スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
第1回目の打ち合わせ
土曜日に第1回目の打ち合わせに行ってきました



プランナーさんは、一度会場内を案内してくれたことのある、30代前半の既婚女性です。


前から、担当していただく人は既婚の女性で、できたら自分と同年代か年配の女性がよかったので、彼女に決まった時はとても安心しました(^^)


だって、いろんな相談や、しょうもない悩みや、歳の割りにキャピっとした好みなんかを、自分より年下の20代半ばのプランナーの方には恥ずかしくて相談しにくい気がしてねぇ・・・


プランナーさんとはメールで連絡を取り合って、いろいろ質問もさせていただいていたので、初めての打ち合わせでもお馴染みさんな感じでホッとしました。


今回の打ち合わせは、主に以下の内容。


1.招待状の決定
   ・ デザイン選定(自作しないので会場で選ぶ)
   ・ 文面選定(発送者の氏名など)
   ・ 発送時期、出欠返信締切日の決定

2.当日宿泊者の部屋を予約

3.挙式・披露宴の流れの説明
   ・ 決まっている演出ができるかどうかの確認

4.美容院と司会者の説明
   ・ 会場提携の会社に依頼(持込する気がなかったので)

5.引き出物のカタログ一式受け取る


・・・のような内容で、だいたい2時間半くらいかかりました。


招待状は、プランの中に料金が含まれていて、選ぶものによってはプラン外で料金の差額が発生するため、プラン内のもので選びました。

でも、私もNくんもシンプル好みだったためか、一番気に入ったものがプラン内でした。

あんまり凝ったものじゃなくていいから、ちょっと高級そうに見えるデザインで


名前の筆耕は自分たちですることにしました。
(一人あたり210円ですが、節約じゃ~)


司会者については、ちょっとした心配がありました。

実は私の選んだ会場と提携している司会の会社(というかプランニングの会社)の社長さん(40代女性)が、半年ほど前に私の会社に『マナー研修』の講師として来られていたのです。

主に女性の事務職員を対象として、接客・接遇などについて、2ヶ月間にわたりお教えいただいていたのですが、時々私の選んだ会場で結婚式の司会をされているということを仰っていたので、もしかしたら会場側にお任せしたら、その会社の、しかもその社長さんが抜擢される可能性もあるなぁって。

いえ、その社長さんが嫌いなわけではないのです!

とても明るい声で、ハキハキとしておられて、ユーモアもあって、何より研修も面白かったですし、女子社員にも評判が良かったのですが、私の会社自体がかなり堅苦しい会社なので、上司にいろいろ無理を言われて困っておられた部分もあったので、この会社の社員が(しかも会長や社長を含む)多数出席する披露宴の司会となると、ちょっとイヤなんじゃないかなって・・・(^^;


気を遣うというか、堅苦しいというか、自由にできないというか・・・。


でも、その心配を口にしたとたん、プランナーさんの顔が輝きました。

「いいじゃないですか社長ということは、Nさんですよね!きっと喜んでやってくださいますよ~!知った人がたくさんいる披露宴なんてあんまりないし、Nも嬉しいと思いますよ研修を受けた皆さんも、先生が司会者をするなんて知ったら、楽しみになるんじゃないですか?」


そ、そう言われるとそうかも!
先生、人気あったしな!


Nくんも、急に乗り気に!

「ええやん!楽しそうやん!!もう、先生で決定や!」


そうか、先生なら、きっと上手くやってくれそうだし、逆に主賓(会長)への気遣いなんかもバッチリだろうし、安心かも!

「ただ、まぁ、Nも社長ですから、忙しくて自らが司会できるかどうかはスケジュールを確認してもらわないと分からないのですが。ただ、あの会社は教育が行き届いていますから、N以外の司会者でも、も、ご安心いただいて大丈夫ですよ」


そうかも!先生の部下なら大丈夫な気がする!!
(・・・と思わせる先生は凄いな)


「一度Nにスケジュールを確認してみますね!」


そんなこんなで、第1回目の打ち合わせにして司会者にまで話が及んだのでした。

うん、なんか、披露宴の形が見えてきた気がするわ




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★



スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2009/06/10 21:28 】
日記 | コメント(7) | トラックバック(2)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。