スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
二人目出産の感想など
産後12日目になりました。

退院の日から、丸一週間です。

昨日は一週間健診に行ってきました。

私の身体の状態もよいし、赤ちゃんも健康ということでした。

2856グラムで産んだ娘は、3032グラムになっていました!

そういえば、ちょっとだけ顔の形がふっくらしてきたかな・・・?


さて、前回出産レポを書きましたが、今日は今回の出産の感想など書いてみます。



まず、今回陣痛に気付くのが遅れた件について。


マジ分かりませんでした(^^;

だって、痛み的には、かなり余裕があったんです。

確かに、最後の最後は「ふーっ、ふーっ」という呼吸で逃さないといけない感じになってましたが、それは生まれるほんの40分前くらいになってからだったですしね。

さすがに呼吸法が必要になってきてからは、ヤバいと思ってすぐに産院に電話しましたが、それまでは「イテテテ」ぐらいの感じで、主人や子供と会話も余裕でできましたし、痛みの間隔も20分とか空いてましたので、前駆陣痛だと信じて疑わなかったんです。

何せ、1人目の息子の時なんか、この前駆陣痛が優に一週間以上も毎晩続いてましたし、痛みの間隔を計りまくる毎日で、本陣痛に繋がらずに痛みが引いてしまって、まんじりともせずに寝不足で朝を迎える日々でしたのでね。

20分も間隔が開くようじゃ話にならん!!・・・と思いこんでいたんです。


産院に着いた時に、助産師さんに「いきみたい感じはしますか?」と質問された時も、「いきみ感はないですが、何かすごい圧力を(お下の方に)感じます」と答えたのですが、お嬢が急に生まれる気になって、急にやる気を出したのに違いありません。

何か出産を終えて、私自身が頑張って“産んだ”というよりも、お嬢が自力で“生まれてきた”という感じがいたします。


私は急に始まったお股の圧迫感と腹痛に戸惑っていただけです。

いきみ方もよくわからないままに、お嬢の“出るぞ!!”という気合に任せて、お股を通過させただけ・・・という気がします。


いきまなくても、すごい圧力というか重力を感じて、お嬢が下がってきましたからね。


そりゃもう、9G・・・いや、10G、いやいや11Gぐらいの重力感じました。

もうこのエネルギーをもってしたら、宇宙に飛び出せる感じですよ。


赤ちゃんの生まれようとするエネルギーってすごいんだなぁ・・・と思いました。



しかし、今回の陣痛は、痛みの間隔がゆったりでした。


助産師さんに分娩中「家ですごく我慢していたの?」と聞かれて、「すみません、上の子の世話をしていたら、うっかり気がまぎれてしまっていて、すみません」と謝ると「いいのよ、いいのよ!ちゃんと間に合ったんだから!」とフォローしてくださいましたが、実際はギリギリだったんだと思います。


出産後「車の中では痛みはどのくらい感じましたか?」と聞かれたので、「2回か3回くらい、何せ痛みの間隔があんまり縮まらなくて」と答えると、「そうね、最後の最後まで5分以上間隔があったもんね。実はヘソの緒が一周だけ赤ちゃんの首に巻きついていたのよ。それ自体はめずらしいことじゃないんだけど、でもだから陣痛の間隔がゆっくりになっていたのかもしれないね。ヘソの緒が巻いていなかったら、もっと早くに生まれちゃってたかもね」とのことでした。


何だかんだと、赤ちゃん本人に助けられた(というか赤ちゃん主体の)出産でした。


お陰さまで、出血も少量で済みましたし、分娩後も体力をほとんど消費しておらず、横になって2時間休憩した後には、トイレも着替えも普通にできました。

孝行娘で、本当にありがたいことです。


出産する最後の時まで、普通に会話ができたのも、不思議でした。


「あれ、このレバーってこの握り方でしたっけ?」とか「痛みが弱くなったんで、(いきむのを)次にします」とか「いきみ方あってますかね?」とか、助産師さんとやり取りがしっかりできましたし、痛みの引いた5分間は、力を抜いてウトウトとまどろんで休憩して、「そろそろ痛くなってきたんで、いきみまーす!」みたいな。。。


こんなこと言っていいのかわかりませんが、ラクなお産だったと思います。

これ以上早く産むことはできないし、これ以上ラクなお産はないと思うので、そういう意味で私の中では3人目は考えられなくなってしまいました。

だって、絶対今回より時間かかるし痛い思いをするだろうと思うから。
(ま、そもそも、うちは子供は二人と決めているのですが)



そうそう、今回のNくんの立ち会い分娩の感想は以下の様なものでした。


産後2時間横になっている時の会話。

「いや~、無理や~、もう無理」(口を両手で押さえながら)

「何が?(^^;」

「めっちゃ怖いし!!怖いわ~!!」(1人目の時の感想とほぼ同じ)

「でも今回短かったやん」

「いや~、無理やわ」

「何が無理なの?」

「見てられへん!!頭とか出て来よるし、もうそっちの方見られへん!!」


お産の現場に立ち会うこと自体が怖かったようです。


・・・トラウマにさせてしまっただろうか・・・?


でも、やっぱり今回も立ち会ってもらえて、私はよかったです。

産後、「でかした!」と頭をなでてもらえて、やりとげた満足感も湧きましたし、嬉しかったですから。


まぁ、今回は励ましてもらう暇もなかったですが。

助産師さんが「うめやんさん、落ち着いてるわ~!すごく落ち着いててすごいわ~!」とやたら褒めて伸ばす感じでしたので(褒められると力発揮するタイプなもんで)、旦那にすがるシーンもなかったですけども、そこにいてくれるだけで、やっぱり違います。


「お前、出産を極めたから、次はもっと早く産めるな!」

「次なんかないわ!ていうかこれ以上早く産んだら車で生まれるわ!」

「それか水中出産やな!」(病院来る前お風呂に入ったので)

「ウチには子供部屋二つしかないだろーが。それに早けりゃいいってもんでもないぞ!」


そう、うちの母親も妹や弟を生んだ時は1時間以内で産んでますが、急展開すぎてお股がバリバリに裂けて、産むより裂けた会陰を縫う時間の方が長かったと言っています。

時間をかけて陣痛を乗り越えるうちに、しっかりと会陰部分が柔らかく伸ばされて、ゆっくり赤ちゃんを産道に通していくことで最小限の裂傷で産むことができる・・・ということもありますから。

私自身、会陰切開はせずにすみましたが、多少裂けました。
(その瞬間はわからないし、痛くないですから、初産婦読者の方は怖がる必要なし!)

本当は、助産師さんに、「時間が多少掛かってもいいですから、会陰切開や、裂傷のないようにゆっくり産みたいです」とリクエストするつもりでいました。

今回はそういう余裕もなかったのでしょうがないですが。

もう少し時間をかけて粘れば、裂傷を防げたのでは・・・?と思う次第です。
(お嬢の生まれたい圧力がすごすぎて、無理でしたが)


まぁ、産後暫くはドーナツクッションが手放せない・・・というだけで、何日か我慢するとすぐに痛みはなくなりますが、お産が終わった後も身体のあちこちが痛い状態というのはストレスですからね。


それでなくとも、経産婦だからか、子宮が元に戻る痛み(後陣痛)で、産後二日間くらいは苦しみましたし、ひどい筋肉痛にもなるし、ほんと身体の痛みが一か所でも少なかったら・・・って思いますからね。



でも、1人目の出産の時もそうでしたが、元気な子供が生まれてくれて、満足なお産だったと思います。

壮絶ですが、終わった後はやりがい感じます。


そして、やっぱり出産って、面白い!

1人目と2人目でも、まったく違った体験ですね。


人の出産レポを読むのも楽しいですが、それぞれのお産が、一つのドラマのようです。


お産が辛かったり、長くかかったりした人も、終わればその経験をネタとして喋ったりしますし、お産を通してある意味バージョンアップするような感じで、一つの自信につながるのですよね。

経膣分娩でも、帝王切開でも、短いお産も、長いお産も、1人の人間をこの世に産みだすという貴重な経験です。


私は子供は二人と決めているので(旦那はどうだか知りませんが)、今回で終わりかと思いますが、今後出産を予定されている方は、妊娠期間中も、いざ分娩の時も、いろいろと心配や苦労、辛いこともあるかもしれませんが、その貴重な経験を楽しんで味わって欲しいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/08/01 12:26 】
出産までの道のり(二人目) | コメント(6) | トラックバック(0)
生まれました! 【39w4dの出産レポ】
しばらくぶりの更新です。



7月21日【39w4d】に、おかげさまで無事に元気な女の子を出産いたしました!


7月24日【40w0d】が予定日だったので、少しだけ早めに生まれてきてくれました。


今は退院して、実家にお世話になってます。



赤ちゃんが寝てくれたので、今のうちにブログ更新して、忘れないうちに出産レポなど書いてみたいと小思います。



【第二子 出産レポ】


何度もブログに書いてますが、第一子の出産は、予定日から10日過ぎてから始まりました。

そんなこともあって、私としては今回の出産もきっと予定日を過ぎるものと思っていました。

というわけで、7月21日当日も、朝から主人と子供といっしょに、docomoショップで携帯の機種変更など、呑気におこなっていたのです。

7月21日は、日曜日でNくん(主人)も在宅でした。

その前の週末に機種変に行ったところ、来週からキャンペーンで安くなると店員さんに言われたので、一週間予定を延ばしてこの日に契約する予定だったもので・・・。

朝から腰がだるい気がしてましたし、お腹もよく張るようになってきたので、これは予定日くらいには出産できるかな~?などと思っていました。

お昼御飯はテイクアウトの牛丼を自宅で食べました。

この時点では、全然平気な感じです。

でも、お腹が張るので、午後からは義実家で子供の面倒を見てもらって、私はパソコンでみなさんのブログの出産レポを読んでみたり、“前駆陣痛”で検索をかけてみたり、はたまた、スマホの使い方を研究したりして過ごしていました。

夕方16時ごろに、お義母さんが子供を連れてやって来て、「夜に外食しよう」と誘ってくれました。

よく行くお店のドリンク無料券の期限が来週末までだけど、来週になると出産してるかもしれないから・・・と。

まぁ、お腹は張るし、時々痛むときもあるものの、間隔も長くて定まらないし、きっと前駆陣痛ですぐ治まるような気がするので、外食に行く件を了承しました。

お義母さんが義実家に戻って行ってから、家事などをしていると、やっぱりお腹がちょっと痛い・・・。

いい感じの張りも来てるので、陣痛チェックのたまひよアプリを、早速新しいスマホにダウンロードして使用してみますが、20分とか5分とか、バラバラな間隔で前駆陣痛っぽいように思いました。

しかし、痛い時は、しっかり痛みを感じる(会話は余裕でできるが)ので、17時ごろに義実家に行って(徒歩30秒の距離)、お義母さんとお義父さんに、「陣痛ではないと思うが、お腹が張って来て痛い時があるので、私は外食せずに家でおにぎりでも食べておくので、主人と子供だけ連れて行ってほしい」と伝えました。

みんな心配して、外食を取りやめようかと言ってくれましたが、ご飯はどっちにしてもみんな食べなきゃいけないし、せっかくドリンク無料券もあるし、私は1人で家で食べるだけなら楽だからと、みんなには外食してもらうことにしました。

もしこのお腹の痛みが陣痛につながるとしても、そんなすぐには生まれないから・・・と。

そうこうしているうちに、息子が隣の子供がお庭でプール遊びをしているのに誘われて、服のままプールに入ってしまいました。

しょうがないので、水着を出して着替えさせてやって、子供たちが遊んでいるのを見ながら、お隣の奥さんと立ち話などしてましたが、お腹が結構痛いことに気付きました。


・・・これ、今日の夜には陣痛はじまりそう・・・?


ようやく私もそう思い始めました。

そこで、Nくんに「たぶん明日の朝までには産院に行かないと行けない予感がするから、そのつもりで」・・・という趣旨のことを伝えましたが、Nくんは本気にはしてませんでした。

そのうち腹痛は治まるものと思っていたようです。
(まぁ、頻繁にお通じがあったので、その腹痛もあったんで、紛らわしくて)

18時すぎに、義実家とNくんと息子は夕飯を食べに出かけまして、私は家で1人でお茶漬けを食べながら、相変わらずネットなどをしていたのですが、なんだかどんどんお腹の痛みの質が、しっかりしたものに変わっていくのを感じてました。

これは、今日中に産院に行かないといけないかもしれない・・・。

できたら、息子を風呂に入れて寝かしつけた後がいいなぁ・・・。


そんなことを考えつつ、入院バックを玄関に運んだり、産院の電話番号をチェックしたり、していると、Nくんが外食から帰ってきました。
(息子は義実家でまだ遊んでいる様子)

これが、19時をまわったぐらいの時間でした。

玄関の入院バックを見て、Nくんは「え?もう行く気??」と驚いた様子。

「いや~、まだだと思うけど、念のため」と返事をしたように思います。

なにせ、陣痛チェックのアプリでも、間隔がバラバラすぎて、2分だったり17分だったりするので、いつ痛みが治まってしまうか自分でも謎だったんですよね。

Nくんが「今のうちにお風呂に入れば?」
と言ってくれたので、19時半ごろお風呂に入りました。

お風呂に入ると陣痛が促進されるって言うしな~、と思いつつ。

私のお風呂中に、お義母さんが息子を連れてきてくれて、玄関の入院バックを見て、びっくりしていたみたいです。

私と入れ替わりで、Nくんと息子がお風呂に入りましたが、このころから、お腹が痛い時には呼吸法で逃した方がいいのでは・・?という痛みに変わってきました。

ヤバいな、本番始まってるかも!!


痛みの間隔はバラバラながら、ようやく産院に電話する気になりました。

電話の発信記録は20時08分。


「あの~、痛みの間隔はそれほどでもないんですけど、痛い時は結構しっかり痛むようになってきたんですけど」・・・と言うと、「経産婦さんですよね?では入院の準備をして来てください。どれくらいかかりますか?」と言われました。

「それが、タイミング悪く主人がお風呂に入ってしまいまして・・・。まぁ、主人がお風呂から上がったらすぐに向かって、30分以内には付くと思います」と言って電話を切りました。

お風呂中のNくんに「お風呂から上がったらすぐに産院行くよ~」と伝え、急いで上がってくれるように言いました。

そうこうしているうちにも、痛みはどんどん酷くなります。


これは進んでる!! かなりお産が進行してる気がする!!


赤ちゃんが急激に下がって来ているのが、自分でもよくわかりました。

Nくんがお風呂から上がるとすぐに義実家に電話をして、息子を預かってもらう段取りをしました。

私は子供の身体を拭いたり、パジャマに着替えさせたり。

しかし、次に腹痛が襲ってきたときに、パシャっと音がして、下着とズボンが濡れました。


「破水しちゃったかも!!」

「うそ~!!」

Nくんは完全に焦ってしまってます。

いまだに髪を乾かそうとしているNくんに、「えぇい!ドライヤーなどせんでよい!!出かけるぞ!」と玄関へ向かおうとすると、駆けつけた義実家一同が、「うめやんちゃん、明日この子保育園はどうするの?行かせた方がいいの?プールバックとか、お帳面は?」などと矢継ぎ早な質問をしてきます。

「明日は保育園に行かせてください。お帳面の書き方はNくんに伝えてます。プールバックも鞄と一緒に用意してますし、場所はNくんが全部知ってますから!」

「でも、Nも今から立ち会うんでしょ?今教えてもらっとかないと!!」

そのお義母さんの叫びに、私とNくんは同時にこう答えました。

「朝までには生まれとる!!」

「えぇっ?そんなに早く?」などと叫んでいるお義母さんに自宅のカギを押しつけて、私とNくんは産院に急行しました。

20時20分は回っていたと思います。


産院に到着して、夜間入り口から入りました。

階段で2階に上がろうとする私を、「アホか!!」とNくんが引っ張ってエレベーターに乗せました。

エレベーターを降りると助産師さんが迎えてくれて、「どんな感じですか?」と聞かれたので、「かなり痛いです」と答えました。

分娩着に着替えて、LDRで内診してもらいます。

「はい、ちょっと診てみますね~」

・・・と、助産師さんから笑顔が消えました。

「・・・全部あいてるわ」


???

もう一度確認してみて・・・。

「うん、全開だわ!!」

聞き間違いかと思いました。

「先生呼んで!血管確保!!」

すぐに点滴の針を刺されて、ベッドはトランスフォーマーのように分娩台の形にセットされます。

助産師さんは準備をしながら「もう自然にいきみたかったら、いきんでいいわよ!!」と言ってくださいましたが、「でも心の準備が!!」と戸惑いを隠せない私でございました。

Nくんも立ち会いのため呼ばれて部屋に入ってきましたが、いきなり分娩スタイルの私を見てギョッとした様子。


「驚きの子宮口全開だよ」と声をかけたものの、Nくんはびっくりして何も返事ができません(笑)

陣痛は相変わらずのんびりした間隔でやってきましたが、3回ほどの陣痛のあいだに、十数回いきんで、赤ちゃんが出てきました。

20時52分、娘が元気に誕生しました!


20時半すぎに病院について、実際にいきみを開始してから10分ほどでの誕生・・・。


産院の時計が壊れているのか、私が一時間時間を間違えているのかと思いましたが、現実でした。


赤ちゃんが体重チェックなどのために別室に連れて行かれて、切らなかったけど少し裂けた会陰を先生に縫われている間に、Nくんと産後初めに交わした言葉は「びっくりしたなぁ!!」「お前、どんだけ・・・!!」・・・でした。



次回、感想など書いてみたいと思います。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/07/27 15:51 】
出産までの道のり(二人目) | コメント(4) | トラックバック(0)
予定日一週間前! 【39w0d】

【39w0d】



予定日超過の気配がプンプンただよう、今日この頃です。


本日妊婦健診で、「子宮口は閉じていて、まだ硬いです」と言われましてございます。


またか!

今回もか!!

一人目の時にひきつづき、やっぱり子宮口はガッチリなのか!!!


「予定日後2週間までは正期産なので、まぁ、陣痛を待ちましょう」という先生の台詞は、3年前の息子の時にも言われたそのまんまでございまして・・・。


デ・ジャ・ヴ


NST(ノンストレステスト)では、若干の張りは認められるものの、こりゃ、8月生まれの可能性も出てきたかな・・・などと、ちょっとガッカリなうめやんなのです。


暑いし、動きづらいし、寝苦しいし、ほんとは予定日前に生みたかったワ。
(すでに諦めの境地)



ちなみに、私の体重は、一週間前よりもちょっと減ってまして、やっぱり妊娠前プラス4キロほどです。


尿も血圧も問題なし。


赤ちゃんの推定体重は2900グラムほど。



最近毎日、義実家に寄ってるのですが、毎日毎日「今日はどんな感じ?生まれそうな感じする?」と聞かれますが、それが分かれば苦労はしないわけで、「わかりませんねぇ」と返事をすると、少しガッカリした顔をされるのですが・・・ちょっとイライラしちゃう時もあります(^^;


まぁ、生まれたらしばらくパートを休んで息子の面倒を見てくれるつもりでいるらしく、お義母さんは、いつから休みを取ればいいのか・・・とハラハラされているので、申し訳なく思うのですが。



そうそう、個人的には予定日超過にもいい面があるんじゃないかな・・・と思う点がありまして・・・。


何度も前駆陣痛を体験していると、子宮口が徐々にしっかり柔らかくなるみたいで、息子の時、いざ本陣痛がはじまって病院に行ったときに、助産師さんに「あら!とっても柔らかいわ~!進みが早そうよ!」と随分ほめられまして、実際5時間以内の安産でした。


予定日前に陣痛が始まっても、子宮口が柔らかく開かなければ、お産は進まないわけで、時間がかかったり余分に痛かったりするのかもしれないなぁ・・・と素人ながら考えていて、そういう意味では長々と予定日を超過しつつ毎日の前駆陣痛を乗り切るのはキツイですが、実際のお産がその分楽になる傾向があるのなら、そっちの方が私にとっては好み(?)のお産です。


実際どうだか知りませんし、根拠はありませんが・・・。


とにかく、スポンと短時間に生みたいです。
(みんなそうか)


スポンと短時間に生めるんなら、予定日超過でもいいです。
(上から目線で)



次の健診は、40w0dの予定日です。


いずれにしても、カウントダウンが始まったかな?


超絶カワイイ女の子がツルンと元気に出てきますように!!


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/07/17 14:47 】
出産までの道のり(二人目) | コメント(0) | トラックバック(0)
まだ兆候はなし 【38w1d】

【38w1d】



暑いですね!!


まだ生まれてませんよ~。


こう暑いと、さすがにバテます。


一人目の時も、予定日がお盆だったので、夏に臨月だったんですけど、ここまでキツかったかなぁ??


なんせ、暑い時期の臨月は、消耗がハンパないです。


トイレ行くだけで、フーフー言ってます。




昨日は 38w0d で、健診の日でした。


私の体重は、妊娠前からは4~5キロ増くらいで、助産師さんからは何も言われませんでしたが、臨月に入ってから明らかに急増傾向にあるので個人的に要注意です。


尿の検査も問題なく、血圧も、相変わらずの92-48と低め安定です。


浮腫みもなく・・・。


ありがたいことです。


赤ちゃんの方は、推定体重が2800を超えてきまして、先生は「もう陣痛待ちですね」・・・と。


しかし、子宮口はしっかり閉じている模様。


ホラ、そんな気がしてたよ。


一人目の時もガッチリ閉じて予定日10日すぎまで開かなかった、私の頑強な子宮口。


今回も最後の最後まで(産むその日まで)「○センチ開いてるね」などという報告を先生から聞くことはないような気がしてます。


陣痛がきたら一気に開くタイプなんだ、多分。



それにしても、暑いし、お腹重いし、足の付け根痛いし、体が軽やかに動かないことがストレスになってきて、できたら早く生まれて欲しい・・・と思うようになってきました。


もうすぐ3歳を迎える息子の俊敏な動きには、まったく対応できてません。
(ヤツはすばしっこすぎる!!)


息子といえば、最近は保育園でも「ママのお腹の赤ちゃん生まれるの、もうすぐね~」と保育士さんによく言われているようで、「ママ、お腹赤ちゃんいる?」「ユウセイ、赤ちゃんと遊ぶ!」などと、赤ちゃんの存在をやっと認めるような発言が出てきました。

今まで、私のお腹の中に赤ちゃんがいること自体を、まったく受入れてくれてなかったので、ちょっと進歩です。


でも、今まで“お母さん”と私のことを呼んでいたのが“ママ”になったり(保育園のお友達や先生は「ママ」派ばかりだもんなぁ)、トイレトレーニングを嫌がるようになったり、赤ちゃん扱いしてほしがったりして、やっぱり甘えが激しくなってます。


私としても、子供が生まれてしばらくすれば、落ち着くだろうから、できるかぎり甘えさせて、赤ちゃん扱いしてやろうと思ってます。


息子も3歳になるとはいえ、まだまだ赤ちゃんです。

生意気なことも言いますが、もっともっと私やNくんに甘えたいんでしょう。

親に甘えたいという正しい要求は、出来る限り満たしてやりたいと思います。

(その代わり悪いことしたら、鬼のように怒る母ですが)



お腹の二人目ちゃんは、息子に似て、ヤンチャ者なのか、やっぱり胎動であばらがへし折られそうな毎日です。

この子も足癖悪そうだな~・・・、と残念に思ってますが、まぁ、元気が一番ですかね。



名前がね、まだ決まらないんですよ。



というか、私は随分早い時期から名づけの本を見たりネットの姓名判断などを利用して、画数など考えに考えて(NくんとNくん実家がやたら画数にこだわるので)、これくらいしかないんじゃない?という候補を上げていたのですが、Nくん母に聞かれて私なりの候補を告げると、あんまり気に入らないみたいで、「これは?こういうのはどう?」と別案(しかも画数が悪いものばかり)を再提案してくるので、もう私の案は全く言わないことにしました。

義実家に行くと、お母さんが名前の候補をいくつも紙に書いていて、「どう?どう?」と煩いんですけど、あんまり好みな雰囲気の名前じゃないし、第一画数が悪いし、「画数とかあんまり拘らずに決めていいなら、コレなんか好きですけど」と話を合わせてみても「画数がイマイチならダメよ~!」とか言うんで話が前に進まないし、どないやねん!って感じです。


だいいち、子供の名前くらい親に任せてくれてもいいのにねぇ。


「あんたたちが全然名前考えないんだもん」なんて言ってますが、私はたくさん名前の候補出してるんだけどなぁ。

お義母さんが気に入らないだけで。


Nくんに対しては、「もう私の案はいくつか提案したから、Nくんもいいと思うものを提案してね。で、もうNくんが決めちゃいな!私の候補はお義母さん気に入らないらしいから。Nくんの案なら、納得するでしょう」と言ってます。


彼がなかなか候補を出してくれないもんで。


でも、「結局うめやんの候補の中から決めるしかなさそうな気がする。画数とか考えると・・・」と言ってます。


まーな!

この画数かな~っていう数字にあてはまる人名漢字をすべて抜き出して並べて、女の子の人名になりそうな組み合わせをすべて拾い出し、中でも響きや苗字に合いそうなものをランキング形式で羅列した表をNくんに渡してあるので、その中の候補以外には見つけようもないと思うわ。


でも、最終的な判断はNくんにしていただいて、Nくんが名前を決めたことにして丸く治めようと思います。



さて、今回は予定日前には実家には帰らないので、「イタタタタ」と言うたびに、Nくんがビクビクしてます。


痛いのは恥骨だったり、足の付け根だったり、あばら骨なんですけどね。


陣痛がきたら、私、分かるかしら・・・。


一人目の時のこと、忘れてしまってるし、一人目と同じような痛みとも限らないしねぇ。


破水からかもしれないし。


予定日まであと二週間、・・・ドキドキします!




【2013/07/11 15:25 】
出産までの道のり(二人目) | コメント(2) | トラックバック(0)
臨月に入りました! 【36w0d】
【36w0d】


今日から臨月です!


キリ良く、妊婦健診に行って参りました。


赤ちゃんの推定体重は、2300~2400グラムほど。


少し小ぶりな気もしますが、息子の時も同時期に2300グラムの推定体重でしたので(息子は41w3dで、3052グラムで誕生しましたし)、まぁ、大丈夫だろうと思ってます。

胎動も元気だしね(^^)


息子の時のように予定日超過すれば、3000グラムを超えてきそうだし、予定日より前なら、いい感じに生みやすい体重で生まれてくれるのではないかと、期待してます。


私自身は、尿検査の結果もすべてマイナスで、問題なし。

血圧は90-40くらいの低め安定です。


ていうか、もうちょっと血圧が高めの方がいいんじゃないだろうか・・・と思ったりもするんですけど、血圧を下げる薬はあっても、上げる薬はないようですね。


体重は、なんかあんまり増えないんですよね、今回。


妊娠前からプラス4キロくらい。


5ヶ月後半の時から、一キロ増えたり、減ったりを繰り返して、あまり変わらずで。


助産師さんも「体重もいいですね~」って言ってくれてることだし、いいのでしょうが。


もともと、そんなガリガリってわけでもない体型だから特に指導もないのかな。


でも、貧血気味なんで、産後ゲッソリ体力が落ちてしまうのではないかと、少し心配です。


もうちょっと体重を増やしておかないと、乳も出なさそうだ・・・。



臨月ということで、次回から1週間に一度の健診になります。


次回は嫌な血液検査・・・。

先端恐怖症気味なので、針が怖いんだよな~。



さてさて、産休に入ってから一週間と少し経つわけですが、楽しんでます。


別にどこかに出かけるわけではなく、庭を手入れしたり、リビングや洗面所の収納を改善したり、いらないものを売ったりして家を整えることに力を注いでいるだけなのですが・・・。


楽しいです!


あと、昼間から夕飯作りができるのが嬉しくて、働いていた時にはやりにくかった、ちょっと手間のかかる料理を作ってみたりできるのが、嬉しいです!


もっと暇で困るかと思ってたけど、意外と専業主婦、やりがいあって楽しいぞぉ。


家のことって、意識してやろうと思えば、いろいろ工夫できるのよね。


そして、創意工夫して、いろいろな家のシステムを改善することによって、きっと職場復帰した後も手早く家事をこなすことができる環境に変えていけるんじゃないかと、日々研究しております。


寝室のベッドサイドのカーテンが長すぎるので、ミシンで丈を詰めたりもしました。


そんなことしてたら、一日あっという間だわ~。


テレビ見る暇もないわ~。
(実際今日は旦那と子供が出かけてから一度もテレビつけてないし)



今日はサニタリーの収納を整理しました。

掃除用具がやたら多いので、これを後日整理するのが課題として残っております。


明日は、階段下収納を整理して、収納ボックスを組み上げる作業をするつもりです。


明後日は写真の整理とプリントアウト。

DVDを無印良品週間で購入したファイルに収納する予定です。


綿布団をコインランドリーで洗濯しておいたのを布団圧縮袋に仕舞いたいのですが、これは晴れた日にやりたいもの・・・。


まだまだ予定がつまっているので、まだまだ生まれてもらっちゃ困ります。


でも、息子の時のように予定日を10日も過ぎてしまうと、短気な母は精神的に病むので、39週と少し・・・くらいで生まれてくれると嬉しいような気がしてます。
(贅沢な・・・)





テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/06/26 17:54 】
出産までの道のり(二人目) | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。