スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
自分を変えるんだ!!
キャンプイン2日目~。

本当は昨日2日目をやるつもりだったのに、(やる気満々だったのに)ベッドにゴロンと転がったらそのまま眠りについてしまって・・・。
情けない。

今日も基本プログラム。

でも1日目と違って、大分付いていけるようになりました。

すごいな~、身体ってこんなに早く順応するもんなんだ!

さすがに最後らへんの腹筋とかになると、かなりグダグダになるけど。
ジャブとかキックとか、だんだん楽しくなってきたわ

ダイニングキッチンのところでシャドウボクシングのポーズ取ってたら、父親に「・・・おまえ!何を目指しとるんや!!女らしさのかけらもない!」と嘆かれましたが、「強いムキムキの身体を目指すんや!!」と言い放ち、ジャブとキックを繰り返しながら自分の部屋に去っていきました。
さぞや心配されてるでしょう

今日会社行ったら、Nくんが来てなかった!
どうしたんだろう?昨日メールしたときは何も言ってなかったけど。
体調悪いのかな。
でももしかしたら、出張とかかもしらんし。
そういう予定とか、体調とか教えてもらえるような仲ならいいけど、そこまでじゃないからな~。
「体調悪いの?」ってメールして、出張行ってただけなら申し訳ないし、その逆でもどうかなと思うし、メールって相手の顔が見れないから、会話がしにくいよね。

また明日駐車場で待ち伏せ作戦だ!!
顔見て聞いてみよう。
私はよく○○作戦・・・ってのをやるけど、真剣じゃなく、遊び心を持ってやると大抵上手くいくし、自然な感じで相手に絡めるよね~。

さて、今日も一日頑張って生きたぞ!(大げさ)
お休みなさい~




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2007/07/30 23:53 】
日記 | コメント(1) | トラックバック(0)
へろへろりん
今日は何だかいろいろあって、疲れました。

身体がヘロヘロなのは、昨日ビリーさんにみっちり特訓を受けたからなんだけど。(今日は洗車もしたしなー。)

ビリーズブートキャンプ、すごいね!
もうあきらめようか・・・と思った瞬間に、
「あきらめるんじゃない!頑張って続けるんだ!!」
とビリーさんのゲキが飛ぶ。
思わず「はい!!」とか言ったりしてねぇ。

あえなく全身筋肉痛。

まぁそれはいいとして、今日は日曜にもかかわらず、お仕事で、その中で同僚に対して本当に腹が立つことがあって、家に帰ってきてから母親にすっごい愚痴を聞いてもらいました。
ああ、一人暮らしじゃなくてよかったよ、私。

さんざん言ったら、やっと落ち着いた。
明日、その同僚に会っても、不必要に不機嫌な態度を取らないでも済みそう。
おかぁさん、ありがちゅー

やっぱり、人間怒っててもどうにもならないね。
怒りのエネルギーが生産性のある方向に向くならいいけど、大抵は相手をとっちめて、自分がすっきりするだけで、しかも、すっきりしたと見せかけて、後で気まずくなったりしてね。後悔することもあるよね。

どんなことがあっても、冷静な自分でいたいです。
そして、できる限りやさしい人でいたいです。
心からやさしい人になるのが理想だけど、もし腹が立っていても、ひとまず怒りを抑えてやさしい対応ができたら、それに救われる人もいるはずだから、「やさしくなろう」とする努力は無駄にはならないと思うのです。

冷静で、公平で、相手の過ちも受入れてあげられるような、許してあげられるような、大きな心の人間に、私はいつになったらなれるだろうか。

一生のテーマになりそう。。。


それはそうと、さっきNくんにして、「花火大会つれてってー!」って誘ったら、「行こう!調べとくよ。お楽しみに!」って返事が返ってきた
わーいわーい
嫌な気持ちも吹き飛んで、一気にハッピー。
Nくん、だーい好き

ハッピーなので、本日のビリーさんとの特訓にも気合が入りそうよ




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2007/07/29 18:02 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ある日デートにて 【ガクト ②】
①のつづき

ガクトは自分に非があるかもしれないとは露ほども思っていないようだった。

「まあ、いろんな人がいるからね。」

とガクトはこの話を打ち切った。

おまえもな!

・・・と私はこころの中で思った。


ガクトと私はちょっと小奇麗な居酒屋さんで夕食を食べ、彼はおごってくれた。
後で私がお金を渡そうとしても受取ってはくれなかった。(いい人

その後夜の三宮をそぞろ歩いていると、ガクトが「ビリヤードしようか!」と言った。

おー、自分で行きたいとこ提案できたじゃん!
私はあんまりビリヤードとかはしたことないが、よろこんで彼の提案をのんだ。

お店のカウンターで球を受取ったガクトは、ビリヤードの台に球を置くと、困った顔をした。

「えーと、どうやるんだっけ?俺あんまやったことないんだよね。」


あんまやったことないんかい!!!


「そうなん?!てっきり得意な人なのかと・・・。」(いいとこ見せてくれるのかと・・・。)
「いやぁ~、実はよく知らなくて。どんなルールだっけ?」
「じゃ、ナインボールでもします?私それしかやったことない(^^;」
「あ、それなら分かるかも。・・・ナインってことは、球が9個だから・・・(ぶつぶつ)」

ビリヤード場には、“毎日来てます”とでも言いたげな、ハスラーもどきの男性がたくさんおり、1人でプレイ(練習?)していたり、何人かで賭けをしながらゲームを楽しんでいた。

彼らは素人丸出しの私達の台が気になるらしく、チラチラ視線を感じる。
ちょっと恥ずかしいぞ

どうにかこうにかセッティングし、ゲームスタート!!

ガクトがキューを選び構える。

おお!!すごいかっこいい!!!

やっぱりガクトぐらいルックスのいい男が球を見据えてキューを構える姿は絵になる
すごい上手そう!!

私の胸は高鳴った。

ガクトのブレイクショット・・・・!

コキッ(ショット音)・・・・コロコロコロコロコローーーーーーポカン・・・。



ブレイクならず!!


ガクトは「うおっ!」っと言って固まった。

私は膝からくずれ落ちた。

お、おもろすぎる。

あのルックスで、この失態・・・。
いかにも完璧なブレイクショットを打ってくれそうな雰囲気だったのに!

“ギャップ王”と名づけよう!

9個の球は殆ど散らばらず、一ヶ所に固まったままだ。

困っているガクトに「いいよ、いいよ、やりやすくなったわとフォローを入れ、私も1番を狙ってショットを打つ。

ガクトと私の腕前は、かなり低いレベルでいい勝負だ。

意外に楽しかった。

私はガクトに好感を持った。

私は別に男前には興味はないが(いやまぁ、男前に越したことはないが。)、男前なのにも関わらず、へっぽこなところが沢山ありそうな彼は、なかなか可愛げがあるように思えた。

弱点は、時には強い武器になるのだ。
もしこれでガクトがビリヤードが上手かったとしたら、それはそれで格好よくて目がハートになるが、それだけである。
相手が格好よいと、ポーッとして、何とはなしに恋したような気分になるが、もし格好悪いところを見せられたら一気に冷めるかもしれない危険性もはらむ。

さて、何ゲームかして満足した私たちは、店を出ることにした。
「2,100円です。」
レジの前で「今度は私が払うよ!」と言う私を「いいよいいよ!」と制するガクト。
何か年下なのに、会計の時はおっとこまえに払ってくれるんだなぁ・・・、と嬉しい反面、申し訳ないような気持ちで見ていると、財布を開けたガクトがしばし固まった。
振り返って申し訳なさそうに、「ごめん!お金なくて・・・。払ってもらっていい?と言う。
そりゃいいよ!もちろん。さっきもご飯おごってもらってるし。
でもガクトくん・・・

そんなギリギリならご飯おごってくれなくていいのにさ(^^;

ていうか、

自分のサイフの中身くらい把握しとこうよ!

何かあったときに困るぞ!

「ご飯代も少し払うよ。」
と言ってみたが、ガクトは「いいよ、そんなん。ごめんねお金ないの気付いてなくて。」とあやまった。

私はやさしい気持ちになった。

も~、しょうがないなぁ、ガクトは。って感じだ。

再び夜の街に出た私たちは、帰るために駅に向かった。
ゲームセンターの前を通りかかったとき、ガクトが急に店頭のUFOキャッチャーに飛びついた。
ガラスケースの中には、可愛いチャーミーキティーちゃんが入っている。

やおらサイフを取り出すガクト。
チャリンチャリンとお金を入れる。
「取ったげるよ!」


って・・・おい。

さっき金ないって言ってたろーが!



「ちょっとちょっと!お金大丈夫?!」

チャーミーキティーはなかなか取れない。
チャリンチャリンとお金が追加投入される。

「帰りの電車代とか、ある?無理して取らなくていいよ!」
「ぎりぎりあるから大丈夫!」

私はあせった。
ガクトはゲームに夢中になっている。

サイフには2000円もないんだよね?今いくら投入した?!こっから大阪まで電車代いくらだっけ?!・・・ていうか、


お金ぎりぎりならやるなよ!


やっとぬいぐるみがつかめた!二人して祈るように見守る。
カタン!
チャーミーキティーをゲットした!!

「やったー!!」

ガクトは無邪気に喜んで、私にぬいぐるみを渡し、私は「ありがとう!」とお礼を言いながら額の汗をぬぐった。

こんな緊迫したUFOキャッチャーは初めてだ。

何とか電車代も残ったようだ。

(いや~、UFOキャッチャーってのは、お金が余ってる時にやるもんかとおもってたけどね。こんなベンチャーな遊び方する人もいるんだねー。)

「また遊ぼうね!」と反対方向のホームに去っていく彼を見送りながら、私はこんなことを思わずにいられなかった。


『危機管理能力の欠如』


彼は打算のない(ついでに社会的協調性もない)、無垢な男であった。



③につづく
2度目のデートのもようなど。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:ある日デートにて - ジャンル:恋愛

【2007/07/29 01:43 】
ある日デートにて | コメント(2) | トラックバック(0)
ビリーさんやってきた
ビリーさん


ビーリーズブートキャンプ!!

届きました~!

ええ、やりますよ!今日から!

痩せたいというよりは、体力および筋力をつけて、引き締まったかっこいいバディーを目指します。

根拠はないけど、私、結構こういう動き得意だと思うのよー!
まだやってないから何ともいえないけど。

先に入隊を済ませた妹は、「お姉ちゃんはキャンプインする前に、55分やり遂げる体力をつけたほうがいいよ!」と言っている。

まぁ、今まで運動らしい運動はまったくしたことないからなー。
学生時代も部活は文化系ばっかりだったし。。。

体育のダンスの授業は得意だったよ

また途中経過報告いたします。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2007/07/28 14:06 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ある日デートにて 【ガクト ①】
その日のデートの相手は男前くんであった。

彼は飲み会で知り合った一つ年下の男の子だ。
ある日飲み会にて【ナル女】参照)

私達はたまたま誕生日がいっしょで、飲み会のときに盛り上がり、その後メールを交換するようになり、自然とデートすることになった。

男前な彼はGactに似ていたので、便宜上、以下“ガクト”と呼ぶこととする。

ガクトは身長が182センチもある、細身の長身であった。
顔も、間違いなく男前である。
なんなら黒いスーツかなんか着せて革靴履いたら、そのままホストクラブで働けそうな感じでもあった。

しかし彼は、外見と中身にかなりギャップがある男だった。

一見「彼女がいるのにも関わらずコンパに参加してる女好き」のように見えたのだが、一言口を利いてみると、完全な“天然さん”であった。

鋭そうな顔つきとは裏腹に、ボーっとして、会話の切り返しもかなり素朴というかなんというか、変わっていた。
その割りに、コートを着ようとすると、さっと立ち上がって着せ掛けてくれるという、若い男の子にはなかなかできない気遣いができる人であった。

彼とは2回ふたりっきりのデートをした。

1度目のデートは神戸でブラブラした。
ウィンドウショッピングをしたり、百貨店の催し会場でやってるミッフィー展を見たり、お茶したり。

彼は特に文句を言わずに私の行きたいところについてきた。

「どこか行きたいところとか、やりたいこととかない?」
と聞いてみても、
「俺はべつに。行きたいとこに付き合うよ。」
と言うだけだった。

いろんな話をする中で、彼が仕事にしょっちゅう遅刻するのだということを聞いた。
彼は1人暮らしなので、寝坊してしまうことがあるのだった。

「起きて、髪の毛セットしてたら電車に間に合わなくなるんだ。」
と彼は言った。

「髪の毛セットしなかったら間に合うんなら、寝癖つけたまま会社行ったらいいのに。」
「えー、それはマズいでしょ!社会人なのに身だしなみができてなかったらあかんでしょ。」
「いやー!遅刻するほうがマズいでしょ?!」
「そうかなー。あ、でもたまに朝電車に乗ってて、髪につけたムースがなじまないで、白く残ってる女の子とかいるよね。なんかだらしないなって思うもん。俺は電車1本遅らせても身なりは整えていくもん。」


そ、それは社会人として、正しいのか??


彼なりのポリシーがあるようだが、かなり世間の価値観とズレているようだが?

「俺会社の人にあんまよく思われてないんだ。」
「・・・それはどうして?」
「理由は分からんけど、『お前は約束を守らん。』とか『言ったことはやれ。』とか『常識がない。』とか『お前とは仕事したくない。』とか、いろいろ。俺は何もした覚えはないし、何でそんなこと言われなあかんのか分からんから、どうしようもないけど。そんなん言うの大人げなくない?」


・・・・・な、なんだかなぁー。


「急にめっちゃ怒り狂われたりすると、どうしていいか分からんし。」
とガクトは言う。


たぶん・・・・たぶんね?身に覚えがないってきみは言うけど、


原因はガクトにあると思うよ?(^^;


わかんないけど、たぶんね。なんとなく。話を聞く限りでは、なんとなーくね。。。

しかし、“怒り狂う”ほど相手を怒らせるって、


アンタ一体何したの?


まーたマズいの引いちゃったかなー・・・、と思う瞬間であった。



②につづく




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:ある日デートにて - ジャンル:恋愛

【2007/07/27 14:00 】
ある日デートにて | コメント(2) | トラックバック(0)
なんかかみ合わない日
暑いですね。。

私は代謝機能がうまく働いていないせいか、全然汗がでない体質なので、体内に熱がこもって、すんごく体中が熱を持って暑いです。

そして厚いです。

何かというと、今日はNくんに対して「厚い壁」を感じる・・・ということです。

片思い中の人だけでなく、ラブラブカップルでもこういうことあるよね?
彼との間になんとなく距離ができて「厚い壁」のようなものが感じられる時。

理由はないんだけど、なーんか話しかけにくいオーラが見えたり、話しかけてみても反応が冷たいような気がしたり・・・。
彼の態度が冷たい(気がする)のはナゼなのか、理由を考えてみても、思い当たるふしがなかったり。

こういうの、考えすぎの時も多いんだけどね。

でもそういえば、朝に彼と顔を合わせた時、話しかけなかったんだよね。
いつもは「おはよう♪」って言って、雑談しながら歩くのに。
なんか疲れてたというか・・・。
ちょっと無視したみたいになっちゃった。

・・・て、もしかして「壁」を作ってるのは私か?!

こういう気分屋なところ、直さないといけないな・・・。

今日は最近結婚した友達が、久しぶりにこっちの実家に帰ってきてて、仕事帰りに会いに行くから、いろいろ話聞いてもらおう♪
この友達は高校のときからの親友で、結婚前は毎週遊んでいた友達だったから、もしかしたら彼女が遠くに嫁いであんまり遊べなくなったことで、ストレスたまってるのかも、私。

彼女が嫁いでから、私の週末が変わったもんなぁ。
毎週いろんなグチや報告をお互いに聞きっこしてたのがなくなって、精神的に支えがなくなった感じなのかも!

あれ~、ここにグチを書いてたら、何か最近の精神不調の原因が判明だ!

明日は元気にNくんに「おはよ♪」って言おう




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2007/07/26 17:12 】
日記 | コメント(3) | トラックバック(0)
ある日飲み会にて 【歯】
その頃私はまだ25歳であった。

転職したばかりの会社で、私は緊張の毎日であった。

ある日、あまり話したことのないお局様(30歳で“お局”扱いはひどいが、若い女の子が多い職場だったのでそう呼ばれていた。)が近づいてきて私に言った。

「今日飲み会があるんやけど、人数足りなくて・・・。参加してくれへん?」

「あ、・・・はい!行ってもいいんですか?」

当時、フリーというわけでもなかったが、報われそうにもない恋に苦しんでいた私は、すぐに参加の返事をした。
人生に行き詰まったような感じで毎日が辛くて、何とかして流れを変えたかったのだ。

人との出会いは生活を変える。生活が変わると人生が変わるのである!(きっと!)

その日の飲み会は、会社の女の子(お局含む)4人×お局の知り合いの男性とその友人4人・・・の8名であった。

私以外の女性はみんな29歳と30歳だった。
彼女らは私を「若い子と言った。
私は年上の同性の知り合いがあんまり多い方ではなかったので、どのような態度で臨めばよいかわからず、大人しく座っていた。

その日、どんな男性が来ていたのか、私は1人を除いてあまり覚えていない。
その1人があまりにも衝撃的だったので、他の人の記憶がないのだ。
(しかも、4年も前の話だしね。)

私は集合場所に行く前から、「素敵な出会いがあるかも。辛い人生も終わるかも。」と期待に胸を膨らませていた。
(まだ会ってもいない人たち相手に、勝手に“恋の予感♪”などと思えるあたり、まだまだ若いね。)
「背が高くて、顔が並よりちょっと上で、やさしい感じの人が4人中1人くらいはいるかしら?私は今日は最年少だし、楽勝だねと、私は強気に思った。(←ほんっと若いって恐ろしいね!)

出合った瞬間、私の期待に膨らんだ胸が一気にしぼむのがわかった。
みーんな身長が低かったのだ。
(どこかの記事でも書いたが、私は背の高い人が好み。)

でもまぁ、気を取り直して自己紹介。
端の席から順番に名前とちょっとした趣味等を言っていく。

私の前の席に座っている男性の番がきた。
彼は背は高くないし、なぜか丸坊主に近い短髪だったが、顔はまぁまぁかっこいい方であった。
彼が口を開いた。


・・・・前歯がなかった!!!!


前歯が、2本、ないのだった!!

身体に衝撃が走った。
いくらなんでもそれは予想してなかった。

彼は自己紹介を続けている。
非常に話しにくそうだ。
釣りが趣味だと言っている。

私達は思った。

名前や趣味なんかより、


なぜ歯がないのかが知りたい!!!


彼の自己紹介は終わった。
歯については一言も触れなかった。

私達は機会を逃した。
今ならば「前歯、どうしたんですか?」と聞けるかもしれないが、当時はまだ若かったので、そんなこととても言える勇気も厚かましさもなかった。

女性陣の胸に、疑問の渦がとぐろを巻く。

ケンカをして折った・・・のか?はたまた、事故なのか。
もしくは、虫歯が進行しすぎてこんなことになったのか?
治療中ではないのか?(治療中なら仮歯等を入れているはずだが。)
来週あたり治療しようと思っているのか?
はたまた実は長いこと歯がないままでほったらかしなのかもしれない。
前歯の治療って保険が利かないとか聞いたことあるもんな。治療のお金がないのかも。
イヤ、最近歯がなくなったのなら、こんなコンパの席にはマスクして現れるんじゃないの?
恥ずかしくはないのだろうか。
やっぱり昔からずっと歯がないままで生活してる人なんじゃ・・・?

・・・ていうか、歯について何のコメントもないのはナゼなんだ!

・・・ていうか、ていうか、



歯、治してからコンパ来いよーー!!!


歯のところが気になって、好みとか好みじゃないとか、さっぱり判断できんぞ!!!

私は彼と対面して座っていたので、非常に目のやり場に困った。
どうしても口元に目が吸い寄せられる!!

ビールジョッキ片手に、

「いやぁ~、飲みにくくてさぁ~。」

って、そうだろうとも!
酎ハイを噴きそうになったよ!



飲み会でいろんな外見の人と出会うけど、こういうのはあまりないパターンでぴっくりするよね!
彼は本当に彼女を見つける気があるんでしょうか??
今もってナゾです。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:ある日飲み会にて - ジャンル:恋愛

【2007/07/25 15:14 】
ある日飲み会にて | コメント(2) | トラックバック(0)
花火大会行きたい・・・!
今日の関西は、本格的な梅雨明けを思わせるよい天気でしたね

わーい、夏だー!!

今年は特に海に行く計画も何もないけど、それでも夏は好きです。
夏休み、夏祭り、ひと夏の恋

・・・なんて、妄想に走りそうです

先週末Nくんとデートした時に、花火大会の話になってから、猛烈に行きたくて行きたくてしょうがない私です。
そこでNくんから誘ってくれたら理想なのに、そんな風にはいかないね。

またまた私がお誘いしようじゃないか!

しかし、前にNくんに「あんまり誘ったら迷惑じゃない?」っていう話をした時に、「全然、そんなことないで!誘われて迷惑とは思わへんよ!」と言ってはくれたものの、振り回してるんじゃないかとやや心配な私です・・・。
彼は、「行きたいとことか行きたい店とかないから、自分から起案するの苦手。誘われたら行く。」らしい。
“THE受身くん”なのです。

まぁ、いっしょにいる時は(見る限りでは)とっても楽しそうにしているので、よしとするかぁ。
私はいろいろ計画立てたりするのも好きだし、行きたい店も行きたい場所もいっぱい浮かぶので、「あちこち連れまわしてあげよう!」と言ってます。

「あれが食べたい。」「ここに行きたい。」「これ買って。(携帯ストラップとか安いやつ)」などという私の希望を「いいよ。」と全部叶えてくれるNくんは、ちょっと“Mくん”なのでしょうか??もしかして。

外でご飯を食べるときは、取り皿にサラダを取り分けてくれたりして、、私は何もしなくていんでしょうか?(私は食べ物取り分けるのとか苦手。)

なんか、Nくんといるとめっちゃ快適です!(←お前も働け




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2007/07/25 00:03 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ある日デートにて 【出川 ④】
③のつづき


時間は16:30。私はいかにしてこのデートを切り上げるか考え始めた。
生理的に受け付けない人とのデートが、こんなにも辛いものだとは思わなかった。

目の前でプリンを食べる出川の顔を、なるべく見ないようにする私。
彼はプリンを食べながらも微笑みつつずっと私の顔を見ている。
ずっとずっと見ている。
上目遣いで!

かなり視線が刺さる。食べる間くらいプリンに集中してくれればいいものを、
「凝視」する感じで私の顔を見ている。
私は全身からイヤな汗が噴出すのを感じた。
「うふふ、おいしいね。」
出川は笑顔を絶やさない。

私は完全に体調が悪くなってきた。激しい頭痛とめまいに襲われる。
これは誇張ではない。
私はめったに体調を崩すことはないし、その日の朝の体調もすこぶる良かったはずだ。
精神と身体は密接につながっているんだなぁ・・・などとバカなことを考える。

「他に何のデザート食べる?」
と聞かれたが、甘いものの匂いを嗅ぎすぎてもう無理、と言って断った。
「あっ、あっ、そうやね。俺もなんか胸いっぱいになってきた。」

出川は私の後ろを付いてきた。
「ここに寄る。」
私は一方的に宣言して、フランフランに入った。友人の誕生日プレゼントを買うためだ。せっかく神戸に来たのだから、デートが失敗でも何か収穫がないと割りに合わない。

少し気分が良くなってきた。・・・なるほど、さっきは出川と至近距離で向かい合っていたから気分が悪かったのだ。(←ひどいな!)
出川は商品を見る私の後をついてきたが、私はなるべく距離を取るために超高速で店の中を3周し、その間にプレゼントを決め4周目にプレゼントを掴みレジに直行した。(←徹底している。)

店を出た私は、「ここが勝負だ!」と思った。
ここでダラダラしたら夕飯にデートがもつれ込む!その前に何がなんでも解散するのだ!!
しかし出川の執念か!
「あの、そろそろ・・・」
と言い出すが早いか、私の言葉をさえぎって、
「夜ご飯予約してあるから!!おいしいとこ!行こう!!」
いつになく男らしさを発揮する出川。

私はその場から動けなかった。何だか疲れてしまったのだ。
出川が遠くから「こっちだよ!」と呼んでいる。
私は抵抗をあきらめた。
今日は出川デーなのだ。デートを受けたのは私だ。彼とのデートを全うしよう。

出川が案内したのは、いわゆるオシャレ居酒屋だった。ビルの高層階に店はあり、日が沈んだ後はポートタワーやオリエンタルホテルなどの夜景が綺麗に見える。
案内された窓側の席は窓に向かって隣り合わせで座るように席がしつらえてあり、夜景が見えるよう配慮されている。

「どう?夜景が綺麗でしょ?あそこにオリエンタルホテルも見えるよ」
出川は私の腕に自分の腕をぴったりとくっつけてきた。
私は心の中で(ううう)とうめいた。
「うふふ、この店どう?夜景もバッチリやろ?この店でよかった?」
出川は自分の選んだ店を褒めて欲しそうだった。まるで自分の店かのように自慢気だ。

悪いけど・・・

3回くらい来たことある。

でも言わなかったけど。

「この店よく来るの?」
「え?・・・初めて。昨日先輩にいろいろ聞いて・・・。」

初めてかいな!常連みたいな言い方すんなよ。

出川は恋愛モード全開になったようだった。(自分で自分の演出に酔ったのか??)
たまに私の膝に手を乗っけてくるのは、やめていただきたい!!!ひ~

「今まで付き合ったこと・・・ある?」
出川は不思議な質問をした。
セリフが「あいのり」くさいのは、彼が「あいのり」の熱狂的視聴者だからだ。
「そりゃあるよ。」
あたしゃ30近いのだ。(当時は28歳だったが。)
「あっ、あっ、やっぱかわいいもんね・・・家近い人?」
「え?いやー、近い人もいたけど、遠い人もいたし、イロイロ。」
出川、急にうろたえる。
「え??へぇ・・・たくさん付き合ったことあるんやね

な、な、なにその反応?何か、普通に引くけど?(人数とか言ってないし!)
もしや出川って・・・、と思うと同時に、急に出川が主張した。

「俺だって彼女いたよ!」

なんじゃそら。

その後「夜道を散歩しよう」としつこく主張する出川を振り切って逃げ帰ってきたのは言うまでもない。(暗がりに二人きりなんて・・・襲われそう!!!

無事家に帰ると携帯に「次はどこに行こうかとメールが入った。
私はこういう時にお茶を濁したりしないタイプだ。
ヘタに「また時間ができたら・・・。」などと引きずると、相手も期待して気の毒だ。
「今日はありがとう。でも二人で遊んでみて、ちょっとフィーリングが合わないかな、と思いました。ごめんね。」
出川はあわてて電話をかけてきた。
私はさすがにそれには出る勇気がなかった。
電話は何回か立て続けに鳴ったが、しまいにこんなメールがきた。
「何だか嫌われてしまったようで・・・また○○ちゃんさえ良ければ『あいのり』の話とかしようね!」

ごめん、意味分からん。


『あいのり』を真剣に見てる30歳間近の男ってちょっとどうよ。何か、雰囲気さえ作れば「恋愛モード」になれると信じているあたりが、テレビのシチュエーション作りの強引さに似て、怖い。(あれを普通と思っている人がいるのだよ。)
出川の場合、こっちが明らかに引いているのに、気付かず(気付かない振りして)話を進めようとするあたり、ストーカーの素質もあるように思う。

せっかく頑張って“いい雰囲気”のデートを演出したとしても、相手の気持ちがついてきていなかったら、意味がないではないか。
相手が引いているのをそっちのけで自分の思い通りに事をすすめようとする人って、「結局この人自分のことしか考えないんじゃ・・・。」と思われて損だ。

それと生理的に受け付けない人って、最後までやっぱ受け付けられないね
「二度と“生理的に無理な人”とはデートをするまい!」と強く心に誓った次第である。


おわり




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:ある日デートにて - ジャンル:恋愛

【2007/07/24 00:49 】
ある日デートにて | コメント(4) | トラックバック(0)
さて!
気持ちを入れ替えて、月曜日頑張ろう~!!

・・・っと思ったら、朝からNくんを発見し急にデレデレモードに。
デートした後に会社で会うと、ちょっとだけ気恥ずかしいのだよ。

会社が同じだと、いろいろと人の目もあるし、第一私はNくんと付き合っているわけでもなんでもないので、あんまり用もないのに近寄ってベラベラ喋ったりできません。

それに、会社って、私もお仕事モードだから、すごく忙しい時とか「女」を捨てて業務に追われてたりするので、Nくんなんか目に入らない時も多い。

でも、仕事がひと段落してほっとした時とかNくんを見つけると、HPが回復するというか、癒されるのです。

「あ~、かっこいーなー。背高いなー。素敵
なんて思っていると、会社の同じ事務職の既婚の先輩(女性)が、
「うめやん彼氏おらんかったよなー。Nくんなんかどうよ?絶対やさしいよ~。あの子は押しに弱いから、こっちから行ったら絶対OKやで
・・・と異常にNくんをすすめてくる。

Nくんがやさしいのなんか、知ってるよ~だ。ていうか、すでにいろいろ誘ってるよ~だ。(そんなん絶対内緒だけど。)

先輩、Nくんに見とれる私の横でこう言った。
「まぁ、あたしは男前好きやから、Nくんは“ぎりっぎり!”のラインやけどな。」
え?・・・そ、そう?
かっこいいと思って見とれてた私はどうなる??

ま、誰からも「男前」と認められるような人なら、ちょっと心配でしょうがないだろうし、いっかぁ




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2007/07/23 22:40 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ある日デートにて 【出川 ③】
②のつづき


出川はどうも道順がよく分かってないらしかった。
せっかくデートに誘ってくれても、男の人が道がわからないようであればちょっと困る。
結局私がぐいぐい引っ張って、MOSAICシネマまで連れて行った。
映画を観たはずなのだが、何を観たのかさっぱり覚えていない
(年とともにどうでもいいことは忘れる習性がついてしまった。)

映画館までの行きしに、スイーツハーバーの所を通ったので、「ここがスイーツハーバーだよ。」と言っておいたのに、映画館から出た彼は変な方向に歩き出した。
「え、スイーツハーバー行くんじゃないの?」
と聞くと、
「うん、こっちこっちぃ!」
とテンション高く答える。
「え、そっちじゃないと思うよ。ほら映画館の行きに見たじゃん、入り口。」
「うん、見たよ。こっちやったよ、絶対。」

私は混乱した。そんな分かりにくい地理でもないのに、しかもさっき通ってきた道だというのに、全然違った方向を目指して自信満々に歩こうとしている出川。いったいどういうことなのだ。
私は確かに方向音痴だし、基本的には男性を立てて、ちょっと回り道をしても男の人について行くタイプ(いい女アホ)なのだが、あきらかに出川の指す方向は反対側で、歩き損になるのは目に見えているのだ。
失礼を承知で私は言った。

「でもそっちに行っても、何もないよ。」

出川は引き下がらなかった。

「まぁ来てみなって!」

出川は絶対の自信を持っているようであった。そしてズンズン歩き始めた。
私は仕方なくその後を付いて行く。
ズンズン歩いても何もない。当たり前だ。あるわけがないのだ。それは最初からわかっている。

「あれ?おかしーな。ないねぇ。でも、あれ?この辺だよね?」

出川は首をかしげている。


おかしいのはお前だ!


そっちには何もないのだ。何でそんなに頑固なのだ。

「だから、そっちじゃないと思うよ。多分だけどね。」

ちょっとしおらしい声を出してみた。(自分で背筋がゾワゾワ。)
出川はやっと私の意見に聞く耳を持った。
今度は私が逆方向に出川を引っ張っていく。ズンズンズンズン、超高速だ。
スイーツハーバー到着~。

「ほんとだ。あった。おかしいねぇ。」

まだそんなことを言うか!

おかしいのはお前だ!!


スイーツハーバーは大混雑だった。
「行こうか。」
なぜか出川は自信を取り戻し、私をリードしようと半歩前を歩き出した。(さっきまでは後ろくっついて来てたくせに。)
私はこの混雑にまぎれて出川を巻こうか・・・とちらっと考えたが、考えるだけにとどめた。

「何が食べたい?」
出川は鷹揚なところを見せた。
「北海道プリン!」即答。
地図を見ながら「えーと、あっちだと思うよ。」とか言っている出川。
私は彼をほって歩き出した。お前の方向感覚はもう信じん!
出川は私の前へ前へ出ようと小走りだ。ここに来るまでは斜め後ろを死守しようとしていたのに、よく分からんヤツだ。
ブースの行列の最後尾に到着した出川は大きな声で「こっちこっち!」と私を呼んだ。
あんまり大きな声だったので、みんなが出川の顔を見て、次に私の顔を見た。
私はイヤだった。申し訳ないが彼の連れと思われることがイヤだった。
ゆっくり近づいていくと彼は私の手を引っ張ろうとした。
危ういところでかわす私。心の中で「ひゃあ!!」と悲鳴を上げた。
「うふふ。おいしそうだね。」
すごく顔が濃い。鼻毛が束になって見えている。
私は出川の顔を直視できない。会話の受け答えもままならない。
私は動揺した。

どうしよう、どうしよう、こんな短時間で・・・・・・・・・・・・・・・

・・・大嫌いになってしまった!!!

こんな激しい感情は生まれて初めてだった。


④につづく




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:ある日デートにて - ジャンル:恋愛

【2007/07/23 13:36 】
ある日デートにて | コメント(2) | トラックバック(0)
ある日デートにて 【出川 ②】
①のつづき


出川の歩き方はおかしかった。
まず、常に私の半歩後ろを歩こうとしていた。
???・・・と思った私は、歩く速度を落としてみた。
すると彼も速度を落とした。
振り返ると彼は私の斜め後ろに至近距離でくっついており、私と目が合うと「うふふ」と笑った。

私は勇気を出して、「あのー、後ろ歩かれるの苦手なんで、並んでもらえません?」と言った。20代後半に入ってから、私はこの手のちょっと言いにくいセリフをサックリ言えるようになった。(別に喜ばしいことではない。)

「あっ、あっ、そうやね、うふふ。」
出川は私の横に来た。腕と腕がくっつくほどの距離だ。
歩くと体がぶつかる。
なんだコイツ?・・・と思いながらも、MOSAICの映画館に向かって歩く。
彼は私にぴったりとくっつきながら、私のほうににじり寄ってきた。

肩がぶつかると、ちょっと出川と距離を取る私。→すかさず距離を縮める出川。
また距離を置く私。→間合いを詰める出川。
思いっきり彼から離れる私。→追いかけてきて肩をくっつける出川。

とうとう壁際に追い詰められた!!

うめやんの反撃!

出川を肩で押し戻す私。→ぴったりくっついてくる出川。
肩でドスコイと突き放す私。→磁石のように戻ってくる出川。
ついに、勢いを付けて彼を肩でどつく私。→タックルの要領で舞い戻ってくる出川!

まるで“おしくらまんじゅう”だ。

「あのぅ、あたしくっつかれるの苦手なんで、もうちょっと離れて歩いてもらえません?」

ふつうは、くっついた時に距離を置かれた時点で、男性の方で、「ああ、これ以上くっついたら不愉快なんだな。」と判断してもらいたいところだが、こうもわからずやなら口に出して言うしかしょうがあるまい。
私だってデートでこんなセリフ言いたかないわい!

「あっ、あっ、ごめんね、うふふ。」
彼はちょっと私と距離をあけた。
しかし、これは一瞬のことであった。
しばらくすると、やっぱり彼は私にくっついてきて、突き放してはくっつかれる・・・という攻防をデートの間中繰り返すこととなる。

人の持つプライベートゾーン(自分が他人に侵されて不快と感じる空間。)には個人差があり、これには、相手との関係(親密度)というのも大きく関係している。
私の場合は自己認識しているところでは、このゾーンが人より大きく、「知り合い」程度の人間に1m以内に入られると警戒心が芽生える。「友達」(同性)であっても、腕を組んだり手をつないだりという接触には抵抗を感じる。「恋人」であればまったくの無距離でも大丈夫だが

出川はもともとプライベートゾーンが非常に狭い人間なのだろう。
それプラス、私に好意を持っているから近づきたい・・・という心理。

迷惑である。

男女とも、意中の相手に近づく時は、相手が不快と思う範囲に入らないように!仲良くなってきたら、あなたに対してのプライベートゾーンは小さくなっていきます!
無理やり近づきすぎたり触ったりしたら、出川のように激しい拒絶を受けることになるので注意だ。



③につづく




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:ある日デートにて - ジャンル:恋愛

【2007/07/22 20:15 】
ある日デートにて | コメント(0) | トラックバック(0)
昨日は楽しかった♪
昨日はNくんとデート、楽しかった

14時くらいにお迎え来てもらって、ひまわり畑に行ってきました。
とっても暑かったけど、びっくりするくらい沢山のひまわりがお日様の方向を向いて元気に咲いているのを見ると、こちらも元気になるよね。

Nくんは「すごいなー」とか言いながらひまわりを見てましたが、私はそんなNくんを観察するのが楽しかった♪

冷たいものを食べたいねーってことで、Nくんはひまわりアイスを、私はかき氷のみぞれを食べました。途中で食べ切れなかったから、Nくんにあげたけど。

夜ご飯を食べてから、映画に・・・
『パイレーツオブカリビアン3』は想像していたストーリーとずいぶん違った展開でびっくり。あの終わり方はどうなの??と思ったけど、ジョニーデップは相変わらず見てるだけで楽しかった。
やっぱり私はオーランドよりジョニー派だな。

それにしても、そろそろNくんを恋愛モードにさせる作戦を練らねば!

Nくんとは会社は一緒だけど部署も違うからあんまり話す機会がなくて、でも徐々に近づいて春くらいから二人でデートできるまでに持ってきたんだけど(苦労したよ)、問題はココからだな。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2007/07/22 14:45 】
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
ボーリング
今日は会社関係のボーリング大会でした。

たった2ゲームでクタクタ・・・。

スコアは98と100だったんだけど、もともと私はヘタなのでこれでもいい方。

すでに右腕が痛いのは、若い証拠??かな(^^)・・・しかしこの腕の痛みは余裕で4日間くらい続く。・・・やっぱトシだな。

1つのレーンに4人が割り振りされていたんだけど、その中に、1年前くらいに私に熱烈アプローチを下さった方がいました。
結局その時は「ごめんなさい。」って感じだったんだけど。
それ以後、挨拶したりとかはするけど、どことなーくお互いぎこちない感じで・・・。
まぁ、同じ会社なんだし、二人ともいい大人なんだから、時々喋ったりはするけど、この妙なぎこちなさは、そろそろ解消したいなー、と思っている矢先のこのレーン分けだったので、「これはいいチャンス!」と思って、いろいろとコミュニケーションをしてみました。
向こうも自然な感じで話をしてくれて、ストライク取ったら普通にハイタッチとかして、「ああ、スポーツの力って偉大!!」と思いました。
イヤ本当に。

それはそうと、明日は会社お休みで嬉しいんですけど、雨みたいだねぇ・・・。
せっかくNくんとデートなのに。。。
まぁ映画なんだけどね。『パイレーツオブカリビアン3』(今さらですが。)
ジョニーデップが好きでねぇ。絶対スクリーンで観たいんだもん!

しかし、上映スケジュールを見ると、レイトショーしかやってない!
Nくんは明日は午前中お仕事らしいので14時にお迎え来てくれる予定になってるんだけど、20時半くらいまで、なにして過ごすんでしょうか??
晴れなら、ひまわり畑とか見に行ってみたり、いろいろできるけど。
室内での遊びといってもねぇ。ボーリングは今日したし、カラオケなんて2人で行ってもつまんないし。

映画が20時半からだと言ったら、集合時間を遅くされそうなのであえて報告しない私。会った時に「今調べたらレイトショーしかやってないみたーい。」としらじらしく言ってみよう。
なんもすることなくても、できるだけ長いこと会ってたいもんね。

水族館でも行ってみようかな。
水族館+映画なんて、ちょっと欲張りすぎかしら??




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2007/07/20 23:48 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ある日デートにて 【出川 ①】
その日のデートは神戸であった。

特に行きたいところもなかったが、映画でも見てスイーツハーバーでも行こうか・・・というコースだった。

お相手は、友人A主催の飲み会で出会った1人であるが、その飲み会自体の記憶があんまりない。なので「ある日飲み会にて」ではご紹介できない。・・・まぁ、そうそうインパクトの強い飲み会なんてないよね

その人は声が出川にそっくりだった。なので便宜上「出川」と呼ぶことにする。
飲み会後、彼から「遊びに行こう!」と誘われたとき、私はあまりのり気になれなかった。
出川は私よりも背が低かったのだ。
私は背が高い人が好みで、背が高いというだけで「ちょっとかっこいいかも!」と思ってしまうという性質を持っているので、出川にとっては不利であった。
しかし出川は熱心だった。あんまり誘ってくれるので、ある日その熱意に負け、デートをOKしたのだった。

出川とは神戸駅で待ち合わせた。
私は最初の飲み会の記憶があんまりないので、彼の顔等がよく分からない。
なので、この待ち合わせに現れた彼を見たときが、私の彼に対するファーストインプレッションを持った時であった。

小さい!!
まずこう思った。
私は159センチであるが、ヒールを履いているので、多分私と同じくらいか、私より小さいか・・・ぐらいであった。
以前の彼氏を比較に持ち出すのもアレだが、前彼が178センチも身長があり、「わ~い、おっき~い」などと会うたび喜んでいたので、落差が大きかった。

そして、彼は肩幅が非常に狭かったので、顔が大きく見えるという損な人でもあった。

顔濃い!!
次にこう思った。
眉毛が繋がっている。ヒゲの剃り跡が青々としている。そして鼻から束になって鼻毛が見えていた。(しかも両方)
ちょっとだけ立ちくらみを覚えた。

「あんまりハーバーランドの方来たことないんだよね。とりあえずMOSAIC行こうか」
と彼は出川の声で言った。

大変失礼だとは思うが、私はもう帰りたかった。
気軽にデートに応じた私が悪いのだけど。。。
(私、性格悪いな~



②につづく




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:恋愛遊牧民 - ジャンル:恋愛

【2007/07/20 13:30 】
ある日デートにて | コメント(0) | トラックバック(0)
パーマorストレート
梅雨もそろそろ明けそう・・・ということで、うっとうしい季節もそろそろ終わりかな。
梅雨の季節には私の天然パーマは広がって、タイヘンなことになるので、いつもストレートパーマをかけて過ごすのですが、今年は逆に強めのパーマをかけてみました。
女の子からの評判は上々!
「かわいい~!」って言ってもらえます。
けど、男性人はどうやらストレートヘアの方がお好きなようで・・・。

何でなのかなー。
頭なでなでしやすいからですかねー。

それはともかく、そのパーマもそろそろ先の方がとれてきて、ウエーブも思い通りに決まらなくなってきた。
「またストレートかけようかな。」と言うと、女性陣から猛反対!
えーまだまだパーマ残ってるやん!もったいない!とか、取れかけのアレンジが楽しいんやん!とか言われると、どうも躊躇してしまうよね。

一度ざっくり短く切りたい気がするけど、それはウチのお父さんが猛反対!お前は長いほうが似合う!短くしたら興ざめだ!とやけに強い口調で言われると、「うーむ。そうかー。」と自分の意見がグラグラになるのでした。

確かに私のような、地味な顔立ちの人間がショートのストレートなんかにした日には、会社で誰も気づいてくれないような存在感のない人間になってしまうのでは・・・?という危機感もあり。

いっぱいの男の人に聞いてみたい!
やっぱ男の人って、サラサラストレートに弱いんでしょうか?
そして髪の短い女性より長い女性のほうに異性としての魅力を感じるってホント?

・・・でも髪の短いアイドルも結構売れてるよね。
(彼女らは顔の中身が華やかで美しいからよいのか・・。しゅーん。)




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2007/07/19 23:53 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
手をつなぐ
人の手って不思議です。
みんな違った形と雰囲気があるよね。
人間の顔には、その人の性格やら性質が現れるけど、手にもその人のタイプというのが出るように思います。

繊細な手をしている人は、やっぱり繊細な性質の持ち主だったりするし、肉厚な男らしい手をしている人は、肉体を使うお仕事に着いていたりする。
不思議だけれど、手はその人そのものを象徴しています。
手は、その持ち主にそっくりです。

よく女性は気に入った男の人の手を観察するのが好きだったりするけれど、手を見たり触ったりすることで、その人そのものに触れたり、情報を得たりしているのです。

「この人の手、好きだわ。」
・・・と思ったら、ある程度その男性は好みの男性だったりします。
だから女性が男性を選ぶときに、「手」って重要ポイント。

男性が女性を見るときも、そうだったりするのでしょうか?

私は好きな男性や、いいなと思っている男性と手をつないでいると、手のひらや指を通して、お互いにエネルギーみたいなものが行き来しているような感覚を味わいます。
そして、「気持ちいいな。」と思います。

言葉のキャッチボールを100回するより、一度しっかり手をつなぐ方が、コミュニケーションになるんじゃないかな、とも思います。

でも、手をつないでも気持ちよくならない(エネルギーの交感が感じられない)相手というのもいます。
そういう人とは何度手をつないでも、手と手がつながれているだけで、コミュニケーションにはならないように思います。
お互いに心が向き合っていない相手だからかもしれません。

そういう相手と何度デートしても、実りが無いように思います。

だからデートは、『手をつなぎたい!』と本能的に思える相手としましょう。

デートに誘われて「まぁゴハンくらい一緒に食べてもいいけど、手をつないだりは考えられないな」と思うような相手ならば、恋愛としての進展は望めないし、もし無理やり恋愛に発展させても、あんまり通じ合えないんじゃないかな・・・と予想します。

ところで、自分から初めてお気に入りの相手の手に触れる時って、すごく勇気が要りますよね。
もし拒絶されたらどうしよう?拒絶されなくても、心の中で「イヤだな」って思われたらどうしよう?・・・なんて、不安でいっぱいになる気持ちはよく分かります。

相手の気持ちになって考えてみましょう。

イッパイイッパイの思いつめた顔つきで恐る恐る手に触れてきたり、「手つないでいい?」と聞かれたりしたら、ちょっと困ってしまいますよね。
かといって、(テレを隠すあまり)ぞんざいな感じになって、手荒に手を握ってこられても、印象はあんまり良くないように思います。
自分の体が粗雑に扱われて嬉しい人はいないでしょうから。

テレているなら、それを隠さなくてもいいと思います。(あんまりテンション高く、ファンが有名人に握手を求めるように来られても引きますが。)

ある程度相手の近くに寄って、「手つないでいい?」と聞いてみましょう。
(心のなかで、OKされるイメージを描きながら、明るく言いましょう。)

また、女性から男性の手に触れる場合、歩いている途中なら、軽く彼の服の袖をひっぱって、彼がこっちに意識を向けると同時にパッと(勝手に)つないでしまいましょう。(勢いが大事だけど、そっと大事なものに触る感覚を忘れずに。)
その後ちゃんと彼と目をあわせて、アイコンタクトします。
(えへへ。手つないじゃった♪いいよね?)って感じです。
もし彼が奥手で、戸惑っているようなら、甘えた感じで「・・・ダメ?」と聞いてみましょう。(ちゃんと相手の目を見ること!)
「いいよ。」・・・と言ってくれたら、喜びの表現をしましょう。
「ありがとう」とか「うれしいな」とか、言葉で表しつつ、つないだ手をブンブン振ってみたり、腕に抱きついたりしてみてもいいかもしれません。

大事なのは、アイコンタクトを取ることです。
それによって相手の了解のもとで手をつないでいる感じになります。

男性から初めて女性の手を握る場合は、人ごみや歩きづらい場所で女性を誘導(手助け)する感じで手を引いてあげるのが自然なやり方かもしれません。
あるいはデートの最初歩き出すときに、手のひらを上に向けて彼女に差出して、“手をつなごう”アピールをしてもいいです。
ある程度仲良くなっている二人なら「はい、どうぞ。」と手を差し出すだけで、女性のほうからあっさり手をつないでくれるかもしれませんよ。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:私の恋愛観 - ジャンル:恋愛

【2007/07/19 12:05 】
私の恋愛観 | コメント(2) | トラックバック(0)
父 祝還暦
今日はお父さんのの60回目の誕生日ですね。

HAPPY BIRTHDAY

そして9月には42年あまり勤めた会社を定年退職することとなるね。

お父さん、長きわたり、大変お疲れ様でした!!

学校を卒業してからずっと同じ会社を勤め上げて、定年を迎えるお父さんを思うと、22歳で就職してから、もうすでに3度も転職をしている私は頭が上がらないです。

殆ど欠勤したことないよね。
辛かったこともあっでしょうけど、会社でのグチを家で言っている姿を見たこともない。
出張も多いし、忙しそうだったけど、休みの日には私達をいろんなところに連れて行ってくれて、お母さんの買い物にも毎週末付き合ってあげて、平日は仕事が終わったら外で飲んだりすることも無く、家へ直帰しているお父さん。

あなたのように真面目な人は、見たことないです。

お父さんを見て育ったので、私の男性の理想のハードルはかなり高いです。
(Nくんは、お父さんに負けず劣らず真面目でやさしいのでクリアです

妹と弟と私と3人で、還暦祝いを用意したよ。
バカラのオールドファッション
今日の日付と、お祝いの言葉を注文して刻んでもらいました。
これで好きな水割りを飲んでくださいね。(飲みすぎには注意してね。)

今日はケーキを買って帰るよ




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2007/07/18 13:17 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ボーイフレンド
私にはボーイフレンドがいます。

「男友達」とはちょっと違います。

「異性の友達」っていうのが成立するかどうか・・・、と聞かれたら、私は一応否定派です。

男女が知り合って、だんだん仲良くなって「なんか合うなぁ」って思ったとき、同姓ならば友達になるだろうけど、異性同士なら恋愛感情が芽生えてしまうことのほうが多いように思うのです。

だから一応否定派。

「友達」になれる人もいると聞きますし、実際に恋愛感情なしに「友情」を育んでいらっしゃる方も目の当たりにしてますので、絶対ないとはいいません。
ただ、それができる人は少ないと思います。

つまり、正確に言うと、「できる」人と「できない」人とがいると思うが、圧倒的に「できない」人の方が多いというのが私の見解。

「できる」人にはすごい憧れます。異性と純粋に友達として付き合えたらさぞや世界が広がるでしょう。

私に関しては、私の性格上、異性と純粋な友達になるのは困難だと思います。

例えば、何もない休日、特に予定を立てないで同性の友人を誘い出してあてもなくブラブラショッピングしてみたりドライブしてみたり、果てはどちらかの部屋でゴロゴロしてみたりすることがあるけど、そういう「何もない日」に呼び出してよい異性というのを私は思い浮かべることができません。
私が休日異性と遊ぶと、ただ遊ぶ・・・というよりは「デート」みたいになってしまいます。

なぜだか理由は分からないけど・・・。

でも、そんな異性とお友達になりにくい性質の人でも、友達に近い状態になれる“ケース”というのがある。

それは、「付き合って別れた二人」・・・です。

「別れたら二度と会わないよ!」とか、「別れた人ともう一度友達なんてしてたら、また恋愛感情生まれちゃうんじゃないの?」・・・というご意見もあるでしょう。
だから条件をつけます。

① とことん付き合った末に、きちんと別れた二人であること。
  (もちろん、今は恋愛感情はない状態であること。)
② 別れてからそれ相応の年数が経っていること。
③ お互い精神的に自立していること。

最低この3つが揃っていないと、友達には戻れません。

どれも大切だけれど、①が特に重要事項だと思う。

その愛がきちんと寿命を全うして、完全に終極をむかえていることが重要なのです。
恋愛の感情が盛り上がり切る半ばで別れを迎えたり、二人ともが納得し得ないで別れて終わり方があいまいであった場合、別れから何年経っていても、出会ったとたんに恋愛感情が再燃することがあります。

そうなると、グダグダのドロドロの過去の傷をえぐる大惨事になる可能性があるので注意が必要です。

「寂しいからかまって欲しい」
「戻れなくてもいいから、友達として会えるだけでもいい」

・・・とか、上記のような気持ちがある人は、会うのを辞めた方がいいように思います。

ところで、このようにして一度別れた二人が「友達」になった場合というのは、厳密に言うと、「純粋な友達」とはいえないと思います。
非常に「友達」に近い関係の二人・・・という状態です。

だからそういう相手を私は「男友達」ではなく「ボーイフレンド」と言うことにします。
私には「男の知り合い」と「ボーイフレンド」はいるが「男友達」はいないことになるね。

一度愛しあったことがあるからこそできる会話というのがある。
何もかも過ぎ去った過去だからこそ言える特別なジョークもある。
そして、全てを受入れあったからこそ言える慰めの言葉がある。

「おい、お前何落ち込んでんだ。」
「・・・、もう今最悪だよ。」
「彼氏かよ。」
「まぁね・・・。」
「俺にしときゃよかったのに。」
「よく言うわよ!二股かけて振っといて。」
「ごめんごめん。じゃあ、朝までずっとそばにいようか?」
「いい。下心見えるし。帰る。」
「下心あるに決まってるだろ。こんないい女なのに。」
「(笑)バカだねー。」
「バカはお前の彼氏だよ。」
「・・・ありがとう。」

こんな会話ができるのは、一度付き合ったことのある人だけです。
彼は本気であなたをどうにかしようとは思わないでしょう。
(ちょっとは下心あるかもしれないけど、我慢してくれるでしょう。)
少し遅くまでお酒に付き合ってくれて、ちゃんと無事に送ってくれるでしょう。
眠る前に電話をくれて、安心して眠れるように素敵な一言をくれるでしょう。

彼が傷ついた時は、あなたが支えになることが出来るでしょう。
元気になった二人は、お互いの今のパートナーの元に笑顔で帰って行くでしょう。

あなたは大事なボーイフレンド、いますか?




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:私の恋愛観 - ジャンル:恋愛

【2007/07/17 14:57 】
私の恋愛観 | コメント(4) | トラックバック(0)
ある日飲み会にて 【ナル女】
その日の飲み会は、高校時代の友人Dが主催であった。

友人Dには彼氏がいるが、私および私の周りの友達にフリーの子が多かったため、飲み会を企画してくれたのだった。 (ありがとね)

私は会社の同僚である友人Eと、以前の会社の後輩の友人Fを誘った。

友人Eとは会社の歓送迎会等でしかいっしょに飲んだことはなく、初めてプライベートでの飲み会となる。

待ち合わせに現れた男性は3人。一人は遅れて来るということであった。
私たちのテンションは上がった。
3人ともイケてる
背も3人とも175以上くらいある。
顔も、一人は並以上、一人は男前、もう一人にいたっては美少年と表現してよいレベルだ。

友人Dは集合前までは、「私は今回は脇役やから、店のはじっこで料理の注文する役とかするから、みんながんばってねなどと言っていたのにも関わらず、なぜか真ん中の席に陣取った!!
私は友人EとFを誘った側の人間である都合上、彼女たちを奥の席に誘導し、自分ははじっこの個室の出入り口に一番近い席に座ることとなった。

20070717023926.jpg


上記のような状態だ。
友人D(彼氏持ち)の浮かれぐあいが分かるであろう。

ちなみに私の前の人は遅れてくるとのことだったので、小1時間私の前は空席となる。

私はひたすら注文係をするハメになった。
みんなの飲み物の発注食べ物の発注、空いたグラスおよびお皿の回収等々。
非常に不愉快であったが、友人Dは大量の酒を飲み、非常に楽しそうであった。

それはそうとして、この飲み会で明らかとなったのは、友人Eのナル女ぶりであった。

芸能人で誰に似てると言われるか・・・って話になった時に、

「すごい嫌なんやけど、あたしー『なっち』に似てるってみんなに言われるねん

『なっち』とは言わずと知れた、安部なつみ・・・である。

「すごい嫌やねんよなー(ふくれてみせる)

(・・・ん?そうか??なっちねぇ。似てるとは思ったことなかったけどね

男性陣「へー。いいやん、『なっち』やったら。かわいいってことやん!」

(おー、いい人達だ。)

「あたしー、すごい目が大きくてウルウルしてるってみんなに言われるねん!」

男性陣「へー。目も大きいほうが可愛くていいよなぁ。」

(あーまぁ、目は大きいほうだなぁ、彼女は。)

「なんかー、吸い込まれそうな目って言われるねん。」


(えっ、誰に?)


男性陣「・・・へ、へぇー・・・。」

(あ、持て余し始めた。)

横目で見ながらカチャカチャ空いたお皿を片付けてると、

「うめやんちゃんは、何か小動物って感じだよね

といきなり話の矛先が私に向いた。
どうやらお手上げらしい。

「あー、私は前歯が出気味なんで、ビーバーって言われますねー。」

             ビーバー
              ↓

beaver_03.jpg


そこそこウケた。

すかさず友人Eが割り込む!

「あたし、ツイーティーって言われるー!目が大きいから***」(まだなんか言ってる)

友人Fは引いている。
友人Dは不機嫌そうだ。

「みなさん背が高いですよねー」
話題変えてみた。

友人E食いつく!

「あたしすごい背がちっちゃいから、見えへんってよく言われるー。ちっちゃいと損だよ***」(まだなんか言ってる)

・・・

どこまでいっても自分話題。

そんなに自分好きな人だったとは・・・。

「彼女は二度と誘うまい」と思ったのでありました。


閑 話 休 題

私の前の席の人、遅れてきたのはいいけど、すごい「お父さん!」って感じの老けた方で、仕事帰りで疲れ果てていて、座るなり熱燗なんてものを注文するから、手酌で飲ませるわけにもいかず、私ずーっとお酌するハメになっちゃったじゃないよ!
友人D!あんた彼氏いるんだから、気を利かして席を替わらんかー!!



合コンするなら、誘うメンバーも重要だ。
「自分より可愛い子はダメ」とかそんなんはどうでもいい!
「空気の読める人」
最低限コレ。

あ、ちなみに私その後、美少年くんと何度かデートすることになりますが、また「ある日デートにて」っていうジャンルを作ってまた公開しようかと目論んでおります。
お楽しみに。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:ある日飲み会にて - ジャンル:恋愛

【2007/07/17 02:35 】
ある日飲み会にて | コメント(2) | トラックバック(0)
三連休も最後です
三連休、みなさんいかがお過ごしでしたか?

私はひたすら家にいました。
こんなこっちゃダメですね。。。
だってだったし、台風もきたし・・・てのは言い訳です。

明日から(もう今日だね)またお仕事だぁ・・・。

ちょっと憂鬱な反面、ホッとしてもいる。
人間、家にばっかりいたら、ダメだね。家でごろごろするくらいなら仕事してるほうが楽しい

それに、会社行ったらNくんにも会えるし

この週末はちょっと遠慮?して誘わないでおきました。
来週はNくんが休日出勤じゃなければデートだす
「仕事入れないでよ!」って念を押しとかなきゃ~




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2007/07/17 00:03 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ある日飲み会にて 【博士】
その日の飲み会はまたしても友人A主催であった。

そして会場大阪。。。

断っても良いのだが、参加主義の私。NOと言えない私。

今回もエリートくんがやってくるらしい。

私たちは合コン必勝ファッションで決め込んでいる。
友人Aはクロのシフォン系のスカートにミントグリーンのニットという女の子ファッション。
私も負けじと白スカートに淡いクリーム色の半そでニットという万人ウケファッション。
もう一人の友人Cは、ワンピースだ。
私たちがこのように服装に気を遣うのは、飲み会に対する気合がどうこう言うようりは、お相手に対する気遣いというものだ。いわゆるTPOを考えてのことですな。
男性側だって、集合場所に現れた女性がみんなデニム等のカジュアルファッションだったらちょっとだけテンション下がるでしょ?

で、ご対面。
一人目の方は幹事で、なかなかファッションに気を遣ってるような感じでした(私のタイプではなかったが)が、他の人がひどかった!!
二人はカジュアルと言うと聞こえがいいが、よっれよれのトレーナーに、着すぎて膝が出たデニム。でっかいリュックを背負っているが、これまた何が入っているのかパンパンに膨れてるし!
三人目は、これはもう「THE真面目くん」という感じで、白いTシャツにチェックのネルシャツみたいのを着て、メガネをかけていて、髪型が(ていうか頭が)・・・爆発!!って感じ
もう一人は普通にスーツを着ていたので、(ノーネクタイだったけど)「土曜だけどお仕事帰りなのかな?」と思い聞いてみると。
「イエ、今日は休みですが・・・。」

・・・って、どゆこと??私服がスーツ??それとも、着る服なかった??
意味分からん(--;
そして・・・(ドラムロール)・・・セカンドバック!! (ジャーン)

世の中の女性陣にあんなにも非難されているセカンドバック。
便利なのかもしれないが、今日もって来るべきではなかったね。・・・てか普段から遣わないで欲しいよね。・・・てか、休日の合コンなのにスーツで現れる自体が予想を上回ってます!!

ぱっと見ると、友人Aが口ぱくで必死の「ごめんね!!
いーよいーよ。大丈夫。実はあんまし期待してなかったんだー。(っていうと怒られそうだけど)
私あんまりエリートと呼ばれる人の中にタイプの男性いないみたい。いないわけじゃないだろうけど、どうも好みの男性が少ない・・・ように思うのです。

さて会場へGO!
もちろん男性がお店を予約してくれているので、場所もよく分からないことだし彼らの後を付いて行きます。

〈5分経過・・・〉 まだもうちょっとかかる模様。


〈10分経過・・・〉 男性陣3人はきょろきょろしている。この辺なのかな?

〈15分経過・・・〉 そろそろオシャレしたヒールの足が痛いぞ。

〈25分経過・・・〉 ・・・迷ってるだろ?

申し訳ない。これはマイナスポイントだ。

迷ったってかまわないが、三十路近くの体力の衰えたオンナ三人を、乾杯前に疲れさせたという点においてマイナスポイントだ。

何とかお店に到着~。

飲み物を注文して、しばしの沈黙。
・・・気まずい。
友人A「自己紹介でもします?」
男性幹事「あっ、ああ!そうですね」
をいをい、男が仕切らんか!そこは!

一通りの自己紹介。

男性陣の自己紹介にはきっちりと「出身大学」と「専攻学科」が入っていた。・・・ご自慢なのね。

みなさん、京大や北海道大学等のご出身で、大学院の後の修士課程?も取ってるらしい。そして、会社では何かいろんな研究とかをしてるらしい。
「研究??」っと突っ込んだために、その後延々と「研究内容」について語られることとなる。

なーんか女性と男性の会話がチグハグ。
友人Aは、無駄な話はしたくないらしく、男性陣の結婚観等を聞き出そうとしているし(最初から無理だろそれは!!)、男性陣は自分たちの仕事の内容がいかにハイレベルで最先端であるかを語り、女性陣の「すごーい!」という言葉を引き出そうとやっきになっている。

今日は、つまらん。全体的に。
・・・と思ってみんなを観察していてふとあの頭の爆発している男性に目が止まった。
なんでこんな髪型なんだろう??寝癖なのか?それにしてもひどいな。なんかこう・・・・
“実験に失敗しました” って感じ!
・・・と思った私はたまらず言った。

「何かこう『ハカセ!!』・・・って感じですよね。」

しばしの沈黙の後、女性陣大爆笑!!
ヒーヒー笑う私たちに、スーツ男が一言

「ていうか俺たちみんな『博士』だから。マスター課程取ってるからね!」

笑い・・・止む。

場違いな感じで友人Cが「・・・あ、そうなんですかー。」

しーん・・・。

みんな大人なので、和やかにひとしきり微笑みあったあと、速やかに別の話題へ・・・。

爆弾発言してすみませんでした。
それは謝る。
けど言わせて。
「俺たちみんな『博士』・・・」

・・・って。

そのハカセじゃねーーー!!!


さてお開きの時間。
お会計のとき。
合計金額を携帯の電卓機能で割り算している幹事くん(何かセコい感じだな)に向かって、リュック男が一言「きちんと割ってね!!」。

・・・???完全割り勘???
あーまぁ、そうだよね。同じように食事したんだし。女の子でも稼いでいる人が多い昨今、男女同額なんて当たり前なのかも?(でもがっかり)
さりげなく携帯の画面を覗き込むと、「3725」。幹事くんが言った。
「じゃ一人3800円ずつ!」

切り上げ会計?!

・・・ショックだ。飲み会で切り上げ会計されたの、初めて・・・。(ヨロメク)

また一つエリートの方に対しての偏見が生まれてしまった飲み会でございました・・・



笑のツボが違いすぎるのは、キツいね。

あと、頭いい人はお金にきっちりしすぎの人(てか奢ってくれない人)多い気がするがどうなんだろう。今後要研究だ!!




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:ある日飲み会にて - ジャンル:恋愛

【2007/07/16 01:17 】
ある日飲み会にて | コメント(0) | トラックバック(0)
台風
台風はいったいどこへ行ったのでしょう??

昨日は本当は友人の新居へお邪魔するはずが、交通機関が止まって帰られなくなる可能性を考えて、中止にしたのでございますが、それについて友人がスネている様子。どうしたものか・・・。

ところでみなさんビリーズブートキャンプって、ご存知の方多いですよね。
今日電話で話していて、妹がキャンプインしてることが発覚!!
私も入隊を真剣に考える今日この頃です。。。
毎日職場ではパソコンと向き合って座ってることが多いし、スポーツの趣味もない私は完全に運動不足なのです。
体重は変わらないのに体型がヘンになってきた

今年の目標「恋」とか言ってる場合じゃないすよ。
水着も着れないような体型で、「恋」とかキツいすから!!

身長 : 159センチ
体重 : 50キロ
ウエスト : 64センチ

・・・むーん。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2007/07/15 23:43 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
最近の男の子
最近の男の子(てか男の人)って、割と臆病な人が多いみたいね。
臆病・・・ではないのかもしれないけど、あらゆる場面で自分から積極的な意思表示をする人というのが少ないように思うんです。

恋愛面もそう。

・・・ていうのは、いろんな人と話してて、30歳近くの年代の人でも、「自分から告白したり、『付き合って』って言って付き合ったことない」って人が結構多いことを発見したのよ。

「じゃあどうやってお付き合いとかするの?」
って聞いたら、「向こうから言ってきた」とか、「私ら『付き合ってる』よね??」って確認された・・・とかいろいろ。

私としては、「えぇ~っ」って感じです。

そんなのって、そんな恋のはじまりって・・・、おいしいとこ逃してない??

男性が追う側で、女性が追われる側で、その駆け引き(関わり合い)が素敵な恋愛の1シーンだと思っている私は古いのか?!

で、聞いてみたら、

「えー別に、どっちから告白してもいいんじゃないの?あんま気にしないけど」

という意見が大半。
そうなのかな~。言われて付き合うっていうことは、女性の側から告白等の意思表示がある前の段階で、男性側もある程度その女性に好意があったりするわけでしょ?
じゃあ何で自分から言わないの??

「うーん、まぁ相手から言ってもらえそうなら待つかなー。言われたら付き合うかどうか考えるし。自分からは言わないなぁ。」

って。へぇ~。そうなの
なんか、そんなの、つまんないね。
相手に判断委ねてるって感じで、どうも男らしくないなぁ。
「男らしい」とか「女らしい」とか考えるのは、今の時代ナンセンスなの?
私がステレオタイプのオンナなの?

・・・って言っても私も断然自分からいろんな恋愛の意思表示をするタイプの人間です。
どちらかというと男らしく?攻めちゃう方。
だってね、指をくわえて待ってるだけで関係が進むなんてことは、100パーセントないんだからね。
自分が相手を好きなら、相手も自分に気づいてくれて、何かよくわからんけど気持ちがシンクロしてよく目が合うようになって、相手も自分に好意を抱いてくれる・・・なんてことは絶対ないです。(私も中学くらいまではそんな甘いこと信じてましたが)
コミュニケーションも取らずに、ろくろく相手と世間話もできないような希薄な関係で、こっちが相手をじーっと見つめてるだけの毎日で、「最近目がよく合うようになったから、相手もこっちに興味持ってくれてるかも」なんて思ってたら、大間違いだよ。「最近じろじろ見てきてキモい。」とか思われてるのがオチだよ。

これは、男女ともに言えることでございます。
が、それにいち早く気づいて、「どうすれば相手と仲良くなれるのか」を真剣に考えた上でアクションを起こすのは、どうも最近女性側のようですね。

何でだろう?

でね、男性の側は、そんな女性側からの勇気あるアプローチがあったら、ガッツリ受け止めて欲しいのよ。
もし相手に好意があるなら、女性側から最初のきっかけを作ってもらえてラッキーなんだから、そのラッキーに甘えずに、自分の側からもデートに誘うなり、「好き」な気持ちを惜しみなく表現したりしてもらいたいもんです。
何でかね、気持ちの表現を出し惜しみする男性が非常に多いように見受けられるねぇ。
怖いのか?相手も好意を示してくれてるのに??
それがわからん。
さんざん押してもさっぱり手応えないから「こりゃダメだ。相手にも迷惑かかりそう」と思って引いたら、あわててラブメール送ってくるヤツとか、多いのよ。
気があるならきちんとそういう素振りを見せんかー!!
クールにすましてて、女性側があきらめて去っていっちゃってからじゃ遅いよ?

それと、気のない相手からのアプローチをのらりくらりと交わす男性はまだよしとして、急にぎこちなくなって一切話もできなくなって、ラブい言葉やメールをどう扱えばよいのか分からずに放置したりしてしまう人!そこのあなた!
・・・情けない・・・。

モテるのはあなたに魅力があるからなんだから、そこは堂々と受け止めて、「ああ俺に好意があるんだね。ありがとね。」って態度を見せてあげたらいいのにねー。
それと「気持ちに答える」ってのは別な話なんだから。
振るのがヘタな男性、最近本当多いです。

「振ったらかわいそう。」
とか気を回すことなかれ。彼女だってヒマじゃないんでね。すぐに次の素敵な人見つけるよ。
それに、好意を示してくれてても、「いいなぁ」って思ってくれてるだけで、まだ恋愛感情を持つまでテンションが上がってない状態なのに、「俺は告白された。」って勘違いしてる人が多いんだけど、なんでなんでしょう?

ちょっと仲のよい異性と、ちょっとしたラブい会話が楽しんでできたら、素敵だなって思うのに、勘違い男が多いため、困難です。
少数派だけどちゃんといるのよ、そういう会話ができる大人な人って。

ところで、男性側にも言い分があるでしょう。
そう、女性側からのアプローチは勇気があって素敵なことだけど、やり方間違えてる人多いよね。
感情のままに彼に近づいて、友達程度に仲良くなるのをすっ飛ばして急に恋愛モードになろうとしたりね。
そういう女性の扱いはタイヘンと思うし、そういう女性に気に入られてしまった男性には、同情します・・・。めんどくさそう。
ノラクラかわそうとしても、異常に食いついてきたり、TPOわきまえず話しかけてきたり、ちょっと冷たい態度を取るとすごい落ち込まれたり。「ドキっ」とするアプローチメールなら嬉しいけど、やたら感情の起伏の激しいメールなどを頻繁に送られてくるとなれば、これは逃げの一手を打つのもよく分かる。
・・・てか上手く逃げ切ってねー!!と応援する。

男性側は慎重な方が多いから、そんなやり方ではびっくりしてしまします。まず普通に挨拶できるようになりましょう。
当たり前の話だけど、目を見て世間話もできるようになりましょう。
いきなりメルアド聞いても、ちょっと戸惑われるかもしれません。

「ドキドキして話なんてできないー!」

なんて言ってる人は、自分のことしか考えてない人です。中学生くらいまでならそういうのもかわいいかもしれないけど。
ドキドキしつつも、目を見て相手の話もよく聞いて、ちゃんと自分の中で理解した上でオリジナリティーのある愛ある受け答えができたら、もし二人の間に恋愛感情が生まれなくても、よい友達にはなれるよ。
どうしても「恋に発展させたい~!!」って人は、もうちょっと知恵を絞りましょう。

私もいろいろ作戦考えます。恋愛を成功させる作戦じゃないです。相手の男性を楽しませてあげる会話をたくさん考えたりとかそういう細かいことです。失敗もします。でも成功した時の喜びは、体験した人しか分からないよね。
私といっしょにいて、相手が楽しそうにしてくれる・・・って、一番のごほうびだよ。

・・・でもね、ほんとはこういう役は男の人のが合ってるのになぁ。
恋愛での小さな成功体験は、恋愛での大きな自信になります。そしてその自信がある人って、とっても魅力的なんだよね。

こんな女の子しか読まないようなブログで男性に向けて熱く語ってもなんにもならんかもしれんが。

日本の最近の若い男性はすごくやさしい性格の人が多くて素敵だよね。
願わくば、男らしいハンター精神も兼ね備えていただいて、私好みの男性が増えたらうれしいなぁ。

単なる、願望と妄想でございました。失礼。





ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★


テーマ:私の恋愛観 - ジャンル:恋愛

【2007/07/15 01:24 】
私の恋愛観 | コメント(0) | トラックバック(0)
ある日飲み会にて 【500円事件 ③】
②の続き


アロハは慶応を卒業しており、自分の経歴に自信があるのだろう、その話ばっかりしていた。
「こいつらもみんな結構勉強できるんですよ!ホラ、お前らもアピールしろよ!」
だの、
「会社は部署がたくさんあって、人数も多くて建物も1箇所だけじゃなくてあちこちにあるから、こいつらとも会う機会があんまりないんですよー。全国に支店があるからね」
だの、
「同い年の年代にしては給料もらってる方だと思うよー。」だの言っていた。

うーん、いい大学を出ていて、有名な大きい企業にお勤めで・・・、それは確かに魅力的なポイントなのだろう。だけど、だけどね、アロハよ、よく見たほうがいい、女の子3人とも引いてるで

アロハ以外の男の子二人は非常に大人しく、太った方はニコニコとずっと微笑んで話を聞いており、アロハに「お前もなんか喋ってアピールしろよ!」といわれても(てかアロハが喋りすぎでみんな喋らせてもらえんのだろうが!!)、困ってハニカムようなテレやさんであった。
私は太った男性は好きじゃないし、何か服装ももひとつ「うーん」って感じなんだけど、彼にちょっと人としての好感を抱いた。
彼は自分が喋るのは得意ではないようだが、こちらの話すことは笑顔で真剣に聞いてくれて、たまに打つ相槌も、テレながら「いいですね」「面白いですね」って感じでオリジナリティーはないながらも、こちらの気分を害するようなことは決して言わない人であった。

もう一人のぱっとしない男性は、モクモクと料理を平らげていた。
どうやらあまりにもお腹がすいていて、トークどころではなかったらしい。お腹がふくれると、話す余裕ができたのか、初めてきちんと女性陣の顔を見た。そして、話し出すとけっこう面白い人であった。

女性3人はがぜんアロハを無視して、おとなしい男性二人と喋りだした。彼らはテレやさんだけれど、気持ちのよいトークができる二人であった。

アロハがふくれた!

「お前ら俺をのけ者にすんなよ
「今まで俺がいっぱい盛り上げたのに****(何か言ってる)」

冗談とかじゃなく、大人気なくマジふくれだ。

知らん!!
お前の話ははっきりいってつまらん!!
しかもこっちが他の人に振った話も全部横から自分話題かぶせてきてウザいねん!!


女性陣は一様にそう思った。

んでそろそろお開きにしようか・・・ってとき、アロハが言った。
「女の子は遠くから来てくれてるし、俺らが多めに会計払うから!」
(彼らは近場に住んでおり電車代等も職場までの定期があったりする)

アロハ、キミもそんな心遣いができるんじゃないか!てか、もうちょっと私たちの地元よりの場所で開催してもらえたらありがたかったけどね。
あんだけ「給料が高い」って話してたからもしかしたらオゴりを期待してしまったが、それはずうずうしかったねぇ。まぁ多く払ってもらえるのは助かる~。すんませんなぁ。
・・・と思っていたその時、アロハが言った。

「じゃあ、男4100円、女の子は3500円でいいからね

おい。
それじゃあほとんど割りカンやがな
そんなちっこい差のつけ方するくらいなら、「多めに払う」とか言わない方がいいんじゃないのかね!男女差600円て・・・。
私たち往復2000円以上の交通費かかるんですけどね。

駅に向かって歩きだす私たちにアロハが食い下がった。
「もう一杯だけ飲みにいこう!!このまま帰るのももったいないし!」
えーもう帰る気満々なのに。みんなキミとのトークに疲れたよ。
「いやぁでも、電車の時間気になるし。私たち家遠いしねぇ。今日は帰るよ。」
と答えたものの、
「ほんとに一杯だけだから、電車気になるなら駅のすぐ近くの店にするし!ね!!お願い!」
とゴリ押しするアロハの迫力に押されて、もう一軒行くはめになってしまった。

みんなでカクテル一杯ずつ頼んで、30分ほどグダグダ喋り、もう電車の時間がきたのでお開きに・・・って時にアロハが、
「じゃあ、男1000円。女の子は500円でいいから
(「感謝して!」と言いたそうな得意満面の顔。)

・・・え?
聞き捨てならんやろ。500円・・・???払わす気?????
そこは、・・・そこは男が払わなあかんとこやろ!!!
ここでかっこつけなきゃ、どこで格好つけるつもりだ!!!

一気に疲れた。。。
アロハくん。キミがもひとつモテないであろう理由が、今日はよ~く分かったよ

人のことは言えないけどさ。

あの3人の中では、見た目的にはアロハが一番見た目はよかった。
・・・でも、やっぱアロハ以外の2人の方が好感がモテた。

自分にも置き換えて、反省すべきは反省しなきゃね。
人を気分良くさせる空間を作るのって、難しいことだけれど、大切だよね。

******

ちなみに今は彼らとは連絡を取ってはいないけれど、その後男性3人の中で太った方はかわいらしい彼女ができたらしい。どうもぱっとしない男性もいいお相手ができたもよう。
アロハは、押して知るべし。(今も毎週コンパ頑張ってるんだって)



終わり




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:ある日飲み会にて - ジャンル:恋愛

【2007/07/14 20:40 】
ある日飲み会にて | コメント(0) | トラックバック(0)
じぃさんの送別会
台風がどんどん近づいてます。
本当は今日は友達の新居にお邪魔する予定だったんだけど、到底無理だねぇ

ところで昨日はじぃさんの送別会でした。
総務のみんなでしゃぶしゃぶ食べに行き、二次会はスナックみたいなとこに・・・。
ウチの社長はいっしょにいるとすごくこちらが緊張してしまうオーラを出しているので(非常に厳しい方だし。)、粗相をしないように・・・!と気を張って疲れました
社長の隣の席には社長秘書の女の子が通常座るんだけど、今日はちょっと理由あって、私が社長の隣に座ってたので、クタクタになった
スナックでの二次会中に社長が途中で帰られたんだけど、その後の会場はカラオケ大会となりました
みんなどこで練習してんだろう?メチャうまいんだけど!

じぃさんは八代亜紀の「愛の終着駅」を歌っていた。その後「大阪ラプソディー」を歌ってくれた。途中で私もサビんとこ歌わせてもらった。
欧陽菲菲を歌ってくれとリクエストされたので、とりあえず「ラブイズオーバー」歌っといた
誤解のないように言っておきますが私は20代ですよ。まだね。

「ラブイズオーバー」歌ったら、秘書の女の子に「うめやんさん、そういう経験あるんですか?!」と聞かれた。そんなキモチこもってた??
てか20代後半くらいになるとみんなそんな経験のひとつくらいはあんじゃないのかね。
「ゲームオーバーならしょっちゅうやけどな!!」とか言ったらウケた。(うれしくないぞ)

3連休は嬉しいけど、Nくんに会えないのはさみしぃのぅ。
メールでもしてみよかな。どうせ台風だし会えないけどさ。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2007/07/14 11:21 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ある日飲み会にて 【500円事件 ②】
①の続き



相手は雰囲気の違う3人組みであった。

アロハシャツを着た男性が、ひるむ私たちに向かって異常なテンションの高さで話しかけてきた。
(というか迫ってきた。)
壁際に追い詰められる私達。
「幹事のAさんはどなたですか
友人Aはしばらく(てか結構長い時間)返事をしなかったが、よろめきつつ「わ、私ですけど・・・」と答えた。
アロハの男性以外の2人は、まるで私達に興味がないかのようにそっぽを向いている。
1人はひどく太っていて、あとの1人はとりたてて言うことのない、ぱっとしない感じの男性だった。
私達の「素敵な人来てるかな?」という淡い期待はガラガラと崩れ去った。
(あー、性格悪い人って思われるよなーこの描写。)

アロハの男性は、私達の名前を聞き、テンション高くさらにプロフィールを聞き出そうとした。
めっちゃ駅の中央改札だし。立ったまま自己紹介するんですか??って話である。
「あのー、自己紹介とかはお店についてからでもいいんじゃ・・・
たまりかねた友人B(友人Aと同じ職場で私ともお友達の女の子)が言った。
アロハ以外の2人は相変わらずそっぽをむいて二人でしゃべている。
友人Aはどうやらアロハが生理的に苦手だったようで、さっきから一言も口を利かない。
不穏な空気だ

「じゃあ歩きながら自己紹介しましょうか!」
・・・アロハがウザい。
「あいつらさっさと歩いてすみません!移動の時間ももったいないですからね!」・・・アロハ、ウザいぞ!
「ダメだなぁ、あいつら。みんな女性に慣れてないんですよ。こういう時こそ積極的に女の子に話しかけないと、ね!!」
・・・アロハ、まじウザい!
「僕が店をいつも予約するんですけどね。今日もさっきの集合までにちゃんと雨に濡れないで行けるルートを調べて一回歩いてみたんですけどね。7分くらいで行けますから!だいたい僕が幹事を任されちゃうんですよ。嫌いじゃないんですけどね!何でですかね!」
・・・アロハ、・・・キミはウザいヤツだ!!
「はぁ、そうなんですか。慣れてらっしゃるからでしょうね」
・・・とりあえず頑張って相槌うってみた。
「やっぱり段取り上手に見えます?(嬉しそう)よく言われるんですよ~。あっそんなにコンパとかたくさんしてるわけじゃないんですよ!別に****(まだ何かしゃべってる)」
・・・アロハ、キミは・・・なんぼほどウザいねん!!!

そして店に着く。ちょっと暗くて廊下が狭めの和食のお店だった。
アロハと友人Aが同時に言った。
「雰囲気いい店でしょー」 「なんかお化け屋敷みたーい」この二人の感性の違いは恋愛としてみた場合致命的と言えよう。

③に続く




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:ある日飲み会にて - ジャンル:恋愛

【2007/07/13 16:12 】
ある日飲み会にて | コメント(0) | トラックバック(0)
雨ですなぁ
RANY DAYS

私は会社へは車使って通勤してます
普段は30分くらいかかるかな。
でも、雨の日って、何でかすごい道混むよね
いつもと同じ時間に自宅を出たにも関わらず、会社に着くのはいつもより10分遅い。今日なんて遅刻ギリギリ
梅雨が終わるのが待ち遠しいです。

それにしても今日は私のお気に入りくんにあんまり会えなかったなぁ。
(会社にお気に入りの人がいるのよ背が高くて素敵なのよ!)
仕事もヒマな今日この頃、私はお気に入りくん(以下:Nくん)に会いに会社に行っているといっても過言ではない。
会うとHAPPY 会話ができると、とってもしゃ~わせ なのです。

Nくん話題は「恋愛」のカテゴリーで書こうかなとも思ったけど、個人的な日常のドキドキやワクワクなんて、わざわざ「恋愛」のカテゴリーに入れるのもなぁ・・・と思い、「日記」のカテゴリーにしてみました。
きっとみんな好きな人がいたり、ラブラブな彼がいるんだろうし、「今日はNくんに会えた♪」みたいな内容ははっきりいってつまんないと思うんだよね。
だけど言いたくなっちゃうんだね。
日記だったら、別にゆるーい内容でもアリだもんね。
(みんなそんなスリリングな毎日を送ってるわけじゃないだろうし。)

そいや私別でちゃんと日記つけてるんだった。
ここでいろいろ書いちゃったら、手書きの日記なんていらないじゃんねー
私は高校卒業くらいから毎日じゃないけど日記帳をつけていて、これが読み返すと結構面白いんだよねー。
いろんな登場人物が出てくるの。今はもう会うことはない人とか、今でも仲の良い人、その当時の彼やらいろいろ。
元気な日は大きくて行のあいだで踊ってるみたいなハジけた字で、落ち込んでる日はすごいショボい小さな字だったりしてねぇ。楽しいデートがあった日は、すごい丁寧な字で書いてある。嗚呼、あたしって乙女ね
うん、やっぱ手書きの日記帳もゆるゆる続けようっと。




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

【2007/07/12 22:54 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ある日飲み会にて 【500円事件 ①】
その日の飲み会は大阪(梅田)であった。

私は大阪での飲み会はあんまり好きではない。
なんでかって、遠いのよ

お金も時間もかけて、成果が上がらなければ何の意味があるというのだ!

しかし、営業は足で稼ぐもの、「遠い」だ「交通費」だ言ってるうちはウダツが上がらんものかもしれん。可能性があるならばアクションを起こしてみる。その「やってみる」精神が、大きな成果へと繋がっていくのである
・・・とか何とかぶつぶつ唱えながら、にぎりこぶしを固めつつ、その飲み会に誘ってくれた友人Aと一緒に電車に乗り込んだのであった。
(ところで営業と恋愛って似てるよねー。企業訪問=飲み会参加、商談=飲み会でのトーク、次会アポイント=デートの約束、そしてプレゼンや最終的なアプローチ等のかけひきを経て、ご契約(お買い上げ)=カップル誕生。みたいな。もちろん返品もクーリングオフ制度も、整備されてないだけで恋愛には存在するよね。つまり本当によい商品かどうかが重要になってくるのよ。自分磨きが大事やね。そして、よい商品でもセールスの方法がマズいと売れないのよね。)

知らない相手との待ち合わせは緊張する。
私は本当は人見知りなので、出会いの場は苦手なのだ。(歳もとしなのでうまく立ち回っちゃいるけど友人Aもやや緊張した面持ちだ。
今日の飲み会は、友人Aの弟の友達の職場の先輩男性たちがお相手で、男女3×3であった。
よく分からないメンバーだが、友人Aはその弟の友達と非常に仲がよく、「職場の先輩を紹介してあげるわ!」ということになったらしい。

友人Aは非常にエリートが好きなので、飲み会の相手もかなり厳選している。
今回のお相手も、京大やら慶応やらの大学院を出て修士課程を経た方のオンパレード。会社も有名企業でございました。
・・・が、待ち合わせに現れた彼らを見たとたん、友人Aが後ずさった

②につづく




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:ある日飲み会にて - ジャンル:恋愛

【2007/07/12 16:12 】
ある日飲み会にて | コメント(0) | トラックバック(0)
ある日飲み会にて 【友人A】
20代後半で彼氏がいない期間も長い・・・となれば、素敵な男性との出会いの場を求め、各種コンパや飲み会への参加に積極的になるのは、健康な乙女として普通のことである。

私は自慢じゃあないが、かなりの数のコンパおよび飲み会に出席したことがあり、そんな中での印象に残る(良きにつけ、悪きにつけ)出会いの体験などを紹介していきたいと思う。

今日はコンパ仲間「友人A」の話。


友人Aは私をよく飲み会に誘ってくれる人で、お嬢様系の清楚な美人である。
何で彼女に彼氏がいないのか、不思議なのだが、彼女のタイプの男性を聞いてみると「ナルホド」と納得がいく。
彼女は「頭のいい男」が好きなのだ。それは、頭脳がキレるとか判断が早いとか、そういうんではない。ぶっちゃけ「出身大学がいい男」が好きなのだ。
東大・京大・東北大・早稲田・慶応 などの理系学部卒業で、その上大学院を出ており、できたらその上の博士課程っていうの?なんかそういうのも取ってる人が希望らしい。
つまり学歴ピラミッドの頂点の一角におられる方々から寵愛を得たいと、そういうことである。
その上で同い年以上3歳年上までという、超狭い年齢制限まで設けているのだから、その難しさたるやエベレスト登頂並み(言いすぎ)だ。
「顔とか身長とかはこだわらない」と言ってはいるものの、どうせアレでしょ、顔見たとたんに噴出したくなるようなブサイクなのはやっぱNGなんでしょ?
・・・と、悪態をつきながらも、私は彼女が嫌いではない。
そこまではっきりと目指す男が決まっているならば、かえって話しが早い。
「ふつうの人でいいんですー。」とか言う女よりは好感が持てる。「よし、そんなレベルの高い男をどうにかして探してやろうではないか!」という気にもなってくる。

「そんな男なかなかいないよー。」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、これが結構いるんですよ。高学歴の人はそこそこの企業にお勤めなことが多いので、一人そういう知り合いができれば、同じ職場の人たち(同じ部署なら高学歴率は高い)や、ご学友(これも有名企業にお勤めの率が高い)等を芋づる式に引っ張り出すことが可能となる。

しかも、高学歴の方には真面目な方の割合が多いので、心を込めてお願いすれば、口約束だけでなくきちんと実行に移し、エリート集団との飲み会を開催してくれる。
そこでお相手をゲットできるかどうかは別としてね。

友人Aは飲み会の席である程度モテる。
黒髪で清楚な風貌に加え、話し方もやわらかなので、男性からは好印象なのだ。
詳しくは聞かないが、飲み会後にきっとデートに誘われたりしてるハズなのに、一向にそういう誘いに乗っている気配がない。(結構な数の飲み会をこなしているのに。)
「ピンと来る人がいないんだろうなぁ。」と思いながらも、私はこう思わずにはいられない。「買い物行く店間違えてんじゃないのかなー。」
例えば、普段着が買いたい時にフォーマルドレスを販売するお店に行っても欲しい物は見つからない。フォーマルドレスが悪いのではない、でも今必要なものではないから買う気にはなれない・・・。
つまり、彼らが悪いどうこうではない、彼女にとって今必要な人ではない・・・みたいな。
これはあくまでも私の想像だから、全然違うかもしれない。
でも、こうもたくさんの飲み会をして、そこそこデートに誘われたりもしているのに「ピンとくる人」と出会えないとなると、これは探している市場のエリア(つーかジャンル?)違いなのではないか?と思うんだけれど。

そいや、エリートの方って、素敵な人も多いけど、ちょっと変わった人も多いよね。(偏見かな)
うーん。

ちなみに私のタイプの男性は、見た目で言うと背が高い人。(わかりやすいねー。)
そして体温の高い人。(なんか体が冷たい人って生理的に受付けなくてねー。)
性格は、少し控えめな人がいいなぁ。(「俺について来い!」タイプはダメかも。)

みなさんどんな男性が好きですかー?




ランキング参加してみました♪よろしければクリックください★

テーマ:ある日飲み会にて - ジャンル:恋愛

【2007/07/12 11:22 】
ある日飲み会にて | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。