで建てるとなると、二重に手数料がかかるし。

無理無理~!


私達がワイワイ言っていると、Nくんがようやく自分の気持ちを話し始めました。

「とにかく、俺らの財力ではそれだけの土地は無理や。社長には『ちょっと荷が重い』って言っといてや。それから、モデルハウスも、俺もあれはアレでええと思ったで。でもな、あれを家うんやったら、中古住宅を買うのと一緒や。俺は家が建つ所を見たいねん。土地を整備して、基礎をやって、棟上して、だんだん出来てくるのを写真に撮ったりしたいねん。設計だって、出来上がってしもてたら何も注文つけられんやん。俺は引いてもらった図面を見ながら、ここは広げてくれとか、細かい調整を自分で考えて指示したいねん」


いつにないNくんの真摯な口調・・・。


義父・義母・私はNくんが家に対する夢を語るのを初めて聞いたのでした。


Nくんは毎日ポストに入る新築住宅や建売住宅のチラシを見ながら土地の大きさや、設計図を眺めるのが趣味だったし、薄々は「自分でいろいろ考えてやりたいんだろうなぁ」とは思ってましたが、こうやって口に出して聞いたことがなかったので、「そうかぁ。そんな風に思っていたのに、気の向かないモデルハウスをゴイゴイ勧めて悪かったなぁ」と感じました。


「そっか、大きな買い物やもんね。私はモデルハウスでもいいかなと思ったけど、でも、Nくんが、家が建つのを順番に見て行きたい気持ちもわかるし、そういうところも含めての買い物やと思ってるんやったら、もっとゆっくり考えようよ」

「そうやね、あっちこっちモデルハウス行って勉強するのもええやん。お母さんはあのモデルハウスもいいと思うから、二人でそれも含めてじっくり考えてくれたらいいなと思うわ」

「ワシはあの土地をちょっと値切ってみるわ。他の土地も見よるって話したら、負けてくれるやろ。200万くらいなら援助してもええし、それで無理なら他探したらええわ」


みなそれぞれの思惑がありつつ、その日はお開きとなりました。


家を買うって難しい。

家を買うって大変。



土地探しから始めるのは大変ですが、義実家近くとなると限られますし、町内に分譲地を持つ住宅メーカーめぐりをやって、情報収集をしたいと思います。

土地に関しても、住宅メーカーに関しても、私達は勉強不足。

不動産屋さんを巡ったり、住宅メーカーの展示場で各メーカーの工法などを勉強したりしつつ、Nくんと私達に合ったお家を手に入れられるように(そして義両親にできるだけ満足してもらえるお家にするように)頑張りたいと思います。

資金も貯めなきゃなぁ(´`)

赤ちゃんできたら育児休暇などで収入も減るし、心配ですねぇ。


それにしても、いつの間に家を買うことになっちゃったんだろう???

“いつかは”って思ってましたが、義父母マジックで、ついついその気になっちゃいまいたよ。





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/29 09:42 】
夢のマイホーム | コメント(4) | トラックバック(0)
ついてる 【19W3D】
【19W3D】


土曜日の午前中に健診に行った後、4月に結婚する友人を誘って、5月出産予定の別の友人のお家まで遊びに行ってきました。


さすがにお腹はポンポコリン!

かわいいオーバーオールを着ていて、なるほど、こういうファッションもいいなぁ・・・と思いましたが、すでにいろいろ購入してしまってるので、もう妊婦服に関しては打ち止めです。

週数を聞かれて、19週目だと答えると、「お腹小さいねぇ!」と言われました。

まぁ、その日着ていた服にもよるのでしょうが、私のお腹の出方は小さい方なのかもしれません。

体重についても、妊娠前からプラス3キロだと話すと、「優秀だねぇ!私なんか3ヶ月の時点で3キロ増えてたし、今は10キロオーバーだからね!一人目のときも10キロは増えたし」とのことで、体重についても経産婦の意見を聞いて安心しました。

だって、妊婦さんのブログを読んでると、つわりでマイナス○キロ・・・とか、7ヶ月までは1キロも増えなかった・・・とか、ザラじゃないですか!

ちょっと自分の体重の増え方に疑問を感じていたので・・・。


男の子の可能性が高いってことで、友だちにも「よかったね!これでプレッシャーがなくなるやん!」と言われましたが、やっぱりそうなのね?

彼女は1人目も2人目も男の子ということで、彼女のお母さんは「男ばっかり~、かわいそうだわ!」と言っておられましたが、どうやら女の子なら将来いっしょに遊んだり旅行に行ったりできたのに・・・っていう理由のようです。

そうか、でも私実の母とあんまり一緒に行動しないけどな。
その家その家で、親と子のあり方って違うよね。

まぁ、女の子も育ててみたいっていうのはあります。

皆さんよく言うように、服がかわいいし、1人女の子がいると華やかだしね。

・・・、今のところそれくらいしか思いつきませんが。


いろいろとお話を聞けて、楽しかったです。

もう1人の結婚予定の女の子は、ちょっと退屈だったかも・・・。
(私も同じような経験あるからな。気をつけないと)

もちろん、彼女の結婚話でも盛り上がりましたよ!



この日は実家にも寄って、親に病院で撮ってもらったDVDを見てもらいました。

男の子らしいということが分かると、両親とも喜んでました。

田舎の嫁っていうのは、男の子を生んどいてまず間違いない・・・ていう感覚が、ウチの両親にもあるようで、Nくんのご両親も喜ぶだろう・・・と満足げ。

「アンタは運がいいねぇ」と笑う母は、女→女→男・・・の順に三人産んだわけですが。

祖父がどうしても男の子が欲しかったみたいでね。

そういうことってあるよね。



日曜日である次の日は、なんだか疲れてお昼まで眠ってしまいましたが、お彼岸なので、午後からNくんのお家のお墓に参ってから、Nくんの実家に行ってきました。

赤ちゃんのエコーのDVDを何度も再生しては「ついとる!ついとる!」と笑う義父。

やっぱり嬉しかったみたいです。


お義母さんも、親戚からかかってきた電話に「どうも男の子みたいよ~」とさっそく報告してました。

Nくんは、男の子でも女の子でもどっちでもよかったようですが、まだ実感がイマイチなのかなと思います。

病院を出た後メールで報告した時も、特にコメントはなく、運動のために山に登ってくる・・・と、個人的な報告が返ってきただけでした。

・・・実は女の子希望だったとか???


ところでこの日はNくんのお家の近くにできたモデルハウスを見に行ったのですが、そのお話はまた今度。



話は変わるが、日曜にテレビで放送されてた『パイレーツオブカリビアン~呪われた海賊たち~』をNくんと見ていて、「パイレーツオブカリビアンって、一緒に映画館で観たことあったっけ?」と質問されたので、「パイレーツオブカリビアンのシリーズのどれかをNくんと一緒に見たことはあると思うけど『呪われた海賊たち』の回は別な人とのデートで見たね」・・・と正直に答えると、「ふむ、俺も誰かと映画館で見たことには違いないのだが・・・」とおっしゃる。
「あら~、強がらないでいいのよ~。、女の子と観たって言いたいんやろうけど~」・・・と混ぜ返すと「失礼な!」と、彼はプンプク怒ったフリをしておられました。

Nくんが私と出会う前に別の女の子と一緒に映画を観たって、別に私にゃ関係ないからいいのだが、私が『パイレーツオブカリビアン』の毎シリーズを別の男の人と観るはめになるくらい短命な恋愛をしていたことは、黙っておこうと思います。





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/23 09:21 】
出産までの道のり | コメント(4) | トラックバック(0)
待合室の旦那様 & お腹の子は殿! 【19W2D】
【19W2D】


今日は祝日なのに、出勤です。

こういう日はやる気が起きないですが、逆に仕事が捗ったりします。

会社に人が少ないからでしょうか??



さてさて、土曜日に3回目の妊婦健診に行ってきました。

土曜の健診って初めてです。

今までは有休や振り替え休日を使って、平日に健診に行っていたので。


すんごい混雑ぶりですね!!


びっくりしました。

土曜ということもあって、旦那様連れの妊婦さんもたくさんおられたせいか、余計に多く感じました。

健診が始まるのが9時で、私は9時すぎに行ったのですが、病院を出たのはお昼ごろでした。

これからはぜったい平日に行こうと思いました・・・。


それにしても、奥様に付き添う旦那様・・・、優しいですね。

でも、一言物申す!!

自分の奥方以外の女性にも、もうちょっと優しさを分けてあげてちょうだい!

ロビーでは、待合のソファが足りずに、補助的に簡易パイプイスなどをいくつも出してくださっていました。

臨月と思われるお腹の大きな女性(1人で来院の女性)が背もたれのない小さなパイプイスで不安定な格好で座っておられる近くで、背もたれのあるゆったりしたソファに座る自分の奥様のお隣にデーンと座り、雑誌などを読んでいる旦那様、多数。

しまいめには席が足りなくて立って待ってる妊婦さんもおられる状況に。

妊婦で、1時間や2時間立ちっぱなしって、しんどいよ!

私もキッズスペースの枠の部分に腰掛けていたわけですが、背もたれがないイスって、辛いよね。


奥様がツワリや、体調不良などで心配な場合もあるでしょうが、待合室が混んでいる場合は、旦那様には立っていただけると助かると思います。

それに、奥様の体調が良い場合で、腹部エコーに立ち会いたい旦那様は、時間がかかりそうなら、駐車場の車の中でゆっくり待っていただいて、奥様の順番近くになったら呼び出してもらったり・・・、いろいろ工夫はできそうです。

奥様の隣で、混んできたロビーを見て「オレ、座ってていいのかな」とつぶやいた旦那様。

隣に座る奥様は雑誌を見ながら「さぁ~」・・・と、興味なさそうなお返事。

結局旦那様、ソファにずっと座っておられました。


情けなや・・・。


私はいつも病院には1人で来ているのですが、もしNくんが一緒に来たとしたら、混んでたら「悪いけど、他の妊婦さんを座らせてあげてちょうだい」って絶対立たせると思うわ。

っていうか、立って待ってる妊婦さんがいるのに、Nくんが座って雑誌読んでるようなKY男なら、蹴っ飛ばしてやるわ!


ま、そんなこんなで私の診察の順番が回ってきまして・・・。

この日から、腹部エコーでした。

私の病院では、初期のころは、経膣エコーのみで、中期に入ると腹部から見ていただけるようです。

腹部エコーになると、旦那様にも一緒に診察室に入って見てもらえるみたいですね。

今回から、毎回、エコーの様子をDVDに記録してくれます。

最近の病院のサービスって、すごいですね。

・・・っていうか、DVDに撮ってくれるなら、Nくんにも見せられるし、一緒に病院来てもらわなくてもいいわ。


ジェルを塗った機械をお腹に当てて、あちこち動かしながら、先生が画面の説明をして下さいます。

「これが、頭。右目~左目~鼻~、・・・でコレが身体を横から見た部分ね。これが背骨ですね。それからこれがおしりと足を下から映した状態で、右足太もも、コレ左足~、・・・あっ」

先生の動きが止まりました。

「これ、ここに丸いのが、どーうも付いてるみたいですねぇ」

私にもハッキリ見えました!


オマタに丸いものが!!


「臍の緒はこっちだしね~」


まだ断定はできないみたいですが、あんだけハッキリ見えたら間違いないだろう。


おぉ~、殿!!


第一子は男の子が良かったから、うれし~や!


心臓も元気に動いてるみたいだし、赤ちゃんの重さも標準的で問題ないとのこと。

「じゃ、次はまた4週間後に来てください」


また4週間後か~。


会いたい人に一ヶ月に一度しか会えない・・・みたいな?


妊婦服って、少しの期間しか着ないからもったいないと思いつつも、その日は浮かれて大量にネット購入してしまったのでした。

届くのが楽しみだっ。





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★


テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/22 09:25 】
出産までの道のり | コメント(2) | トラックバック(0)
ウチの赤ちゃんは国産だそうです☆ 【18W6D】
【18W6D】


明日から19週です。

そろそろマタニティーウェアを購入しようと、『エンジェリーベ』のカタログを取り寄せてみました。

エンジェリーベのマタニティはお値段高めですが、評判がよいのがカタログ見ててもよくわかります。

可愛くてオシャレだし、妊婦服とは思えないくらいスタイリッシュなものもあります。

久々に購入意欲に火が着いた~ぁ!!

女子力がうずくわ~!!


一時期しか着ないものだし、トップスなんかは普段のチュニックなどで十分イケそうなものがたくさんあるから、とりあえずデニムのパンツを1着と、仕事用のパンツを1着買おうと思います。


でも、ワンピもトップスもかわいいものがたくさん載ってる。

ショートパンツなんかも、かなり使えそう。

これから赤ちゃんにお金がかかることを思うと無駄遣いできないのは分かってるけど、カタログ見ながらエンジェリーベのネットでガンガン購入してしまいそうで怖いです。



最近Nくんは会社で現場のオバチャン達から「赤ちゃんできよるんやって?」とよく話しかけられるようです。

1人のオバチャンが、「出産経験があるから見てたら分かるけど、奥さん妊娠してるやろ!」と言い当ててから、現場のオバチャンの間で噂が広まったようです。

「アンタも男だったんだねぇ」みたいなことを言われたりするらしい。

草食系男子のNくんは言われたい放題のようです。


それにしても、出産予定日が8月14日だと言うと、ほぼ100パーセントの人が、「あれ?結婚したのっていつだっけ?」とか「じゃあ、ハネムーンベイビーだね!」などと勘ぐってきます。


違いますから!


確かに結婚式および、籍を入れた日は、昨年の10月24日ですよ。

単純に考えたら、「十月十日で生まれる」なんて昔からいうくらいだから、フライングベイビーかハネムーンベイビーかと思うかもしれませんよ。

でもね、「十月十日」ってのは、「丸10ヶ月+10日」ではなくて、「10ヶ月めに入った10日目」ですから!

つまり、「丸9ヶ月+10日」で、だいたい計算が合うはずです。

週数でいくと、40週目ってことですな。

出産経験のあるオバチャンならわかると思うんだけどもな~。


いずれにしても、いつ身ごもろうが、赤ちゃんが祝福されて生まれてくるならば何も問題はないわけです。

私も、フライングと言われようと、堂々としてりゃいいし、気にするところではないのでしょうね。

でも、ワケ知り顔で「じゃ、結婚式より前だね」とか「ハネムーンのフランスで出来た子だね」なんて言われると、「違うぞ」と言いたくなったりもします。
(ま、私に直接言われてるわけじゃなく、Nくん経由で訊いてるので反論はできないわけですが)


Nくんはというと、「いや、フランス産ではなく、正真正銘の国産です!」などと返答しているらしい。


国産品って、良質っぽいけど、なんか、フランス産のほうがカッコ良さそうだ!


明日は久々に健診に行ってこようと思います。

どれくらい大きくなってるのかなぁ?





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/19 14:33 】
出産までの道のり | コメント(3) | トラックバック(0)
結婚式ゲストの服に悩む 【18W4D】
【18W4D】


気を抜くと体重がドーンと増えそうな・・・そんな気配がする今日このごろです。

毎日おそるおそる体重計に乗っては、密かに精神的ダメージを受けております。

現在、妊娠前プラス3キロ・・・。

ヤバイ気がしてます。


ま、思い当たる節はいくらでもあります。

チョコレートとか、生クリームとか・・・(汗)


お陰様で、お腹周りのお肉がハンパないです。

妊娠期間は、脂肪を蓄えよう蓄えようという作用が働いているのでしょうね。

丸太のようなドテッ腹です。


なにこれ。


こんなの私じゃない!!(←?)


そして、20パーセントくらいだった体脂肪率が、一気に25パーセントになってます。

あぁ・・・。



来週末にある、会社同僚の結婚式の二次会と、来月初旬にある、小学校時代からの友人の結婚式と披露宴に、何を着ていくかで悩んでいる私ですが、5ヶ月ならまだ以前のワンピースだって着れそうなものを、自信ないです。


手持ちのワンピは、上半身の露出が激しく、肩の部分が紐なので、ショールを巻くにしてもちょっと寒いかもしれません。

その上、肩が紐だと、マタニティブラが完全にはみ出してしまいますな。

でも、どちらにしてもファスナーが上がらない気がする。


ここは一つ、バスト下辺りで切り替えのある、お腹周りゆったりのワンピにしようと思います。

買うか??買うのか???


マタニティーのフォーマルドレスのレンタルだって5000円くらいするだろうから、出産後も着れそうなワンピを安くで買った方がいいよなっ。
(衣装を新調したいがための自分への言い訳)


・・・靴はどうしようか。

フラットシューズってのを、実は私は持ってません。

今も通勤時には6センチくらいのウエッジソールのものを履いてます。

フォーマルでフラットなものなんか、持ち合わせているわけもなく・・・。

買うのか??買ってしまうのか???


イヤ、まだヒールも低いものならイケるだろう。

それよりもショールを新調したいからな。

バックはお気に入りの物があるのよね。


ていうか、お腹周り~。

よくスマートな妊婦さんで、下の方のお腹がプックリ出てる方がバスト下切り替えの可憐なワンピで披露宴ゲストとして出席されてるのを見ますが、私の場合は下っ腹どころか胸の下あたりからドーンと厚みが増してビヤ樽みたいになってますから、妊婦というより、おっき目の人って感じです。

あぁ、どうせならもっと妊娠週数が進んでいればよかったのに。
そしたら明らかに妊娠中だってことで、お腹の贅肉が強調されずに済んだかもしれないのに。


最近は、座って足を組むのもお腹が苦しい気がする。

お腹にお肉がついていても、足を組んで座っている人はたくさんいるわけですから、私程度のお腹で足を組むのが苦しいというのは、やっぱりそれが贅肉ではなく赤ちゃんがいるからなのだ・・・と思いたい。

(いずれにしても、足を組むのは骨盤には悪そうだ)


ダイエットはできないけれど、体の代謝を上げるためにも、マタニティヨガなど初めてみてもよいな・・・と思う、ドラム缶妊婦のうめやんなのでした。


ところで5月の後半に開催される市のママパパ教室に申し込んでみました。

4月の部は、休日出勤で行けそうにないので5月。

36週までの妊婦さん対象・・・ということで、そのころはちょうど28週ですから、まぁいいかなと。

実際は、安定期に入ったらすぐにでも受講してる人が多いみたいですから、私は遅めの受講になるのかもしれません。

もちろんパパも参加です。


・・・パパだって!!


Nくんのことを、旦那やら夫などと表現することにようやく慣れてきたかなぁ・・・ってところだったのに、進化が早い!

パパ・・・、パパかぁ。

私は、子供には、「おとうさん、おかあさん」と呼ばせたい派だけど、やっぱり小さい頃は「ママ~」って言うもんな。

周りのお友だちのお子さんみんな「パパ、ママ」って呼ぶしな。

・・・って、生まれる前から赤ちゃんが喋り出すころのことを考えてもねぇ?(^^;






ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★


テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/17 16:28 】
出産までの道のり | コメント(2) | トラックバック(0)
戌の日安産祈願 & 胎動? 【18W2D】
【18W2D】


妊娠18週目に入った土曜日の戌の日に、安産祈願をしてきました。

Nくんの車で私と実母と三人です。

父は行ってもすることもないだろうということで、お留守番。

腹帯は、母が買ってくれてました。


近所にある、安産祈願で有名な神社は、私の通っていた小学校の隣に建っています。

祈祷受付所で、腹帯に安産祈願のハンコを押してもらって、祈祷料を払いますが、これまた母が払ってくれました。

神殿の中には私達の他にも、もう一組のご家族がおられ、お子さん連れだったので、二人目の赤ちゃんの安産祈願のようでした。

厳かに祈祷を済ませていただき、お札やお守りをいただき、「安産祈願の撫で犬を撫でてお参りされてからお帰りください」と案内されたので、見てみると、んまぁ、超かわいいワンコ!

戌の日

あまりのかわゆさに、写メを取ってしまったわ。


お昼は、こういう機会しか集まれないからということで、ウチの両親とNくんの両親とをお誘いして、簡単な食事会をいたしました。

お母さん同士は、自分の出産体験なんかを話したりして、なかなか楽しいひと時でした。


私達が両家をもてなすハズなのに、結局Nくんのご両親に食事代を払っていただいて、ウチの両親からは着帯祝なるお祝い金もいただいてしまいました。

ちゃんと、赤ちゃんのために取っておきたいと思います。


Nくんとの結婚が決まって、両家の食事会をしたのが、ちょうど一年前。

今年はこうやって戌の日のお祝いができるとは、幸せです。



さて、18週目に入って、ちょっとだけ胎動らしきものを感じるようになってきました。

確かに腸の中でガスが生まれるときのような感覚にも似てますが、やっぱりどこか違う!

分かるもんなんですね。

昼間活動している時は全然何も感じないのですが、夜などゆっくりと横になって、お腹に手を乗せていると、よく分かります。

ポコポコポコ・・・プクプクプク・・・と泡が弾けるような感じもあれば、たまーに手のひらに小さく“トン”と刺激を感じます。

そして、今日は、お腹がちょっとくすぐったい気がしてます。

お腹の中に、とっても小さな小魚がいるような感じですかね。

母親には、「気付くの早いね~」・・・と言われ、出産経験のある妹に言うと、「絶対気のせい!」などど言われましたが。(ナゼに?)

なぬ~?これは気のせいなの??

イヤイヤ、これは胎動なのだ。

赤ちゃんが「元気ですよ」とメッセージをくれているのだ。


後何週間後かには、胎動をハッキリ感じられるようになる時がくるのだなぁ。

そしたら、きっとキックゲームをしよう。

お母さんがトントンとお腹を叩くと、トントンと赤ちゃんが返事をしてくれるという・・・。

初めて聞いたとき、何ソレ?素敵!!と色めきたったうめやんです。

反応がきちんとある子もいれば、ちゃんとお返事しないマイペースな子もいるらしいですが。

わが子はどうでしょうなぁ?






ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★


テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/15 11:31 】
出産までの道のり | コメント(3) | トラックバック(0)
友人のお手伝いで疲労大(^^; 【17W2D】
【17W2D】


17週・・・、敏感な人なら胎動らしきものを感じ始める時期のようです。

が、私は鈍感なタイプなので、イマイチ分かりません。


ポコポコ・・・とか、プクプク・・・とか、最初は泡がはじけるような感覚だと言いますが、お腹のガスとの違いに気付くものなんでしょうか???

落ち着いてお腹と向き合う時間がなかなかないので、残念ながら私の初胎動は、まだ先な気がします。


グニ~っと大胆に動いてもらわないと、きっと分からないなぁ、私。



ところで、この週末は忙しい週末でした。


4月3日に小学校からの友人が結婚式を挙げるのですが、披露宴で流す生い立ちムービーの作成を手伝って欲しいとのことで、頑張っていたわけです。

随分前に、「もし生い立ちムービー作るなら手伝うよ」と言っていたのですが、一向に言ってこないので、もう自分で作ったのか、披露宴では流さないことに決めたのか・・・と思っていたのに、3月に入ってから急にメールが来ましてねぇ。

「週末に新居に作りに行っていい?」・・・って、急だな。


まぁ、花嫁さんは忙しいからな。

分かるんだけど、もう4月まで時間がないし、私も今月の週末は、戌の日の安産祈願やら、別な友達の結婚式の二次会の出席やらがあるし、会社の同僚に家に遊びにおいでと言われているし、逆に私の新居に遊びに行きたいと言ってくれてる人もいるし・・・で、結構予定が詰まってますから、やるとしたら今週末しかないわけですよ。


土曜の朝に、大量の写真と写真データを携えて、彼女はやって来ました。

そら、もう、大量ですよ。

自分の写真で50枚、彼の写真が50枚、二人の写真が50枚・・・みたいな。

「そんなに沢山は流せないと思うよ」

「ええっ!やっぱり??何枚くらいならいい??」

「う~ん、とにかく、どうしても流したい写真からピックアップして・・・、取り合えず、私はBGMを取り込むから、Oちゃんはこのプリンターで小さいころの写真をスキャンしてくれる?」

二人でエッチラオッチラ作業をしている隣の部屋のリビングでは、Nくんがそれとなく待機です。

彼もせっかくの休日だし、本当はフラッと1人で出かけたいと思っているわけですが、作業が順調に進み出すまでは、ちょっと心配な様子・・・。

私自身も心配なので、「ちょっとの間、出かけるの待ってね!!」と言っていたのでした。


「あれ?音楽が取り込めない」

「え?何で何で?」

さっそくトラブルです。

どうやら保存の形式がおかしい様子。

「CDからコピーしたときの形式が、この編集ソフトに合ってないのかなぁ」

「どうしよう~」

「お~い!お~い!!Nく~ん!」

はいはい・・・、とやって来たNくんは、彼女から受け取ったCDを自分のパソコンで変換して、使用できる形に直してくれました。

音楽も取り込めて、作業再開。

あぁ、Nくん、ぜったいアナタの出番が必要な時があると思ってました。


後は大丈夫!

その後もしばらくの間作業を見守ったNくんは、やがてお小遣いの一部を握り締めて、旅立ちました。

おそらくパチンコに。


Nくんってば、パチンコするの???・・・と驚かれた方もおられるでしょうか。

彼は気が小さく、また、小さなスリルを味わうことを楽しみとしているので、勝っても負けても、プラスマイナス三千円くらいで引き上げてくる男でございますので、ご安心を。

勝ったら回転寿司をご馳走してもらうという楽しみがありますが、負けたら彼の小遣いが減るだけです。


さぁ大量の写真のスキャンも終わり、ムービー作成に入ります。

「もう、こんな急に頼んで申し訳ないし、どんな感じでもいいから!」

と言っていた彼女も、形が出来上がるにつれて、欲が出てくるものです。

「この着物の写真はもっと長めに流したいなぁ。ここと、この写真は入れ替えて。このフォントはこれでいいかなぁ?不自然?どう?この辺の見せ方がなぁ・・・、ズームだと頭がちょっと切れてるのが気になるなぁ。これはお気に入りだから長く流して欲しい」

「ちょちょっ!これ全部は曲の中に納まらないよ

「・・・そっかぁ。じゃコレは消して、この写真を面白い感じに流して・・・。あっ!この子との写真入れるの忘れてた!この前に挿入してもらって」

「ひ~!曲とズレちゃう!!

結構微に入り細に入りこだわった彼女。

「あのさ、ごめん。やっぱり差し替えたい写真があるんだけど、データが家なんだよね。・・・もしよかったら、明日も来ていいかな・・・?」


・・・いいよ。


という言葉以外に、どう答えることができようか??


次の日のお昼からやってきた彼女は、手に大量のメモ。

「この写真とこの写真を入れ替えて、コレは消して。親に見せたら、この写真はもっと長く流した方がいいって言うから、ちょっと時間を延ばして・・・」

っと、注文がてんこもり・・・。


一生に一回の、大切なイベントだもんな。

私も自分の時は必死だったもんな。

・・・と思いつつも、「あぁ~ん、私の週末が二日ともつぶれちゃったよ~!!」と思わずにはいられない。

彼女は、結婚を機にすでに退職していて、仕事はしていないけど、私は明日仕事なの~。

お洗濯物も、明日使うシャツやブラウスはアイロンかけないといけないし、やることたくさんあるの~。


やっと出来上がったムービーを、DVDに焼いて、テレビの画面に流してみます。

「う~ん、曲のつなぎ目がちょっとおかしくない?」


うぴょ~ん!!もうカンベンしてぇ(TT)


もう一度流してみる。

「あ、変でもないか~。大丈夫かなぁ」

「大丈夫だよ~。自然だよ~」

「うん、コレで完成にする!!」

ホッ・・・。


というわけで、二日間にわたる作業で、何とか完成しました。

生い立ちムービー、頑張れば二日でできるもんなんだなぁ・・・。


「もし、また何かあったらお願いするかもしれないけど」

いやいや、もう変更はナシにしてちょうだいよ~。


彼女を見送った後で、ドッと疲れが出ました。

土日もずっとパソコンとにらめっこで、ずーっと仕事してた気分。

休日なのに、全然休めてな~い!

座りっぱなしで、腰とお尻が痛いし、お腹もちょっと痛い気がするぞっ。


彼女が帰ってから、Nくんと買い物に行って、夕飯作って食べて、アイロンしたり次の日の準備をして、お風呂に入ったらもう寝る時間・・・。

せつない・・・。


「まぁ、大変やったけど、友達に喜んでもらえてよかったやんか。たまには人の役にも立たんとな」

Nくん、その性格見習いたいけど、私にゃ無理かも。。。

でも、そうだね。

彼女の結婚式で二人で作った生い立ちムービーが大画面で流れるの、楽しみにしておこう!


ともかく、今日はお疲れモード。

仕事は、ゆっくりペースでしたいと思います。





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/08 09:51 】
出産までの道のり | コメント(4) | トラックバック(0)
妊婦と仕事と愛ラブ夫☆ 【16W6D】
【16W6D】


昨日は皆様にご心配をおかけしてしまいました。

今朝いちばんで、かかり付けの産婦人科に行ってきました。

今のところ、出血も止まっているし、赤ちゃんも元気にしてるから、大丈夫とのことでした。

本当によかったです(><)

自分と赤ちゃんの身体は、今は私自身にしか守れないのだから、これから出血なんかの異常があった時にはすぐ受診するようにしないとなぁ・・・と思いました。

それに、仕事もホドホドにします。


先生に診てもらって、元気な赤ちゃんの姿を超音波で確認できたので、安心しました。
(赤ちゃんは眠ってたのか、画面上はじっとしてましたが)


もう普通に生活してよい・・・と先生に言われたので、午後からは出勤しました。

明日は土曜で休みだし、金曜の午後から出勤なんてダルいからサボってやろうかと思いましたが、中国出張のチケットの手配などが中途半端だったので、気になって。

もちろん、今回は私は出張には行きませんよ!

それにもう、子供が生まれたら、きっとしばらくは国外出張なんて行けないですよね。

その分、同僚には負担をかけるわけで、そういったことを考えると、チケットの手配や資料の準備などの心配はかけないようにしないとなぁ・・・と思います。


実際、最近自分のことに気をとられているせいか、仕事が遅れ気味なんです。

それで、ついチケットの手配なんかも後回しになってしまって、うっかり飛行機が満席になってしまったりして、せっかく会議で決まった出張の旅程を変えざるを得ないようになってしまったり・・・。

また、入国管理局に早めに出さないといけない申請書の作成が遅くなって、ギリギリになったり。

チョコチョコ、大きくはないものの、地味なミスを繰り返してしまっています。


明らかに浮わついてます。


妊婦になると、ちょっとずつ通常とはちがった状態になる気がします。

忘れっぽくなったり。

何でもテキパキできないようになったり。

身体だけのことじゃなくて、頭の中もテキパキ働かないから困りものです。


世の中の働く妊婦さんたちを、本当に尊敬します。

私のように「いつも通りにいかない!」とモンモンと思われることも、きっとあるのでしょうが、私が知っている働く妊婦さんたちは、そんな気持ちを表に出さない大人な人が多かった気がします。
元気で明るくて、愚痴なんて言わないでお仕事も妊娠前と変わらずにされてて。

私もきっとそんな風に働くんだ、できるんだ・・・って思ってたけど、結構大変なんだなぁ。


働く妊婦さんも大変ですが、働くママさんにいたっては、時間に追われてもっともっと大変そう。

世の中にはスーパーウーマンがたくさんいるのだな。

子供もいて、更に二人目妊娠中の働くママさんだって、世の中にはたくさんいるもんな。

神ですな。


働ける環境に加えて、自分と赤ちゃんの健康と、夫や職場の同僚や上司の理解がないと、働きながら子供を生んだり育てたりっていうのは、なかなかできないことですよね。


特に夫の協力の姿勢は、妻を癒します。


最近、というか、結婚してから、ますますNくんのことが大好きになった私です。

夕食の後の洗い物も、言わなくてもやってくれます。
(しかも、私がゴロゴロしながらテレビ見てたとしても、文句を言わずに)

朝ごはんも、私の分まで作ってくれます。
(しかも、私がダラダラ化粧をしていても)

そして、最近は出かける前にコメまで研いでくれます。
(私のアカギレを心配して)

毎日のお風呂掃除はもちろん、休みの日には自ら掃除機を掛けようとしてくれます。
(私がコタツに入ってネットをしていても)


世の中の夫よ。

「妻は甘やかしたら付け上がる」とか思ってませんか?

そんなことないです。

自ら家事を手伝おうとする夫に対して妻は「いいよ!私がやるよ!!」って言うもんです。

その、やってくれようとする夫の気持ちが嬉しいから。


「この人は、私がつらい時には助けてくれるんだな。頼ってもいいんだな」

それさえ確認できたら、かなり満足。

いざという時に頼れる夫のためなら、家事なんて苦じゃないです。

っていうか、ほんと、愛情増しますよ。

愛ラブ夫ですよ。


それにしても、私が「明日は出張だからいつもより早く出かける」と言ったら、密かに自分の目覚まし時計も早い時間にセットして一緒に起きてくれる(しかも起こしてくれる)夫の優しさには完敗です(ノД<;





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/05 15:48 】
出産までの道のり | コメント(4) | トラックバック(0)
電車に缶詰め 【16W3D】
【16W3D】


今日はおひな祭りでしたねぇ。

今日の夕飯は、お義母さんが散らし寿司を作ってくれて、Nくんが仕事帰りに取りに行ってくれました。

ちらし寿司以外にも、筑前煮とほうれん草のおひたしもくださって、さらにケーキもついてました。

美味しかった~。
食べすぎちゃいました。


それにしても、今日はまた大阪に出張に行かされました。

まったく、妊婦だということは関係ないように働かされておりますが、まぁ、同じようにお給料をもらっているわけですから、これまたしょうがないのでしょうな。

しかも、これからは仕事がどんどん忙しくなる時期なので、きっとたくさん残業もあるはず。

妊婦は希望すれば時間外労働を免れる・・・という措置があるようですが、そんなことを言ったら白い目で見られたら困るので、ここは一つ働くのみです。

今のところ妊娠の経過が順調で働けてますが、それでもやっぱりちょっと疲れやすいみたいで、一生懸命働いた日はグッタリしてしまって、家で家事ができないことがあるので、あんまり無理もいけないのでしょうが。


今日の出張は大阪の現地に9時ごろには到着していないといけなかったため、家から直接向かいました。

6時代に家を出て、7時半のJRに乗って、通常通りなら8時半ごろに大阪に着く予定だったのですが、電車が走り出してすぐの駅で、長時間足止めをくらってしまいました。

どうやら、目的地付近の電車の信号のトラブルで、電車が停滞しているもよう。

結局私が乗っている電車が動き出したのは1時間も経ってから、それから、トラブルが起きている付近の駅で電車が立て込んでしまって、さらに待たされて時間を食い、結局105分遅れで大阪に到着しました。

105分って・・・!

結局目的地に着いたのは10時半をとっくにまわっていました。


幸い座っていられたからよかったものの、普通に大阪まで行くのにも1時間電車に揺られないといけないのに、これが立ってて105分無駄に待たされたりしたら、ぜったい具合が悪くなる自信があります。

座っているだけでも、長時間すぎて、お尻や腰が痛くなってしまいましたし。


大阪に着いてからいそいで先方に向かいました。
電話で遅れる旨は連絡していたものの、先方も心配いただいて(私の妊娠のことを知っておられたので)、「こんなに電車がおくれるなら、身体もキツイし、今日は引き返してもらってもいいと連絡しようと思ってたんです」とアタフタらしておられました。

同僚や上司に聞かせてやりたい言葉ですが。


大阪で一日過ごし、帰りの電車では爆睡でした。

ほんと、疲れた。

今日はお義母さんのおかげで、帰ってから食事の準備をしないで済んだので、助かりました。


でも、やっぱり無理しすぎたのか、ショーツにちょっとだけ血がついてました・・・。

心配・・・。

これって病院に行ったほうがいいの???


とりあえず様子を見てみようと思うのですが。

次の検診まで二週間あるので気になるっちゃ、気になります。

そして、今日はちょっと下腹部も痛い・・・(--;


無理しちゃ駄目ですね。






ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★


テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/03 22:41 】
出産までの道のり | コメント(8) | トラックバック(0)
いちごのムース☆
いちごのムース


バレンタインに、義父に何もあげなかったダメ嫁、うめやんです。

はい、実父にも何もあげませんでした・・・。

昨年は一緒に住んでいたから、Nくんに作ったチョコの残り(失敗作ともいう)と、市販のチョコをあげましたが、倍くらいになってホワイトデーにお返しが返ってきました。

申し訳なく、ありがたく・・・。


それはともかく、弟のお嫁ちゃんは、ちゃーんと私の父に(彼女にとっては義父)にチョコを手作りされたようです。

バレンタインの日に渡しにきてくれたんだってさ。


いい子だ。(そして自己嫌悪)


実家に寄る用事があったときに、今年はどっちの父にもバレンタインはしなかった・・・という話を母にすると、「あらー、アナタはもう嫁に行ったんだから、ウチはどうでもいいけど、先方には上げたらよかったのにぃ」・・・と言われてしまいました。


・・・はい、そうですね。

実は私も、バレンタインが過ぎた後からモンモンとしてたんです。

Nくんといっしょに作ったチョコチーズケーキ、実は2つ作ってて、一つを義父に持って行こうかと思ってはいたんですよ。

でも、Nくんが、「そんなことしなくていいよ。妹も親にはチョコあげてないと思うし」と言うので。

Nくんの妹さんを差し置いて、私が手作りを持っていくっていうのもねぇ。

っていうのは、実は言い訳で、持っていくのが面倒くさかったのと、一回やると毎年送り続けないといけないかと思うと、それが憂鬱だったのです。

子供が生まれてしまうと、そっちに掛かりっきりで、送らずじまいになりそうだし、今年だけのことなら、もう最初からやらない方がいいかと・・・。


「そんなNくんが止めても強引に持って行ったらよかったのに~。お義父さん、喜んだのに」などと母に言われると、後悔が大きくなるではないかっ!


ってなわけで、若干の罪滅ぼしの気持ちもこめて、苺のムースです。

かわいいカップじゃなくて、使い捨てのジュースのコップに作ってるあたりが生活感出てるぅ!


でも、義実家に持って行ったら喜ばれました。

旬の苺と生クリームという取り合わせなので、味は美味しいに決まってるさ。


お義父さんもモリモリ召し上がってくださいました。

「売っとるやつみたいやなぁ!」


そうですか?

デコレーションは素人なので、1人分が山盛りたっぷりになったあたり、お許しを。


それにしても、バレンタインなどのイベントはともかく、時々こうやって手作りを差し入れするのもいいのかもしれないなって思いました。


赤ちゃんのエコーの写真を見てもらったりできたのでよかったです。


共働きだとどうしても両方の実家がおろそかになってしまうのですよね。

週末も、一日は出かけたいし、一日は掃除や洗濯や布団干しなどに費やしたいし、自分もゴロゴロしたいし・・・で、結婚してからずーっと時間に追われている感覚で、なかなか実家や義実家に足が向かないのですが、やっぱり義父からは「もっとひんぱんに来てよ!」と言われてしまいました。

すんません。。。


でも、ホント、時間がないなぁ(^^;

友達が新居に遊びに来たりすることもあるし、週末といっても休日出勤もけっこうあるし、なかなかミッチリ詰まった時間を過ごしています。


体調は、先週土曜から5ヶ月目ということもあって、ツワリもほとんどなくなってスッキリ爽快なのですがね。

最近また仕事がシーズンに入ってきて忙しいので、先日行ったフルートで先生に少しの期間お休みをいただいたところですし。

仕事の合間に行くのは大変です。

レッスンから帰るのは遅くなるから、前日に夕飯も作っておかないといけないし。
残業になると、キャンセルして日にちを変えていただかないといけないですしね。

先日のレッスンでは、高い音を必死で吹いてたら、「そ、そんなに腹筋に力を入れていいものなんですか?赤ちゃんは大丈夫ですか??しばらくは、もっと楽に吹ける曲にしませんか><」・・・と先生から言われてしまいました。

うーん、確かに・・・。

「ぜったい大丈夫です!!」って言い切れない、初産の私うめやんなのです。

ま、ぜんぜん大丈夫そうだけどな~。





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★



テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/01 20:38 】
出産までの道のり | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。