スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
Nくんご両親との初対面
先日(参照記事:【チンチクリンで変ちくりん】)の続きでございます。

急にNくん宅にお邪魔することになったわけですが・・・。

まったく、急すぎるお話で・・・。

しかも、プロポーズされたわけでもない、この中途半端な状態でNくんのお宅に行くのは、なんかどのような気構えで行けばよいのやら・・・。

私が若い女の子だったら、彼氏のご両親に会うのも別に気軽にできたかもしれないけど、いかんせん、もうすぐ31歳になる女ですからね!

「そんな深い意味はないから」

って、・・・むしろ深い意味でお宅に呼んで頂けた方が、私は立場がはっきりしてやり易いんですけどね!!

Nくんとしては、毎週末出掛けていくNくんに対して、彼女がいることを察知した母親が「ちょっと会わせて!」と何度も言ってくるので機会をつくってみた・・・って感じのようでしたが。

要するに、お母様が私を偵察したいのかと・・・。
そして、Nくんも多分ちゃんとしたプロポーズなどをするにあたっては、家族に見せて内々で認めてもらってからの方が安心・・・みたいなところもあったのではないかと・・・。

困るわぁ・・・。

ま、そんなこんな思いつつ、日曜の午前中は買い物に行く用事があったので、ついでに手土産のお菓子も買って、服は「普通にいつもの格好でいいんじゃないの?」という母の意見で、結局普段着の中の綺麗目のやつに、パンプスにしました。

そうそう、普段の私でいいのよね。

繕ったってボロが出るのよ。

ってなわけで、3時にNくんが迎えに来てくれました。

「緊張するわ~」
「ま、ちょっとお茶して話するくらいやから」

Nくんの家、車で5分ほどです。

着くのはやっ!!(心の準備が・・・!)

「こんにちは~!」

・・・と玄関を入ると、Nくんのお母様が奥からニコニコしながら「いらっしゃい~!」と出迎えて下さいました。

お母さん、小さくて可愛い!
(ウチの母147センチといい勝負かも)

「はじめまして、うめやん(もちろん私の苗字だわよ)と申します」
「まぁまぁ、はじめまして~。どうぞ、散らかってるけど上がって頂戴!」
玄関を上がると、奥のリビングからお父様が顔を覗かせて・・・

「お~、うめやんさん、どうぞどうぞ~。座敷にお通ししたらいいんやけど、寒いから、こっちのコタツに入ってなぁ」

・・・と手招きしてます。
(Nくん、お父さんとそっくりだ!)

「失礼します」恐縮しつつ、一緒にコタツに入れていただくきました。

「いや~、やっと会えたって感じやねぇ!」
「そうよねぇ!『会いたい会いたい』って前から言ってるのに、この子ったら、なかなか連れてきてくれないからぁ」

Nくん、小さくなってる。

「こちらこそ、ご挨拶するのが遅れまして・・・」

私も何だか恐縮しちゃう。

「緊張せんと、足もくずしよ!畏まっとったら、続かんよ(^^)」

お父様、Nくんみたいに優しい。

手土産のお菓子もお渡しして、挨拶もひと段落して、コーヒーとケーキを出していただきました。

「もう、男の子っていうのは、ちっとも話してくれないもんだから、お付き合いしてる人がいるのかいないのかも言ってくれないしねぇ。訊いても『うん、まぁ』って言うだけなのよ」
「ま、男ってなぁ、そんなもんだな」
「『どんなところに遊びに行ってるの?』って訊いても『別に・・・』だし、『どこにお住まいの方?』って訊いても『近く』って言うだけで、ちっとも教えてくれなくてねぇ」
「あはは!」

思わず笑ってしまった。

なんか、気さくなご両親(^^)

「コイツは無口やろう」
「そうそう、あんまり喋らないんじゃないの?」
「・・・え、そんなことは・・・ないですよ?」
「あら~、家ではあんまり喋らないからねぇ」

Nくん、借りてきた猫のように黙ってケーキ食べてます。

「・・・で、どこら辺にデートに行ってるの?」

「ぶっ!」


お母様のこのジャブの打ち方は、絶妙です。
さすが関西人の母!

「その辺フラフラしとるだけや」

Nくん、照れくさそう・・・。

「そうなの?もうねぇ、私もねぇ、お父さんと結婚する前のことだけどねぇ、『どこか連れてって』って頼んでも、いっつもこの家に連れてくるだけで、どこにも連れて行ってくれなかったのよ」
「家でええやないかのぉ?俺も真面目で遊んでなかったから、デートなんかよう分からんかったんや」
「それで、どの辺でデートするの?」

・・・(^^;

「近くをチョロチョロしとるだけや」
「いえ、いろいろと連れて行って下さいますよ(^^)」

ここはフォローを・・・。

「二人は同じ会社なんでしょう?会社でよく会う?」
「いえ、部署が違うのでちょっと見かけるくらいで・・・」
「そうなの。・・・でどっちから声かけたの?」

「ブハッ!」

お母様、時々鋭いジャブが飛びます!
Nくん、噴いとる!

「何を訊くねん!」

Nくん、困ってます。
私も・・・、この辺ペラペラ喋るのは・・・。

「いいじゃない~、訊いたって!」
「どっちでもええやろ~が!」
「ま、私なんですけどね」 ←あっさり言ってやった!

「ギャハハハ!」 ←お父様・お母様・私

「そうだと思った」
「コイツは自分からは何も言わんやろ!」
「言っとくけど、うめやんさんから押していかないと、話が進まないわよ」
「そうや、コイツに任せとったら進まんぞ!」


Nくん、言われ放題です!
(家でもイジられキャラだったのか・・・)

「そうだ、おばあちゃんも呼んでくるわね」

Nくんのお父さん方のお祖母様は、ふんわりした方でした。

「おばあちゃん、うめやんさん、かわいらしい人でしょう?」
「ほんになぁ・・・、綺麗な、髪の毛も長ぉて・・・」

髪が長いのはお祖母様的にはポイントだったのか。(←違うだろ)
(長くて良かった・・・?笑)

Nくんの二つ年下の妹さんに会ったのが、微妙にご両親より緊張しました。
(ナゼなんだ)

Nくんの部屋でNくんのアルバムを見せてもらって、テレビなど見て・・・。

「Nくん、そろそろ失礼するよ」
「まぁまぁ、そう言わずにもうちょっとゆっくりして行き!」
「でも、もう夕方になってきたし、私はそろそろ・・・」
「じゃあ、このテレビが終わるまで!」
「う~ん」

そんなこんなしているうちに、5時を過ぎてしまった。

ダメだ、初訪問だし、お茶だけのはずだし、これ以上長居できないわ。

「ねぇ、本当にそろそろ・・・」
「もうちょっと・・・」
「でも・・・」
「お寿司取ったらしいから」
「・・・!!」

なにぃ!?

「なんでそれを早く言わないの!もう、そんなお気遣いいただく前に帰る予定だったのに、いつまでも私が帰らないから・・・、失敗したぁ!!」
「いやいや、あの、俺の部屋に入ってすぐに『お寿司取るから引き止めとけ』って言われててさ」
「何で言わないの?夕飯までには、おいとまする予定だったのに」
「まぁまぁ、ちょっとだけでも食べて行き~な」
「もしかして、引き止めるためにテレビ見せてた?」
「・・・うん」


嵌められました・・・。

「だって寿司取るって言ったら、帰ろうとするやろ?」


・・・そうだけど!

Nくん、最近その事後報告のパターン多いぞ!


・・・結局お夕飯も頂いてしまい、タルトのお土産まで頂いてしまいました。


「うめやんさん、またいつでも来てな!」
「会社帰りにでも寄ってちょうだいね!別にこの子が居なくても寄ってくれていいから!」


そのようなお言葉をいただけただけで、恐縮です!

でも、なんていうか、緊張でお寿司も何食べたんだか分かりません!


家まで送ってもらう車の中。

「今日はありがとうな!よく頑張ったな!気を遣わせて、緊張させてゴメンなぁ!」

・・・とNくん。
何て低姿勢(^^;

きっと一番気を遣ったのはNくんだなっ。


いやでもほんと、緊張した!!

「でも、1回目だけやから、次からはそんなに気を遣わんと、緊張もせんで済むやろうから・・・な!」

そうだね。

でも、緊張もしたけど、とっても優しくて楽しいご家族だったから、私はめっちゃ安心したよ!

「俺的には、今年中に両親に合わせるのが目標やったから」

そうなんだ。
そっかそっか、ちゃんと考えてくれてるんだね(^^)

「また、Nくんも私の家に来てもらわないとね」
「せ・・・せやな!(汗)」

Nくんが来る時は、私としては、もうきちんと結婚する気で来てもらいたい気がします。
ていうか、ウチの親だったら、結婚話題に質問が一極集中しそうだし、最初からそのつもりで来てもらったほうがお互い良いように思うし。


この週末は、濃厚でした。

何か休みだったとは思えないほど疲れてますが・・・。

それでも、なんか一歩進んだ感じで、うれしかった私でございます。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

スポンサーサイト

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2008/12/25 22:08 】
日記 | コメント(8) | トラックバック(1)
チンチクリンで変ちくりん
みなさん、大変ご無沙汰してます(><)

パソコンがないと、こんなに不便なものかと思いつつ、パソコン自体に頼りっきりの現代生活もいかがなものか・・・しかししかし、不便は不便・・・!などとモンモンとしている昨今です。

この週末にパソコンを復帰させる予定だったのですが、なにせいろいろと忙しくしておりまして・・・。


この土曜はNくんとカニを食べに行ってきました。

前からカニを食べに行きたいと言っていて、兵庫県の城崎あたりでカニのコースのお昼ご飯をさがしてたんです。

・・・が、なかなか思うようなのが見つからずに、また来年に持ち越そうかと思っていた金曜の朝、ズームインで城崎のお宿が、カニ御膳の格安コースを紹介しているのを発見!
五十嵐アナがおいしそうにカニを食べてます。
ズームイン企画で個室で食べられるとのうれしい特典つきの模様。

お昼にカニを食べに行って、個室を用意してもらおうと思ったら、結構高いコースを頼まないといけなかったりするのに、格安のお値段で個室なんだったら、これはもう予約するしかない!

・・・ってことで、Nくんに断りもなく、会社のお昼休みに予約したわけです。


不思議なお宿でした・・・。


私達はちょっとお昼を食べに寄っただけなのですが、そのままお泊りもできそうな離れのお部屋に案内されました。

「ほー、こんなところでお昼を食べさせてもらえるのはいいねぇ」

と、Nくんもご満悦・・・だったのですが・・・。

いかんせん、料理が出てくるのが遅い!!


一つ一つの料理が30分くらいかけて出てくるのですよ。
前に出た料理を食べつくして、次が出てくるのをひたすら待つ間、なんとも言えない間があります。

「何この間・・・」
「うーん」

と二人で首をひねりつつ、そーっと玄関の戸を開くと、外を走り回る配膳の方が・・・。

「あの、カニの天ぷらまだですか?」
「はいっ!もう、もうそろそろかと思います!お待ちくださいませ!!」

大変そうです。

私達、単品で頼んでるわけじゃございません。
決まったコースで、次々に料理が出てくる筈だったのです。
しかし、毎回「次の餌をおくれ!」と言わないと、なかなか料理が出てこない始末。

全てのお料理をいただくまでに、2時間半かかりました。


マキシムのフランス料理のフルコースかい!


まぁ、小さなお宿だし、従業員も足りてないみたいだし、テレビで放映されたからお客さんもいっぱいかもしれないし・・・。

「でもこれ、私らが気が長いからいいけど、怒る人は怒るかもよ」
「せやなぁ、俺らは呑気もんやからなぁ」

おかしいねぇ、次の料理まだかねぇ・・・などと言いつつも、テレビ見たりして気楽にくつろいでいた私達ですら、割と暇をもてあますんだから、気の短い人ならたちまち「責任者を出せ!」ってなりそうです。


全ての料理が終わり、さて帰ろうかな・・・とコートを着ていると、若女将が玄関の戸を開けて入ってきました。

「お風呂のご準備ができましたので、どうぞ!」


え!?風呂???


「どうぞ!」

タオルを渡されてしまった。

・・・確かに、電話を掛けた時には、「お風呂にも入っていただくことができますが、いかがなさいますか?」と訊かれましたが、「あ~、一緒に行く者に相談して決めたいので、当日に申し入れてもいいですか?」と返答した私でございます。


でも、もう自動的に「食事」→「風呂」と決められている様子。


Nくんは靴下で私はタイツなのに、無理やり下駄を履かされて、足場の悪い外の石の急な階段を案内されて連れて行かれたのは露天風呂。

脱衣所に二人とも押し込められる形に・・・。


「こちら、30分までご利用いただけます。 鍵はお閉めくださいね。 ではごゆっくり」


いや、・・・・ちょっと!!


鳩が豆鉄砲喰らったような顔で若女将を見つめるも、楚々と身を翻し竹やぶの小道に消えていく女将・・・。


「え??一緒に入れってこと???」


ぽかーん (@□@)・・・と見詰め合うNくんと私。


鍵閉めろって言ってたし、内風呂と露天風呂がついた、男女が分かれてない一つのお風呂だし。


「ちょ、これ、どういう・・・?」

笑いをかみ殺しているNくん。

「俺らがカップルじゃなかったら、どないするんやろうな!」


そういや、そうだよ!!


別に、「恋人と行きますので♪」なんて、電話で一言も言ってないし!

親子だったり、友達だったり、いろいろな組み合わせの方々が訪れるはず!

「ただの男女の友達かもしれんやん」
「いや、カップルでも、もし付き合ったばっかりで、一緒に風呂入るような仲じゃなかったら、どうするん!」
「あの女将は、俺らを一緒の風呂に入れて大丈夫と、どこで判断したんやろう?」
「なんという勘ぐり!」
「有無を言わせずここに押し込んだしな!」
「あかん、可笑しすぎる!!」
「ちょっと変過ぎやな!ぎゃはは!」


しばらく笑いが止まらない二人でございました。


とりあえず、せっかくなので風呂に入るわれ等。
なかなか気持ちいい露天風呂です。

貸切の露天風呂のサービスがついているのも、実はズームイン企画だったのだろうか??

「何か、変な体験やけど、楽しいなぁ」
「不思議で貴重な経験や!」


不思議なお宿の離れの名前は、“珍竹林”!!


「さすが、チンチクリンやな!」
「チンチクリンで変ちくりんなお宿やなぁ」

お宿を後にしてからも、笑いが込み上げてきてどうしようもない二人なのでした。


その後は城崎の温泉街をそぞろ歩きしながら、ソフトクリームなどを買い食いし、自分で温泉卵も作ってみました。

温泉卵を作るNくん
温泉卵



一日楽しんで、たっぷり遊んで、帰り際、もう私の家がすぐソコに近づいて来た時に、Nくんが言いました。


「明日3時ごろから少し時間作れる?」
「ん?いいけど」


モジモジと言いにくそうなNくん。

???なんでしょ???


「あのなぁ、ウチのなぁ、オカンがなぁ、会いたいらしいねん」

「ゲッ!!」 ←思わず出た


「というわけで、ちょっと明日お茶しに家に来てもらいたいねんけど」


そりゃまた~!

急すぎやしねぇか!!



「っていうか、そんな深い意味じゃなくて、『付き合いよる人がおるなら、一回合わせて!』って前からしつこく言われてて、『じゃあ、ちょっと会わせるだけやからな!お茶するだけやからな!!』ってことになってやなぁ・・・」


なんと~!


「そんなぁ!早く言ってよ!何で帰りぎわギリギリに言うんよ!」
「だって、おまえ、昼間に言ったら、帰るまでそのことで頭いっぱいやろうが」


た、確かに!!


「や、だからな、いつ言おうかなぁと考えつつ・・・」
「言いにくかったんだ?」
「そう・・・」

Nくん、手に汗掻いてます。

「な?ちょっとだけ、来て欲しいんやけど」
「うぅん」
「よろしいでしょうか?」
「今日聞いて明日だなんて!服とかどうしていいのか分からんし、何か手土産も・・・」
「まま、そんな気を遣わんと」
「遣うよ!」 ←ぶっちゃけすぎ


落ち着け・・・

とにかく、そう、とにかく、お母様に会わせていただけるというのは、超光栄なことなんだから・・・


「うん、わかった!喜んでお伺いするよ」

Nくん、ホッとした顔。

「ま、そんな大した家やないし、親もチャランポランな奴らやから!」
「あたしゃ、気持ちの準備ができてないぞ!」
「わかるで。でも明日なら、ちょうどウチの親がそろって休みやから、こっちの都合で急で悪いけど」

ってなわけで、急遽次の日にNくんのご両親にお会いすることになったのでした。


長いので、続きはまた今度!





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2008/12/23 10:37 】
日記 | コメント(9) | トラックバック(0)
パパ、パソコンが~!!
え~、週末にコメントを返すと言っておきながら、返さずすみません。

パソコンが壊れましてね・・・。

ハードディスクは大丈夫みたいなのですが、WINDOWSが壊れてるみたいで、立ち上がりません・・・(泣)

セーフモードですら立ち上がらない始末。

パソコンの中には、大事な写真のデータなども入っており、ノートンではバックアップを取っているものの、外部のメディアにはバックアップしてなかったもので、結局パソコンの中のデータは諦めなければならないか・・・(大泣)

・・・などと思いつつ、Nくんに悲しみの電話を入れました。

「カスタマーセンターには聞いてみた?」

「うん。初期化しないとダメって言われたよ」

「データを取り出す方法もないって?」

「絶対無理だって。セーフモードでも立ち上がらないから諦めるか、データを救出する専門の業者に頼むか二者択一だって言われて、その業者に電話したら、6万円~12万円するって言われたよ!」

「・・・そうか・・・。困ったね」

「Nくんとの大事な写真もいっぱいあるのに!!」

「うーん・・・。そうかぁ・・・」

さんざんNくんに愚痴をこぼして、励ましてもらって電話を切った後数分後にNくんから電話がかかってきました。

「データに関してはイケそうやから、初期化は待った!!」

「調べてくれたの?」

「オレも詳しくないから電話で知ってる業者に聞いてみたら、ハードディスクさえ壊れてなかったら普通に取り出せるらしいぞ。今からアダプター買いに行こう!」

ということで、いっしょにハードディスクのケースを買いに行って、他に故障箇所がないかどうか調べてもらったら、メモリの領域が壊れていたみたいで、交換してもらいました。

家に帰って、ハードディスクを他のパソコンに繋いでみたら・・・。

「データ、ちゃんと見れる!取り出せる!!」

Nくんとの写真も無事でした。

海外旅行に行ったときの写真や、友達の結婚式・・・。
いろんな大切な写真がたくさん・・・。

無事取り出せてよかった!!

本当によかった!!


カスタマーセンターのお姉さんの言うことを信用して、すぐに初期化しないでよかった!

Nくんに電話してみてよかった!

さっそくNくんに報告・・・。

「よかったな!あとは初期化とWINDOWSの再インストールがうまく行けばOKやな!」

それが面倒くさそうだ・・・。
(機械オンチなんで・・・)

「本当にありがとうね!せっかくのお休みに変なことにつき合わせてごめんね」

「かめへんかめへん!暇やったし。面白かったし」

Nくん、優しい!

「今日は今から何するの?」

「ボーナス出たから、家族にメシでも奢ってくるわぁ」

なんと、いい人なんだ、Nくん!

なんとなんと、好ましい。


それにしても、みなさん、バックアップだけは、しましょう!

えらいことになります。

(え?そんなの当たり前って?・・・失礼しました~^^;)

そして、カスタマーセンターは信用なりません・・・(^^;




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2008/12/15 13:31 】
日記 | コメント(8) | トラックバック(1)
「忙」という字は「“心”を“亡”くす」と書きます
最近更新できてません。

コメントも返しておらずすみません!
(また週末に返します!)

坊主じゃないけど走りぬけるように12月が終わっていきそうです。

明日も東京出張・・・。

しかも日帰り・・・。

先週末は金曜~土曜は社員旅行で、日曜日は休日出勤。

休めてないのー!


でも、やっと今週末は休めそうです。

土曜にはフルートの先生のコンサートもあります。

これに、無理やりNくんも連れて行く予定。

Nくんがお休みに仕事が入らなければ・・・ですが。

最後に先生がホールの玄関にお客様のお見送りに出てきてくれるときに、Nくんを紹介できるかしら・・・?

実はまだNくんを私の友達や知り合いなどに紹介したことってないんですよねぇ。

私もNくんの友達に紹介されたことないけど・・・。

ちょっとドキドキしますね。

Nくんはコンサートだけ聴きに行く気持ちだと思いますので、先生と話す機会があるなんて知ったら、当日アタフタしちゃうでしょうか(^^;

フルートの先生も私より一つ年下の29歳か、誕生日がきていたら30歳なわけですが、フリーなので、「誰かいい人いたらお願いしますねぇ」なんて言ってます。

Nくんの友達にいい人いないかなぁ・・・。


・・・と言いつつも、最近Nくんともまともに会話してません。

休みはないし、仕事を持ち帰って家でも働いているようじゃ、恋愛モードになれませんな。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2008/12/11 11:38 】
日記 | コメント(6) | トラックバック(0)
似非お嬢様とお呼び!
さて、12月に入りましたね。

師走です。

「そら坊主も走るくらい忙しいわ」

Nくん、完全にシャベリがオヤジです。


オヤジと言えば、Nくんは頑固オヤジです。
(いや、元祖オヤジ・・・かな・・・)


デートをしても、なるべく12時ごろには帰らせようとします。


え?普通?

むしろ遅いくらい??


そう・・・かもねぇ。
世の中のお嬢さんは、門限がある方もおられますから。

ちなみに、ウチは門限はありません。

ないとは言え、夜中の2時に帰ってきたりすると、さすがに両親が心配します。

齢30の女に、なーにが門限だ!・・・って感じもしないではないですが、それでも実家に住まう娘っこというのは、年がいくつになっても親に心配されるというものです。


っていうか、そんな年齢になるまでパラサイトせずに家を出なさい!!
いつまで子供でいるつもりなの!!


と言われれば、「申し訳ございません」としか言いようがないですが。


会社まで、車で30分の実家に暮らしていると、1人暮らしするよりずーっと楽で、家を出ることができません・・・。
(言い訳です・・・)


ウチの父親は最近「来年あたり、結婚するか、それとも家を追い出されるか二者択一だなっ」などと言ってますが・・・(^^;


それはともかく、門限はなくても、Nくんの考えとしては日が変わるまで(12時)ごろには帰らさんとマズい!と思われるようです。


まだ、帰りたくないデートの帰り、ダダをこねると付き合ってくれるNくんですが、あんまり遅い時間になりそうだと、こんな風に諭します。

「女の子が夜中遅くまで、フラフラ遊んだらダメ!」


おとうさん!


・・・と思わず言いたくなります。


「泊まりで旅行に行こうよぉ」

「うーん・・・」

渋るNくん。

「何でダメなのー?」

「嫁入り前の娘が男と旅行なんか行くもんやない!」


おとうさんやん!!


「き・・・厳しい!」

「当たり前だ!よく男と旅行に行く子もおるけど、親が心配する!」

「きっと友達と行ってることになってるんやわ」

「親にウソついたらいかん!」


ちょっと冗談でこんな物の言い方をしてるだけで、多分誘えば泊まりの旅行も付き合ってくれそうではありますが・・・。

でも、なんとなく、そういう方針も親の立場から考えると好ましいというか、なんかそのお堅い感じが面白いので、泊まりの旅行なんかは結婚までは我慢しちゃおうかなぁ・・・などと思う今日この頃なのです。

お付き合いが両親公認だったら、旅行もOKなのかな・・・。

いや!Nくんのことだから、親が公認だったら余計にNGだな。


Nくん自身の見た目からも、割と正統派なイメージがありましたが、中身も割りとクリーンです。
ボクちゃん・・・というと言い方は悪いけど、ちょっと微笑ましいくらいです。

Nくんには、お嬢さんっぽい女の子が合うんだろうなぁ・・・。


そんな私は、Nくんに「似非お嬢」と言われます(笑)


オーッホッホ!!


会社の挨拶程度しか係らない人には、「お嬢様」と称される私です。
(ウソじゃないんだってば!ホントなのー!)

「うめやんさんってお嬢やろ?よくお前と付き合ってるな!」

みたいなことを、Nくんに言ってくる人がたまにいるらしいです。
(Nくん談)

「みんな騙されとるな!」


オォーッホッホ!!



でも、会社で仲のいい人たちにはこう言われます。

「うめやんって一見お嬢やけど・・・」


最後の「・・・」って何ー!?




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2008/12/02 12:56 】
日記 | コメント(9) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。